PS4とは?

PS4は2014年において、2000年代前半に発売されソニーエンタープライズの主力機だった「PS3」の後継機として発売されたゲーム機です。今は、PS5バージョンが登場ばかりでした。このPS4の最大の特徴としては、本格的に無線通信機を利用したオンラインゲームの性能を向上させたことになります。無線通信による対戦はPS3でも可能だったのですが、このゲーム機が開発されたのは無線通信が世に広まって間もない時期だったのです。そのため無線を発する電波の力も弱く当初は何事もなく稼働していたのですが、無線通信技術が時代を経て進化していったことでps3のスペックが追い付かなくなっていきます。

そこで快適なオンライン対戦を行うために情報の処理能力を向上させたのですが、その情報処理能力によって高画質録画をした映像を余すことなく引き出したことに成功したのです。ゲーム機だけでなくテレビやパソコンといった情報機器も進化しており、映し出される映像も配色が鮮やかになる「高画質化」が進んだけでなく、ブルーレイディスクを筆頭に高画質化した映像をそのままの状態で記録することができるようになっています。ブルーレイディスクの再生自体はps3でも出来たのですが、処理能力が追い付かず高画質で記録した映像を引き出せなかったのです。その点PS4になった際に情報処理能力が向上したことで、高画質に記録した映像をそのままの状態で映し出すことに成功します。

PS4で再生できるDVD・BDの種類

PS4で再生できるBD:BD-ROM、BD-R、BD-RE
PS4で再生できるDVD:DVD-ROM、DVD+R/RW、DVD-R/RW

注:PS4では、8㎝ディスクと、円型以外の形のディスクを再生できません。また、プレステ3で再生できたCDは再生できなくなりました。ファイナライズをしていないDVD-R等に録画したディスクや、損害のあるDVDも再生できません。

PS4でDVDを再生する方法

PS4でDVDを再生をするにはゲーム機に電源を入れて、視聴したいDVDをゲームソフトを挿入するスロットに入れると自動で読み込み部分に入り込みます。自動で読み込み部分に入ったことを確認したら、コントローラーを操作するとホーム画面の項目の中にディスクアイコンが表示されるのでクリックするだけです。ただし初めてPS4でDVDを視聴する場合には、事前にPS4をインターネット通信ができるようにしておく必要があります。初めて視聴する際に、PS4の設定をするために「Blu-ray Disc/DVDの再生時に、インターネットに接続するのを許可しますか」という項目が出るからです。ここでインターネット接続をしておかないと、視聴設定ができないのでDVDが再生されないです。

以下は、PS4でDVDを再生する具体的なやり方です。PS4でBlu-rayを再生する方法もほぼ同じです。

ステップ 1:再生したいブルーレイ及びDVDをディスクスロットにいれる

再生する前に確認してほしいのが、DVDの規格に合っているかです。PS4で再生できるDVDは、ブルーレイディスク全般とDVD-ROMとDVD-R/RWそしてDVD+R/RWは再生ができます。そして海賊版を防ぐための方法として設定されているリージョンコードも確認する必要があり、説明書を見て日本に対応している地域番号「2」もしくは全地域対象の「all」になっていることが大事です。これらの規格に合っていることを確認したら、PS4の電源を入れた後にDVDをディスクスロットにいれると自動で入り込みます。

ステップ 2:ホーム画面上に表示される

ディスクを入れると、PS4のホーム画面に作品名が表示されたディスクの絵柄が表記されます。そのディスクの絵柄をクリックすると再生機能が作動するのですが、先に言ったとおりに初めて利用する場合にはプレイヤー機能認証機能の許可申請が出るのでここで「OK」を選択します。

ステップ 3:コントローラーにおける操作説明文の後にディスクがロードされる

プレイヤー機能認証機能が終わったら、今度はコントローラーでの操作説明です。ゲーム機で利用するコントローラーでの操作説明だけでなく、別売りですがPS4のおけるDVD再生リモコンでの操作説明を受けます。説明書を確認出来たら、ディスクが読み取られることで画面に映像が流れます。

ステップ 4:ディスクの取り出し方

作品が見終わったら、ディスクの取り出しを行います。ディスクの取り出し方はコントローラーもしくはリモコンで停止ボタンを押した後に、本体にある電源ボタンの横にある取り出しボタンを押すとディスクが排出されます。もしリモコンを購入した場合には、リモコンの取り出しボタンを押せば離れた場所から取り出せるので手間を省けるのでお勧めです。

PS4でDVDを再生できない可能な原因

通常であれば初回設定をしてしまえば不自由なく再生ができますが、その後再生できない事態が起きた時には適切に対処する必要があります。まず再生できない場合には、4つの原因別に探る必要があります。

1. そもそも再生できないDVDを利用している

再生できない原因として、再生するDVD媒体が古すぎることでPS4に対応していない場合です。この場合は対応していないDVDを一度パソコンで取り込んだのちに、専用の編集ソフトを用いて情報を変換して再生できるDVDに移し替えます。

2. ファイナライズがされていない

ファイナライズは、国内外の企業で開発された再生機でも問題なく再生できるように仕組みを変える機能のことです。ファイナライズ自体は、DVD再生機もしくはパソコンの専用ソフトから変換することができます。

3. 傷や汚れがある

DVDはアルミ素材にレーザーで焼いて溝を作り、その溝の形に添って読み込みを行うことで再生します。そのためDVDに傷が汚れがあると読み込まなくなるため、汚れがある場合には柔らかい布でふき取りを行い、傷が原因の場合で再生できないときはメーカーもしくは修復の専門店に依頼し傷を埋めてもらう必要があります。

4. HDCPが無効になっている

海賊版防止のために、PS4ではHDCPという設定がされています。このHDCPが無効になっていると、著作権に引っかかる作品を利用しようとすると認識されてしまい再生ができないです。そこで設定からHDCPを有効にすることで、再生することができます。

PS4でDVDを再生できない時の対処法

 

DVDをPS4対応のビデオフォーマットリッピングする方法

PS4における再生ができない問題の対処法の一つとして挙げられるのが、DVDFabから販売されている「DVDFab DVDリッピング」を利用することです。

PS4でDVDを再生

DVDFab DVD リッピングは、DVDリージョンコード(PS4リージョンコード)と他のコピープロテクトを完全に永久に削除して、DVDビデオをPS4で対応するMKV、AVI、MP4、MP3、AACなどの動画/音声フォーマットに簡単かつ迅速に変換できる高機能のDVDリッピングソフトです。最新のハードウェアアクセラレーション技術を採用した為、高品質の動画を迅速に出力できます。また、コーデック、解像度、フレームレートなどの設定の微調整、ビデオのクロップ、トリミング、ウォーターマークとサブタイトルの追加など豊富な詳細設定や動画編集オプションが用意しています。

対応OS:Windows 10/8.1/8/7 (32/64 bit) MacOS 10.7 - 10.15  

   詳細情報     今すぐ購入  

 

    

このDVDFab DVDリッピングを利用する際には、無料版と有料版が存在します。無料版と有料版の違いとしては読み込みができるディスク数量制限に違いはないですが、無料場案の場合には、MP4といった一部の映像方式にしか変換できないこと、そして年齢制限のあるDVDやVTS保護を含むDVDは変換できないです。そのため無料版で操作に慣れたら今度は有料版の性能を見ることができる体験版を利用して、性能に満足が行ったら有料アカウントを取得しDVDFab DVDリッピンの製品版を利用する形がおすすめになります。

下記のボタンを押せば、すぐにこの業界最高のDVD変換ソフトを無料体験できます👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

ダウンロードしたら、PS4リッピング手順を確認しましょう。

ステップ1:DVDFab 12をダウンロードして実行します。ダウンロードされた後、リッピングモジュールに進み、リッピングしたいDVDディスクを挿入します。DVDFabは自動的にDVDソースを読み込みます。

PS4 DVDリッピングステップ

ステップ2:メインインターフェイス真ん中にあるプロファイルライブラリをクリックします。ここでは、出力フォーマットを選択できます。

PS4 DVDリッピングステップ

パーソナル> デバイス> 左列にSonyをクリックして、PlayStation 4をプロファイルとして選択します。DVDを好きなフォーマットに変換する場合は、「フォーマット」タブをクリックします。選択する形式の右にある中空の☆をクリックすると、お気に入りに収集されて、後で「パーソナル」>「お気に入り」のところに見つけられます。

PS4 DVDリッピングステップ

ステップ3:「詳細設定」では好みによってビデオをカスタマイズことができます。デフォルトでメインムービータイトルが選択されていますが、他のタイトルに変更することができます。次に、タイトル名の変更、必要なチャプター、オーディオトラック、およびサブタイトルの選択ができます。また、「レンチ」アイコンをクリックすると、コーデック、フレームレート、解像度などの設定のカスタマイズができます。

PS4 DVDリッピングステップ

更に、内蔵エディタ・編集機能を使用してアスペクト比の設定、あるいはビデオのトリミング、透かしと字幕の追加などを行うことができます。

ps4 dvd 再生 方法

ステップ4:メインインターフェイスの一番下までナビゲートし、「フォルダ」アイコンをクリックして、出力ビデオを保存するディレクトリを選択します。次には、「開始」ボタンをクリックしてDVDをPS4に変換するプロセスを始めます。

PS4 DVDリッピングステップ

USB経由でPS4を使って、変換済みのDVDを再生する方法

変換が完了すると、PS4に接続するUSBスティックにPS4対応のビデオを再生することができます。しかし、ビデオを再生する前に、PlayStation Storeにメディアプレーヤーアプリをダウンロードしてインストールする必要があります。PlayStation Storeとアクセスして、アプリを見つけてインストールするだけです。

以下は、USB経由で変換されたDVDをPS4で再生する手順です。

ステップ1:メディアプレーヤーを開きます。USBストレージデバイスはPS4と同じネットワーク上にある場合、自動的に検出できます。
ステップ2:USBデバイスを選択します。
ステップ3:DVDビデオを見つけてクリックして再生します。

ps4 dvd 再生

まとめ

PS4でDVDを再生することができますが、エラーが発生して、再生できない場合もあります。その時は、対処法として、DVDをPS4対応のフォーマットに変換するか、USBストレージデバイスで再生する方法を紹介しました。再生できない原因において紹介した方法に当てはまらないときには、残念ながらPS4の読み込みする機能が経年劣化を始めている証拠です。最初はクリーナーで対処することができますが、これはあくまで寿命を延ばすだけで最終的に使えなくなります。基本的に読み込みが遅いと感じた時や切断される事態になった時には、PS4を買い替えるタイミングになるのです。PS4のリモートプレイ機能について知りたい場合は、スマホやパソコンを使ってPS4で動画を再生する方法を参照してください。