1. DVDに寿命は存在するのか?劣化してしまう原因とは

dvd 劣化

結論を先に言うとDVDに限らず、ディスクメディアには耐用年数が存在しています。CDは10〜100年、DVD/Blu-rayは10年以上が目安と言われています。DVDが劣化するとはどういったことなのか、DVDの仕組みや保管方法などと織り交ぜてみていきましょう。

1.1 DVDが劣化する理由

そもそもDVDの劣化とはどういうものかと言うと、ディスク自体の経年劣化が挙げられます。たとえデジタルデータを扱っている媒体でも、素材は劣化する物質です。環境によってその耐用年数は大きく変化していくものとなっています。

物理的破損による劣化

DVDの劣化が早まってしまう原因のひとつに、物理的な破損などがあります。ディスクの扱いが悪く表面に無数の傷がつけてしまう、ぶつける・無理な圧力をかけてしまうなどはよくありません。これらの要因によって、劣化が早まるケースもあるのです。また破損によって、劣化ではなくそのまま壊れてしまうことも多くあります。

dvd 劣化

環境による光ディスクの経年劣化

DVDに利用されている工業用プラスチックは「100年」の、耐久性をもつと言われています。しかし保管する環境の温度や湿度によって、劣化するスピードが大きく変化指定しまうものです。実際には30年未満で使えなくなってしまうことも、少なくありません。

これはDVDに限らずどの製品にもいえることですが、マニュアルなどに記載されている温度・湿度内で保管できないとよくありません。耐用年数分利用できることはまずないでしょう。

1.2 保存されたデータが劣化することはない

DVDに記録されたデータはデジタルデータであるため、ディスク自体が劣化しようと保存されているデータ自体が劣化することはありません。このあたりがビデオやカセットテープとは、大きく異なる点です。たとえディスクが劣化して破損したとしても、データさえ抽出できれば元データをそのまま見られます。

それに比べてアナログデータの場合は、データそのものも劣化してしまいます。媒体が問題なくても、データが読み込めないといったデメリットがあるでしょう。

1.3 DVD劣化の大きな原因は温度

dvd 劣化

DVDメーカーでは、DVD作成時に「加速劣化試験」というものを行っています。どのような環境下でどのくらい劣化が進行するのかを検査しているのです。それらの結果からDVD劣化に大きく影響するのは「温度」であり、室温や保管する環境の温度が高い場合、劣化スピードが急激に上昇することがわかっているのです。

あるメーカーの調査結果では、温度による耐用年数が発表されています。

DVD-Rの場合

  • 温度25度 湿度80%での耐用年数:15〜178年
  • 温度30度 湿度80%での耐用年数:7〜74年

この結果では室温が5度違うだけで、半分以下の耐用年数になっていることがわかるでしょう。ただしこの結果ではなく、実際には他の要因も関わっている可能性があります。本当の耐用年数は誰もわからないところが、率直な面でしょう。

1.4 市販DVDと家庭用DVDの劣化速度の違い

市販DVDでは読み取り専用のDVD-ROMしか、販売がないという特徴があります。家庭用DVDは化学変化を利用して、ディスク表面の反射率を変化させています。それに対し市販DVDは、工場でディスク表面に物理的な凹凸を作り出しているのです。耐用年数が高いと言われています。一枚の単価が非常に安いDVD-Rと比較すると、寿命に大きな差が出るかもしれません。

2. DVDの劣化を防ぐ方法と長持ちさせるテクニック

dvd 劣化

ここでは実際にDVDを長く利用するためのテクニックや、劣化を防ぐために有効な方法をご紹介します。

2.1 DVD劣化を防ぐ方法1:高温多湿な環境に保管するのは控える

dvd 劣化

ディスクメディアにとって、温度は「最大の劣化要因」であり避けるべき問題のひとつです。また湿度による劣化の検証は出ていないものの、急激な湿度変化は物質な大きな影響を与えることも多くなっています。

DVD劣化の原因になる可能性が高いと言えるでしょう。温度・湿度ともに「一定に保てる」環境へ、DVDを保存するのが最も効果的な方法のひとつと言えます。

2.2  DVD劣化を防ぐ方法2:紫外線や直射日光を避ける

太陽の光や紫外線は物質の劣化を促進させ、変化させる効果を持っています。保管場所は直射日光が当たらない場所にするのがよいでしょう。プラスチック製品を太陽の当たる場所に置いておくと色褪せ、変色することがあるでしょう。このような変化はディスクの読み取り不良を起こす、大きな原因になりえます。

2.3  DVD劣化を防ぐ方法3:物理的破損・保管方法に注意する

dvd 劣化

どれほど温度や湿度管理をおこなったとしても、ケースに保存せずに裸で放置し、傷や汚れをつけていては意味がありません。それどころか物理的ダメージによって、ディスクの劣化スピードが大幅に上昇してしまうことも十分に考えられます。

またディスクはかならず、ケースに保管するようにしましょう。ケースに保管することで温度や湿度、紫外線の影響を受けにくくなるというメリットがあります。利用しない手はありません。

2.4 DVD劣化を防ぐ方法4:メーカー製ではない格安DVDの利用を控える

格安のDVDや海外製のDVDのなかには品質が悪く、環境変化に弱いものも存在します。製造工程を省略し、コスト削減などの影響によるものです。これらが原因でDVDが利用できなくなるケースも多くあります。

温度・湿度・保管方法に気をつかっていても、読み込みができなくなるなどの不具合が発生する可能性もあるでしょう。長期保存を目指すなら、信頼できる品質のメーカー製品を購入するようにしてください。

2.5  DVD劣化を防ぐ方法5:DVD-RWを利用する

DVD-Rに比べてDVD-RWは耐久性が非常に高く、条件によってはDVD-Rの3倍以上の耐用年数になるという調査結果が出ています。またDVD-RWは1,000回までの書き込みに対応しています。書き込み・読み取りに対する、物理的耐性にも優れているでしょう。少しでも長く保存したいなら、一度だけの記録でもDVD-RWを利用するとよいかもしれません。

2.6  DVD劣化を防ぐ方法6:劣化に影響のない使い方

DVDの利用にあたって読み込み、書き込みを何度も繰り返すと劣化が早まるというような情報もあります。しかしデジタルデータの読み取り、書き込みに対してディスクメディアが劣化することは、ほとんどありません。それよりもディスクの扱い方(挿入の仕方、ケースから取り出すときの動作)による、物理的破損の方が影響は大きいと考えられます。データの読み込み、書き込みに対してシビアに考える必要はありません。

dvd 劣化

3. DVDを長く楽しむ効果的なテクニック「DVDをISOにバックアップする」

保管方法をどれほど丁寧にしていても、いずれは寿命が来てしまい使えなくなってしまうことがあるでしょう。ここではそうした際にも対応できる効果的なテクニックを解説します。「DVDFab DVDコピー」を使って、DVDをバックアップする方法についてご紹介しましょう。

3.1 DVDFab DVDコピーの主な概要

dvd 劣化 DVDFab DVDコピーは、市販やレンタルのDVDを圧縮または無劣化でコピーできる最強のソフトで、6つのコピーモードでDVDデータを圧縮、バックアップできます。

 i  無料ダウンロード

●使用環境

  • 公式サイト:https://ja.DVDfab.cn/DVD-copy.htm
  • 対応OS:Windows7(32/64bit)・Mac OS10.10-10.15
  • 対応言語:日本語
  • 価格:5,014円10,029円50%OFF(30日間返品対応あり)
  • その他:30日間はすべての機能が利用できる無料体験版あり

●特徴と機能

  • DVDデータをコピー、ISOイメージファイル、DVDフォルダ出力に対応
  • 市販DVDのコピープロテクト解除に対応
  • 片面2層ディスクを1層ディスクに圧縮して出力
  • 豊富なコピーモード(フルディスク・メインディスク・クローン、結合・分割・カスタマイズ)

     下記のボタンを押して、今すぐ50%OFFの割引で無期限で購入してください👇

  50%OFFで無期限購入
 
30日間返品・返金保証
  50%OFFで無期限購入
 
30日間返品・返金保証

●注意ポイント

DVDFab DVDコピーには、市販DVDのコピープロテクトを解除する機能が備わっています。しかし市販DVDをコピーする行為は違法となっているため、かならず行わないように注意してください。

3.2 DVDFab DVDコピーでISOデータを作成する方法

(1)公式サイトから「無料ダウンロード」をクリックしてインストーラーをダウンロードし、セットアップウィザードに従ってインストールしてください。

(2)DVDFabを起動して、画面上の「コピー」を選び、コピーモードを「フルディスク」にします。※DVDを丸ごとコピーする際には「フルディスク」を選択します。

dvd 劣化

(3)ディスクを挿入し、読み込みが完了したら画面したの「出力先」を指定します。画面中央のISOアイコンをクリックして出力設定を行い、「開始」を押してDVDの読み込みを開始しましょう。

dvd 劣化

(4)リッピングが完了したら、ISOイメージファイルを再生できるメディアプレーヤーなどで問題がないかチェックしてみましょう。

●ポイント

ISOイメージファイルを保存しておけば、いつでもDVDにデータを移せます。DVDが破損してしまったり劣化してしまったりした場合でも、すぐに復元可能になります。DVDに書き込んだ場合でも、データはバックアップとしてとっておきましょう。

4. まとめ

今回はDVDの寿命と劣化を防いで長持ちさせるテクニックについて、解説いたしました。今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • DVDを長持ちさせるには、DVDの品質、保管環境が最も重要
  • DVDを永続的に保存するなら「DVDFab DVDコピー」を使ってディスクをバックアップするのがおすすめ

どういった製品にも、かならず寿命は来ます。その寿命を少しでも長くするならばDVDの品質と、保管する環境に注意するようにしてください。また万が一のトラブルに備えてバックアップを取っておくというのは、非常に有効な方法です。ぜひとも活用してみましょう。

ただしコピーするDVDによっては、違法になる可能性があります。法に抵触しないよう、市販DVDのコピープロテクト解除はかならずやめておきましょう。