1.    DVDを保護する方法

dvd ケース

DVDを保護する方法は、大きく分けて2種類あります。ケースに入れて保護する方法と、ハードディスクにコピーして保存する方法です。DVD ケースに入れておくと、埃や傷からDVDを守ることができます。ただし、保管する環境やDVDの扱い方によっては、劣化して再生できなくなる恐れがあります。

ハードディスクにコピーして保存しておくと、ディスクが壊れてもデータを再生可能です。データはどれだけ再生しても劣化しないので、長く残しておきたいDVDは、ハードディスクにコピーしてデータとして保存することも方法の1つです。それはDVDのコンテンツを保護する方法です。また、DVDの表を保護するのももう一つの方法で、DVD ケースを使って光学式ディスクを保護するように庇うことも有効な方法でしょう。DVDを収納するのに便利な方法でもありますから。

2.    DVDケースの主な種類

dvd ケース

DVDケースは、主に不織布ケースとファイルケース、そしてプラケースに分けられます。不織布ケースとは、ディスクの記録面を不織布で保護するように作られたケースのことです。DVDとほぼ同じサイズなので、スペースを節約して収納できます。大量のDVDを効率的に収納する際に役に立つでしょう。これはよくあるDVD ケースとして、DVDを保護するのに最も普通的な形式です。

dvd ケース

ファイルケースとは、見開きのケースにDVDを収納するタイプのケースのことです。本棚などに立てて収納できるので、スペースの節約したときにも使えます。

dvd ケース

プラケースは、一般的な音楽CDを購入した際に使用されているケースのことです。1枚ずつ保管したいときに使うケースになります。プラケースには音楽CDに使用されているものと同じ厚さ約10mmのものと、厚さ約5mmのスリムケースが存在します。

dvd ケース

収納の仕方によって、スリムケースと通常のプラケースを使い分けましょう。スリムケースはスペースを節約できるだけでなく、友人にDVDを手渡ししたいときなどにも役に立ちます。また、プラケースには映画のDVDを購入した際に使用されているトールケースや、ブルーレイディスク用のケースも存在します。

3.    DVDケースの選び方

DVDケースの選び方は、どのように収納したいのかによって異なります。引き出しの中に収納したい場合は、少しでもスペースを有効に活用するために、不織布ケースなどディスクの大きさと大差ないものを選びましょう。不織布ケースは外からの衝撃に弱いという特徴がありますが、引き出しの中に保管するのであれば、外からの衝撃を心配する必要はありません。

dvd ケース

棚に保管したいと考えている場合は、ファイルケースを選びましょう。ファイルケースは、フォトブックのような作りになっていますので、本棚での収納に最適です。DVDをまとめて収納したいときにも、ファイルケースは役に立ちます。ただし、ファイルを閉じてしまうと中に何が収納されているのかがわからなくなる場合があります。

dvd ケース

ファイルケースに収納する際は、ケースにラベルを付けるなどの工夫をしておきましょう。プラケースやトールケースは、側面にラベルを付けられるので収納されているタイトルをすぐに判別可能です。プラスチックでできているため、外からの衝撃もある程度は防いでくれます。

取り出す頻度が高いDVDは、プラケースやトールケースに収納しましょう。プラケースやトールケースは、専用のOPP袋に入れればケースへの傷も防げます。より厳重にDVDを保護したい場合は、採用を検討してみましょう。

また、ブルーレイディスクはDVDより耐久性が低いので、凹凸の少ない不織布が採用されているケースを選ぶ、縦に圧力がかからないように横置きで保管するなど、細心の注意を払って収納する必要があります。よって、ブルーレイディスクの収納には、ブルーレイ専用のケースを選びましょう。

dvd ケース

4.    DVD ケースでDVDを保存するメリット

ケースでDVDを保存するメリットとしてまず挙げられるのが、傷がつかないということです。物体で保護している状態なので、ある程度の衝撃からDVDを守れます。ただし、不織布ケースやファイルケースは衝撃に弱く、プラケースも強すぎる衝撃には耐えられません。ケースで保護していても丁寧に扱うことが大切です。

また、外付けの記録媒体にデータを移動させると、ハードディスクの容量を節約できます。パソコンのハードディスクの容量を節約することで、より多くのソフトウェアをインストールできるようになります。ハードディスクの容量を減らすとパソコンの動作が軽くなることもあるので、動作が不安定になった場合などは積極的にDVDなどの外付けの記録媒体を利用してみましょう。

ほかにも、パソコンを買い替えた際にデータを簡単に移動できる、映像ソフトの場合は、DVDプレイヤーなどを使用すればパソコンがなくても再生できるなどのメリットがあります。

5.    データとしてハードディスクに保存する

5.1 DVD ケースでDVDを保存するデメリット

DVDは、丁寧に保護していても劣化します。ケースに入れていても取り出す際に細かい傷がついてしまったり、開けた際に埃が入り込んでしまうことはあるでしょう。また、高温多湿で光が強く当たる場所に置いていたなど、収納環境によっては変色したり破損することがあります。

さらに、DVDを製造したメーカーによっても強度が異なります。丁寧に扱っていても、永遠に使えるわけではありません。劣化が確認できるDVDを発見したら、空のDVDにデータを移行させる、もしくはハードディスクにデータをコピーするなどの対策を取りましょう。

5.2 DVDをデータ化するメリット

DVDは、どれだけ大切に扱っていても、劣化は避けられません。DVDが劣化してしまうと、中のデータを再生するのは難しくなります。そこで行いたいのが、ハードディスクへのデータコピーです。データとして残しておけば、DVDが破損してもデータを再生できます。

また、DVDを読み込ませなくてもデータを再生できるようになるので、出し入れの手間が省けます。ケースから出さなくても再生できるので、ディスクに傷や埃がつきません。突然DVDが破損して再生できなくなったり、お気に入りのDVDに傷がつくのを避けたい場合は、データ化して保存してみましょう。

ただし、ハードディスクの空き容量が必要になります。十分な容量を確保しないままコピーすると、正常にデータを保存できないことがありますので、DVDをコピーする前に、必ずハードディスクの空き容量を確認しましょう。ちなみにDVDは、片面一層記録の場合、最大容量は4.7GBです。片面二層記録仕様の場合は、8.5GBになります。

5.3 DVDFab DVD コピーを使ってDVDをコピーする方法

DVDのデータをハードディスクにコピーしたい場合は、DVDFab DVD コピーの使用がおすすめです。DVDFab DVD コピーを使えば、データを無劣化でコピーできます。DVDFab DVD コピーはアプリを起動後、光学ドライブにコピーしたいDVDを挿入し、モードと出力先を選択してコピーアイコンをクリックすればコピーできます。出力方式は、フォルダー形式とISO形式から選択可能です。

DVDFab DVD コピーは、DVDコンテンツを無劣化で空きのDVDディスク、ISOファイルまたはDVDフォルダにコピーできるだけでなく、ムービーのタイトルやジャンルなどのメタ情報を自動で取得できたり、CSSやUOPsといったコピーガードを簡単に解除できるのも特徴です。

 

さらに、DVDFab DVD コピーには片面二層仕様を片面一層仕様に圧縮できる機能も備わっています。片面二層のDVDを家庭用DVDプレイヤーで再生したい場合に活用してみましょう。以上全ての高機能性を、極簡単な操作で初心者でも簡単にできます。同じソフト内でも、「リッピング」モードを利用すれば、DVDをリッピングしてMP4などの汎用性の高い動画形式に変換することもできます。現在では30日間で無料で全機能を体験できます!

では早速、DVDの大切なデータを保護するためにもDVDコピーをダウンロードし無料で体験してみましょう👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

            ご購入したい方は以下のボタンを押して、すぐに最大50%OFFで購入もできます👇

  今すぐ購入
 
30日間返品・返金保証
  今すぐ購入
 
30日間返品・返金保証

6.    まとめ:DVDをデータで保存しよう

不織布ケース、ファイルケース、プラケースなどの種類のあるDVD ケースのことを知りましたか。それぞれ大きさなどが異なりますので、どのように収納したいかを考えてから適したケースを選びましょう。また、突然の破損や劣化による読み込み不良を防ぐために、ハードディスクにデータをコピーするのも方法の1つです。コピーの際は、無劣化でコピー可能なうえ使いやすいDVDFab DVD コピーの使用がおすすめです。