Windows7 サポート終了とは、どいう意味ですか?

マイクロソフトによるWindows 7 OSの延長サポートは、2020年1月14日で終了しました。以降、Windows 7 を実行している PC では、セキュリティ更新プログラムやテクニカル サポートを受け取ることができなくなりました。Windows 7の関連サービスも今後廃止されます。

Windows7を使い続けると、リスクがありますか?

延長サポート終了後も Windows 7を搭載したPC を引き続き使えますが、マイクロソフトからセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるため、お使いの PC はセキュリティのリスクやウイルスの被害を受けやすくなります。そのため、データの安全を確保するために、Windows 10のアップグレードを強くお勧めしております。

無償でWindows7をWindows10にアップグレードする方法

 

Windows7をWindows10にアップグレードする前の準備

 

①    PCのシステム要件を確認

Windows10をインストールするためのシステム要件

プロセッサ(CPU)  1 GHz(ギガヘルツ)以上のプロセッサまたは(SoC)
メモリ(RAM)   1GB(32ビット)または2GB(64ビット)
ハードドライブの空き容量 32GB以上
グラフィックスカード  DirectX 9以上およびWDDM 1.0ドライバーと互換性がある
ディスプレイ  解像度 800 × 600
インターネット接続 更新、一部の機能のダウンロードと利用は、インターネット接続が必要です。

ご注意:一部のWindows 10の機能は古いパソコンやスペックが低いパソコンで正常に使用できない可能性があります。またWIndows10では動かないソフトも存在します。

②    お使いのPCがWindows10対応機種であるかどうかを確認

お使いのPCのメーカーと機種はWindows10に対応するかどうかを確認する必要があります。対応機種でないPCでWindows10にアップグレードすると、ドライバーに不具合が起きる、Windowsが起動しなくなる、アップグレードに失敗するなどの多くの問題が生じる可能性があります。

③    Windows7をWindows10にアップグレードする前にバックアップを取る

Windows10のアップグレードに失敗したら、Windowsを起動できなくなることがあるので、アップグレード前に、PCに保存されている重要なファイルやデータのバックアップを取っておくことをお勧めします。また、Windows10にアップグレードした後、一部既存の機能やプログラムは変更または削除される可能性があるので、引き続き利用したい機能やプログラムの名称でもメモをとったほうが良いと思います。

無償でWindows7を10にアップグレードする手順

① https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
にアクセスして、「ツールを今すぐダウンロード」をクリックして、MediaCreationTool をダウンロードします。

windows7 windows10 アップグレード

ダウンロードしたMediaCreationToolをクリックして、表示された利用規約の画面で、「同意する」をクリックします。

windows7 windows10 アップグレード

② しばらく待って以下の画面が表示され、「このPCを今すぐアップグレードする」を選択して、「次へ」をクリックします。

windows7 windows10 アップグレード

③「Windows 10 をダウンロードしています」「Windows 10 のメディアを作成しています」「更新プログラムをダウンロードしています」という画面が出た後、Windows 10 の利用規約が表示されるので、「同意する」をクリックします。

windows7 windows10 アップグレード

windows7 windows10 アップグレード

windows7 windows10 アップグレード

④ しばらく待つと、「インストールする準備ができました」画面が表示されます。「インストール」をクリックすると、Windows 10のアップグレードが始まります。アップグレードには時間がかかります。

windows7 windows10 アップグレード

 

Windows10アップグレードによる利用できなくなるDVD再生、DVD作成機能と解決方法

 

DVDを再生できない

Windows10にアップグレードした後、DVD動画再生機能を持つWindows Media Centerが削除されるため、Windows10にはDVD再生機能が付属されていません。

解決方法

Windows10にアップグレードした場合は、Windows Update経由にてWindows メディアプレーヤーを無料で入手することができます。しかし、Windows メディアプレーヤーは使いづらいので、他に「DVDFab プレーヤー6」や「VLCメディアプレイヤー」などの多機能の使いやすいメディアプレーヤーをお薦めします。

Windows DVD メーカーを使えない

Windows DVD メーカーは、画像や映像から簡単にDVDを作成するDVDオーサリングツールです。メニュー作成、メッセージ画面を作成する機能や、変換したデータをディスクにライティングする機能、自動チャプター設定機能なども付いています。Windows 8以降ではWindows DVD メーカーが搭載されていないので、Windows7からWindows10にアップグレードた後、Windows DVD メーカーを利用できなくなります。

解決方法

動画からDVDを作成したい場合は、ほかのDVDオーサリングソフトをインストールする必要があります。ここでは、DVDFab DVD作成をお薦めします。

DVDFab DVD作成は、DVDFabが開発したDVDオーサリングソフトであり、あらゆる動画をDVDビデオに変換することができます。DVDディスク、フォルダ、ISOイメージファイルの3つの出力フォーマットがサポートされています。変換する際、好みに合わせて、カスタムメニューを作成することができます。

以下はDVDFab DVD作成を使用して、動画からDVDを作成する操作手順です。

ステップ①:以下のダウンロードボタンをクリックして、DVDFabの最新版をダウンロードして、PCにインストールしてから、実行します。

上のオプションバーから「作成」を選択して、DVDFabロゴの下における矢印をクリックして、「DVD作成」モードを選択します。「+」追加ボタンをクリックして、動画ファイルを追加します。DVDディスクを作成したい場合、書き込み用のDVDドライブをPCに接続します。DVDフォルダ、ISOイメージファイルに出力する場合は、DVDドライブを使用しません。

ステップ②:タイトルの右にあるレンチのアイコンをクリックして、詳細設定で出力ビデオのボリュームラベル、出力サイズ、ビデオ画質、テレビ画質、アスペクト比と再生モードを設定することができます。詳細設定の右にあるボタンをクリックして、メニュー設定の画面を開きます。

メニューを作成しない場合、右側の一番のメニューテンプレートを選択すれば良いです。メニューを作成する場合、他のメニューテンプレートから1つ選択して、カスタマイズします。メニューを設定した後、「OK」をクリックして、メインインタフェースに戻ります。

ステップ③:下部の「出力先」へ移動します。DVDディスクに出力する場合、出力先のドロップダウンリストからDVDドライブを選択します。DVDフォルダに出力する場合、フォルダのアイコンをクリックして、出力ディレクトリを指定します。ISOイメージファイルに出力する場合、ISOアイコンをクリックして、保存先を選択します。出力するDVDビデオの保存先を設定してから、開始ボタンをクリックします。動画からDVDに作成するプロセスが始まります。処理中、進行状況の詳細情報、タスクがかかる時間が表示されます。

まとめ

以上で、Windows7 サポート終了、Windows7を引き続き使用するリスク、Windows7からWindows10にアップグレードする手順、Windows10アップグレード後、利用できなくなるDVDに関しての機能と解決方法をまとめて紹介しました。Windows7を使い慣れたユーザーはWindows10が使いづらいと思うかもしれませんが、データ安全のために、Windows7からWindows10にアップグレードすることを強くお薦めします。