目次

DVD Decrypterとは?
DVD Decrypterの設定
DVD Decrypterの使い方
DVD Decrypterの代わりになるソフト
まとめ

DVD Decrypterとは?

DVD Decrypter(ディーブイディー・デクリプター)は、DVDのCSS保護を解除して、DVDをISOイメージファイルにリッピングできるDVDコピー・DVD リッピング フリーソフトです。DVD Decrypterは2005年に開発中止になりましたので、最新DVDタイトルのリッピングには対応していない場合が多いです。


DVD Decrypterの設定

まず、https://dvd-decrypter.en.softonic.com/ からDVD Decrypterをダウンロードして、パソコンにインストールします。DVD Decrypterを起動して、DVD Decrypterの設定を事前に行います。


一般タブの設定

「ツール」メニューから「各種設定」を選択して、表示された画面で一般タブをクリックします。

「マクロビジョン保護を除去」:DVDのコピーガードを除去する機能です。
「RCE保護リュージョン」:再生のプレーヤーに対応するリージョンコードを選択するオプションです。日本国内のDVDプレーヤーで作成ファイルを再生する場合、「RCE保護リュージョン」を「2」に設定する必要があります。

「標準出力先」:このオプションで出力ファイルの保存先を設定できます。

「プロテクト構造チェック」:リッピングしたいDVDにコピーガードがかけられているかどうかを検出する機能です。


「IFOモード」タブの設定

・「メインムービーPGCを選択」:DVDの一番長いタイトルを予め選択する機能です。

・「ストリーム処理を有効」:DVDの映像・音声ファイルの詳細をチェックしたり、一部を取り出したりする機能です。

・「IFOファイルをコピー」:このオプションにチェックを入れると、「構造保護を除去」、「RC保護を除去」、「RCE保護を除去」、「PUOを除去」を設定できるようになります。

「CSS」タブの設定

・「CSS検索サイズ」:リッピングしたいDVDがCSSによってかけられているかを判定するために、何セクターディスクを読み込むかの設定可能です。
「CSS検索サイズ」を「1000 Sectors」程の値に設定してください。


 I/Oタブの設定
・「バッファサイズ」の設定が大きいと、DVD Decrypterで書き込む際の品質が高くなります。基本的にはPCのメモリー容量の40%程度の値に設定します。


DVD Decrypterの使い方

以下は、DVD Decrypterの使い方です。

① DVD Decrypterを起動して、リッピングしたいDVDをドライブに入れます。
② DVDが成功に読み込まれた後、リッピングしたいファイルを選択して、「出力先」の右のフォルダのアイコンをクリックして、出力ファイルの保存先を設定します。
③ 画面の左下にある緑のボタンをクリックします。


DVD Decrypterの代わりになるソフト

DVD Decrypterは、Windows10で動作できないことがあります。また既に開発終了なので、最新のDVDコピーガードに対応することができません。DVD DecrypterでDVDをリッピングできない場合、DVD Decrypterの代替ソフトを使用することをおすすめします。


DVDFab DVDコピーは、最強のDVD Decrypter ソフトとして、あらゆる種類のDVDコピーガードに対応して、DVDを迅速にISOイメージファイルやフォルダにリッピングすることができます。またDVDライティング、DVD圧縮機能も備えています。DVDからバックアップDVDを簡単に作成できます。DVDFab DVDコピーを購入する前に、30日間の無料体験があります。体験期間中、最大3枚のディスクをコピーできます。

   i  30日間 無料体験

このソフトを使用して、DVDをISOファイルにリッピングする操作手順は以下の通りです。

ステップ1:コピーモードを選択します。
DVDFab 12を起動して、トップメニューから「コピー」機能を選択して、メインインターフェイスの左上隅にある矢印をクリックしてコピーモードを選択します。

ステップ2:DVDを読み込みます。
DVDディスクをドライブに入れると、DVDFabが自動的にそれを読み込みます。

ステップ3:DVDをカスタマイズします。
メインムービーがデフォルトで選択されますが、「他のタイトルを選択」をクリックして、別のタイトルを選択できます。またコピーしたいチャプター、オーディオトラック、字幕を指定したり、出力サイズを設定したりすることができます。レンチのアイコンをクリックすると、詳細設定の画面を開きます。詳細設定で出力DVDのボリュームラベルと出力サイズを設定することができます。

ステップ4:出力先を選択して、リッピングを開始します。
メインインターフェイスの下部へISOのアイコンをクリックして、出力ディレクトリを選択します。そして、「開始」ボタンを押します。

まとめ

以上で、DVD Decrypterの機能、DVD Decrypterの設定、DVD Decrypterの使い方、DVD Decrypterの代替ソフトについてご紹介しました。DVD Decrypterは、定番のDVDコピーフリーソフトですが、対応できないDVDがあります。その場合、最強のDVD コピーソフトーDVDFab DVD コピーを使用することをお勧めします。DVDFab DVD コピーは、DVDをISOにリッピングするか、DVD/ISO/フォルダを空のDVDディスクに焼き込んだりすることができます。DVDをコピー・リッピングする際、タイトル、チャプター、字幕、音声、出力サイズなどを自由に設定できます。DVDを動画または音声にリッピングしたいなら、DVD リッピングソフト記事を読んでみましょう。