DVDStylerとは?DVDStylerの主な機能と特徴を詳解!

DVDStylerは、無料のオープンソースのDVDオーサリングソフトで、各種動画ファイルからDVD プレーヤーで再生できるDVD-Videoを作成することができます。

 

このソフトは、AVI / ASF / WMV / FLV / MP4 / MPEG(MPEG-1 / MPEG-2)/ DV / VOB / M2TS / MKV / WebM / OGG / OGM / RM / MOV 等の幅広いメディアファイル形式をサポートします。DVDStylerには20以上のDVDメニューテンプレートが用意されており、独自のメニューデザインや写真のスライドショーを作成できます。DVDラベル名、ビデオ品質、ビデオ形式、アスペクト比、オーディオ形式を選択した後、テンプレートを選択してビデオ素材を追加できます。

主な機能と特徴:

  • AVI、MOV、MP4、MPEG、OGG、WMV、MPEG-2、MPEG-4、DivX、Xvid、MP2、MP3、 AC-3などの幅広いファイル形式に対応
  • 対話的メニュー付きの DVD ビデオの作成と焼付け
  • 独自のDVDメニューを作成することも、用意されたメニューテンプレートから選択することも可能
  • 静止画のスライドショーの作成
  • 複数の字幕および音声トラックの追加
  • マルチコアプロセッサーに対応
  • ドラッグ&ドロップをサポートするユーザーフレンドリーなインターフェース
  • SVGに基づいた、柔軟なメニュー作成

DVDStylerのダウンロード&インストール方法

ダウンロード

1. https://www.dvdstyler.org/ja/ にアクセスして、「今すぐダウンロード」ボタンをクリックして、表示されたページからDVDStylerのバージョンを選択します。

DVDStyler

2. 次のページでお使いのOSによって、ダウンロードファイルを選択します。

DVDStyler

3. DVDStylerのインストールパッケージを選択して、ダウンロードします。

DVDStyler

インストール

1. 保存されたDVDStylerファイル(DVDStyler-3..2.1-win64.exe)をクリックして、インストール言語を選択します。

インストール言語を選択

2. 「次へ」>「次へ」をクリックして、その後、インストール先とプログラムアイコンを作成する場所を指定して、「次へ」をクリックします。

インストール先

プログラムアイコンを作成する場所

3. 「追加タスクの選択」画面で「次へ」を選択します。

追加タスクの選択

4. 「インストール」ボタンを押すと、DVDStylerのインストールがすぐに始まります。

5. インストールが完了すると、表示された画面で「完了」ボタンを押します。

インストールが完了

DVDStylerの初期設定

インタレースが完了すると、「新規プロジェクト」という画面が立ち上がります。

ここで、これから作成する DVDのディスクラベル、ディスク容量、映像のビットレート、音声のビットレート、タイトルの既定のポストコマンド、映像形式、横縦比(アスペクト比)、音声形式を設定することができます。

DVDStylerの初期設定

ディスクラベル:お好みで設定をします。
映像形式:日本のテレビの信号方式は「NTSC」なので、ここで「NTSC」に設定します!
横縦比:ここは動画によって異なります。通常は16:9に設定します。
音声形式:AC3 48kHzを選択しましょう。

プロジェクト内容の設定が終わったら、下部の「OK」ボタンをクリックします。

メニューバー上から「構成」→「設定」を選択して、言語、既定の動画形式などの様々な設定を行うことができます。

DVDStylerの使い方:動画からDVDを作成する方法

DVDStyler

ステップ1:左側の「背景画像」からお好きなメニューテンプレートをダブルクリックします。メニューテンプレートが右の画面に追加されます。

DVDStyler

ステップ2:左メニューの「ボタン」をクリックしてオブジェクトを追加します。追加したオブジェクトを右クリックして、「プロパティ」を選択したら、オブジェクトに関する設定を行うことができます。

DVDStyler

ステップ3:左側の「ファイルブラウザー」オプションをクリックして、動画ファイルを選択して、画面下部にドラッグ&ドロップします。

* 画像ファイルを追加して、スライドショーの作成もできます。

追加された動画をドラッグすることで、タイトルの再生順を調整できます。また、動画を右クリックすると、動画を移動するか削除できます。「プロパティ」を選択したら、該当タイトルの映像、音声、映像、チャプター位置、停止時間などの様々な設定を行います。

DVDStyler

ステップ4:メイン画面に戻り、トップメニューのDVD 書き込みアイコンをクリックします。「書込み」画面が表示され、生成のみ(オーサリング)、ISOイメージファイル作成、DVDに書込みが選択できます。「開始」ボタンをクリックすると、DVD作成を開始します。

DVDStylerの代替ソフトおすすめ

DVDStylerのインストール方法と使い方を解説してみました。DVDStylerは、高機能のDVDオーサリングソフトですが、使い方は初心者にとってちょっと複雑です。また、DVDStylerでDVDの作成が失敗することがあります。そのため、DVDStylerの代替ソフトをご紹介いたします。

dvd
DVDFab DVD 作成は、様々な動画をDVDディスクに簡単に焼き込み、個性的なDVDメニューを作成できる柔軟なDVD作成ソフトです。ダウンロードされたビデオ、ビデオカメラの映像、ほかの汎用ビデオなどほとんどすべての流行っている動画形式をサポートしています。インターフェースが直感的で、操作方法は簡単です。
  

以下は、このソフトを使用して、動画からDVDを作成する方法をご紹介します。

ステップ1:動画ファイルを追加します。

下記のボタンをクリックしてDVDFab 12を無料ダウンロードしてください。これは、有料ソフトですが、30日間無料で体験できます。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

DVDFabを実行して、メニューバーから「作成」オプションを選択して、メインインターフェースにある大きな「+」ボタンをクリックして、動画ファイルを追加するか、或いはそれらの動画をメインインターフェースにドラッグ&ドロップします。

ステップ2:DVD 作成モードを選択します。

左上隅にあるモードスイッチャーから「DVD 作成」のモードを選択します。

DVDStylerの代替ソフト

ステップ3:出力DVDをカスタマイズします。

必要なオーディオトラックと字幕を選択できるし、外部からの字幕も追加できます。レンチアイコンをクリックすると、「詳細設定」ウィンドウズが表示され、ボリュームラベル、出力サイズ、ビデオ画質、アスペクト比、再生モードなどを設定できます。また、「メニューの設定」ボタンをクリックしてビデオメニューをカスタマイズできます。

DVDStylerの代替ソフト

DVDStylerの代替ソフト

ステップ4:出力ディレクトリを選択して、DVDを作成します。

画面下部に移動して、出力ディレクトリを選択します。ドロップダウンリストボックスでディレクトリとして光学式ドライブを選択すると、ビデオをDVDディスクに書き込みます。「フォルダ」アイコンをクリックしてディレクトリを選択すると、ビデオをDVDフォルダとして保存します。「画像」アイコンをクリックしてディレクトリを選択すると、ビデオをISOファイルとして保存します。

DVDStylerの代替ソフト

まとめ

この記事では、DVDStylerの主な機能、インストール方法、使い方と代替ソフトについてご紹介しました。DVDStylerは、人気のある高機能のDVDオーサリングツールですが、DVDStylerの使い方がわからないあるいは、DVDの作成に失敗する場合は、DVDFab DVD 作成を使ってみましょう。