1.    InShotとは

inshot 使い方

InShotは、無料で使えるスマホ用動画編集アプリです。Android、iPhoneのどちらでも使うことができ、シンプルな操作で多種多様な動画編集が行えます。元々、スマホにはカメラやマイクが内蔵されていますし、オンライン上で動画データを送信することも可能です。そのため、動画共有サイトやSNSなどに自分が編集した動画をアップロードする場合、端末上で編集してそのまま投稿するのが最も簡単な方法といえます。

InShotはスマホ上でダウンロードや撮影した動画を編集し、そのままアップロードできるため、スピーディな投稿が可能です。Instagramなどのようにリアルタイムに情報を更新することが多いツールを使う場合には、非常に相性が良いアプリといえるでしょう。

inshot 使い方

InShotは基本的に無料で使うことができますが、アプリ内で機能を追加する有料アイテムがあります。また、動画を保存する際には広告を見なければロゴが入るという制限もついています。ただ、基本的に無料で様々な機能を使うことができるため、利用者は多いです。また、ユーザーの評価を迅速にフィードバックしてアップロードしているため、バグがあった場合も比較的スピーディーに解決されます。操作画面は日本語表記なのでわかりやすく、説明を見なくても操作ができることから、幅広い年齢層に利用されています。

2.    InShotの機能や特徴、評判

InShotに備わっている動画編集機能はパソコン用のソフトにも引けを取らないレベルであり、字幕やBGM、各種エフェクトの追加に加え、フィルタ加工やトランジションの適用、トリミング、画像から動画への変換なども可能です。基本的にタップやスワイプといったスマホでよく使われる操作方法のみなので、初心者でも感覚的に編集方法を理解できるようになっています。

加えて、縦画面のままで編集ができる点も大きな特徴です。スマホ上で動画編集からアップロードまで済ませたい場合に、ストレスなく操作することができます。

inshot 使い方

InShotの機能は非常に豊富です。基本的な機能である動画の分割や結合、速度や音量の調整、スライドショー等はもちろん、キーフレームアニメーションの作成や追加、レイヤーの追加、シェイプマスクなどの高度な操作も可能です。もちろん、BGMの追加や動画からのオーディオ抽出もできますし、タイムラインを使った動画との同期も簡単にできます。

映像関係でも、字幕や顔文字の追加、様々な効果やフィルター、トランジションとの組み合わせなどを活用することで、高品質な動画を作ることができます。背景や写真の編集もできるため、非常にオリジナリティの高い動画作りが可能です。

ユーザーからの評判も良く、無料で使えるのに操作方法がわかりやすく、多機能で満足しているという意見がほとんどです。一方で、予期しないエラーで動画が消えた、作成した動画にカクつきがみられる、ロゴが入るなどの評価もあります。ただ、これらのトラブルに関しては迅速に運営側がフィードバックしているため、解決しているものも少なくありません。

3.    InShotの使い方

InShotは様々な機能が使えますが、基本的な使い方は感覚的にわかるように設定されています。

まずは、素材となる動画や画像を取り込む作業からです。ホーム画面から「動画」を選択し、画面上部で動画・画像を切り替えて取り込みたい素材を選択し、決定ボタンを押しましょう。選択する際にハサミのマークをタップすれば、必要な部分だけをトリミングすることも可能です。

inshot 使い方

編集画面では、基本的に編集している動画の下に表示されるツールバーで機能を選択し、指定するという流れになります。操作をやり直すこともできますので、効果が分からないものは実際に機能を使ってみると良いでしょう。

◉ 動画トリミング/カット

よく使う機能の一つであるトリミングやカットは、動画を取り込むときにハサミのマークをタップする方法と、編集画面でプリカットを選択する方法の2種類があります。効果は同じですが、あらかじめ不要なデータをトリミングしておくことで使用するメモリ量を抑えることができ、アプリの強制終了等のトラブルを防ぐことが可能です。

なお、プリカット選択時に出てくる選択肢の内、トリミングは選択した範囲を残し、カットは逆に選択した部分を削除します。スプリットは選択した部分で動画を2分割する操作です。

◉ 音声トラック/BGMを追加

音楽の追加は、編集画面から音楽を選択します。トラックはスマートフォン内に保存されてい音楽をBGMとして追加する操作で、エフェクトは効果音の追加です。また、録音はタップをしてから3秒後に録音がスタートし、そのデータを音声として追加します。さらに、これらの音源の音量やフェードイン・アウトなどの操作も可能です。

inshot 使い方

◉ トランジション追加

inshot 使い方

複数の動画をスムーズに切り替えながらつなぐトランジションは、iPhone版限定の機能です。この効果を加えるには、動画の境目にある斜線をタップしてトランジションの種類や時間を設定します。

◉ 動画を保存

inshot 使い方

編集を終えた動画は、編集画面右上の保存ボタンをタップして画質を選択すれば保存できます。高画質にするほどきれいな仕上がりにはなりますが、スマホのストレージを圧迫し、保存に要する時間も長くなるので注意が必要です。

4.    DVDFab DVDリッピングを使ったDVD・ビデオ編集

InShotはパソコンやスマホ上で使える動画のファイル形式を編集しますが、DVDの場合はファイル形式が全く異なるため、InShotで編集することができません。DVDの場合は専用の動画編集ソフトを用意しなければなりませんが、中でもDVDFab DVDリッピングは強力な編集機能を備えており、DVDの取り込みからファイル形式の変換及び編集、書き出しまで一つのソフトで完結することが可能です。

従って、DVDから動画を取り出して編集したい場合には、DVDFab DVDリッピングを使って動画の抽出と必要な範囲の切り取り、ファイル形式の変換を行った後、動画編集ソフトを使用するという流れになります。DVDFab DVDリッピングは、DVDメディアファイルやディスクを汎用のMP4などのほとんど全部のデバイスでも再生できるMP4形式に変換する最高のDVD MP4変換ソフトです。

inshot 使い方

ちなみに、InShotを使って編集したい場合には、MOVファイルとして出力しましょう。パソコン上で編集をするときは、AVIファイルやMP4など様々な形式のファイルで編集可能です。

リッピングが必要なDVDの場合は、編集前にツールバー内にあるリッピングを選択してパソコンに取り込みます。プロファイルライブラリで必要なデバイスとフォーマットを選択し、DVD内にある動画の中から編集したい動画を選択します。編集アイコンをクリックしてトリムを選び、開始及び終了タブで切り取りたい範囲を指定し、保存先を選んで出力すれば完了です。なお、詳細設定を選べばアスペクト比や音声、字幕の有無などのより細かい設定もできます。

inshot 使い方

InShotなどのスマホ上で動画編集が可能なアプリを使う場合には、できるだけ軽い動画になるように注意しましょう。サイズの縮小やトリムする時間の短縮など、パソコン上でできる処理は済ませておいた方がその後の作業も楽にできるようになります。

5.    機能や使い方を学んでより便利に

このように、InShotは感覚的に操作するだけでも様々な編集ができますが、搭載されている機能と動画に与える効果を理解しておくと、さらに編集の幅が広がります。まずは色々な効果を試してみて、目的に沿った機能を組み合わせるなどの工夫をしてみましょう。動画の編集やアップロードが今まで以上に楽しく感じられるようになります。