1.    Recuvaとは何か

Recuvaとは、誤ってゴミ箱から削除してしまったファイルや一時ファイル、またはクラッシュ、バグ、ウイルスなどの意外状況によって消えてしまったファイルを元通りに復旧できるファイルリカバリーツールです。

recuva 使い方

高機能性の割に、インターフェースがシンプルで使い方も簡単というのが最大の特徴です。全てのデータを無損失で復旧できるのは保証できなく、データを復旧する前に、機能の一つとしする「ファイルがどのくらいの確率で復元できるのか」やファイルの状態を事前に確認しておけば必要です。

2.    Recuvaを使う前に注意すべきポイント

現在すでに困った状況にあって、Recuvaという便利なデータ復旧ソフトを使おうと考える方もいるでしょう。そのときは、復旧作業の前にパソコンの操作をできる限り行わないことが大切になります。失ったデータはHDDやUSBメモリの中にまだ存在している可能性が高いので、Recuvaを利用すれば取り戻せることがあるのです。

しかし、パソコンの操作によって削除されたデータの上に新たなデータが書き込まれてしまうと、復旧できなくなるケースがあります。従って、ゲームをダウンロードしたり動画をインターネット上で視聴したり、HDDなどに大きなサイズのデータを書き込むようなことをするのはやめましょう。余計な操作はせずに復旧作業を開始するのが早ければ早いほど、失ったものを取り戻せる確率が高くなります。

3.    Recuvaをダウンロードしてインストールしよう

3.1  Recuva ダウンロードをする方法

Recuvaはフリーソフトとして数多くのサイトで配布されています。それらの中からダウンロードするところを適当に選ぶのではなく、信頼ができるサイトを利用しましょう。危険なウィルスが含まれている可能性があるため、よく分からないところから入手するのはおすすめできません。日本人が管理していて運営歴が長い大手のサイトがいくつかあるので、そちらなら安心してダウンロードできるでしょう。

ただし、サイトによっては取り扱っているソフトのバージョンが古い可能性もあるので気をつける必要があります。詳細ページをチェックすればバージョンを調べられるため、できる限り新しいものをダウンロードしましょう。もしも、英語が分かるなら公式サイトを利用すれば、安全に最新バージョンをゲットできます。

recuva 使い方

3.2  Recuvaをインストールする方法

EXEファイルとしてRecuvaは配布されているため、インストールするのはとても簡単です。ダウンロードしたファイルをクリックすれば、インストールウィザードが表示されてすぐにパソコンへの導入ができます。まずはウィンドウの上部をチェックし、Englishと書かれたボックスを見つけましょう。

recuva 使い方

そちらはリストボックスになっていて沢山の言語の中から好きなものを選べるので、日本語で使いたい場合はJapaneseを選択します。あとはインストールボタンを押してしばらく待てば、パソコンへの導入が完了し、日本語のインターフェイスでRecuvaを使えるようになります。

recuva 使い方

4.    Recuvaの使い方

Recuvaは難しいことを考えずとも、データの復旧が行えるようになっているソフトです。こちらではWindowsパソコンでの使い方を説明するので、これから利用しようとしている方は参考にしてください。

4.1 Recuvaを起動しよう

普通にインストールしていれば、デスクトップにRecuvaのアイコンが作られているのでクリックすることで起動します。もしも、存在していないときは検索して場所を突き止めましょう。Windows10の場合は画面の左下にある検索ボックスに、『Recuva』と入力すればインストールしたところが分かります。

4.2 復旧したいファイル拡張子を選ぶ

起動するとウィザードが表示されて、復旧したいファイルの拡張子の種類を選ぶ画面になります。テキストやピクチャなど、自身が失ったデータに当てはまるものを選びましょう。各項目で分かりやすく説明されているため、きちんと目を通せば適切なものを選べるようになります。よく分からなければ、『すべてのファイル』という選択肢を選んでおけば大丈夫です。ただし、リサーチするものが増えるため、作業時間が長くなることは覚悟しておきましょう。

recuva 使い方

4.3 ファイルの検索場所を指定する

次の工程では失ったデータがあった場所を指定する必要があります。マイドキュメントやCドライブ、メディアカードなども指定できるので、Recuvaに場所を的確に教えてあげましょう。なお、『ハッキリしない場合』という選択肢も用意されていますが、そちらはパソコン全体をスキャンするためかなりの時間がかかります。下手をすると1時間以上かかってしまうケースもあるので、できるならピンポイントで指定したほうが賢明です。

recuva 使い方

4.4 スキャンを開始

拡張子と場所を指定できたら、開始ボタンをクリックしてスキャンをスタートさせましょう。あとはRecuvaが自動で削除されたファイルをリサーチしてくれるので、作業が完了するのを待ちます。

recuva 使い方

4.5 ファイルを選んで復旧

スキャン作業が完了するとリサーチされたファイルのリストが表示されます。その中から復旧したいものを選び、保存する場所を指定して復旧を実行しましょう。ただ、ファイル名がアルファベットや記号の羅列で、削除する前の状態とはまったく異なっていて、どれを選択すればよいか分からないかもしれません。そのときは、ファイルサイズや保存してあった箇所(パス)、そして拡張子から予測しましょう。

ちなみに、それぞれのファイルは、『高確率』と『低確率』と『復元不可能』と『不明』の4つの状態に分かれています。それらはリスト項目にある『状態』で(もしくはファイル名の横にある丸のカラーで)でチェック可能です。もしも、お目当てのファイルが復元不可能となっているときは、残念ながら復旧するのは難しいかもしれません。

4.6 最後は確認して終了

復旧作業が完了してファイルが無事に保存できたとしても、中身が壊れている状態の可能性もあるので気をつけましょう。そのため、最後はファイルが元通りになっているのか、動画プレイヤーやテキストエディタなどを使い中身をしっかりとチェックすることがとても大切です。

5.    DVDとBlu-rayのデータも復旧できる

HDDやUSBメモリの中ではなく、DVDとBlu-rayに入ったファイルを復旧したいと考える場合もあるでしょう。それらにも対応した復旧ソフトがいくつもあるので、困っているときは利用をおすすめします。もしも、どれを使ってよいか判断できない場合は、DVDFab データ復元 for DVD & Blu-rayを使ってみましょう。簡単な手順で復旧できるため、難しい操作をせずにDVDとBlu-rayからファイルを救出したい方にぴったりです。

5.1 DVDFab データ復元 for DVD & Blu-rayの紹介

DVDFab データ復元 for DVD & Blu-rayは、ISOファイルとフォルダーをスキャンして、破損したドライブ、メディアファイル、不完全なファイル構造、または削除されていない保護を探し、ファイルをすばやく修復してスムーズに再生できるようにするツールです。
 

🔴 3つのスキャンモードが用意されている

素早くDVDとBlu-rayの中身をチェックする『クイックスキャン』、すべてを徹底的にチェックする『ディープスキャン』、そして自動的にバックアップを行ってくれる『カスタムスキャン』があります。状況によって使い分ければ、簡単かつ的確に失ったデータを取り戻せます。

🔴 数多くのデータエラーを修復してくれる

ビデオ再生エラーやIFOファイルエラーなど、数多くのエラーを解決してファイルを読み込めるようにしてくれます。データが削除されたのではなく、エラーで利用できなくなっているケースもあるので、これらの機能を使って復旧させてしまいましょう。

5.2 DVDFab データ復元 for DVD & Blu-rayの使い方

DVDFab データ復元 for DVD & Blu-rayは機能性の割に、無料の体験版も利用できて、使い方も簡単なのが特徴です。どのような機能があるかハッキリさせたいときは、体験版を利用してDVDやBlu-rayを復旧してみましょう。実際に使ってみれば、購入する価値があるかどうかきちんと判断できます。なお、体験版はDVDFabの公式ウェブサイトで配布されています。動作環境が記載されているので、自身のパソコンで動くことを確認してからダウンロードしましょう。

ダウンロードしたら、使い方もご紹介します。まずはソフトをダウンロードし、インストールしてデータ復元ソフトウェアを実行し、必要に応じてモードを選択した後、ソースをロードさせます。スキャンプロセスを開始させ、データ復元が修復する必要があるファイルをリストで表示するのをみてから、修復したいファイルを選択すれば、チェックされるソースが自動に修復されます。最後に、プレーヤー 6などのメディアプレーヤーで再生するまたはほかのディレクトリを開いて効果を確認しましょう!

recuva 使い方

6.    まとめ:信頼できる復旧ソフトを使おう

復旧ソフトを使えば、失ったデータを取り戻すのは決して難しくはありません。しかし、クオリティの低い復旧ソフトを利用すると、失敗してしまう可能性もあるので注意しましょう。できる限り高い確率でデータを取り戻したいと考えるときは、RecuvaやDVDFab データ復元 for DVD & Blu-rayのような、高性能で評判がよいものを使うことをおすすめします。