早期において、パソコンで用いられるのは物理ドライブでした。技術発展につれて、物理ドライブと比較する仮想ドライブが現れました。新型のパソコンは、軽型が多いため、ドライブを内蔵していないものがほとんどです。それで、これから紹介する仮想ドライブを使えば、物理ドライブのないPCでもISO形式などのイメージファイルからデータを読み出すことができるようになります。

専門用語のご紹介

まず、これからご紹介するものに関係する専門用語をご紹介します。

1.仮想ドライブ

仮想CD-ROMドライブとは、物理光学ドライブの動作をシミュレートするソフトウェアツールです。

2.イメージファイル

イメージファイル(イメージ)とは、簡単に言うとディスクの中身を、一つにまとめたファイル( = ディスクそのもの)のことです。 つまり、DVD / BD / ハードディスク 等の中身を、 「そっくりそのまま」取り出したような感じのファイルで、中身は元のディスクと完全に同じです。

3.Mount(マウント)

マウント動作とは、デバイスをディレクトリツリーの特定の場所に関連付けることで、OSがルートディレクトリから新しく追加されたデバイスを見つけ、そのデバイス上のファイルデータにアクセスできるようにするものです。

Virtual CloneDriveとは?

Virtual CloneDriveで仮想光学ドライブを作成

Virtual CloneDriveとは、Elaborate Bytes社による無料の仮想DVDドライブです。

この無料の仮想ドライブは、あたかも物理的なCD/DVDドライブから挿入したかのように動作します。イメージファイル(ISO、BIN、CCD)のマウント、アンマウントが数クリックで可能です。なお、この仮想ディスクドライブは、ブルーレイ、DVDその他高解像度ビデオなど、さまざまなディスクファイルを扱うことができます。

Virtual Cloneアプリケーションのダウンロードとインストールは非常に簡単で、高度な専門知識は必要ありません。 ダウンロードが完了すると、インストールファイルのようなウィンドウが表示されますが、実際はソフトウェアそのものです。 このウィンドウはかなり基本的なもので、ドライブのインストールやアンインストールを簡単に行うためのいくつかの機能のみを提供しています。

Virtual CloneDriveでマウントできるイメージファイル

  • ISO:isoファイルは、DVDやBlu-ray Discなどの内容を、一つのファイルにまとめたイメージファイルです。パソコン上のisoファイルをダブルクリックするだけでは、内容を確認することはできません。
  • IMG:イメージ(IMG)ファイルは、ディスクのイメージをそっくりそのまま保管するのに使用されます。 IMG 形式は、OS やアプリケーション、ゲームなど、プログラムの配布によく使用されています。
  • BIN:ファイル名の拡張子が「.bin」であるようなファイル。 決まったファイル形式などはなく、バイナリ形式のデータやプログラムなどが格納されていることが多いです。
  • CCD:「CloneCD Disc Image」というディスクイメージファイルで、主に「CloneCD」というCD・DVDのリッピングを行うことのできるアプリケーションで作成したイメージファイルの拡張子となります。
  • DVD:DVDファイル形式は、 Windowsシステムプラットフォームにインストールできるソフトウェアと互換性があります。
  • UDF:「Universal Disk Format(ユニバーサルディスクフォーマット)」というディスクのファイルシステムです。 ファイルシステムではありますが、ユーザー側としてはISOなどのイメージファイルと同じ扱い方をすることが可能です。

セッティングメニューについて

Virtual CloneDriveで仮想光学ドライブを作成

Virtual CloneDriveをインストールしてから、起動すると、この画面が表示されます。「settings」メニューについて、ご紹介いたします。

  • Number of Drives:仮想ドライブの数を設定します。
  • Virtual sheep:シープのアイコンが表示します。
  • Keep history of recently mounted images:最近マウントした画像の履歴を残します。
  • Automount last image:最後のイメージの自動マウントします。
  • Buffered I/O:バッファ付き入出力の意味で、バッファーという一時保存用メモリーを介してアクセスする入出力方式です。
  • Show tray icon:トレイアイコンを表示します。
  • Eject unmounts image file:イメージファイルのアンマウントを行います。

ご利用の時に、各項目をチェックしてください。

仮想ドライブでマウントする方法

方法1

マウントとは、システムに接続する事です。イメージ ファイルをマウントすると、あたかも CD や DVD をパソコンに挿入したかのように見えます。使用したいイメージ ファイルを右クリックし、[マウント]をクリックします。

Virtual CloneDriveで仮想光学ドライブを作成

マウントが完了すると、そのファイルが表示されます。必要な操作を行い、作業が終了したらアンマウントしてください。

Virtual CloneDriveで仮想光学ドライブを作成

方法2

「Number of Drives」の項目は、仮想ドライブの数を設定することができますので、数が必要ない場合は「1」に設定して、1台で使用します。「OK」をクリックしてください。そして、言語を選んでください。

Virtual CloneDriveで仮想光学ドライブを作成

デスクトップのマイコンピュータアイコンをダブルクリックしてマイコンピュータのウィンドウを開き、Virtual CloneDriveを右クリックして「Virtual CloneDrive」→「マウント」をクリックすることができます。 また、Virtual CloneDriveソフトをインストールした後にISOファイルをダブルクリックすると、自動的に仮想CDとしてマウントすることも可能です。

Virtual CloneDriveで仮想光学ドライブを作成

次に、マウントしたいISOファイル(または.ccd, .dvd, .img, .iso, .udf, .bin などのCD-ROMイメージ)を探して選択し、「開く」ボタンをクリックして仮想CD-ROMドライブに読み込ませます。

イメージ ファイルをアンマウントする方法

アンマウントとは、システムにマウントされたイメージ ファイルを取り出す事です。あたかも CD や DVD をパソコンから取り出したかのようです。

Virtual CloneDriveで仮想光学ドライブを作成

「PC」(以前の「(マイ) コンピューター」)を開き、「取り出し」をクリックしたら完成です。

DVD Fab DVDコピーで仮想ドライブに内容を書き込む

以上のソフトのほかに、DVD FabDVDコピーでイメージファイルを作成することができます。

無料体験はこちら↓

  Free Download
  100% Safe & Clean
Learn More
  Completely Free

市販やレンタルのDVDを圧縮または無劣化でコピーや、空のディスクに直接出力、またはISOファイル/フォルダとしてローカルHDDに保存することができます。もちろん、別のソフトウェアでもイメージファイルを作る機能を持っていますが、DVD FabDVDコピーではその優れたところがあります。たとえば、DVD FabDVDコピーを利用して、簡単にコピーガード解除ができます。また、「コピー・ワンス」の番組を録画する時に使われるCPRMも解除でき、自作のDVDを順調にコピーすることもできます。別売りのDVD Cinavia 除去と一緒に使えばDVDの音声トラックに埋め込まれたCinavia透かしまで解除可能です。

DVDFab DVDコピーを利用してDVDからISOファイルを作成する方法は、次の通りです。

DVD Fab DVDコピーを起動して、表示画面の上にある「コピー」を押してください。そして、出てくる「クローン/ライティン」をクリックします。

Virtual CloneDriveで仮想光学ドライブを作成

そして、ISOにリッピングしたいDVDをドライブに挿入してください。DVDFabは、DVDビデオを自動的に読み込めます。

Virtual CloneDriveで仮想光学ドライブを作成

そして、ドライブの出力先を選んで、ISOアイコンをクリックしてください。「開始」ボタンをクリックして、DVD ISO 変換のプロセスが完了します。

Virtual CloneDriveで仮想光学ドライブを作成

まとめ

以上が仮想ドライブについてのご説明となります。初心者でも簡単にわかるでしょう!ぜひ、これらのソルトを利用して作成してみてくださいね。