theater

日本で公開されていない映画やドラマを海外配信サイトで視聴するとき、日本語字幕がなくて困るという方も多いのではないでしょうか。また字幕は耳が不自由な方や日本語の勉強をしている方にとっても、大切なツールです。そこで今回は日本語字幕をダウンロードできるサイトを紹介します。字幕データの使い方についても解説しているので、表示方法が分からない方は参考にしてみてください。

一、そもそも字幕ファイルのsrt・vttとは

字幕サイトからデータをダウンロードすると、「.srt」や「.vtt」といったファイルが保存されます。サイトによってはダウンロード時に選択するものもあるので、どれにすればよいのか分からないという方も多いでしょう。まずはこの字幕ファイルについて、詳しく解説していきます。

1. srtファイル

srtファイル

srtとは、SubRip Textの略称です。拡張子が「.srt」なため、srtファイルと呼ばれています。「字幕ファイル」とも呼ばれるファイル形式で、中にはテキストデータが入っています。字幕データの形式としてよく使われ、「通し番号+時間+テキスト」のフォーマットで記述するというルールがあるのです。テキストなのでメモ帳等で開くと中身を確認可能です。

2. vttファイル

vttファイルとは、正式にはWeb Video Text Tracks(WebVTT)と呼ばれるフォーマットとなります。拡張子が「.vtt」になるため、vttファイルと呼ばれています。データの中身はsrtファイルと似ていますが、HTMLで使われることがある形式です。

字幕サイトでダウンロードをする際は、特別理由がなければsrtファイルをダウンロードすれば問題ありません。ほかにもtxtファイルが選べることがあります。しかしこれは特別な形式ではなく、一般的なテキストファイルになります。字幕データを取得する時は「srtファイル」と覚えておけば大丈夫です。

二、無料でダウンロードできる日本語字幕サイト

ここでは無料で日本語字幕をダウンロードできるサイトを7点紹介していきます。どれも自由なダウンロードができるうえに、日本語以外の字幕も豊富となっています。

1. Addic7ed

Addic7ed

公式サイト

Addic7edは、ジャンルや言語から作品を絞り込める、映画メインの字幕サイトです。76言語ものカテゴリがあり、日本語字幕がある作品だけを探せます。海外サイトなのでブラウザの翻訳をかけないと、日本語表示になりません。しかし作品の説明文などは自然に読めるでしょう。

Addic7ed

ダウンロードしたい言語の字幕を見つけたら、リンクをクリックするとページが開きます。「字幕をダウンロード」を押せば、ダウンロード完了です。

有志が字幕をアップロードしているサイトなので、作品によって対応言語には違いがあります。英語やスペイン語が多いものの、日本語のものも探せば出ます。最近追加された字幕もトップに表示されているので、定期的に確認していれば好きな作品の字幕が見つかるかもしれません。広告もそこまで多くないので、見やすいサイトです。

2. OpenSubtitles

OpenSubtitles

公式サイト

OpenSubtitlesは、日本語に対応した映画・テレビ番組中心の字幕サイトです。日本語字幕サイトの中で有名なサイトになっていて、利用者も多くいます。更新頻度も高いので、多くの日本語字幕があります。字幕言語を指定して検索ができる探しやすいサイトです。ただしサーバーがダウンすることが度々あるので、アクセスできない場合は時間を置いて試すようにしましょう。

opensubtitles

作品部分をクリックすると、詳細ページが開きます。ダウロードを押すとzipファイルでダウンロードされるので、解凍して使用しましょう。また同じ映画の同じ言語字幕を検索しする、気に入った字幕製作者がいればユーザーの字幕で検索もできます。字幕の評価があるので、ダウロード前にクオリティを確認可能です。

ただ悪質な広告が表示されるサイトでもあるので、注意が必要です。前例としては、使用中にポップアップウィンドウが自動で開く、アクセスしているIPアドレスを表示して不安を煽るなどでしょう。会員登録を促す広告も出ますが、ダウンロードだけなら登録する必要はないので注意しましょう。

3. Subscene

Subscene

公式サイト

Subsceneは映画やドラマ、テレビ番組等の字幕がある海外サイトです。カテゴリは「映画」「連続テレビ番組」「ミュージックビデオ」の3つで、映画カテゴリはありません。しかし字幕自体は置いてあります。検索部分には言語フィルターがあり、最大3言語まで設定可能です。設定は保存できるので、一度設定してしまえば日本語字幕だけで検索できます。

Subscene

作品をクリックすると、詳細ページが開きます。ダウンロードはzipファイルになるので、使用前に解凍しましょう。字幕製作者からのコメントが表示されるようになっており、ブラウザで翻訳をかけているとこの部分だけ表示がおかしくなります。コメントがあると字幕を作った方の意図が分かるので、つい利用してみたくなります。日本の字幕製作者もいるサイトです。

作品の数は他サイトより少ないものの、広告の表示もなくシンプルなサイトになっています。人気の字幕や最新の字幕順でも見られるので、使いやすいでしょう。

4. YIFY Subtitles

YIFY字幕

公式サイト

YIFY Subtitlesは、映画の字幕をメインとした海外サイトです。動画配信サイトのようなデザインの画面で、トップでは最近字幕がアップロードされた作品が紹介されています。字幕言語数が多く、日本語以外にも様々な言語の字幕があります。

YIYF字幕日本語版

使い方や作品ページのデザインは、Addic7edとほとんど同じです。フィルター検索ができないため、作品名か字幕言語で検索する必要があります。言語のところに国旗が表示されるので、こちらの方が探しやすいでしょう。作りが同じなだけで、アップロードされている字幕はAddic7edとは別です。広告はほとんどありません。

5. TVsubtitles.net

TVsubtitles.net

公式サイト

TVsubtitles.netは、テレビ番組やテレビドラマシリーズの字幕に特化した海外サイトです。表示する字幕を言語で指定できるので、日本語字幕だけで調べられます。

TVsubtitles.net

作品をクリックすると詳細ページに飛びます。評価を見られるので、字幕選びの参考にもできるでしょう。日本語字幕の数はそこまで多くありません。しかしほかの言語でもドラマの字幕を探している方なら、目的の字幕があるかもしれません。英語・フランス語、ギリシャ語が特に多いサイトです。

6. DOWNSUB

downsub

公式サイト

DownSubは、YouTubeなどの動画配信サイトから、直接字幕をダウンロードできるサイトです。使い方はシンプルで、URLの前か間に「subtitle.to/」を入力してサイトでダウンロードするだけです。SRTやTXT、VTTといったすべての字幕形式に対応しています。

ただし広告の表示がいくつもあり、タブ名が「New Message!」とちらつくので気になる方もいるかもしれません。悪質な広告の可能性もあるので、無視しましょう。

6. Isubtitles

Isubtitles

公式サイト

Isubtitlesは、多言語の字幕をダウンロードできる海外サイトです。検索方法はタイトルなどで調べるだけの非常にシンプルなサイトなので、字幕を探しているタイトルがはっきり決まっている方には、分かりやすいサイトでしょう。

Isubtitles

詳細ページを開いてから言語を指定することで、絞り込みもできます。下にスクロールしていくと字幕の一覧が出てくるので、そこから探すことも可能です。日本語字幕の数は決して多くないものの、アジア圏の字幕が多いので、他にないものが見つかるかもしれません。

三、日本語字幕の使い方

字幕サイトからデータをダウンロードしただけでは、字幕を表示して動画を楽しめません。そこで以下からはダウンロードした字幕の使い方を紹介します。それほど難しいものではないので、初めての方でも手順に慣れてしまえばすぐにできます。

①字幕データを使う準備をする

ダウロードしたデータがzipファイルの場合、解凍が必要です。また字幕データのほかに、動画を再生するプレイヤーの準備も必要になります。プレイヤーによっては字幕表示に対応していない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。ここではWindows10に標準で入っている「映画&テレビ」で、字幕を付ける方法を紹介します。

②動画ファイルに字幕データを入れる

まず字幕を付ける動画が入っているフォルダを開きます。同じフォルダ内に、ダウロードした字幕データをいれましょう。この時動画の名前と字幕データの名前を同じにしておきます。名前が一致していないと表示できないので、忘れずに行ってください。

windows media player

③動画を開く

データの準備ができたら、再生するプレイヤーを開きます。プレイヤーは動画の部分で右クリックをして、「プログラムから開く」で選べます。任意のものを選びましょう。ほかのプレイヤーをインストールしている場合は、ここに表示されます。

映画&テレビ

映画&テレビの場合は、アプリを開いた後に「パーソナル」を選ぶと、フォルダにある動画を開けます。動画から直接アプリを開いた場合は省略されて直接動画の再生画面になるので、次を参照してください。

映画&テレビパーソナル

④字幕の設定をする

動画が開いたら、左下にある四角のアイコンをクリックします。「字幕」という表示が出てくるので、先程の字幕データを選択しましょう。

映画&テレビ 字幕を設定

するとこのように字幕が表示されるようになりました。これで字幕付きの映像を楽しめます。

映画&テレビ字幕を設定

字幕データが入っているSRTファイルはテキスト形式のファイルなので、メモ帳で簡単に開けます。もし持っている動画と字幕データがズレていると感じたら、開いて修正も可能です。

DVD等に字幕を表示する場合

映画&テレビは動画ファイルを再生するものなので、DVD等のディスクに字幕を追加したい場合は別の再生プレイヤーが必要になります。「DVDFab PlayerFab」のように無料のソフトもあるので、活用してみてください。

まとめ

今回は日本語字幕のデータをダウンロードできるサイトと、字幕データの使い方についてご紹介しました。字幕の需要は海外の方が多いため、どうしても英語等の字幕が多くなっています。それでも日本語に対応するものはあるので、字幕データが欲しい方は今回紹介したサイトで探してみてください。

字幕サイトのデータは、多くが有志の方が翻訳して無償で作っています。そのため作品によっては字幕データがない場合や、満足いく翻訳ではない場合もあります。字幕データ自体は簡単に作れるので、興味があれば修正や制作をしてみてもよいでしょう。