1. Freemake Video Converterってどんなソフト?その機能概覧

freemake video converter 旧バージョン

動画形式の変換ができるフリーソフトは世の中にたくさん存在しますが、その中でも利用者数が多いソフトとして有名なのがFreemake Video Converterです。利用者数が多い理由はこのFreemake Video Converterはフリーソフトでありながら、数多くの編集機能があることです。

Freemake Video Converterは、フリープログラマー集団のFreemakeが作成した編集ソフトです。その最大の特徴としてフリーソフトでありながら、数多くの機能を搭載していることです。

1.1  Freemake Video Converterの基本機能

freemake video converter 旧バージョン

◉ Free Make Video Converter の基本機能1:CDやDVDの録画コピー

Freemake Video Converterをインストールすることによって、パソコンの中に入っている音楽及び映像データをCDやDVDに録画コピーができます。

◉ Free Make Video Converterの基本機能2:ダウンロード保存

ユーチューブなどの動画や有料のストリーミング再生作品を今後も視聴したいときに、Freemake Video Converterのダウンロード保存機能を使うことでダウンロードと保存を一挙に行うことができます。

freemake video converter 旧バージョン

◉ Free Make Video Converterの基本機能3:形式の変換

パソコンに保存した音楽及び映像作品を、スマートフォンなどの別の媒体で見るときに注意したいのが再生方式があっていないと再生できないことです。ほかの媒体でも再生したいときに、Freemake Video Converterのリッピング機能を使うことによって簡単に希望の再生方式に変更することができます。

◉ Free Make Video Converterの基本機能4:動画サイトへのアップロード

制作した音楽や映像作品を動画サイトにアップロードするには、複雑な手順を踏んだうえで送信する必要があります。そんな動画サイトへのアップロードも、このFreemake Video Converterの送信機能を使うことによって簡単にアップロードすることが可能です。

freemake video converter 旧バージョン

◉ Free Make Video Converterの基本機能5:動画や音楽の編集

動画や音楽をアップロードする際に、視聴者が楽しんでほしい内容にする必要があります。そこでFreemake Video Converterの編集機能を使うことで、切り取りやエフェクト追加などの編集が可能です。

1.2  Freemake Video Converter の使い方

そして使い方も初心者向けといわれるほど簡単であり、Freemake Video Converterのソフトを公式ホームページから入手します。公式ホームページから入手できたらアプリを起動し、画面に表示されている動画編集やリッピングなどを選択します。選択が完了したら、画面にファイルマークがあるので選択するとパソコンのファイルデータにアクセスできます。

ファイルデータにアクセスができたら、そのデータにチェックを入れた後に出力を押すかマウスでドラッグアンドドロップをしてソフトにインポートします。インポートが完了したら、編集画面の機能を使って音楽及び映像を加工するだけです。最後に加工したら、そのデータをパソコンに保存をします。

freemake video converter 旧バージョン

これまでは別々で購入する必要があったソフトを、このFreemake Video Converterは一本ですべてを使うことができるので利用者数が多い理由となっています。

2. Freemake Video Converterを使うなら旧式が良い理由

ネットで検索した結果、Free Make Video Converter旧バーションを求めている方も大勢いるようです。Free Make Video Converter旧バーションでは新版よりどんな独特な魅力があるのかに興味を持ち、ちょっと調べて見ると、その魅力が機能性に依存するのではなく、ゴロの有無にあるわけなことが分かりました。それでは一緒に検討しましょう。

2.1  Freemake Video Converterではゴロが入っている理由

多くの機能があって便利と利用者数が多いFreemake Video Converterですが、その利用者の中で言われているのが最新式のフリーソフトよりもFreemake Video Converterの旧式バージョンをダウンロードしたほうが良いという話です。なぜFreemake Video Converter 旧バージョンが良いといわれているのかというと、それは最新式には画面下にゴロが表記されるためです。

freemake video converter 旧バージョン

最新式のFreemake Video Converterは、その性能の良さから多額の投資を受けることでプログラミング会社に買収を受けています。そのため現状におけるFreemake Video Converterを使うと、Freemake Video Converterと買収を行ったプログラミング会社のゴロが表記されるようになっています。買収を受けていない段階のFreemake Video Converterを使うと、動画編集をしても視聴の邪魔になるロゴが入っていないため利用したいという要望が多いです。

2.2  Free Make Video Converter 旧バーションを入手する方法

旧式のFreemake Video Converterをダウンロードするためには、Freemake Video Converterの公式からではなく旧式のFreemake Video Converterソフトの情報を持っているユーザーサイトから入手することができます。

どれくらいの旧式ならロゴが入らないかというと、Freemakeではロゴを消すためのFreemakePackというものをインストールされています。このFreemakePackがインストールされていないFree Make Video Converter 旧バーションをダウンロードすれば、希望のロゴが入らない状態で使うことが可能です。

freemake video converter 旧バージョン

また、公式サイト以外でFree Make Video Converterの旧バージョンをダウンロードすることもおすすめです。次に旧バージョンをダウンロードできるところをご紹介します。

旧バージョンのダウンロード場所1:http://www.oldversion.jp/windows/freemake/、このページにアクセスして、旧バージョンをダウンロードしましょう。

Freemake旧バージョンダウンロードの場所

旧バージョンのダウンロード場所2:https://freemake-video-converter.jp.uptodown.com/windows/versions

Freemake旧バージョンダウンロード2

 

3. Free Make Video Converter 旧バーションを使うのはとても危険な理由

Freemake Video Converter 旧バージョンを使うとゴロがなくなるというメリットがありますが、ただ実際に使うのはとても危険なのでやめておいたほうがが無難です。なぜFree Make Video Converter 旧バージョンをダウンロードしてはいけないのかというと、そのソフトはすでにサポートが終了しているからです。

Free Make Video Converter 旧バージョンに限らず、フリーソフトは便利なため多くの利用者がいます。しかし多くの利用者がいるというのは、悪意ある第3者にとっては格好の標的です。悪意ある第3者は様々な方法で、フリーソフトのプログラミングの隙をついてスパイウェアなどのウイルスを仕込むことで拡散させようとします。実際にフリーソフトをダウンロードしたことによって、スパイウェアのようなウイルスに感染してしまったという事例が起きています。

freemake video converter 旧バージョン

どのフリーソフトを開発する企業も、こういったウイルスの問題は頭を抱えています。実際にフリーソフトを開発した人物や団体が企業への買収に応じるケースの多くは、多額の投資金を入手するよりも投資を受けることでソフトの安全性を確保したいというニーズがあるためです。企業の買収を受けることで予算が生まれれば、その予算を使って対抗するプログラミングが作成できるのでウイルスのリスクを最小限に食い止めることができます。

しかしFree Make Video Converter旧バージョンはすでにサポートがされていないソフトなので、悪意ある第3者にとってはすでにプログラミングを解析済みなのでウイルスを仕込みやすいです。サポートをされていないソフトで被害を受けても、サポート外なので保証を受けることができないです。そのため便利だからと言ってインストールした結果、被害にあっても完全な自己責任になってしまうためサポートを受けてないフリーソフトは使わないほうが良い理由になります。

4. 安全に音楽や映像を編集したいならDVDFab 動画変換Proを使おう

安全に使えるフリーソフトをいくつか紹介しましたが、ただフリーソフトにはロゴが入る以外にもいくつか弱点があるので覚えておく必要があります。基本的に無料ソフトの多くは体験版の意味合いがあり、多くのソフトは決められた期日だけすべての機能が使えるようになっています。

freemake video converter 旧バージョン

しかし体験版の使用期間を過ぎると、何度も催促をするメッセージが表示されるだけでなく機能も制限されるので使いづらくなります。やはりきれいな状態で音楽や動画を編集をしたいのであれば、やはり製品版を購入することをお勧めします。

音楽や動画を編集できるソフトはたくさんありますが、今回紹介するのはDVDFabから販売されている「DVDFab 動画変換Pro」です。

DVDFab 動画変換Proは、DVDFab 動画変換、VideoCruiseおよびToolkitという三つの製品を含み、動画・音声編集・変換にコストパフォーマンスが最高のツールバンドルです。

i  無料ダウンロード  

このバンドルソフトの良さは、このシリーズですべての編集や動画変換ができることです。そして外国が作ったソフトの多くは日本語表記がされていないことがありますが、DVDFab 動画変換Proはしっかりと日本語表記がされているので使いやすいです。

使い方もとても簡単で、DVDFab 動画変換Proをインストールして起動したら編集、リッピングや変換といった機能を選択できます。DVDFab動画変換、DVDFabToolkitとVideoCruiseという3つのシンプルで実用的なツールを即時にゲットでき、ビデオや音声を処理する機能性に充実しています。

使い方として、希望の機能を選択したら、画面中央にある+マークを選択してパソコン内のファイルデータにアクセスします。そして編集したいデータにチェックを入れて、画面にある出力を押すだけでDVDFab 動画変換Proの中にデータをインポートをすることができます。

freemake video converter 旧バージョン

インポートに成功したらデータをお好みの形で編集をして、画面下部分にある「ok」ボタンを押すだけです。最後に編集したデータを、事前に設定しておいた送信先のフォルダに保存をします。

freemake video converter 旧バージョン

朗報!この動画・音声編集ツールを同梱されるコストパフォーマンス最高の動画処理ツールバンドルは、いまではせっかくで期間限定の35%OFFの割引が楽しめます!中にどれ一つの単製品にも勝ちな価格で、三つの製品をバンドルで無期限に購入しましょう➧   35%OFFでバンドルを無期限版購入  

5. Free Make Video Converter 旧バージョンより安全なフリー動画編集ソフト

どんなに強いウイルスソフトでも100パーセントの確率で被害を抑えるのは難しいので、フリーソフトを使うときにはゴロが入るというマイナス面はあっても安全なサポートがされているソフトを利用するほうが安全です。そこでFree Make Video Converter 旧バージョンを使わなくても、便利なフリーの動画編集ソフトをいくつか紹介します。

5.1 Free Make Video Converter 旧バージョン代替案1:Filmora

freemake video converter 旧バージョン

Filmoraは、ワンダーシェアから販売されているソフトです。このソフトの特徴は、初めて編集する人でも使いやすいように機能を構築しています。

5.2 Free Make Video Converter 旧バージョン代替案2:Pazera Free Audio Extractor

freemake video converter 旧バージョン

Pazera Free Audio Extractorは、外国人プログラマーのJacek Pazeraが配信しているフリーソフトです。様々な再生方式に対応している竹でなく、複数のファイルを一括して処理する機能や抽出する場面を指定する機能があるので好みのデータを作ることができます。

5.3 Free Make Video Converter 旧バージョン代替案3:えこでこツール

freemake video converter 旧バージョン

えこでこツールは、個人プログラマーのcocoha hozumiが配信しているフリーソフトです。初心者でも使いやすいように、データをドラッグ&ドロップするだけで変換することができます。

5.4 Free Make Video Converter 旧バージョン代替案4:Media Human Audio Converter

freemake video converter 旧バージョン

Media Human Audio Converterは、フリーソフト開発企業のMedia Humanから配信されているソフトです。ドラッグ&ドロップで変換でるので簡単なだけでなく、抽出したデータはパソコンに作った専用のフォルダに入るので整理整頓がしやすいのがメリットになります。

5.5 Free Make Video Converter 旧バージョン代替案5:PowerDirector Essential

freemake video converter 旧バージョン

PowerDirector Essentialは、サイバーリンクから配信されているフリーソフトです。数多くの編集機能を持っているソフトですが、最大の特徴としてフルHDや4Kに対応しているのできれいな映像で残すことができます。

5.6 Free Make Video Converter 旧バージョン代替案6:AviUtl

freemake video converter 旧バージョン

AviUtlは、個人プログラマーのkenが作成したソフトです。AviUtlは最低限の編集に必要な機能がそろっているだけでなく、動画サイトへのアップロード機能もあるので利用しやすいです。より高度な編集をしたい場合には、AviUtlの公式ホームページからインストールをすることで利用することができます。

6. まとめ:フリーソフトを使うならセキュリティは万全に

今回はサポート外のFree Make Video Converter 旧バージョン フリーソフトを使う危険性を紹介しましたが、仮にサポートがされているFree Make Video Converter 旧バージョンなどのフリーソフトを使うのもリスクが伴うことを忘れてはいけないことです。

フリーソフトの中には使用者の情報を収集するために、プログラムの中にウイルスに近いデータを入れることがあります。アプリを消去してもデータが残る可能性があるため、セキュリティを万全にするもしくはDVDFab 動画変換Proなど有料ソフトを使うことをお勧めします。