昔大好きなDVDをもう一度見るとき、傷があったのか、劣化されたのか、或いは破損されたのかなどの原因で、一部内容が再生できないこともあります。映画DVDもあるし、数年間の思い出の写真から焼いたDVDもあります。何か劣化したDVDを修復する方法がありますか?

デジタルデータは人に便利をもたらすとともに紛失しやすいです。誤操作で削除ファイル復元や、DVDデータ復旧など元のデータに戻す場合もあります。この記事はDVD 劣化/破損 修復や、DVD 復元/復旧のために書くものです。

1. DVDからデータが読めない理由・対処

1.1 ディスク表面の傷

光学メディアはディスク表面に光を当てて反射率の違いでデータを読み取るため、表面に傷があると、光が散乱して正しくデータを読み取られません。
DVDはデータ補完技術があるため、多少のデータ欠落や傷では読み込み不良になりません。ただし、小さな擦り傷がディスク全体についている場合、データ補完技術が追い付かず、読み込めなくなります。
この場合、目の細かい紙やすりで表面をコンパウンドで磨けばもう一度読み取る可能性があります。ですが、時間がかかりすぎで、手作業では無理だと思います。しかも、精度が高い作業で、やりすぎると、ディスク表面が波打った状態になったら読み込めなくなります。読めなくなったdvdデータを修復するには、高精度の作業が必要です。

1.2 DVDの経年劣化

記録型のDVD-Rなどはディスク表面に有機色素が塗られています。データを記録する際は強いレーザーを照射し、有機色素を焼き切ることでビットを作ります。そして、日光などに長時間当てたり高温になる場所に置くと、色素が変質して正しくデータを読み込めなくなります。
DVDは書き込みの際、強いレーザーによって有機色素を焼いて記録するため、紫外線などに長時間当てるとメディアが変質したり、適切な保管をせずDVDが変質したりすることがあります。dvd 劣化 修復が必要です。

1.3 DVDドライブとの交換性がない

壊れたファイル 復元をするには、デバイスの確認も大切です。とりあえずパソコンを変えてみて読み込めるかどうかを試しましょう。

1.4 DVD書き込み後の最終処理の問題

なんらかの理由で、きちんと書き込み後の最終処理ができなかったこともあります。この時はまず原因を特定しましょう。

2. DVDデータ復旧物理的な方法

2.1 DVDディスクのメンテナンス

破損したDVDデータを復元するには、傷のついたDVDをワックスなどで拭いたり、綺麗にしたりして試してください。

2.2 冷蔵方法

読み取れなくなったDVDを24時間ほど冷蔵庫で冷やしたら意外とDVD 復元ができ、読み取れるようになることもあります。
また、冷蔵庫で24時間冷やしてから常温で24時間放置します。かつこの過程を数回繰り返すと破損したDVDを復元できるそうです。

読み取りは一時的なもので、すぐにパソコンにバックアップしたほうがいいです。

3. DVDデータ復旧フリーソフト

ここでおすすめなのは、復旧率が高い商用のデータ復旧専用ソフト・データ復元 for DVDと、成功率にこだわらず個人用のデータ復旧フリーソフト・CDCheckをお勧めします。次には、この二つのツールについて詳しく説明します。

3.1 DVD破損ファイル復旧フリーソフト~DVDFab データ復元 for DVD

DVDFabデータ復元 for DVDは、劣化/損傷した可能性のあるハードドライブ上のDVDデータを復元できます。エラーや古くなるせいでDVDデータが読めない場合に役に立ちます。ハードディスクに保存されているDVDファイルが破損しているかどうかを判明したい場合、データ復元 for DVDというデータ復元ソフトを使用してドライブをスキャンし、欠落または破損されたファイルを修復できます。

具体的な場合によれば、構造エラー(ファイルの構造が不完全)、情報エラー(index.bdmv、再生リスト、clipinfファイルなどのインデックスファイル問題)、ビデオ再生エラー(特定のM2TS / VOBファイルの再生エラー)、BDJ Java保護、IFOファイルエラー、以上の五つの破損や劣化したエラーについての修復もできます。

            下記のボタンを押して、すぐに無料で体験していきましょう👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)・ Mac版は開発中…

★データ復元 for DVDで破損のDVDファイルを修復する方法:

DVD 復元ステップ1:データ復元 for DVDをダウンロード&起動

公式サイトダウンロードボタンをクリックして、ガイドによってインストールしてから起動します。
下記のボタンをクリックしてデータ復元ソフトもダウンロードしてください。

 i  データ復元を無料ダウンロード    

DVD 復元ステップ2:スキャンモードを選択してディレクトリを追加

方法1:画面に表示される「ディープスキャン」と「クイックスキャン」と「カスタムスキャン」から一つのスキャンモードを選択して新しいディレクトリを追加します。

dvd 劣化 修復

方法2:右上の逆三角形アイコンをクリックして「設定」≫「スキャンディレクトリ」≫「新しいディレクトリを追加」を押します。

dvd 劣化 修復

DVD 復元ステップ3:スキャンプロセスを開始&修復したいファイルを選択

ソースがロードされた後、スキャンプロセスを開始します。データ復元が修復する必要があるDVDファイルをリストで表示します。

dvd 劣化 修復

チェックされるソースが自動に修復されます。修復完了後、プレーヤー 6などのメディアプレーヤーで再生するまたはほかのディレクトリを開くことができます。

dvd 劣化 修復

問題があれば修復、問題がなければ終了になります。

dvd 劣化 修復

dvd 劣化 修復

DVD 復旧ステップ4:スキャンされたすべてのソースのデータ概要を確認

メインウィンドウに戻って表示されるスキャンされたすべてのソースのデータ概要を確認できます。

dvd 劣化 修復

ヒント:DVDFab データ復元 for DVDは無料でいくつかのファイルを体験できますので、体験期間で破損ファイルの修復 フリーソフトとしても利用できます。

3.2 個人用のDVD破損ファイル 修復 フリーソフト~CDCheck(無料)

CDCheckは、CDやDVDが正常に読み込めるかチェックを行い、もしDVDデータが破損していた場合は、データの修復を行うソフトです。元のようにデータ修復できないですが、ある程度でデータの修復に役に立ちます。無料ソフトと言っても、個人用だけに限られ、個人ユーザならフリーライセンスを入手でき、商用なら有料なDVD 復旧ソフトになります。

ダウンロードサイト👉http://www.forest.impress.co.jp/library/software/cdcheck/

★ 個人用のDVD破損ファイル 修復 フリーソフトの操作手順

CDCheckを起動⇒DVDをドライブにセットし「Recover」をクリックし⇒「1.Source folders/files to recover」に復旧したいDVDドライブを選択⇒「2.Output directory」に復旧データの保存先を選択⇒右下にある「Continue>>」をクリックすれば、復旧作業が開始します。

dvd 破損 修復

ヒント:
保存フォルダは空でないとうまく機能しないようです。
なお、復旧したいDVDを全部復旧できるわけではありません。

以上、劣化や破損のあるDVDデータを復旧する方法を紹介しました。個人用のデータリカバリーフリーソフトならCDCheckを、復旧率が高い商用復旧ソフトならDVDFab データ復元 for DVDを試してください。