1. DVDデータ化とは、その理由

DVD データ化
                                                       画像引用元:ニッポン写真遺産

1.1 DVD データ化とは

DVD データ化とは、DVDからデータを抽出することと同じく、DVDデータをコピーし或いは動画ファイルに変換して、ハードドライブやクラウド、デバイスで保存するということです。動画ファイルとは、映像データと音声データがまとめられたファイルのことです。まとめる形式によって拡張子が異なります。なぜ、DVDを動画ファイルにしなければならないのでしょうか。それは「バックアップ」と「編集の容易さ」という2つの利点があるからです。

1.2 DVD データをバックアップの必要性

DVDはその容量や使いやすさだけでなく、保管しておくのにも最適なメディアです。しかし、幾度となく使い続けていると、傷や汚れなどが原因で読み込めなくなる場合があります。一見きれいにみえても、古いディスクの場合は酸化による経年劣化でダメージを負っているかもしれません。また、踏みつけたり落下するなどの、物理的なダメージで割れてしまう可能性もあります。そのような問題が起きてからDVDのデータを救出するのはとても大変な作業です。

DVD データ化
                                   画像引用元:DVDダビング | 中上写真館|京都府丹後の写真処

動画ファイルにしておけば、DVDの中身をHDDやSDDに保存できるので、いざというときのバックアップになります。DVDになにかあっても、データが失われることはありません。

1.3 加工や編集がしやすくなる

DVDに一度取り込んだデータは、そのままでは加工や編集ができません。もちろん、データを追加することもできません。そのため、字幕を変えてみたい、動画の一部分を取り出して再編集したい、と思った場合には、一度DVDからデータを取り出して、HDDやSDDに置いておく必要があります。加工するたびにデータを取り出すなら、DVDのままでもかまいません。

しかし、何度も加工を繰り返すのであれば、動画ファイルにして抽出しておいた方が、作業が効率的に進みます。また、マスターデータであるDVDが傷や破損で失われる心配がなくなるので、安心して作業ができます。

2. DVDのデータを抽出して動画ファイルを作る方法

PCの操作に慣れていない人であっても、DVDそのものをパソコンのHDDやSDDにコピーすること自体は難しくありません。ファイルマネージャーからDVDの再生ドライブを選択し、DVDをコピー&ペーストするだけです。しかし、取り込んだデータや、DVDそのものから新たな動画ファイルを作るには、専用のソフトが必要です。以下では、DVDから動画ファイルを作成するのに便利なソフトを4点紹介します。また、それぞれのソフトで、DVDからMP4を作成する場合の使い方を解説します。

2.1 DVD データ化のできるソフト1:「Wondershare UniConverter」

DVD データ化

動画ファイルを作成するときに、多種多様な形式に対応できるソフトがあると大変便利です。「Wondershare UniConverter」は1,000種類以上の形式に対応できる、動画変換ソフトです。一般的によく利用される形式にとどまらず、さまざまな形に変換ができます。変換と同時に動画編集も可能です。Windowsだけでなく、Mac OSにも対応しています。

「Wondershare UniConverter」でDVDから動画ファイルを作る方法は2段階に分かれます。まずDVDを「Wondershare UniConverter」使って読み込みしなければなりません。ソフトを立ち上げ、DVDをドライブに挿入します。

左メニューバーにある「変換」をクリックし、さらに中央画面の上部にある円状のアイコンをクリックします。すると、どのファイルを読み込むのかの選択肢がドロップリストに現れるので、その中から「DVDフォルダー読み込み」を選んでください。次に「DVDロードモデル」というポップアップが現れるので、「全ての作品」を選びます。するとDVDの読み込みが始まるので、少し待機してください。

DVD データ化

DVDの読み込みが終了したなら、画面中央にDVDに含まれている動画が表示されます。変換したいものを選択すると、ドロップダウンリストで変換できる動画形式が一覧で現れます。MP4を選択し、品質などのオプション設定を済ませてください。画面右上に「高速変換」というボタンがあるので、それをクリックすれば動画変換が始まります。動画ファイルの確認は、画面上部にある「変換済み」というボタンからできます。また、エクスプローラーなどからも可能です。

2.2  DVD データ化のできるソフト2:「HandBrake」

DVD データ化

「HandBrake」はISOイメージファイルに対応している、動画変換ソフトです。オープンソースで開発されているので、自由に使えます。対応OSはWindows・Linux・macOSです。設定も簡単で使いやすい素晴らしいソフトなのですが、日本語に対応していません。長く使う場合にはパッチを利用して、日本語化しておくことをおすすめします。

動画ファイルを作成するには、まずDVDをドライブに挿入し、DVDのデータを「On drop a file folder here...」と表示された領域内にドラッグ&ドロップします。ツールバー左にある「Source」からも、データの選択は可能です。次に、画面中央部にある「Destination」から、作成した動画の出力先を選びます。続いて「Audio」項目を選択し「Add Track」をクリックしてください。あとは、画面上部にある「Play」を押すだけで、動画変換がスタートします。なお、動画変換中はマシンパワーを多く使うので、ほかの作業はなるべくしないでください。

2.3  DVD データ化のできるソフト3:「VidCoder」

DVD データ化

「VidCoder」は複数の変換形式に対応しています。Windows環境で使えるこのソフトは、DVD以外にもBlu-rayからの読み込みも可能です。動画内の特定のシーンを取り出したり変更したい場合に、とても便利なソフトです。

このソフトを使う場合は、最初に「全般の設定」をする必要があります。ソフトを起動させ、上部ツールバーにある「全般の設定」をクリックしてください。そこで、出力先・ファイルの名前を設定します。使っているパソコンのCPUによっては「プロセス」から「プロセスの優先度」を高くすることで、作業速度が上がります。ただし、バックグラウンドで作業している場合には、それらの処理が遅くなるなどの影響が出るので、気を付けて設定してください。

動画変換するには、ツールバー左側の「ソースを開く」を押し、抽出したいDVDを選択します。読み込みが成功すると、画面中央部にDVD内の動画のデータが表示されます。画面上部「出力先」から保存フォルダーを選択したら、次にエンコード設定をクリックしてください。ここで好みの動画形式やサイズを変更できます。設定が終われば「エンコード」を押して動画変換を開始してください。なお、画面上部のプレビューを押すことで、設定が正しいのかを確認できます。

4. DVD データ化に最優先なソフトオススメ「DVDFab DVDリッピング」

DVDから動画変換するために、よりストレスフリーなソフトを探しているなら「DVDFab DVDリッピング」は最適な選択です。このソフトを利用すれば、DVDのデータ化を確実に手早く済ませられます。

DVD データ化

3.1 なぜDVD データ化するには「DVDFab DVDリッピング」が必要

DVDから動画ファイルを作る作業において、最大の障害はコピーガードです。

「DVDFab DVDリッピング」は数あるソフトの中でも、コピー性能が高いと評判です。高い性能のコピーガードであっても、その多くを突破してコピーします。このソフトなら、コピーガードに邪魔をされて、データの抽出を失敗する心配することがほとんどありません。  

また、無期限版ならコピー性能も常にアップデートされていきます。出力フォーマットも数多く、MP4・AVI・FLVをはじめ幅広く対応しています。さらにハードウエア加速機能があるので、他社の同種ソフトと比較しても、動画変換の速度が早いです。

     下記のボタンを押して最大30日間に無料で全機能を試用できます👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

3.2 DVD データしてMP4への変換方法

「DVDFab DVDリッピング」を起動したなら、DVDをドライブに入れ「リッピング」をクリックします。

DVD データ化

読み込みが終わったなら、メイン画面の左上部にある矢印のマークから「プロファイルライブラリ」を開きます。ここで「フォーマット」を選択し、MP4をクリックしてください。

DVD データ化

なお、画面右端のレンチ形アイコンをクリックすると、ビットレートなどの詳細設定ができます。設定が終わったなら、メイン画面下部中央あたりにあるフォルダー形のアイコンを押し、出力先ディレクトリを選択してください。

DVD データ化

最後に、画面右下にある「開始」をクリックすると、動画変換が始まります。

DVD データ化

4. まとめ:DVDのデータ化には専用ソフトが必要

DVDは動画ファイルに変換して、パソコンに取り込んでおくと便利です。DVDが破損した場合のバックアップになるだけでなく、動画編集もしやすくなります。しかし、そのためには専用ソフトが必要です。もしリッピングソフトに悩んでいるなら、「DVDFab DVDリッピング」を試してみることをおすすめします。多くの形式に対応しているだけでなく、コピー性能が高いからです。