1.    SDカードのデータ消去の意味や復元できないケースについて

sdカード 復元

1.1    データ消去の仕組みについて

SDカードに記録されたデータを消去した場合、対象のデータが完全に失われたわけではありません。コンピューターに記録されたデータの消去は多くの場合、データを認識できない状態にする処理を意味します。データを読み込む機能に引っかからなくすることによって、疑似的にデータ消去を成立させているのです。

記録媒体によってデータを記録する仕組みに多少の違いはありますが、消去に関してはデータを隠して認識できないようにする点が共通しています。そのため、認識できない状態を解除することでデータの復元が可能になるのです。

1.2 データの復元ができないケース

SDカードのデータを誤って消去しても、正しい手順を踏めば復元は可能です。しかし、一部のケースではデータの復元ができないこともあります。もっとも多いケースとしてSDカードの破損が挙げられます。カードが割れたり端子に傷が生じると内部のデータを正しく認識できません。SDカードは小型で薄い形状なので、自分では丁寧に扱っているつもりでもいつの間にか壊してしまうおそれがあります。特に携帯電話などの機器から抜き差しする行為は破損のリスクが増大するので、必要な時以外は触れないのが賢明です。

また、静電気やデータ記録時のバッテリー切れなどで破損することもあるので慎重に扱わなければいけません。水没した場合は十分に乾燥させることで正常にデータの読み込みができる可能性がありますが、あくまでも綺麗な水に短時間触れた場合に限られます。ソフトドリンクや洗剤などが触れた場合、含有成分によってカードそのものが壊れてしまうので復元はほぼ不可能です。

2.    データ復元の方法によって異なるメリットとデメリット

sdカード 復元

2.1  SDカード 復元方法1:専門業者に依頼する

SDカードのデータ復元を行う方法は様々ですが、専門業者に依頼するのがもっとも確実と言えるでしょう。データ復元の知識と技能を持つ専門家が対応してくれるので、大切なデータを誤って消去した場合などは安心して任せることができます。素人作業では復元させるつもりで余計に事態を悪化させるケースは少なくありませんが、専門業者ならそのようなトラブルはほとんどありません。

SDカードを預けるだけなので手間もかからないのがメリットですが、一方でお金を支払う必要があるのも事実です。同じデータ復元でも業者によって金額が異なるので事前の確認は必須と言えるでしょう。また、専門業者であっても必ずデータ復元ができるとは限りません。

SDカードの状態が悪い、データが復元不可能な状態まで破損しているなどの理由で断られてしまうことがあります。専門業者への依頼はもっとも安心できる方法なのは事実ですが、必ずしも希望通りの結果になるわけではないと認識する必要があります。

2.2  SDカード 復元する方法2:市販の復元ソフトを使う

sdカード 復元

データ復元ソフトを使うのも消去したデータを元通りにする方法の一つです。ある程度の知識が必要ですが、基本的には画面上の指示に沿って操作するだけでデータを復元できます。SDカード用のデータ復元ソフトは様々な製品が販売されていますが、その多くがDVDソフトに記録された状態です。そのため、使用する際はDVDソフトの読み込みができるパソコンが必須になります。

また、SDカードに対応する接続パーツも併せて用意するのが復元作業をスムーズに進めるコツです。市販の復元ソフトは高品質なので安心して使用できる一方、やや高額なのが欠点です。また、製品によっては文章データや画像データなど一部のデータにしか対応していない物もあります。

◉ フリーソフトを使ってSDカード 復元をするメリットやディメリット

フリーソフトは無料で使うことができるソフトです。プログラム技術の進歩により、近年ではデータ復元ができるフリーソフトが多数出回っています。データ復元はお金がかかるイメージがありますが、フリーソフトなら出費の心配をせず使うことができるので財布に優しい方法と言えるでしょう。市販の有料ソフトと比較しても引けを取らない高品質なソフトが多いのでお金をかけたくない人にはぴったりです。

しかし、多くのフリーソフトは素人が作成した物なので安定性は市販の有料ソフトよりもやや低いと言わざるを得ません。また、すべてのフリーソフトが高品質というわけではなく、操作性や復元機能に問題があるソフトも稀に存在します。

ウイルスが仕掛けられている悪質なソフトもあるので使用する際は評判の確認が欠かせません。フリーソフトはダウンロードで入手するのが普通なので、インターネット回線を利用できる環境が必要になります。

3.    データ消去を防ぐ方法や復元以外の対処法

SDカード 復元という面倒をかきたくないなら、最初からデータの消去を防ぐべきです。どうすればよいのでしょうか、これから述べましょう。

3.1  SDカード 復元を防ぐ方法1:SDカードを丁寧に扱う

SDカードのデータは正常に扱っていれば消去されることはほぼありません。操作を誤って消去することはありますが、その場合もゴミ箱を空にするなど完全に消去する前なら適切な方法で対処することによって復元ができます。操作ミス以外の理由でデータが消えてしまう理由の多くはSDカードを頻繁に出し入れすることで生じる端子の破損です。SDカードの多くは機器と接続させるための端子がむき出しになった作りです。そのため、出し入れを繰り返すと次第に端子が摩耗し、遂には読み込みができない状態になってしまうのです。必要な時以外はカードを出し入れせず、端子にも触れないように心がけます。

3.2 データ消去したSDカードに上書きは厳禁

謝ってデータを消した場合、何よりもまずはSDカードを抜き取ります。データを消してしまったSDカードに別のデータを記録すると復元ができなくなるためです。データが消去されたSDカードは見た目では分からず、機器の画面にもそのような表示は出ないのが普通です。データを消したことをうっかり忘れてしまい、別のデータを上書きするケースは珍しくないので、後のトラブルをさけるためにもカードの抜き取りは必須と言えます。

3.3 カードを初期化する

消去したデータの復元を諦め、SDカードを初期化する方法もあります。初期化によってファイルシステムの異常が正常な状態に戻り、SDカードを安定した状態で使うことができます。初期化は名前の通り、使う前の初期状態にすることを意味しているので、記録したデータはすべて消去されます。そのため、初期化はどのような方法でもデータ復元ができない場合に行う、最後の対処法と言えます。

4.    こまめにコピーしてデータをバックアップし大事にしておきましょう

SDカードの耐用年数は2年から3年ほどとされています。データの記録や読み込みを行うごとに少しずつ消耗するので、使用頻度が高いSDカードほど寿命が短くなると言えるでしょう。使っている最中にデータが読み込めなくなることもあるので、SDカードのデータはこまめにコピーするのが不測の事態への対処法です。SDカードを複数枚用意する必要がある他、データによっては著作権や肖像権に抵触することもあるので慎重に判断することが大切です。

DVDなどのメディアソースを予めコピーしバックアップするという方法が何よりオススメです。大事なデータやDVDを保存したい場合、バックアップして未来にデータ損害や紛失などの状況を防ぎます。DVDコピーソフトといえば、16年の歴史を持っているDVDFab DVDコピーが一番おすすめです。

DVDFab DVDコピーは自作や市販やレンタルのDVDを圧縮または無劣化でコピーできます。結合、カスタマイズ、分割、メインムービー、クロン、圧縮などのコピーモードで、ほぼすべてのコピーニーズに対応できます。
 

sdカード 復元

        下記のボタンでDVDコピーに最高のソフトを無料で体験できます👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

5.    まとめ:SDカードのデータ復元は慎重に行うことが肝心

SDカードの扱いを誤り、大切なデータを消してしまう事態は誰の身にも起こる可能性があります。その際は決して慌てず、適切な方法で対処するのが大切なデータを元通りにするための条件と言えるでしょう。専門業者への依頼や自分で復元ソフトを使うなど方法は様々ですが、いずれもメリットとデメリットがあるので慎重に判断することを心がけます。