ビットレートを知っていますか。DVDや動画の画質を上げる方法を知りませんか。結婚式、卒業式などを録画し自分オリジナルのDVDを高画質のまま作成したいと思いますか。ビデオやDVDを変換、編集すると、いつも画質が落ちてしまい、残念に思うでしょう。DVDの画質を向上させるため、DVDビットレートに関する知識を知るべきです。

1.    DVDビットレートについて

1.1    DVD ビットレートとは?

DVD ビットレートとは1秒当たりに転送されるDVD映像・音声のデータ量のことです。ビット毎秒(bpsと表記され、英語 bits per secondの意味)はモデムやルータなどのデジタル通信機器で用いられるデータ転送効率の単位で、1秒の間に転送されたデータ量と定義され、「ビットレート」、「ビット効率」、「圧縮比」などとも言われます。

DVDビットレートを設定しDVDの画質を向上する
                                 出典:H.264エンコードでのビットレートの目安 | 蜥蜴日記

DVDのビットレートはDVD画質ビットレート(映像ビットレート)、DVD音声ビットレートなどからなっていて、固定ビットレートや可変ビットレートに分けています。映像ビットレートは1秒あたりに映像のデータ量の値です。音声ビットレートは1秒あたりに音声のデータ量の値です。この2つのデータ量が多ければ、映像の画質や音質は高くなります。それに、映像のビットレートや音声のビットレートは総括に「オーバルビットレート」と総称されます。

ビットレートは動画の画質に深く関わっています。ビットレートが大きいほど画質や音質が向上します。DVDの画質を向上させるために、以上を持ちましてDVDのビットレートに関する知識を知っておきましょう。ビットレートが高ければ高いほど、データ量が多く、それに従い画質も高くなります。ですので、ビットレートが高い動画は普通、ビットレートの低い動画よりデータ量が多く、鮮明さと繊細さにも富んでいて、画質が一層良く見えます。

1.2    エンコーディングに最適なビットレートとは?

DVDビットレートの値が大きくなるほど、DVDの解像度が高くなるとは言いますが、DVDビットレートは高ければ高いほど良いわけではありません。つまり、無限にビットレートを上げれば高画質のハイビジョン映像になるわけではありません。なぜなら、DVDのビットレートは最大値や適切値があり、画質にも限界があります。

DVD-Videoは720Px480Pの映像なので、ビットレートが最高9.8Mbps(MPEG2コーデック)と決められています。これに対してハイビジョンのBlu-rayディスクは40Mbpsのビットレートまであり、収められるデータ量に大きく差があり、画質の方面でも巨大な差があります。単なるビットレートを変更したって、DVDビデオをどれだけビットレートを向上させても、ブルーレイのようなハイビジョンビデオになるのが難しいことでしょう。

DVDビットレートを設定しDVDの画質を向上する
                         出典:4Kテレビは2Kや8K、ハイビジョンやフルハイビジョンとどこが違うの?WOWOW

ちなみに、ビットレートを高く設定し過ぎると、インターネットで配信された動画はスムーズに視聴できないかもしれません。この場合、ネット上での配信に障りから、ひたすらビットレートをあまりにも高く設定すぎるのをおすすめしません。

2. DVD画質を向上させる方法

2.1 DVD画質を決める要素

ビデオや写真の画質を構成する要素として、普通は以下の通りなっています。

①     画素(ピクセス)数

画素数とは、「画像を構成する画素の数」の意味で、画像を構成する色や細さの情報を持ったドットの数のことです。ピクセス数とはほぼ同じ意味です。画素数が多いと、より多くの色情報が敷き詰められて、ビデオや画像はより繊細で細かい表現が表してきます。しかし、繊細さだけを意味することで、画素数が多いほど画質が良いとも限りません。画素数は絶対解像度とも言われています。

DVDビットレートを設定しDVDの画質を向上する
                                          出典:ソフマップ・ドットコム 液晶テレビ 選びのポイント|ソフマップ[sofmap]

②     解像度

ここの解像度とは相対解像度で、1インチ(2.54㎝)あたりの画素の数のこと、つまり「画像の密度」のことを指しています。その画素の数の単位を「dpi」で表します。1インチあたりの中に何個の画素のドップ数が入っているのかで解像度が表せます。例えば、1インチ当たり2つの画素で構成されている画像の解像度は2dpiとなります。理解に易いことに、1インチあたりに画素の数が多ければ多い程、解像度が高くなり、映像の鮮明度もアップできます。

DVDビットレートを設定しDVDの画質を向上する
出典:オーダーのぼりドットコム 集客と色の関係(画像の解像度):order-nobori.com のぼり 専門店 ハクロマーク

DVDの解像度は720 x 480ピクセル(SD画質)で、ブルーレイの解像度は1920 x 1080ピクセル(HD画質)となっています。DVD書き込み、DVD変換、DVD編集などDVDをオーサリングする時、DVDの解像度である720×480サイズに行えば画質を最大限に保持できます。480Pに達していないと、解像度を少しサイズ大きめでおくと画質保持にプラスとなります。そして、出力の回数はあまり多くないほうが良いです。DVDをオーサリングして再び出力するたび、圧縮が行われて、画質もだんだん劣化していくものです。

③     フレームレート

静止画を連続で流されると、動いている映像になります。その1秒の間に使用されるコマ数は、フレームレートです。Fpsと表記され、30fpsの動画というのは1秒間に30フレームのを持つというのを指します。フレームレートを高く設定するほど、映像の動きが滑らかになりますが、カメラのセンスにより固定される30fpsで撮影した動画を無理矢理に60fpsに画質アップしようとしても、30fps以上に滑らかな映像にはなりません。撮影前に決めておくフレームレートの値こそこのフレームレートは定められます。

DVDビットレートを設定しDVDの画質を向上する
                出典:ピークスマインド フレームレートって何? | 映像制作 ピークスマインド

④     コーデック

コーデックとは簡単に言うとファイルを圧縮する技術で、データを信号の形式を他の形式に変換したり、元の形式に戻したりできるソフトウェアやハードウェアの総称です。いま動画を編集して1本の動画に出力する前に、しなくてはいけないエンコードという作業の間に行う設定のことです。プログラムを用いて映像データと音声データの圧縮・変換・復元を行うことを言います。今ネット上のコーデックは H.264やVP9、AV1などで主流を構成します。変換ファイルにコーデックを作業すると、音声や他の動画ファイルに出力できます。コーデックエラーが出たら動画が再生できない状況になりますので、DVDなど動画を再生するのに重要な役割を果たしています。

DVDビットレートを設定しDVD画質を向上する
                         出典:映像データの作り方|初級編| #展示技術講座|宮路 雅行|note

DVD画質を向上させる方法として、総合的に言えば、DVDをコピー、変換、編集などオーサリングする際、できるだけ合理的な範囲で高ビットレート、高解像度を設定するか、もしくは一切圧縮されていない非圧縮の状態で出力するという変換や編集を行う方法が良いです。

2.2  DVDビットレートを向上する注意点

DVDのビットレートが大きいほど画質や音質が向上しますが、ビットレートを無理やりに最大にしようとすると、プレーヤーに負担をもたらしますし、互換性やディスク容量においても問題が発生する場合にもなります。さらに、動画のデータが巨大になり過ぎて、スムーズに再生しうまく視聴できないなどの問題が発生しやすいです。

一方、映像と音声の組み合わせでオーバルビットレートはSD プロジェクトが 9.2 Mbps、 HD プロジェクトが29 Mbpsを超ないようにすることをお勧めします。それに、オーバルビットレートを全面的に考えらなければなりません。例えば、映像のビットレートを最大まで上げると、音声には224kbpsしか割くことができなくなります。音質に拘りのある方にとっては、音質に損失があるので一番いい選択ではないかもしれません。ですので、映像と音声のビットレートを天秤に掛ける必要があります。

それに、動画のコンテンツに合わせてからビットレートを設定したほうがいいです。具体的に言うと、激しい動きの少ない静止系ビデオの場合、快適再生や容量の節約ためにも低いビットレートで保存しても良いでしょう。一方、スポーツなどの激しい動きが多い場合、ビットレートが高ければ高くほど、動きなどをはっきり見せて、より順調的に再生するため、高いビットレートに設定したほうが良いでしょう。換言すると、ビデオのコンテンツ次第にビットレートを分別に設定し、画質を最大にするのなら無劣化変換を行うのが最善な方法です。

3.  最適なDVDビットレートを設定しDVD画質を向上する最強なソフトおすすめ

3.1 DVDビットレートを設定してDVD画質を向上するソフト

DVDを変換、編集するとき、ムービーそのものの解像度を少しサイズ大きめで作成しておくのがDVDの画質を向上させる方法の一つです。ですので、DVDを変換や編集のオーサリング作業のできるソフトが必要です。ここでは、業界最強とも言えるほど機能が強くて画質を最大限に守ってくれるDVD変換・編集ソフトがおすすめしましょう。

DVDFab DVDリッピングはDVDをPCにリッピングして出力先をビデオやオーディオとして保存するためのソフトです。DVDを動画への変換はもちろん、元のDVDからオーディオコンテンツを抽出し、AAC、MP3など様々な音声フォーマットに保存したりすることができます。

   詳細情報     今すぐ購入 

 

このツールは使いやすく、優れたカスタマイズ機能を備えて、画質維持の方面でも優れている強力なDVD変換ソフトです。何より、全機能無料体験版もあるので、無料でDVDを一般動画に無劣化・高画質・高解像度で変換することを可能にしてくれます。

出力するDVDや動画の画質をカスタマイズしたい場合、インターフェースの右側にある[詳細設定](レンチアイコン)ボタンをクリックすると、別の画面に表示されるビデオ/オーディオのデフォルトパラメータやビットレートさえ変更できます。コーデックはそのまま変更しなくても良いが、解像度、ビデオ画質、ビットレートを分別に設定するのができます。適切な範囲で最大値に設定すると、出力する動画のサイズが大きくなりますが、画質は劣化さずに、一番良く維持できます。

★    DVDビットレートアップする方法

                    まずはこの強力なDVD動画変更・DVD編集ソフトをダウンロードしましょう👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

DVDFab DVDリッピングはDVD編集フリーソフトではありませんが、30日間で全機能を無料で体験できるので、無料版が提供されると理解してもいいでしょう。内蔵される強力な編集機能はこのソフトの無料版で利用できます。無料体験に30日間、最大3枚のDVDを思うまま編集し、手軽にカスタマイズ出来で、自由に好きな動画形式に無劣化して変換できます。

Step 1:ダウンロードしてインストールされたDVDFab DVDリッピングをダウンロードしてインストールすれば、ツールバーにある「リッピング」のモジュールを選択します。その後、「Blu-ray/DVDを追加」ボタンをクリックして、ディスクのコンテンツをソフトに取り込みます。

DVDビットレートを設定しDVD画質を向上する

Step2:映像コンテンツをソフトに取り込んだ後、画面のなかの「他のプロファイルを選択」タブで出力動画のフォーマットを選択します。

DVDビットレートを設定しDVD画質を向上する

Step3:編集タブで思うままにDVDをトリム、字幕追加、ウォーターマーク追加などで自由自在に編集します。編集しなくても良い場合はスキップしてください。

DVDビットレートを設定しDVD画質を向上する

「詳細設定」のタブでは、出力する動画ファイルのビットレートを設定できます。

DVDビットレートを設定しDVD画質を向上する

Step4:出力場所も設定してから、「開始」ボタンを押して動画を変換し出力します。

3.2 超解像度復元のAI技術を連携しDVD画質を高めるソフト

ビットレートも画質を左右する大切な1つの要素として作用しますが、それ以外にも画質を綺麗にするテクニックがあります。ソフト内蔵のビットレート設定タブだけで画質を期待のままにアップできない、或いはソースDVDがもともと解像度が低くてビットレートなどを無理矢理に調整しても実際の画質は向上できない場合、DVDFab社のもう一つの画質アップの便利なツールを利用するのをおすすめします。それは世界初の深度学習機能があるAI機能付きのDVDFab Enlarger AIで、動画の画質を最大限に強化できるます

DVDFab Enlarger AIは、DVD リッピング、Blu-ray リッピング、動画変換やDVDブルーレイ変換と連携可能し、ビデオをアップスケールできるDVD リッピング、Blu-ray リッピング、動画変換やDVDブルーレイ変換と連携可能し、ビデオをアップスケールできる超解像度復元技術を使用し、ビデオ画像を300%拡大しながら、細部がぼやけないように修正し、ビデオ品質を高めます。SD(480P)解像度のDVDでさえフルHD(1080P)にまたは1080pから4Kに拡大するのを実現できます。

Enlarger AIに実装されている超解像度復元技術を利用して、DVD・ビデオをSD(480p)解像度の画質からからFull HD(1080p Blu-ray標準)の解像度の超高画質に、または1080pから4Kまで拡大できます。さらに、解像度の向上とは別に、ビデオの鮮明度も大幅に向上します。  i  無料ダウンロード

4. 他のDVDビットレートを変更できるソフトまとめ

DVDビットレートを変更できるソフトは少なくはないです。ほとんどのDVD動画変換やDVDオーサリングソフトはDVDビットレート変更ができます。

4.1  DVDStylerでDVDビットレートを設定する方法

公式サイト👉 http://www.dvdstyler.org/ 
対応OS:2000/XP/Vista/7/8/8.1/10/Mac/Linux/BSD/Solaris

メニューバーの「DVD」オプションをクリックし、映像と音声を「映像のビットレート」、「音声のビットレート」のタブで1つつ指定して OK をクリックします。

4.2  HandbrakeでDVDビットレートを変更する方法

公式サイト👉 http://www.dvdstyler.org/ 
対応OS:2000/XP/Vista/7/8/8.1/10/Mac/Linux/BSD/Solaris

DVDビットレートを設定しDVD画質を向上する

Handbrakeは高速で強力なDVDエンコーディングソフトで、完全無料で利用できるほか、DVDの
ビットレートまで変更できるDVD取り込みソフトです。Handbrakeを使用し、DVDを取り込みし、汎用的なMP4を含み他の動画形式に変換できます。

DVDエンコーディングに最適なビットレートをよく理解したら、DVDエンコーダや変換ソフトを利用して、最適なビデオビットレートでDVDを取り込みむのがいいと思います。適切なDVDエンコーダであれば、DVDをリッピングし、ほぼすべてのビデオ形式に変換できます。DVDFabのような高解像度保持の変換ソフトを利用すると、無劣化にDVDを他の形式に変換するのもできます。ただし、変換することというのは動画を圧縮や復元するので、少々動画への劣化がもたらします。動画の変換等をするとき出来る限り高画質の設定で行っていくか、出力する回数を抑えるかで、DVDの画質は最大に維持できる良策でしょう。

5. まとめ

以上ではDVDビットレートについて詳しく説明し、DVDの画質を向上する方法や適切なビットレートを設定するメリットを紹介し、DVDビットレートを上げることのできるDVD変換・編集ソフトをおすすめしました。さらに、映像ビットレートや音声ビットレートを含むDVDビットレートを向上させる方法まで教えました。総括に言うと、ビットレートは重要な参考値で、高ければ高くほどDVDや動画の画質が良くなりますが、適切な範囲を超えないように設定したほうがいいでしょう。この記事は、DVDや動画制作に迷うあなたに役に立てば何よりです。