多くの人はハードディスク(HDD)に大事なデータを保存する習慣があります。ただし、一旦HDDが故障すると、全てのデータを失うリスクがあります。

壊れたHDDからデータを取り出すには、ネットで調べて自分でHDDのデータを復元するか、プロのデータ復旧店に行ってHDDデータを修復してもらうか、どっちを選ぶのが一般的です。しかし、自分でやると面倒くさいじゃない?おまけに、失敗歴が多い。専門家にお願いするなら高価になります。ここで、面倒臭くない且つ低コストの方法を紹介します。それは、HDDデータ復元ソフトを使うことです。ほぼワンクリックでHDDのデータを元に戻るし、費用も少ないです。

この記事でHDDクラッシュ症状、HDDデータ復旧方法と、HDDデータ復旧ソフトについて紹介します。

HDDクラッシュの症状

  • HDDが認識しない
  • カチカチ、カタカタと異音がする
  • 接続しても全く動かない・起動しない
  • 発煙や焦げ臭い
  • HDDを落とした、水没・落雷で動作不良になった
  • ブルースクリーンになったりエラーメッセージが表示されたりする
  • 誤操作でデータを削除・初期化(フォーマット)してしまった

Part1. ハードディスク(HDD)データ復旧方法

まず、自分でハードディスクを修復してみましょう。

1-1、ディスクをチェックしてHDDを自動修復します。

Windows OSでハードディスク(HDD)のエラーチェックをして自動修復することができます。以下はその操作ガイドを説明します。
①まず実行中のプログラムを全て閉じてください。
②次にマイコンピュータを起動して、チェックしたいハードディスクを右クリックします。外付けハードドライブの場合は、USB ケーブルできちんと接続されているかどうかを確認してください。
③右クリックしたら「プロパティーオ」を選択し、新たに表示されるウィンドウで「ツール」≫「チェックする」をクリックします。

hdd 復元

④「ファイル システムエラーを自動的に修復する」を選択すると自動でスキャンしてエラーを修復します。

1-2、手動でHDDデータを修復します。

1-2-1、HDDの状態を確認します。

①ハードディスクが壊れたかどうかを確認してください。HDDが明らかな雑音が長く持続するなら、間違いなくHDDには故障が生じています。
②ハードソフトの接続をチェックしてください。接続不良やゆるみで故障が起きる場合は簡単に修復できます。
コンピューターの電源が正常であるかどうかをチェックしてください。
そして、コンピュータのキャビネット全体を開け、HDDのケーブル、ハードドライブHDDとメインボードの接続をチェックして、ケーブル(IDE又はSATA)とインターフェイスケーブルがしっかり接続しているか、曲がりや破損部分がないかどうかを確認してください。

hdd 復元

③仮想検査を実行してください。
場合によっては、障害の原因はハードディスクの損傷ではなく、コンピュータのマザーボードの制御システム(ハードディスクの外部)であることがあります。その時は、
●損傷や焦げた跡がないかを確認してください。なければ簡単になります。
●PCBを変更する場合は、Googleでハードドライブのメーカーとモデルに一致する交換部品を検索して入手してください。
●部品を入手したら、古い回路基板を取り外します(取り外すときは、5つの小さなねじを外す必要があります。紛失しないようにしてください)。
●古いハードドライブを取り外し、新しいものを入れます。新しい回路基板の金属線には触れないでください。そうでないと、HDDを修復する前に、静電気によって破壊される恐れがあります。帯電防止手袋を着用するか、金属のアース線に触れて、問題がないかを確認できます。電源に接続されているコンピュータケースの内部は一般的に接地されています。
●新しい回路基板を取り付け、しっかりとハードディスクに接続されていることを確認してから、ネジを取り付けます。
●コンピュータにハードディスクを取り付け、電源を入れます。ハードドライブが正常に動作しているはずです。この時点で、ハードディスク内のデータをバックアップしたほうがいいです。

④上記の操作に従ってもHDDが正常に動作しない場合は、ハードディスクが認識できるか確認してください。すべての配線に問題がなく、且つハードディスク制御回路基板に焼け跡がない場合は、BIOS、Windowsディスク管理ツール、またはMac OS Xディスクツールを使用して、ハードディスクを認識できるかどうかを確認できます。

一番安全な方法はプロの人や会社に依頼することです。でも、参照用として、ここで自分で操作する方法を説明します。

hdd 復元

1-2-2.自分でHDDデータを復旧します。

①ハードドライブに初めて電源を入れたときにカチッという音がする場合、その後の電源投入によりハードドライブの磁性層が損傷し、データが失われます。 この場合、ハードディスクが正常に修復されないリスクが高いため、データが重要であれば、是非専門会社に頼ってください。
②ハードディスクを物理的にテストします。 片方の手でしっかりとハードディスクを持ち、ハードディスクが音を出すかどうかに注意しながら、前後に回転させます。 音が聞こえない場合、障害はおそらくヘッドまたはスピンドルの固着です。 ハードディスクの使用年数が長い場合、またはハードディスクが高温になる場合、この障害が生じる可能性はさらに高くなります。 その時は、次の修復方法を試してください。
③ハードドライブを加熱します。電子レンジを最低温度に設定して約5分間予熱し、電子レンジをオフにします。ハードディスクを電子レンジに2〜5分間置いて加熱します。
●ハードディスクを取り出し、最初のステップを繰り返します。それでも音が聞こえない場合は、次の手順に進みます。ただし、音が聞こえる場合は、ハードディスクをコンピュータに接続し、ディスクが回転する音と、ヘッドの動きによる通常のクリック音に留意してください。この時点ですべてが正常な場合は、ハードディスクにアクセスして、データを問題ないハードディスクに転送してください。
●必要に応じて、片方の手でしっかりとハードディスクを保持しながら、ハードディスクを再加熱して、すばやく回転させるか、その表面を軽くたたいてください。おかしいと思うかもしれないが、磁気ヘッドが癒着を取り除くのに役に立ちます。
●最初のステップを繰り返します。磁気ヘッドの動きの音が聞こえますか?聞こえる場合は、ハードドライブをコンピューターに再接続し、再びハードドライブにアクセスしてみます。
●磁気ヘッドの動きからリズミカルな「クリック」音が聞こえる場合は、ハードディスク磁気ヘッドが動かなくなっている、または動かなくなっていることを意味します。ハードドライブを慎重に90度回転(前後に)するときは、まだ音が聞こえないかを確認してください。聞こえなければ、ハードディスクのパーツが緩んでいるか、接続されていないことを示しており、その修復方法はこの記事の範囲外です。

④それでもだめな場合は、前の方法とは逆で、ハードディスクを冷却してください。 これは最後の手段です。重要なデータを復旧できる短時間だけでハードドライブが動作できるかもしれないが、他の方法が機能しない場合、これを試してください。
●ハードドライブをジッパー付きのビニール袋に入れ、袋の中の空気をできるだけ取り除き、ハードドライブを冷蔵庫に数時間放置します。
●ハードドライブをコンピュータに接続し、アクセスを試みます。 ハードドライブがすぐに動作しない場合は、電源を切断し、ハードドライブを取り外して、テーブルや地面などの堅い壁に落としてください。 ハードドライブを取り付け直して、もう一度お試しください。 ハードディスクが機能する場合は、ファイルをすぐにダンプしてから、ハードディスクを廃棄する必要があります。それでもハードドライブが機能しない場合は、ハードドライブを修復するために専門家の助けを求めるしかありません。

以上、HDDデータ復旧の方法を紹介しましたが、HDDを復旧するツールがあれば、もっと簡単になるかもしれません。

Part2: HDD向けの復元ソフト(Windows&mac)

自分でHDDの復旧をチャレンジすると、面倒くさいし、失敗率が高い。プロの方に助けを求め、HDDの修復をお願いすると、費用が高い。他の方法はありますか?ありますよ。HDDを復旧できるソフトを使えば、全ての問題を解決します。

2-1.HDD向けの復元ソフト・Windows篇

①DVDFab  データ復元 for DVD
DVDFab  データ復元 for DVDはWindows向けのHDDのDVDファイルを復元するソフトです。日本語に対応しております。CRCエラーも修復できます。これはHDD上のDVDファイル向けのソフトです。BD対応のデータ復元は、DVDFab  データ復元 for Blu-rayを参照してください。時間に余裕がないユーザーにクイックスキャン、全てのファイルをチェックしたいユーザーにディープスキャン、自由に選択したい場合はカスタムスキャンモードをおすすめします。

hdd 復元

他には、通常の自動スキャンも設定可能、ニーズに応じて小さなファイルをスキップすることができ、何より、データを修復する前に、全ての元のファイルを自動的にバックアップすることが特徴です。
使い方も簡単です。
ソフトをダウンロードして起動⇒スキャンモードを選択してソースを読み込み⇒スキャンプロセスを開始⇒修復リストから修復したいファイルを選択して自動修復⇒ホームに戻ってスキャンされた全てのソースデータを確認します。

hdd 復元

②Recuva
Microsoft Windowsで実行でき、永久に削除されたファイルやOSに利用可能なファイルと見做されるファイルを復旧できます。更に、SDDやMP3プレーヤーで削除されるファイルも復旧できるフリーソフトです。ただし、削除ファイルの検索機能が使い難いと考えている人がいるかもしれません。

③Glary Undelete
ファイルの名前や日付、サイズや種類など様々な条件で検索でき、復旧させたいファイルを素早く拾い出せる機能が特徴です。外付けHDD向けです。

④ファイナルデータ復元
無料でできる範囲は削除されたファイルを検出する部分までで、復元する場合はお金を支払う必要があります。

⑤Zero Assumption Recovery
あらゆるデバイスの復元を行えるフリー復旧ソフトです。USB向けです。日本語に対応しません。

⑥SoftPerfect File Recovery
「ゴミ箱を空にする」などの操作で削除してしまったデータも復旧できるフリーソフトです。USB向けで便利ですが、対応OSがやや古いです。

hdd 復元

2-2.HDD向けの復元ソフト・mac篇

①EaseUS Data Recovery Wizard Free
ドキュメントやビデオなど様々なファイルを復元できます。ただし、無料でできる範囲は限られています。フル機能なら料金は少し高いです。

②Disk Drill
Disk DrillはMac用の復旧ソフトとして、多くのデバイスや拡張子に対応し、非常に優秀なデータ復旧ソフトです。「復旧」を押すだけでいいから、操作は非常に簡単です。

③Data Rescue 5
Data Rescue 5はデータ復旧において信頼性が高いソフトです。
USBなどにリカバリードライブを作成して復旧することもできるため、Macが起動しないといった一部の物理障害にも対応します。

hdd 復元

破損又は紛失のHDDデータを復元するなら、自分でHDDを修復するか、復元ソフトでそのデータを復旧します。HDDの修復はパート1、Windowsやmac、USB向け、外付けドライブなど様々なHDDデータ復旧ソフトはパート2を読んでください。全ての方法からDVDファイル向けの最もおすすめのデータ復旧方法は、DVDFab  データ復元 for DVDでHDDのDVDファイルを復元することです。