1. Active@ ISO Burnerはどんなソフト?

今や動画ストリーミングサービスが充実化してきたことから、DVDを購入しない人が増えています。便利になった世の中ではありますが、かつての映画産業が生み出した功績であるDVDを大切に保管している人はまだまだ多いはずです。

そこで、ISOイメージファイルを下記着込むソフトが必要としています。Active@ ISO Burnerは、ISOイメージファイルをディスク媒体に書き込むソフトになります。

そもそも「ISOイメージファイルとは何?」という方に簡単に説明すると、ISOイメージファイルは複数のファイルやフォルダを一つにまとめたファイルです。

このファイルはアーカイブファイルと呼ばれ、CDやDVDに記録させることができ、何かしらのソフトやツールで抽出したISOイメージファイルを、Active@ ISO BurnerにてCDやDVD、BDに書き込めるというわけです。

このツールは非常にシンプルで書き込み機能に特化したWindowsアプリケーションになります。

対応する媒体や書き込み可能なファイルは以下の通りです。

媒体

CD-R、CD-RW、DVD-R、DVD+R、DVD-RW、DVD+RW、HD DVD、Blu-ray

ファイル

ISO(CD/DVD ISO イメージ)、img(CD/DVD イメージ)

上記をご覧の通りActive@ ISO BurnerではISOイメージファイルと併せてIMGイメージファイルも書き込めるようになっています。注目すべきは書き込めるメディアの多さで、CD、DVDのみならずBDに対応しているのもこのソフトの強みといえるでしょう。また、シンプルといえどもオプション機能は揃っています。

オプション機能

  • 選択可能なモード(Track-At-One、Session-At-Once、Disc-At-Once PQ、Disc-At-Once raw P-W)
  • テストモードに対応
  • ベリファイ機能
  • 書き込み終了後のディスク取り出し、シャットダウン

オプション機能を見てみると、様々な機能が備わっていることが分かります。書き込みモードは複数あり、トラック単位で何度でも追記できるTrack-At-Oneに、セッション単位でデータを記録して容量があった場合のみセッション単位で何度も追記できるSession-At-Onceなど、お好みのモードが選べることも特徴のひとつです。またテストモードが用意されているので、慣れないうちも安心でしょう。

active@ iso burner

Active@ ISO Burnerにはさらに書き込み後にベリファイする機能も搭載されています。ベリファイというのは、ISOファイルとCDやDVDに書き込んだデータを照合する作業で、エラーがある場合にはレポートしてくれます。書き込み完了時にはディスクを取り出し、そのままPCもシャットダウンする設定が可能です。

2. Active@ ISO Burnerのダウンロード方法とセットアップ方法について

続いて、Active@ ISO Burnerのダウンロード方法とセットアップ方法をまとめてご紹介します。

2.1 Ative@ ISO Burnerのダウンロード方法

Active@ ISO Burnerはフリーソフトサイトからダウンロードするだけなので、導入方法も簡単です。

active@ iso burner

上記のサイトにアクセスしたらダウンロードをクリックしましょう。そうするとソフトがダウンロードされ、セットアップファイルであるISO Burner-Setup.exeが追加されます。追加されたISOBurner-Setup.exeをインストールすることによって、はじめてActive@ ISO Burnerが使えるようになります。

2.2 Active@ ISO Burnerをセットアップ方法

Active@ ISO Burnerは海外フリーソフトであるために日本語化しないと使いにくいソフトに感じてしまいます。

日本語化するためには、日本語化パッチを実行しなければなりません。日本語化パッチはソフト提供サイトの「Active_ISO_Burner_4_0_3_0_Jp01.zip」というリンクをクリックしてダウンロードしましょう。

active@ iso burner

次にダウンロードした圧縮ファイルを解凍します。そうすると日本語化パッチが表示されるので実行ボタンを押してください。

実行後は「Active@ ISO Burner ~~を En からバージョン Jp に更新します。」というウィンドウが表示されるようになっていますので「はい」ボタンをクリックします。「差分適用フォルダ入力」ウィンドウが表示されるようになっているので、「C:\Program Files (x86)\LSoft Technologies\Active@ ISO Burner」を指定後「OK」ボタンをクリックして次に進んでください。

ちなみに32bit版を使用している場合には、「C:\Program Files\LSoft Technologies\Active@ ISO Burner」を指定してください。これで日本語化が実行されるので、「閉じる」ボタンを押してソフトを終了してください。

日本語化は一度ソフトを終了しなければ日本語化に変更ができません。もう一度ソフトを起動し、スタートメニューの「LSoft Technologies」→「Active@ ISO Burner」から起動することで日本語化されていることが確認できるようになっています。

3.  Active@ ISO BurnerでISOファイルをライティング方法:シンプルで簡単!

続いてはISOイメージファイルのライティング方法をご紹介します。

使い方は非常に簡単ですぐに覚えられるので、ぜひ使い方についてもここで学んでいきましょう。

3.1 Active@ ISO BurnerでDVDを書き込み方法

まずはISOイメージファイルとそれを書き込むCD、DVDなどを用意します。Active@ ISO BurnerではISOイメージファイルを抽出することができないので、他のソフトを使って用意しておいてください。

ドライブには書き込むメディアをセットしておき、ソフトを開いたらイメージファイルの指定・選択を行います。

次に書き込み用のドライブを指定・選択してください。書き込み前にはお好みでライティングスピードを変えられます。そのまま、オートなどがあるので好みのものを選びましょう。

枚数指定も設定で変更可能です。そしてここでは書き込み後動作の設定も重要になっています。設定画面に出ているベリファイ、イジェクト、シャットダウンそれぞれ必要な動作にチェックを入れて「OK」ボタンを押しましょう。

最後に「BURN」ボタンを押せば書き込みが開始されます。さらに細かな設定に関しては「Option」ボタンをクリックすることでできるようになっているので試してみてください。ライティングは進行状況が100%になることで終了します。

3.2  Active@ ISO Burnerでラインティング終了後の動作

書き込みが終わったら、前述でも触れたように設定しておいた書き込み後動作が行われます。全てチェックを入れたようであれば、ベリファイ後にイジェクト、シャットダウンという形で終了します。

これら全てをチェックする必要はないですが、イジェクトを設定しておけば書き込みが終了した合図も分かりやすくなるので設定をおすすめしています。

4. 人気ソフトDVDFab DVD コピーとどっちが優秀?徹底比較してみた

ここからはActive@ ISO Burnerと同様にISOイメージファイルの書き込みができるソフト、DVDFab DVD コピーについて説明していきましょう。

4.1 DVDFab DVD コピーの特徴

active@ iso burner

active@ iso burner

DVDFab DVD コピーは市販やレンタルのDVDを圧縮したり無劣化でコピーしたりするできるソフトです。購入するには、「DC50」のクーポンコードを使って期間限定50%OFFを楽しみなさい👇

   無期限版を購入  

 i  無料ダウンロード

解除できるコピーガードはCSS、UOPs、APS、RC、DADC、Disney's Fakeなど様々で、解除が難しいと言われるCPRMも解除できるパワーを持っています。

また、ISOイメージファイル/フォルダとして保存するだけではなく、そのままDVDに書き込みもできるという大変便利なものとなっています。直感的なインターフェースとなっているかつガイドもきちんと提供されているので、迷うことなく操作できることでしょう。

ちなみにDVDコピー作業の直前ではISOイメージファイルのタイトルやチャプター、オーディオトラック、字幕、出力、ボリュームラベルなど、複数の設定を自由に変更できるようになっています。Active@ ISO Burnerであるとここまで充実した機能は揃っていませんでした。

さらにDVDFab DVD コピーではDVDからDVD-9への無劣化バックアップを作成できる点や、超高速で複数のDVDをリッピングできること、Cinavia保護を除去してきれいなAC3オーディオを出力できるなど、ここだけでは伝えきれない魅力は豊富に揃っています。

このソフトは最大30日間で完全無料で全機能を使用できるので、ご安心してダウンロードし、機能を思うままに試用しましょう!もし購入を考えれば、「DC50」というクーポンコードを使って期間限定50%OFFを楽しむのをお忘れずにね!現在の割引ではとってもせっかくなので、決して見逃さないてください~

4.2 Active@ ISO Burnerの代替ソフトDVDFabの使い方をご紹介

DVDFab DVD コピーは使い方も簡単という特徴を持っています。それを証明するために、ここで使い方について説明していきましょう。

まずは、下記のボタンを押して、DVDFabを無料ダウンロードしましょう!

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

DVDFab DVD コピーを起動してISOイメージファイルの下となるDVDを挿入して選択します。ツールバーの「コピー」を選んだら読み込みが完了するまで待ちましょう。読み込みが終了したら空のDVDをセットし、ソフトのインターフェース上にISOイメージファイルもしくはDVDフォルダをドラッグ&ドロップします。

active@ iso burner

次にコピーモードを選択します。ソース全てをリッピングするならばフルディスクでOKです。メインの映像だけで良いという場合はメインムービーを選択しましょう。

active@ iso burner

また、このタイミングで必要に応じて出力サイズや字幕、オーディオも選択できます。詳細設定を開けばより細かな設定ができるので、気になる方は試してみてください。

active@ iso burner

そして出力先を決定します。最後に開始ボタンをクリックすればリッピングが始まります。

また、リッピング中は全タスク完了時の動作を設定できるようになっています。

active@ iso burner

Active@ ISO BurnerのようにPCのシャットダウンが可能で、そのままの状態にしておくこともできます。ただしDVDFab DVD コピーはベリファイ機能がないという点を覚えておいてください。

5. まとめ

今回はActive@ ISO Burnerを使ったISOイメージファイルの書き込む方法をじっくりとご紹介してきました。Active@ ISO Burnerは非常にシンプルなソフトで、誰にでも使える設計となっています。分かりやすいインターフェースで悩まずに使えるため、ISOイメージファイルの書き込むだけならばActive@ ISO Burnerを使用している人が多いです。

しかし終盤にご紹介してきたDVDFab DVD コピーもおすすめです。比べてみると両者特徴が異なりますが、DVDFab DVD コピーは有料であっても価格以上の恩恵を得ることができておすすめです。ぜひご紹介してきた内容を参考にしてみてください。