DVDメディアを購入する時、DVDの類型が多くあるのを見て、迷うときはあるでしょう。実は、DVDメディアを購入する時、用途をはっきりしてから購入することをおすすめです。

1. ビデオDVDとデータDVDとは?

dvd・ビデオ

外見が同じくDVDディスクであるとしても、機能で分けると「DVD-R」、「DVD-RW」、「DVD+R」、「DVD+RW」、「DVD-ROM」などがあり、用途によって録画用とデータ用なものもあるように、DVDには様々な形式・種類があります。

ですので、間違えて購入し、無駄遣いしないように、DVDを購入する前に、利用する用途やお使いのDVDドライブがDVDの規格、種類に対応しているのかなどの項目をチェックしておく必要があります。なお、録画用のビデオDVDとデータ用のデータDVDの違いにも区別して、注意を払いながら自分の使用目的に適したDVDを選んだほうがおすすめです

まずは用途を基準にして、2つの主なDVD種類を区別して紹介しましょう。

1.1 DVD・ビデオやビデオDVDとは

DVD・ビデオ(DVD-Videoとも言う)とは市販やレンタルのDVD に使用される形式で、DVD-ROM規格のメディアに導入するビデオを収録したものを言います。DVDビデオ方式は市販されるDVDソフトに大量に使われる規格として、再生には簡単で、DVDプレーヤーやパソコンなどで再生できます。ただし、高度なメニューの作成や複数の言語・音声・字幕の収録などには対応しますが、DVDビデオには編集機能はありません。表記については、ソニーのビデオDVD(for VIDEO)を例にして、「ビデオ用」や「for VIDEO」という記載があり、録画時間(例:120min)も表示されています。

dvd・ビデオ

また、ビデオDVDはCPRMに対応しているDVDディスクです。普通BSデジタル放送や地上デジタル放送などで放送されている番組は、コピーを制限するコピーガードがかかっています。録画用のDVD-R/RWとDVD-RAMなどのほとんどのビデオDVD製品には、CPRMという著作権保護技術が組み込まれています。ですので、CPRM対応のビデオ用DVDしか『1回のみ録画可能』な番組の録画はできないです。

ビデオDVDはビデオ用のDVDのとこで、その主な利用形式はDVDレコーダーです。DVDレコーダーではDVD-R/DVD-RWディスクを中心に導入されており、市販ソフトほどの高度な内容ではありませんが、メニュー、タイトル、チャプターなどの簡単な編集機能を備えるものがあります。DVDレコーダーで記録したビデオをDVDディスクに書き込みし、家庭用のDVD、BDデッキからコピーする場合に使用されるが、録画目的でつくられた規格ではないため、専用のDVD書き込みソフトの助けが必要としています。

1.2 データDVD・データ用DVDとは 

データ用DVDは映像をデータファイルとしてDVDに収めたもので、主にパソコンを介にして使用されるDVDメディアのことです。データDVDはデジタル放送の記録をすることはできません。しかしデータ用DVDはパソコンでデータをコピーする場合に使用できます。データDVDで書き込みという場合、後からパソコンで映像を編集したり、DVDディスクにファイルを追記することができます。

dvd・ビデオ

データDVDの再生は主にパソコンで行えます。お持ちのDVDプレーヤーで再生する場合は、DVDに書き込まれたデータの形式に対応している必要があります。DVDに書き込んだデータを、後からパソコンで編集したり、ファイルを追記したりことができて、こういうニーズのある方はにとっては、データDVD形式で作成するのが便利です。

1.3 ビデオDVDとデータDVDの違い

ビデオDVDとデータDVDの違いについてこれからまとめます。大体は以下のような違いがあります。

  ビデオDVD(For Video) データDVD(For data)
用途 テレビ番組などを録画するDVD パソコンのデータなどを記録するDVD
主な対象 市販やレンタルのDVD データファイル化される映像
再生方法 DVDプレーヤー、パソコンの専用DVD再生ソフトなど、DVDプレーヤーの多くで再生互換性がある パソコンで再生。再生交換性が少ない
コピー機能 CPRM著作権保護に制限され、保護解除しないとコピーできない パソコンで簡単にコピー
編集機能 不可 可能

2. DVDを書き込む前にDVD類型に注意

ビデオDVDとデータDVDまとめて、DVDの書き込み方法に入る前に、DVDの類型に関するものをもっと話しましょう。DVDビデオDVDもデータ用DVDも、おおよそDVD-R / DVD-RW / DVD-RAMの3種類があります。つまり、ビデオ用やデータ用にもかかわらず、DVDには基本的にDVD-R / DVD-R DL / DVD-RW / DVD-RAMなどの種類があげられます。さて、DVDディスクのタイプとしてのDVD-R / DVD-R DL / DVD-RW / DVD-RAMは何のことでしょうか。

dvd・ビデオ

DVD-R / DVD-RW / DVD-RAMは書き込み可能性によって区別されています。具体的に言うと、DVD-RのDVDは1回だけ書き込み可能なディスクです。それと反対に、DVD-RWのDVDは繰り返し書き込み可能なディスクで、通常のディスクには保存できない著作権で保護されたデータなども保存することも可能です。そしてDVD-R DLはDVD Rと同じように一度のみの書き込みに対応し、容量がRの4.7GBのおよそ2倍で8.5GBとなります。DVD-RAMのDVDはDVD-RWのように繰り返し書込み可能ですが、再生環境がその開発者Panasonicとごく一部のメーカーのデッキでしか対応していないため、DVD-RWとは少々違っていて、Panasonic開発のDVDタイプなんです。

DVD-RやDVD-R DLの規格ディスクにたいして、基本的にはどこのメーカーのどのドライブでも、問題なく書き込みと読み込みが行えますが、DVD-RWの場合では、一部の製品にしか対応していないこともに注意をしなければいけません。ですので、DVDに書き込む前に、お使いのDVDの規格とDVDドライブやDVDプレイヤーの規格を確認して、それぞれが対応しているかどうかを確認する必要があります。

3. DVDをコピーする方法

DVDをコピーするのは大きなメリットがあります。DVDメディアの鑑賞することを便利にし、楽しさを増えるとともに、大切なDVDを保存するにも有利です。ここでは、業界最強のDVD書き込みソフトをおすすめしましょう。

Windows10でDVDに書き込みをしたい場合に利用できる最も強力で便利なソフトがDVDFab DVDコピーです。コピーガードを簡単に解除できる機能が備えるため、購入したDVDのバックアップを取りたい場合や市販のビデオDVDをコピーして保存したい場合にも簡単にコピーできるソフトです。6つのコピーモードで使いやすいポイントの上、高速しかも高画質にカピーするのは、ビデオDVDの価値を最大化できるのでしょう。

   詳細情報     永久版購入(50%OFF) 

 

有料版は機能たっぷりのうえ料金もいりますが、今では30日間で全機能を体験できる無料体験版もご提供されています。試用したあと機能に満足し購入を考える場合にも、50%OFFの値引きで購入するのもお得です。それでは、DVDをコピーする方法をみましょう。

STEP1:まずは下記のボタンを押してすぐに最強のDVD書き込みソフトを無料体験しましょう👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

STEP2:ソフトをダウンロードしてインストールし、ダブルクリックで実行すると、上のツールバーに最左の「コピー」モジュールを選択しなさい。そして「+」や「追加」ボタンで書き込みしたいDVDをパソコンに挿入するか、ISOファイルの場合はドラッグ&ドロップして、ソースを自動的な読み込むを待ちます。

dvd・ビデオ

STEP3:左のところに好きなコピーモードを選択します。すると、出力DVDの形式(DVD5或いはDVD9)、画質などは「詳細設定」のタブでお自由にカスタマイズしましょう。

dvd・ビデオ

STEP4:全てが設定したあと、左下の「出力先」でISOファイル、DVDフォールだに設定するか、新たなDVDを挿入してソースを複製する場所を用意するか、コピーする準備をします。そして右下の「開始」ボタンを押して、DVD書き込みを開始します。

dvd・ビデオ

4. ビデオをDVDにオーサリングする方法

ビデオをどのようにDVDに作成しますか。ここではもう一つ良い解決策をご提供しましょう。DVDFab DVD作成が高画質に高速で動画ビデオをDVDにオーサリングできます。

DVDFab DVD作成 は動画をDVDに保存したい場合に最適なソフトとして、あらゆるビデオ・動画をDVDに自由にオーサリングできます。動画の品質をオリジナルでロスレスで保留したまま、高速にDVDに書き込める最良なDVDオーサリング対処法です。複数の動画を同時に作成できるだけでなく、再生する時の再生順も設定できて、さらに出力するDVDに字幕、文字、画像なども追加され、動画をDVDに高度な自由度で作成できます。

ビデオをDVDにオーサリングする方法も簡単です。

STEP1:まずは30日間の全機能無料体験のDVD作成をダウンロードしましょう👇

STEP2:ソフトをダウンロードしてインストールし実行したら、インターフェイスの上のツールバーに「作成」モジュールを選択し、左のモードで「DVD作成」のモードを選択しましょう。

dvd・ビデオ

すると、画面の中央にある「+」ボタンでオーサリングしたいビデオをロードしましょう。

dvd・ビデオ

STEP3:動画がロードされると、画質や出力するDVD類型を指定すると、インターフェイスの「詳細設定」タブにて各設定を調整します。

dvd・ビデオ

さらに、画像や文字を出力するDVDに追加したい場合、「メニュー設定」を利用してお好きなようにカスタマイズしましょう。

dvd・ビデオ

STEP4:左下の「出力先」で出力するDVDの形式(イメージ化ISOファイルかフォールだか)や出力場所を設定し、右下の「開始」ボタンを押せば、ビデオからDVDへのオーサリングプロセスを待てばよいです。

dvd・ビデオ

5. まとめ

本記事では、ビデオDVDとデータDVDの区別を明らかにしました。どうでしょう、DVDについてはまた新しいものやもっと詳しい情報をお分かりになっていますでしょう。手元に永遠の宝ものにしたいDVDがあれば、ぜひ本文でおすすめしたDVD書き込みソフトをりようして、自分のDVDにして大事にしましょう!動画のDVDへの書き込みが完了した後、プレーヤーで再生することができます。DVDFab プレーヤー6は動画ファイルだけでなく、今回作成したDVD や市販のビデオDVDも高画質で再生できて、すごく便利なので、ぜひご利用ください!