パソコンでDVDを見る方法について、普通には光学ドライブにDVDを挿入すれば自動的に再生が始まります。時には、ドライバーやパソコン設定などの原因でパソコン で DVD が 見れ ないことがあります。さて、次の内容でwindows10 DVD 読み込まない原因と対処方法を詳しく紹介します。一般的にWindows10 でDVDを読み込まない原因は、主に以下の5つがあります。

Windows10 でDVDを読み込まない原因:

  • Windows10 自動再生の設定。
  • PCドライブがDVDに対応しません。
  • オリジナルDVDディスクに傷や汚れがあります。
  • DVDドライブが故障しました。
  • DVD再生ソフトにおけるコーデックの非対応問題。

Windows10 DVD 読み込まない原因の判断方法及び対処方法:

  • Windows10 自動再生の設定

パソコンの初期設定では、windows10 DVD 再生に関して「自動再生」になっていることが普通です。 それなのにwindows10でDVDが自動再生されない場合は、Windows10 DVD 自動再生 設定で次のように「毎回動作を確認する」を選択すれば解決できます。
1.ホーム画面右下の通知アイコンやスタートボタンから「すべての設定(Windows10の設定」を選んでください。
2.「すべての設定」から「デバイス設定」を選択してください。
3.「デバイス設定」から「自動再生」を開いてください。
4.win10 DVD 自動再生の「リムーバブルドライブ」から「毎回動作を確認する」を選んでください。
上記の設定により、DVDが自動再生されることなく、DVDを光学ドライブに挿入する度にアクションを選択する画面が表示されます。

  • PCドライブがDVDに対応しません。

PCドライブがDVDに対応しない場合は、パソコンでDVDを見ることができません。確認方法としては、マイコンピューターを右クリックし、プロパティを選択してください。プロパティが開いたら、デバイスマネージャーをクリックします。 デバイスマネージャーのDVD/CD-ROMドライブをクリックすると、搭載されているドライブの型番が出てきますから、その型番で検索すればすぐわかります。この場合、DVD対応の外付けドライブを利用すればいいです。

  • オリジナルDVDディスクに傷や汚れがあります。

周知のように、ソースDVDディスク自体に傷がついたり 汚れたりしたら、再生ができなくなっている可能性があります。ソースDVDディスクに傷や汚れがあるか、判断方法としては、他のパソコンや DVDプレーヤーなどでそのDVDを再生できるかどうか確認できます。オリジナルDVDディスクに傷や汚れのせいで見れない場合、新しいDVDを交換したり購入したりしてください。

  • DVDドライブが故障しました。

Win10でDVDを認識しない場合は、パソコンに搭載されたDVDドライブまたは外付けのDVDドライブ自体が物理的に故障してしまった可能性があります。判断方法としては、他のDVDをDVDドライブに挿入してちゃんと読み込めるかどうか確認できます。この場合は、やっぱりドライブの修理や交換を行ってください。

  • DVD再生ソフトにおけるコーデックの非対応問題。

windows10でDVDが自動再生されない場合、パソコンでDVDを見るためには、専門の再生ソフトが欠かせないです。しかし、どの再生ソフトでもDVDが再生できるわけではなく、ソフトが「DVDコーデック」に対応する必要があります。判断方法としては、ほかのDVDディスクを入れて再生できるかどうか確認できます。この場合は、「DVDコーデック」に対応するDVD再生ソフトをインストールすればいいです。ここでWindows 10に対応するDVDFab プレーヤー 6をお勧めします。

再開発されたDVDFab プレーヤー 6は、異なった視聴体験を提供できるPCおよびTV再生モードが用意されます。PCモードでは、コンピュータ画面で没入感を体験できます。TVモードでは、大画面テレビや映画館と同じような視聴覚体験を体験できます。そして、動画ファイルやDVD再生の他に、必要な動作環境を満たす場合は、AVCHD/BDAV/Blu-ray/4K Ultra Blu-rayディスク、ISOファイルとフォルダの再生もできます。

すぐ購入:https://ja.dvdfab.cn/order.htm

 

主な機能 :

  • DVD/Blu-ray/BDAV/4K UHD Blu-ray/3Dコンテンツ/ISOファイル/フォルダ/動画/音楽の再生に対応しています。
  • DVD/Blu-ray/4K Ultra HD Blu-rayのナビゲーションに完全対応します。
  • メディアライブラリを作成して、ポスターウォールで映画などを管理できます。
  • DVD&Blu-rayディスクをISOファイルにインポートしてローカルに保存できます。
  • 柔軟性の高いプレイリストが作成可能で、再生順次をカスタマイズできます。
  • HDR10、Dolby Atmos / Dolby TrueHDなどのHDオーディオ出力に対応します。

上記の問題を解決したら、任意のWindows 10パソコンでもDVDを順調に見ることができます。さて、DVDFab プレーヤー 6を使ってWindows 10パソコンでDVDを見る方法を紹介します。

DVDFab プレーヤー 6を使ってWindows 10 パソコンでDVDを見る方法

パソコンでDVDを見る方法~ステップ1.上記のダウンロードボタンをクリックして、お使いのWindows 10パソコンでDVDFab プレーヤー 6をダウンロードしてインストールしてください。その後は、DVDFab プレーヤー 6を起動します。ようこそ画面では、「PCモード」及び「TVモード」が用意されます。例として、PCモードを選択します。あなたは、必要に応じて選択することができます。

パソコンでDVDを見る方法~ステップ2.パソコンで見たいDVDを光学ドライブに挿入してください。DVD ISOファイルまたはフォルダを再生する場合、作作成した「ライブラリー」から再生したいDVDファイルを選択するか、「私のコンピューター」へローカルのHDDからDVDファイルを選択します。再生ボタン をクリックすれば、パソコンでDVDを見ることができます。

パソコンでDVDを見る方法~ステップ3.再生画面の底にある再生コントロールオプションを使用して、DVD再生の一時停止、巻き戻し、早送り、ボリューム調整などをできます。プレイリストのアイコンをクリックして、再生するタイトルを直接選択できます。

再生画面を右クリックして、表示されたメニューにおけるビデオ、オーディオ、字幕、再生、シェーダー、トップメニュー、ポップメニュー、全画面表示、設定、情報などの様々なオプションを使用して、DVDを自由に再生できます。

また、再生画面の右上にある逆の三角形をクリックして、「設定」を選択したら、プレーヤー及び再生に関しての設定を行うことができます。「一般」オプションでプレーヤーの言語、起動モードなどを設定できます。「再生」オプションで再生モードをシンプルモードとまたはメニューモードに設定できます。「ライブラリー」でローカルのムービーを追加して、ライブラリーを作成できます。ライブラリーの更新や再構築もできます。

TIPS:
ライブラリーを作成する方法
DVDFab プレーヤー6を起動して、右上隅にある逆三角形のアイコンをクリックして、「ライブラリー」を選択します。「ビデオ」オプションを選択して、フォルダのアイコンをクリックして、PCまたはNasのルートを選択して、「OK」を押します。


まとめ

パソコンでDVDを見る方法(Windows10)は以上です。すごく簡単でしょう?確かに、パソコンでDVDが見れない原因及び対処方法を把握したら、パソコンでDVDを見る方法は極めて簡単になります。