1. PowerDVDとは

PowerDVDとは、Cyber Link(サイバーリンク)が開発したメディアプレーヤーです。対応動画は、DVDやブルーレイディスク、ブルーレイ3D、YouTube動画、CPRM対応ディスク、AVCHD、AVCRECなどが主となります。

powerdvd 再生 できない

PowerDVDは、2010年に世界初のパソコン用のブルーレイ3D再生ソフトとして、ブルーレイディスクアソシエーションの正式認証を取得しています。ちなみに、PowerDVDには、完全無料版がありません。しかし、試用期間としてダウンロード後30日間は無料で利用できます。

2. PowerDVDが再生できない原因

PowerDVDが再生できない原因としては、まずディスク側の不具合が考えられます。ブルーレイディスクやDVDディスクなどの光学ディスクにキズや損傷があると、スムーズな再生ができません。具体的には、再生時に違和感があったり映像が中断したり、または映像自体が出なかったりします。特に多くの人が利用しているディスクなどは、傷や損傷がないかをまずチェックしておきましょう。

PowerDVDが再生できない原因には、PowerDVD側の問題点も考えられます。PowerDVDのバージョンが古いと、新しくリリースしたディスクに対応できません。

そのほかの原因としては、パソコン側に問題点が発生したことも考えられます。光学ディスクは、パソコンのグラフィックカードドライバと相性が合わないことも少なくはありません。その場合には、PowerDVDでDVDなどの光学ディスクが読み込めなくなるので、再生途中で音が途切れたり、または画面がコマ割れしたりなどの不具合が発生します。

3. PowerDVD再生できない場合の対処法

powerdvd 再生 できない

PowerDVDが再生できない場合、原因に合わせて対処しなくてはいけません。まずはディスク側に原因がある場合、目視でディスクの状態をチェックしてみましょう。細かな傷や汚れが付いている場合もあるので、ディスクをクリーニングしてからチェックすることが重要です。

クリーニング後に傷が見当たらず、それでも再生できない場合には、他のディスクを再生してみると良いでしょう。もし、他のディスクでは通常通りに再生できるのであれば、そのディスク自体に目に見えない傷がついていると言えるでしょう。

3.1 最新版にアップグレード

PowerDVDに原因がある場合、まずPowerDVDを最新バージョンにアップデートしましょう。具体的には、PowerDVDを操作した時「引き続きこのコンテンツを再生するには、サイバーリンクPowerDVDをアップデートする必要があります。」と画面に表示されます。その際に、画面上の「はい」をクリックしましょう。続いて画面に「プレーヤーアプリケーションの更新が完了しました」と表示されたら、「OK」をクリックしてください。

次に、画面中央部にある「Critical update for PowerDVD!」をクリックします。続いて「セキュリティの警告」と表示されたら「実行」をクリックして完了です。ウイザード起動後は、ウイザード通りに進めるとパッチが適用されアップデートできます。

ちなみに、「PowerDVD9は現在このシステムで実行中です。インストールを続行するには、PowerDVD9を終了してからやり直してください」と表示された場合には、指示に従い一度「×」をクリックし画面を終了してください。その後画面中央に表示されている「再試行」をクリックするとウイザードが起動します。もしすでに最新バージョンをインストールしているなら、一度アンインストールして再度インストールすると改善する可能性があります。

3.2 パソコンをアップグレート

パソコン側に問題点がある場合、利用しているグラフィックカードドライバに問題があるかもしれません。そのため、まずはグラフィックカードドライバを更新してみましょう。具体的には、パソコンの「スタート」をクリックし、続いて「設定」をクリックします。設定画面が表示されたら、画面左下の「更新とセキュリティ」をクリックしてください。次に、画面左に表示されている「Windows Update」をクリックすると、画面右に「更新プログラム」というアイコンが表示されるので再びクリックします。

すると画面が、「更新プログラムを確認しています…」となり、しばらく待機していると「最新の状態です」と表示されます。これで更新プログラムのインストールが完了し、パソコンもアップデートされています。

ちなみに、更新プログラムがインストールされているかをチェックする方法は、「最新の状態です」と表示されたインストール完了時点の画面下にある、「更新の履歴を表示する」をクリックします。すると、更新履歴一覧が表示されます。

パソコンをアップデートすることにより、改善するケースは多いですが、それでも改善されない場合にはパソコンの詳細情報をメーカーが調査しなくてはいけません。その際には、各パソコンメーカーの製品問い合わせ窓口に尋ねてみて下さい。

3.3  PowerDVDのエディションをチェック

そのほかには、PowerDVDのエディションをチェックしておくことも大切です。PowerDVDには、体験版以外にも、有料版ではスタンダードエディションやプロエディション、ウルトラエディションがあります。

各エディションによって再生できるファイル形式が異なるので、ウルトラエディションでは再生できても、他のエディションでは再生できないというケースもあります。まずは、PowerDVDのエディションがディスクと適合しているかを見ておきましょう。

PowerDVDの代替製品を使用することも対処法の1つです。PowerDVD代替ソフトは、優れた機能性があるだけではなく数多くのメディア再生に適用できます。汎用性も高く使用方法も簡単なので、試してみるのも良いでしょう。

4. PowerDVDの代替案:あらゆる動画再生に最適なPlayerFab オールインワン

PlayerFab オールインワンは、あらゆる動画再生に最適なソフトです。PowerDVD代替製品として活用する方も多い人気のソフトとなっています。

PlayerFab オールインワンは、DVDやブルーレイディスク、UHDディスクやYouTube動画はもちろんのこと、Amazon プライムやNetflix(ネットフリックス)、トゥービ、ピーコックなどの人気の高いストリーミングビデオも再生できます。

powerdvd 再生 できない

そのため、メディアの互換性について心配する必要も、視聴したい動画を複数のストリーミングプラットフォームで検索する必要もいりません。あらゆるメディアに包括的に対応できるのが、PlayerFab オールインワンの大きな魅力です。

高画質と高音質が評判のPlayerFabオールインワンは、優れた機能も備えているソフトです。機能も豊富に揃っているので、自由自在の視聴体験を体感できます。例えば、動画の不要な部分を自動的にスキップしたり、再生速度を調節したりすることも可能。または、次のエピソードが自動再生できるので、途切れることなく動画視聴に没入できます。

さらに、より良い視聴体験を実現するために、音声や字幕を自分好みにカスタマイズすることも可能。True Theaterテクノロジーを搭載しているPlayerFab オールインワンは、まるで映画館にいるようなシアター感覚を自宅で体験できます。

powerdvd 再生 できない

使用方法は簡単で、PlayerFab オールインワンの公式サイトにアクセスし、「無料ダウンロード」をクリックするだけOK。ウイルスチェック済なので、安心してダウンロードできる無料体験版となっています。ちなみに、ウインドウズ11/10/8.1/8/7に対応したソフトです。

Amazon、Netflixなどの有料サービスから動画を再生するには、有料版のVIPサービスを利用する必要があります。そして現在では盛大なセールが開催中なので、なんと50%OFFの割引でPlayerFab全製品を購入できますよ!下記のボタンを押して、このせっかくのいいチャンスを見逃さずにね👇

  無料ダウンロード
 
30日間試用
 50%OFFで今すぐ購入
 
30日間返品・返金保証

5. まとめ:PowerDVDが再生できない場合は、さまざまな対処法がある

PowerDVDが再生できない場合は、さまざまな対処法があります。対策する前に、まずは再生できない原因を見つけなくてはいけません。原因に合わせて対処することで、問題が解決するケースも見られます。それでも解決できない時や、原因を探すのが手間に感じる場合には、代替ソフトを利用すると良いでしょう。代替ソフトは操作方法も簡単で、汎用性も高いのでおすすめの解決策と言えます。