1. Windows11は正式発表

Windows11

Microsoftは、日本時間の2021年6月25日0時より「What’s next for Windows」というオンラインイベントを開催するなか、「Windows 11が2021年後半に提供される」と正式に発表しました。Windows 11 は、2015年7月29日に提供されたWindows10の後、約6年半ぶりのWindows OS新バージョン・アップグレードとなります。Windows 10をリリースした時Microsoftは非公式ながらも、これを「Windows最後のバージョン」と称したのに、6月末にWindows11について発表をリリースしたことは、一体何のことでしょう。

発表とともに、開発版ビルド「Build 22000.51」も同日(2021年6月28日)にリリースされました。さて、Windows11は本当の意味での新しいOSなのでしょうか。Windows11のホームページでは、「Windows11は、Windows10と同じパワーとセキュリティを備えていますが、デザインを刷新し、装いが新たになりました。また、新しいツールやサウンド、アプリが加わりました。細部にまでこだわったデザインです。これらが統合され、お使いの PC に新たなエクスペリエンスをお届けします。」と記載されています――Windows11のホームページに>https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11 により

Windows11発売日について、現在公式に披露された情報によると、正式リリースは2021年後半とされている予定です。発表会では「this holiday」と言及しているので、11月から始まるショッピングシーズンの前に、つまり10月頃だと思われます。そして6月末のWindowsの発表会では10月であることを何度も示唆し、「10月が待ち遠しい」というマイクロソフトチームのメッセージも聞こえたうえ、2021年10月20日は最も可能な発売日だと推測されます。ちなみに、プレビュー版を提供するWindows Insiderプログラムでは6月28日週から早期ビルドを配信します。

◎Windows 10のサポートは終了?

Windows11

Windows11が発表されたことで、Windows 10のサポート終了日が2025年10月14日に確定しました。これまで、半年ごとの機能更新アップデートを適用していくことでサポート期間が延長されてきたが、次期Windows OSである「Windows 11」が提供されるので、ついにWindows 10のサポートも終了することになります。注意しておきないことに、機能更新アップデートを適用しないと、2025年10月14日以前にサポートが終了してしまうことです。

2. Windows11がWindows10よりの特徴と新機能

Windows 11ではユーザーインターフェイスを刷新するとともに、新機能も追加されました。Windows11はデザインやシステムを一新にするなど、これまでのない大型アップデートのため、単なるWindows 10の改良版ではなく、新たなWindowsである「11」を名乗ることになると言われます。

Windows11はWindows10と比べて、顕著的な特徴は以下のように列挙します。

◎新しいUIが中央寄せに

Windows11

ユーザーインターフェースは新しくされて、Windows10まで左下にあったスタートボタンが、ほかのアイコンを含めてタスクバーの中央に寄せられると配置されるようになりました。スタートメニューも丸みを帯びたデザインで、現行のWindows 10より簡略化されたように見えます。

◎Androidアプリに対応

Windows11

AndroidアプリがWindows11上で動作可能になります。AndroidアプリはGoogle Playストアからではなく、Amazon Appstoreからダウンロードすることになります。。

◎新しくなったMicrosoft Edge とウィジェットで最新情報をゲット

Windows11

使いたいアプリやお気に入りの番組など興味のあるコンテンツを個人的な趣味に合わせるものをすぐに見られます。また、Windows Widgetから最新情報も手軽に入手できて、リーク画像では天気やニュース、株価などの情報を一覧で見られるのも生活を便利にしてくれます。

◎スナップ機能を強化

Windows11

タッチ操作にも最適化されたUIで、複数のウィンドウを簡単に均一で再配列できる機能も追加されます。複数のウインドウを開くとき、ウインドウを整列させるスナップ機能が強化されることにより、画面を見やすく、管理を簡単にします。そして、レイアウトのデザインもお好みのようにカスタマイズできる点も素晴らしいです。

◎ゲーム機能性と臨場感をアップ

windows11

ゲームシステムが扱いやすくなり、臨場感のあるグラフィック性能との統合で、画質も向上させ、プレータイムは新しいレベルへと引き上げられます。

◎IEブラウザが無効に

注意したいことに、Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)はWindows11で無効化されます。ネットでの検索などは代わりにMicrosoftのもうひとつのブラウザEdgeで、「Internet Explorerモード」に任せてください。それに、タブレットモードも廃止になります。

3. Windows11の最小動作条件及びWindows10から無償アップグレード方法

3.1 Windows11の最小要件

Windows11必要な最小動作条件について、スペックでは1GHz以上もしくは2コア以上の64bit CPUかSoC、4GB以上のメモリ、64GB以上のストレージ、UEFIブート、TPMバージョン2.0、WDDM 2.0ドライバー対応のDirectX 12以上が動作するグラフィックスカード、HD画質以上のディスプレイなどではあげられます。具体的には以下の表のようにまとめてみました。

  Windows11 Windows10
CPU(プロセッサ) 1GHz、デュアルコア以上の64bitプロセッサ 1GHz以上で動作するプロセッサ
メモリ容量
4GB RAM
1GB(32ビット)/2GB〈64ビット)
ストレージ 64GB以上 32GB以上
グラフィックス カード
DirectX 12 互換のグラフィックス / WDDM 2.0x
DirectX9互換のグラフィックス / WDDM 1.0x
ディスプレイ 9インチ以上、HD解像度 (720p) 800X600ドット

 

3.2 どのようにWindows11に対応するのかをチェックするの?

そこで、今使っているPCがアップデート対象なのかに非常に気になる人が多くいるのでしょう。PCがWindows11の最小要件を満たすのかを確認する方法があります。もともと使っているPCの場合、以上の最小動作条件をパソコン内でチェックしてください。「PC正常性チェック」は今使っているパソコンがWindows 11の最低システム要件を満たしているかどうかをチェックできるツールです。ただし、残念なことに、このツールが一時撤回により公開中止になりました。今の時点では自分でチェックするかは専門スタッフに頼むしかできません。詳しくは、PCの販売ページなどを確認することや、パソコンの専門店に行って従業員にお問い合わせても良いです。

Windows11

新しいPCを買おうとする場合はさらに簡単です。新しい PC を今お探し中なら、製品説明に「Windows 11 へ無料でアップグレード」と記載されているものを買えば良いです。

3.3 Windows11に無償アップグレードする方法

◎システムの最小要件を満たす

Windows11の情報報告によると、Windows 10のユーザーはWindows 11への無償アップデートが可能です。Windows11はライセンスをあらためて購入する必要がなく、Windows 10からそのまま移行できるOSであり、最小動作条件を満たすWindows10のユーザーは無償アップデートが申し込めるそうです。ウォルマートも、現在販売中のパソコンのいくつかについて、2021年10月までに無料でアップグレードできると承諾しました。

◎「Windows Insider Program」に参加した者は優先

また、Windows11のこれからの実装や今インストール可能なWindows 11の開発版ビルドをインストールするには、Windows 11のシステム要件を満たしたパソコンを用意し、Windowsの早期アクセスプログラム「Windows Insider Program」に参加する必要があります。最小要件を満足しているWindows 10 搭載のパソコンの場合、Microsoftは無料でWindows 11へのアップグレードを許可しています。参加していない方は、11月のショッピングシーズンに販売される新しいPCにもWindows 11が搭載されるので、その時新しいPCを買うことで、新しいWindows11 OSを手に入れます。

4. Windows11でDVDをコピー/リッピングは可能なのか

DVDFab12は人気の高い業界最高のDVDディスク複製用の専門的なソフトで、DVDをコピー/リッピング/作成などのソリューションを提供しています。

Windows11

DVDFab DVDコピーでは各種類のDVDコピーガードを解除し、DVDソースをDVDディスク/ISOイメージファイル/DVDフォルダにコピーできるツールで、DVDFab DVDリッピングはDVD保護を解除しDVDをMP4、MKVなどのあらゆるデバイスで再生できる汎用性の高い動画形式に変換できるソリューションで、それと反対にDVDFab DVD作成はあらゆるの動画ファイルを形式を問わずに標準式のDVDドライブやプレーヤーで再生できるDVDソースにオーサリングできるツールです。以上の機能を一つのソフトに統合したDVDFab12は、DVDに関するすべてのソリューションを提供している実用性の高いソフトです。

   下記のボタンを押せば、機能たっぷりのDVDソリューションを無料でダウンロードしましょう👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

DVDFab12はフリーソフトバージョンがあり、有料バージョンもあります。通常は、30日間の全機能体験版からDVDFab製品を試用し始め、30日間の試用期間で最大3枚までのDVDを好きなように処理できます。対応するOSや必要な動作環境は以下のように:

    ★ Windows 10/8.1/8/7 (32/64 bit)/macOS 10.10 - 11.3
    ★ Pentinum II 500 MHz
    ★ 2GB RAM
    ★ 20GBのハードディスクス空き容量
    ★ DVD-R (W) または DVD+R (W)ドライブ
    ★ インターネット接続環境(アクティベーション / プログラムアップデート等に必須)

Windows11

もともとはWindows10に完璧に対応しているこのDVDFab12は、Windows11にも無条件で対応するように、今では一生懸命に更新し続けています。Windows11が実行できたら、このいつも更新しつつあるDVDFabは疑いなく、DVD処理最高のソリューションとしてすぐにWindows11に対応すると配置され、ご心配なくご購入や試用を試しましょう!