目次

Part1:WMVとMP4の違い
Part2:MP4をWMVとその逆に変換する方法

WMVとMP4は最も一般的に使われている動画フォーマットの2つなので、これらの拡張子タイプについては既にご存知でしょう。しかし、それほど人気があるにもかかわらず、ほとんどの人はこれら2つのフォーマットがどのように異なるのかを実際には知りません。ある状況で一方が他方よりも便利ですか、それとも両方とも同じですか?我々は同じ問題について考えました。そして我々の発見を分かち合うことができるようにこの問題をより詳しく調べました。WMVとMP4の問題は何年もの間私たちを困惑させてきましたが、ここでその困惑を解けるために調べた結果を説明し、WMVとMP4の違い及びWMVをMP4に変換する方法を紹介いたします。
Part1:WMVとMP4の違い  

まず、これらの頭文字の意味は何でしょうか?

WMVはWindows Media Videoの略で、マイクロソフトが自社製品で通用できるビデオ圧縮形式として作成した動画形式の一つです。拡張子は.wmv.aviです。WMVファイルを実行する場合は、マイクロソフトのWindows Media Playerを使用することをお勧めします。ただし、このフォーマットに対応する他のプレーヤーもいくつあります。

MP4に関しては、頭文字はMPEG-4を表し、Moving Pictures Experts Groupによって作成されたマルチメディアコンテナです。 MP4ファイルは、ほとんどのマルチメディアプレーヤーでサポートされており、WMVファイルと比べてより多くのオペレーティングシステムで動作できます。WMV対MP4の比較が厳密に人気の高さだけについてだったら、MP4は間違いなく勝つでしょう。しかし、それだけではありません。

多くの人がMP4ファイルの使用を好みますが、実際には代わりにWMVファイルを使用することにはいくつかのメリットがあります。WMVの最大のメリットは、一般的に同様のMP4ファイルよりもサイズが小さく、デバイス上で消費するリソースがより少ないことです。ファイルサイズが小さいため、WMVファイルはネットワーク経由での共有、または大きなファイルを別の用途に送信できない電子メールまたはソーシャルメディアプラットフォームでの共有にも最適です。モバイルデバイス(主にAndroid)に適したフォーマットでもあります。ストレージスペースはコンピューターよりも限られている傾向があるため、ファイルが小さいほど大きなメリットがあります。

では、MP4対WMVの利点は何ですか?ファイルサイズは少し大きいですが、MP4の画質も少し良くなります。そのため、多くの映画のように、ビデオの多くがMP4ファイルになっています。さらに、MP4はWindowsとAndroidだけでなく、すべてのアップルデバイスでも再生できます。MP4ファイルを実行できるメディアプレーヤーは他にもたくさんありますので、このフォーマットの互換性を心配する必要はありません。唯一の現実的な問題はその大きなサイズで、しかし、今日ではストレージスペースはそれほど問題にならなくなっているので、MP4がおそらくMP4対WMVの比較で勝っているのではないかと思います。

Part2:MP4をWMVとその逆に変換する方法

正しいフォーマットの選択は状況に応じて異なりますので、特定の仕事に関して一方が他方より優れている場合があります。だからこそ、いつでもフォーマットを切り替えることができるように、常にビデオコンバーターを用意しておくことをお勧めします。

DVDFab 動画変換を使えば、それ以上のことができます。この無料で最強なソフトは元の動画品質を維持しながら、全ての一般的なファイルフォーマット間の簡単な変換も可能にしてくれます。

さらに、DVDFab動画変換はすべての動画をあなたの好みでパーソナライズできるたくさんの素晴らしい編集ツールを提供します。このようなツールを使用すれば、WMVとMP4の選択について心配する必要はなくなります。このソフトは一つのフォーマットを別のフォーマットに簡単で高速に変換できます。

MP4からWMVに変換する操作手順は次のとおりです。

11. まず、以下のボタンを押して、最新版のDVDFab 動画変換を無料でダウンロードして、パソコンにインストールしてください。

     Windows版を無料体験     Mac版を無料体験
👆100%安全確認!無広告です!30日間全機能無料体験でき、30日間返金保証!👆

2. DVDFab 12を開き、トップメニューから「変換」モジュールを選択します。「+」ボタンをクリックして変換したいファイルをロードするか、あるいはインタフェースの真ん中にドラッグ&ドロップします。


3. プロファイルスイッチャーに行き、ビデオを選択し、続いて出力したいフォーマットを選択します。たとえば、MP4からWMVに変換したい場合は、MP4ビデオをロードしてプロファイルスイッチャーでWMVを選択します。


4. 「詳細設定」ボタンをクリックして、解像度、ビデオ品質、サンプルレートなどを変更します。同様に、ビデオ編集ボタンをクリックして、クロップまたはトリミングツールを使用したり、字幕やウォーターマークを追加したりして、出力をさらにカスタマイズできます。

5. すべてが完了したら、左下のフォルダアイコンをクリックして保存先フォルダを選択し、「開始」ボタンを押して変換を開始します。


結論
WMVとMP4の問題は、実際の状況に左右されるため、簡単な答えはありません。MP4はほとんどの状況でより便利ですが、ストレージ容量が限られている場合はWMVがより良い選択です。何らかの状況に備えたいのであれば、DVDFab 動画変換のようなツールを選択することをお勧めします。そうすれば、すぐにWMVファイルからMP4ファイルへの変換ができ、それ以外のフォーマットをシームレスに変換することもできます。また、変換されたMP4ファイルを編集してSNSに共有したい場合は、2020最新の動画編集ソフトVideoCruiseのことを推薦します。興味があれば、関連の記事を読んでみましょう。

関連記事:
「M4A音声ファイルをWAVフォーマットに変換する方法」
【2020厳選】初心者でも使える動画編集ソフト おすすめ 13選
【2020年】MP4編集にはおすすめのフリーソフトまとめ
2020最高のプロの無料動画編集ソフト・VideoCruiseの超詳しい手順ガイド!