目次:

パット1.モザイク加工の必要性
パット2.モザイクをかけるソフトのおすすめ「スマホ」
・動画モザイク(iOS/ Android)
・ぼかし加工(iOS)
・Inshot(iOS)
・MovStash(iOS)
・ObscuraCam(Android)
パット3.モザイクをかけるソフトのおすすめ「PC」
・ⅤideoCruise
パット4.動画にモザイクをかける方法
パット5.結論

パット1.モザイク加工の必要性

テレビ番組のインタビュー画面を観察してみれば、時にはインタビューされた人の顔を遮る場合があります。それは自分の顔を公に見せたくないとか、及び個人のプライバシーを保護するための処理を行いたい場合は、動画をモザイク処理が必要です。


また、今はSNSやYouTubeなどの動画配信サービスに自分で撮った動画を投稿するのが一種の職業になりました。Vlogを撮って自分の日常生活を記録する時、投稿する動画に自分の顔が出るのを抵抗する人を撮るのは避けられないことです。この場合はその素材を保存する為に、動画にモザイク処理をかけるのが必要になります。


パット2.モザイクをかけるソフトのおすすめ「スマホ」

では動画編集の初心者として、自分で動画にモザイクをかけたいなら、どうすればいいでしょうか?


実は、動画にモザイクをかけるという操作は、プロの動画編集者にとっては基本的な操作だと言えます。とはいえ、動画を作成、編集する経験がないユーザーにとって、モザイクをかけることはそんなに簡単なことではありません。だから、動画編集の経験は全くない場合、または動画作成にあまり詳しくない場合、動画編集ソフトは助けになると思います。市販の動画ソフトはたくさんありますが、どれかが初心者にとって一番使いやすいのか。本文では、有力なモザイク加工ソフト及び使い方を紹介いたします。是非お見逃しないでください。

モザイク加工おすすめ1. 動画モザイク

動画モザイクは顔の領域を認識することができる高速及び自動モザイク機能を備えたアプリケーションです。初心者にもこのアプリの使いやすい機能でぼかし動画やモザイク動画が簡単にできます。特に動画モザイクの人物の顔認識機能はメリットです。編集画面の画面下部にある「顔」ボタンをタップするだけで、動画に写る人物の顔を追従するようにモザイクをかけることができます。


* 対応OS:
・iOS(iPhone)
・Android

* 特徴:
・好みに応じてモザイクの形を設定できる
・動画中の顔の領域を認識して自動的にモザイクを追加できる
・顔全体をぼかすことができる
・モザイクを形や全体だけでなくペンで必要な分だけ隠せる

モザイク加工おすすめ2. ぼかし加工

ぼかし加工はブログ、つぶやき投稿用に顔をモザイクにする簡単なカメラ加工アプリです。このアプリはぼかし機能を豊富に備えているので、写真や動画にモザイクをかけるには役に立ちます。


* 対応OS:
・iOS(iPhone)

* 特徴:
・必要な箇所だけ指でなぞってぼかし加工ができる
・モザイクの形に関しては様々な選択がある
・ぼかす強さやエッジの調節がきき、とても使いやすい

モザイク加工おすすめ3. Inshot

Inshotは豊かな機能を備えた動画編集ソフトです。動画の背景をぼかすのようなモザイク加工の以外に、動画のトリミング、速度調整、音楽追加などの編集もできます。また、ビデオをSNSへの投稿も可能です。

* 対応OS:
・iOS(iPhone)

* 特徴:
・豊かな編集機能でプロのように動画を編集できる
・好きな形のモザイクを追加できる
・ステッカーも種類豊富でとてもいい
・初心者でも十分に使いやすい


モザイク加工おすすめ4. MovStash

MovStashは専門の動画 もざいく アプリとして、2種類のモード(シンプルモード・タイムラインモード)でモザイクやぼかしをかけられます。でもIOSのみ対応していますので、androidユーザーは使用できません。

* 対応OS:
・iOS(iPhone)

* 特徴:
・位置や大きさを指定してぼかしをかけられる
・モザイクをかけたい時間帯を設定できる
・動画中の顔を自動的に認識してモザイクをかけられます
・モザイクぼかしに関する設定もできる


モザイク加工おすすめ5. ObscuraCam

ObscuraCamはAndroidスマホで使える動画にモザイクをかけるフリーアプリです。顔認証システムによってモザイクをかけてくれる自動タイプと、手作業で行う手動タイプを使い分けることが可能です。自動顔認証システムによって簡単にモザイクをかけられるだけではなく、面白いモザイクをかける機能もあります。

* 対応OS:
・Android

* 特徴:
・自動的に顔認識処理が実行される
・面白いモザイクをかけられる機能あり
・シンプルな機能で使いやすい
・すべて自分でモザイクをかけたい場所を設定できる


パット3.モザイクをかけるソフトのおすすめ「PC」

最良の動画モザイク加工ソフト ― ⅤideoCruise

ⅤideoCruiseは初心者でも、動画の編集と作成が簡単にできる使いやすい動画編集ソフトです。ⅤideoCruiseを使えば、タイトル、テキスト、フィルター、オーバーレイ、エフェクト、テンプレートなどをカスタマイズでき、動画がより個性的になります。

* 対応OS:
・Windows
・mac

* 特徴:
・    7つのタブがある:メディア/テキスト/フィルター/オーバーレイ/トランジション/オンライン素材/ミュージック
・    テキストやフィルターなどの個性的な編集ができる
・    動画のトリムや圧縮もできる
・    手軽に動画中の顔や背景にモザイクをかける
・    シンプルな機能で使いやすい


パット4.動画にモザイクをかける方法

この部分では、ⅤideoCruiseを使って、動画にモザイクをかける詳細の方法を皆さんに紹介します。動画にぼかしを入れる方法が分かっていない方はこの部分を参照して操作を進めましょう。

ステップ1. ⅤideoCruiseを起動して、基本設定を変更
まず、ⅤideoCruiseをダウンロードしてインストールします。そしてプログラムを起動します。画面比率を確認した後、「設定」のオプションからデフォルト持続時間などの基本設定を選択します。


ステップ2. モザイクをかける動画を導入する
動画の編集画面に入りますと、上部のメニューの「ファイル」>「インポート」>「ファイルをインポート」から、モザイクをかけたい動画を導入することができます。


ステップ3. モザイクをかける
導入した動画を下記の編集バーにトラックして、編集バーで「モザイク」を選択します。
そしてモザイク処理を行いたい画面でモザイクの地域とサイズを選択します。

効果はこのように:

追加されたモザイクぼかしのデフォルト持続時間は動画全体です。この時モザイクの持続時間を変えたいなら、タイムラインで終止したい時点を選択して、「モザイク」をクリックし、「✕」ボタンでモザイクを削除できます。


ステップ4. モザイクをかける動画を出力する
画面真ん中にある「出力」ボタンをクリックすることで、動画をパソコンに保存することができます。またファイル名や出力先などの選択オプションがあり、ニーズに応じて変更できます。

パット5.結論

以上は動画にモザイクをかける方法のまとめでした。Android・iPhone向けのアプリからWindwos・Mac向けのソフトまで、おすすめの方法を詳しく紹介してあります。一番おすすめのは機能の豊かさかつ使いの便利さを兼備しているⅤideoCruiseです。ダウンロードして無料で使用できますので、早速行動しま