MP3はもちろん、WAVE/Ogg Vorbis/AIFFといった音声形式にも対応できるAudacityは複数の音声ファイルを同時に読み込むことができ、ノイズ除去やリバーブ、録音、補正、ミキシングなど多機能な音声編集ソフトです。フリーな音声編集ソフトの中でもっとも評判のいい音声編集ソフトです。

「Audacity」について

パソコンでビデオやオーディオにカラーグレーディング、フィルター、トランジション、サイズ変更に加えて、オーディオ/ビデオチャンネルを再編成して新しい動画を作成する場合、不要なビデオやオーディオクリップを削除するなど、編集や修正を行うことができるオーディオ/ビデオデジタルソフトウェアが必要となります。

Audacityは、音声だけでなくクリップの録音・編集ができるフリーソフトです。 無料で編集できるAudacityのインターフェイスはシンプルでとても使いやすいです。 また、Windows、Apple macOS、Linuxの各OS上で動作するプラットフォーム互換性を持ち、機能を拡張する様々なプラグインやライブラリにも対応しています。

サポート音声形式:OGG / MP3 / WAV / AIFF / FLAC / MP2
ヒント:FFmepg を導入すると、M4A / AC3 / AMR / WMA に保存できるようになります。

Audacityをダウンロード

Audacityをダウンロードするリンク(Windows):https://audacity.softonic.jp/download

Audacityの機能

Audacityにはいくつかのクールな機能があります。 


 
カラーコーディング: 
複数のトラックを編集していると混乱しがちですが、すぐに混乱を解消する方法として、使用する楽器に応じてそれぞれの波形に異なる色を割り当てることができます。トラック」メニュー(左のドロップダウンメニュー)を開き、「ウェーブカラー」サブメニューを探します。ここでは、青、赤、緑、黒の4色の中から好きな色を選ぶことができます。
もちろん、これは楽器の違いだけではなく、テイクの違い、日程の違い、人の違いなどでも効果があります。このような簡単な工夫をすることで、通常なら数倍の時間がかかるミスを減らすことができます。 


 
ミディ: 
 Audacityはバージョン2.2.0からMIDI再生をサポートしていますが、これはまだかなり原始的なもので、ドキュメントには警告の長いリストがあります。始めるにあたっては、外部機器や別途ソフトウェアがないと正常に機能しません。ほとんどのチュートリアルでは、MIDIトラックをオーディオに変換するためにループバック方式を採用しています。

音波と同じようにMIDIビットをカット、コピー、ペーストすることはできますが、新しい音符を描いたり、適切に編集する実用的な方法はないようです。 ただし、AudacityはMIDIを扱うようには設計されていないので、素早く積極的にカット&ペーストしたい場合は、他の適切なMIDIエディターを探す必要があります。 

ビデオクリップからオーディオをインポートする: 
動画ファイルに含まれるオーディオストリームを編集したい場合、別のプログラムで抽出する必要はありません。ビデオファイルをAudacityにドラッグ&ドロップするだけで、音声が抽出されます。
なお、FFmpegをインストールする必要があるため、すべての人が自動的に動作するわけではありません。 ほとんどのLinuxユーザーはすでにインストールされていますが、MacやWindowsユーザーは追加の手順が必要になる場合があります。詳しくは、Windows、Linux、macOS用の説明書をご覧ください。

クイックプレイ: 
以前のAudacityでは、トラックの新しい位置を手動で選択してから、再生コントロールを再度有効にする必要がありました。クイックプレイモードでは、プレイヘッドの任意の場所をクリックするだけで自動的に再生が始まり、停止や開始位置のリセットをすることなく、トラックの任意の位置にジャンプすることができます。
クイックプレイはデフォルトで有効になっていますが、この機能が気に入らない場合は、プレイヘッドを右クリックして「クイックプレイを無効にする」を選択することで無効にすることができます。

Audacityの他の機能

特殊の削除・切り取り:分割して切り取り、分割して削除、音声の無音化、音声のトリミング
エフェクト:低域、高域、変更、伸縮、ノイズ低減、グラフィック、ディストーション、ノーマライズ等々
クリップの境界:分割、結合、分割して新規、無音部分を除去
ラベル:選択範囲または再生位置にラベルを付ける
録音と再生:再生/録音の位置をピン留め

Audacityの評価

メリット:
音声機能やオーディオエフェクトが豊富
凝った音声編集が可能
無料で利用できる
日本語対応

デメリット:
MP3やAACファイルへの対応には別途設定が必要
使い途中、フリーズになりがちというフィードバックもある

以下は、ユーザーからのコメントの一部です。

Audacityには、他のプログラムのように制限があります。MP3に効果的なタグ付けができず、ポッドキャストに適したMP3を出力しません。Audacityのタグエディターを見ると、いくつかのフィールド、特にカバーフィールドが省かれているのがわかります。 一方、VideoCruiseはオーディオファイルのタグ付けが可能、 音楽用のMP3やその他のフォーマットに簡単に編集できます。 

Audacity は音楽を作成したり、MIDI ファイルをインポートしたりすることはできません。また、他の音楽作成アプリケーションのような使いやすいインターフェースを持っていません。Audacity には、他のアプリケーションに見られるループやシーケンスなどの多くの機能がありません。 
Audacityはワンクリックで音楽を公開したり共有したりすることはできず、 エクスポートはAudacityの唯一のオプションです。

Audacityでは、リアルタイムまたは編集可能なエフェクトを適用することはできません。 Audacity でエフェクトをかけたい場合は、オーディオを聴く前にエフェクトをかける必要があります。一度適用すると、元に戻して変更を繰り返さない限り、後から設定を変更することはできません。 

Audacityソフトウェアは、複数のデバイスを登録しません。 1つのデバイスは対応するトラック数だけ録音できますが、複数のデバイスを同時に録音したい場合は、Windowsでは専用のドライバーを使用するか、OSXではアグリゲートデバイスを作成する必要があります。 

Audacityはマルチバンド圧縮をサポートしていません。Audacityはオーディオ圧縮プラグインを提供していますが、本当にマルチバンドコンプレッサが必要な場合は、他のプラグインを探す必要があります。C3のマルチバンドコンプレッサは、AdobeAuditionのマルチバンドに似ています。 -バンドコンプレッサーですが、C3は無料でAudacityと一緒に使うことができます。

Audacityは、ユーザーがオーディオクリップを無料で録音および編集できるソフトウェアですが、ビデオエディターではありません。動画編集ソフトを探している場合は、VideoCruiseが超おすすめです。 Audacityはプラットフォームの互換性や機能のためのさまざまなプラグインとライブラリが必要です。

Audacityが使えない時の対策

Audacityを利用する時、フリーズになるのがよくあります。また、編集後のファイルが音ずれの場合もあります。そしてここでAudacityの代わりになる超使いやすいソフト~VideoCruiseをご紹介します。

VideoCruiseは今までに見たことのないビデオエディターです。クリエイティブなプロセス、動画編集機能を主にするため、細かいオーディオ機能はAudacityのように及ばないところが一つや二つがあるかもしれませんが、画像も対処でき、GIF変換や作成、MP4 MP3変換やWMVからMP4への変換など様々な基本編集機能を除き、クロマキー合成や音声文字起こしのような高度機能もたくさんあります。何より、初心者にはフレンドリー、プロの映画制作者にとってもパワフルな動画・音声編集ソフトです。「Video Cruise」は使いやすくてプロフェッショナルなサウンド編集プログラムですが、その音声素材を利用するには、有料になります。 また、このソフトは今WindowsOSしか対応しません。

サポートフォーマット

  • 画像フォーマット:bmp、jpg、png、gif、tif、heicなど
  • 動画:avi、mpeg、wmv、mp4、movなど
  • 音声:wav、mp3、m4a、mid、flac、aac、wma、au、aiff、oggなど
  • デバイス:Apple、Samsung、HTC、SanDisk、Sony、LG、Huawei、BlackBerry、Amazonなど。

ヒント:WMVビデオ再生にはWindows Media Player 11以降。
DirectX:Microsoft DirectX 9.0c以降。

VideoCruiseの機能

一般機能
基本機能:分割、結合、クロップ、フリップとミラー、回転、期間を設定、スピード調整、ズーム、背景を設定、明るさなどの値を設定、音声抽出・オーディオデタッチ、字幕追加
高度機能:モザイク、フリーズフレーム、クロマキー合成、音声文字変換
エフェクト:フィルター、トランジション/切り替え効果、オーバーレイ、テキスト追加

オーディオ機能
音量調整、フェードイン・アウト
音楽と効果音
録音、録音済みのナレーションを追加
特定の音声を強調
ミュートする・しない
トラック追加
動画から音声へ、音声から音声への変換、例えば、MP4からMP3への変換、MP3からAACへの変換
対応音声フォーマットが多い

VideoCruiseでは、パワフルなツールを使い、シンプルな機能で最先端のビデオプロジェクトを作成することができます。Windows向けのオーディオ編集ソフトです。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
  今すぐ購入
 
30日間返品・返金保証
 

まとめ

AudacityとVideo Cruiseの最も大きな違いは、前者は音声編集ソフトですが、後者は動画編集を主な機能にし、基本的な音声編集機能もあり、且つ動画変換機能、画像処理も可能であることです。Audacityは無料でプロのオーディオ編集が可能である点は特徴。Video Cruiseは一部の高度機能が有料ですが、ほとんどの動画・音声・画像処理は無料で行えます。

Audacityは細かい機能にこだわり、無料なソフトにしては以外にプロの機能が付いています。一方、VideoCruiseはプロな動画編集ソフトなので、使いやすく、オーディオ/ビデオの同時編集が可能、機能の豊富さと使いやすさが特徴です。且つほとんどの機能が無料で利用でき、プロの映像制作者が使っているソフトなので、個人的には、断然にVideoCruiseがおすすめです。

他にAvidemux、LosslessCutに興味があるなら、こちらの記事Avidemuxー無料な動画編集ソフトウェアLosslessCut~無劣化でカット編集!超高速な切り出しフリーソフトをご覧ください。