DVDFab 11をダウンロードし、30日間ですべての機能を無料体験しよう!

無料ダウンロード

【2020厳選】初心者でも使える動画編集ソフト おすすめ 12選

2020-07-31 04:15:09

   投稿者 maxiao

897

要約: 今の時代では、オンラインで気楽に手に入れる無料な動画編集ツールのおかげで、PCまたはスマホで動画を編集する方法を学ぶことが驚くほど簡単になっています。実際に慣れるまでには少し時間が掛かりがちですが、良いツールを選び、その基本の使い方を学ぶことから、動画編集の世界へ初めの一歩を踏み出してみましょう。しかし、最高の動画編集ソフトはどれかを決めるのが相当難しいものですが、本文は2020年確実に優れた表現で活躍した10つの動画編集ソフトのおすすめをピックアップし、まとめてご紹介します。

最も完全なマルチメディアバックアップソリューション

DVDFab 11は、世界で最も完全なマルチメディアバックアップソリューションパッケージとして、4つの主要なモジュール(コピー/リッピング/動画変換/作成)、及びその他の素晴らしい機能を持つ便利なユーティリティツールを提供します。

動画編集を行うためなら、利用可能なソフトがいくらでもありますが、ただし、群を抜くような素晴らしいコンテンツを作成したい場合は、ひたすら時代遅れの古いツールに頼るわけにはいけません。要するに、高品質の動画を作成するには優秀なソフトウェアが必要ということです。最高の動画編集ソフトウェアを把握するのが容易ではありませんが、2020年確実に優れた表現で活躍した12個の動画編集ソフトをまとめておきました。また、動画編集だけでなく、様々な形式に変換できる非常に印象的なツールについてご説明しますので、最後までご覧いただければ幸いです。

 

 

 

1. DVDFab 動画編集

 

オススメ度:★★★★☆  初心者適用

価格:5568円(1年版)、30日間体験可能

対応OS: Windows 10/8.1/8/7 、 macOS 10.7- 10.15

日本語:対応

 

一番最初にお勧めしたいツールはDVDFab 動画編集です。この動画編集ソフトは3Dと4Kを含む幅広いビデオフォーマットをサポートしています。主に動画変換ソフトとして設計されたDVDFab 動画変換は、動画の結合、動画回転、動画のトリムやクロップ、カラー調整、字幕と透かしの追加などの多彩な動画編集ツールが用意されています。では、実際にDVDFab 動画変換を使用して、WindowsとMacで動画編集を行う方法を一緒に見てみましょう。

 

1. DVDFab 11のメインクライアントを起動して、「変換」モジュールに移動します。動画ファイルをUIにドラッグアンドドロップします。

2. 「映画/テレビ番組を検索」をクリックして、出力フォーマットを選択します。

3. 「動画編集」ボタンをクリックして、動画をトリムまたはクロップ、テキストや画像の透かしを追加したり、字幕を追加/編集したりします。そして、「詳細設定」メニューを開けば、その他のカスタマイズも行えるようになります。ここでは、解像度、エンコード方式、ビデオ画質、フレームレート、オーディオのサンプルレート、ボリュームなどが調整可能です。一方、メインUIには、ファイル結合ツール、多言語の字幕トラックとオーディオトラックを指定するオプション、ビデオプリセットのリストから素早く選択できるメニューなど、さらに便利な機能が多数搭載されています。

4. 追加した動画のカスタマイズなどが終了したら、「OK」ボタンをクリックします。画面下部の「出力先」を使用して出力ファイルの保存先フォルダを自由に変更可能です。最後に、動画の変換プロセスを開始するために「開始」ボタンをクリックして、処理を終了するまでしばらくお待ちください。

 

 

 

 

2. Adobe Premiere Elements 2019

 

オススメ度:★★★★☆  初心者適用

価格:$99.99、30日間体験可能

対応OS:Windows 7 SP1以降(64ビット)、Mac OS 10.12 Sierra以降

日本語:対応


Adobe Premiere Elementsは、長年にわたってWindowsおよびMacで最善な動画編集ソフトの1つとして知られています。2019年も含め、Adobeは毎年さまざまな改良と改善を加え、新しいバージョンをリリースしています。この動画編集 有料ソフトの最新バージョンはより高速で、VFR、HEIF、HEVCのような追加フォーマットをサポートし、新しく改良されたホームスクリーン、クイック編集モード、およびWindowsでのDVD作成ツールなども付属しています。これは必ずしも最強なソフトとは限りませんが、その使いやすさで、あらゆる種類のユーザーに適しています。

 

 


3. iMovie

 

オススメ度:★★★★☆ 初心者適用

価格:無料

対応OS: Mac OS X,iOS

日本語:対応


iMovieはおそらく現時点でMacにおいて最高の動画編集ソフトで、無料で利用できる同種製品から抜群しています。 最新バージョンのMacOSにデフォルトで搭載されるApple製品であるため、多くの方によって第一選択として使用されています。性能面においては、多くの人々が思ったよりも強力ですが、実際にはプロ級の編集に適するものではなく、基本的な動画編集機能しか持っていません。とはいうものの、動画編集ソフトとして無料で簡単に使用でき、編集経験なしの初心者も優れた使用体験を得られます。

 

iMovieを利用して、Macで動画編集を行うクイックガイドは次のとおりです。
1.  iMovieを起動し、「ファイル」- >「新規プロジェクト」から始めます。必要に応じて、プロジェクトの名前を入力してから、「新規作成」ボタンをクリックします。
2. 次に、「読み込む」ボタンをクリックして、編集を加えたい1つまたは複数の動画をロードします。 これで、追加したあらゆる動画はiMovieライブラリで利用可能で、すぐ下にあるUIのストーリーボードに追加できるようになります。

自由に使えるすべての編集オプションは、プレビューウィンドウの上部に並んでいます。カーソルを各アイコンに移動すると、該当の機能が見えるようになります。 これは、一部のアイコンが実際にクリックされると、より多くの隠れオプションが表示されるメニューです。先に進み、必要なツールを選んでから、プレビューウィンドウの下部にあるさらに便利なオプションを見つけましょう。
4. 編集が終了したら、もう一度「ファイル」をクリックし、今度は「プロジェクトを保存」を選択して新しく編集した動画を保存します。
 

 


4. Corel VideoStudio Ultimate

 

オススメ度:★★★★☆ 初心者適用

価格: $69.99

対応OS:Windows 10

日本語:対応


動画編集の経験がない方は、作業を順調に始めるために頼もしいオプションが必要とする場合は、Corel VideoStudio Ultimateをお試しください。 これは、とても簡単に習得できるWindows初心者に最適な動画編集ソフトの1つで、エフェクトやフィルタ、ミュージックライブラリの内蔵、4Kおよび360度のVRビデオのサポートなどを提供しています。そして、初心者ユーザーに提供するオプションが豊富ですが、数ドルを支払わせる方式も用意しています。経験の浅い方はこの動画編集ソフトの無料版から始めたほうがお勧めですが、余裕がある場合はプロの選択肢を選ぶのも特に損はしません。

 

 


5. Adobe Premiere Pro CC

 

オススメ度:★★★☆☆ プロ向け

価格: $20.99/月

対応OS:Windows 、Mac

日本語:対応


プロ向けのオプションと言えば、Adobe Premiere Pro CCが含まれていないと、最高の動画編集ソフトリストに欠落が生じます。これは同種製品の中で紛れなく最高なソフトだと考える方が大勢います。それについてはまだ議論の余地がありますが、でもせめてそれなりに値打ちのあるツールであることに間違いはありません。このソフトには、素晴らしい動画を作成するために必要なものがたっぷり揃っていますので、各業界の専門家によって日常的に使用されていますが、多くの方にとっては高価すぎると思われます。競合他社のほとんどとは異なり、Adobe Premiere Pro CCは購読料を基礎とするモデルを採用し、その特典を使用するために毎月安くない料金の支払いを要求されています。

 

 


6. Windows ムービー メーカー

 

オススメ度:★★★☆☆ 初心者向け

価格:無料

対応OS:Windows 7、Windows 8

日本語:対応


たぶん今のところ、あなたがプロなソフトを探しているのではなく、基本的な編集作業ができる無料動画編集ソフトツールを望んでいるかもしれません。この場合、Windowsユーザーの方なら、最初からオペレーティングシステムにプリインストールされているツールを利用することが可能です。 ここはもちろんWindows Movie Makerのことを指しています。この動画編集 フリーソフトは非常に長い間使用されており、そしてWindows 10の全機能をカバーしています。搭載しているツールは決して多いとは言えないけれど、素敵なトランジション、エフェクトの加速と減速、完成した動画をソーシャルメディアプラットフォームに直接アップロードすることなどをサポートしています。長い目で見れば、それは最高のWindows 動画編集ソフトとは言い切れないかもしれませんが、それでも自分の得意を活かすことができます。

 

 


7. Avid Media Composer

 

オススメ度:★★★☆☆ プロ向け

価格:$23.99 /月

対応OS: macOS Sierra以降、Windows 7以降

日本語:対応


これまでご説明したツールの中で初心者向けのものが多かったのですが、上級ユーザーもご心配せず、次はプロ向けに設計されたソフトをご紹介します。Media Composerは、使いこなすのに時間がかかり、習得が非常に困難な動画編集ソフトの1つです。 しかも、かなり高価ですが、無料版の試用を提供しています。強いて言うなら、このソフトに「高価」と「難解」のタグを付けるとしましょう。高い料金を支払ってはじめてその全機能の分かりにくさに呆然とするより、最初から試用版を試した方がお勧めです。
 

 


8. Final Cut Pro X

 

オススメ度:★★★☆☆ プロ向け

価格: $299.99

対応OS: macOS 10.14.6以降

日本語:対応


Final Cut Pro Xは、最高のMac 動画編集ソフトとして広く知られ、少なくともそのプラットフォーム上で唯一入手可能な最高のものです。iMovieはビギナーレベルの初心者には最適で最初の場所だというのであれば、Final Cut Pro Xは、動画編集を真剣に考え、プロになりたい方にとって、踏み出した次のステップのようものとなります。競合他社とは異なり、Final Cut Pro Xは驚くほど使いやすく、iTunesなどの他のアップル製品との相性も抜群です。

 


9. CyberLink PowerDirector

 

オススメ度:★★★☆☆ プロ向け

価格: $19.99/月

対応OS: Windows 10; Windows 8/8.1; Windows 7; Android; iOS

日本語:対応


その名前に基づいて推測できるように、これはプロ、特にたくさんの機能を探している方にぴったりのもう1つのWindows 動画編集ソフトです。 CyberLink PowerDirectorは完全パッケージ版で、驚くほど手頃な価格で入手できることが利点ですが、欠点としては、これまで経験がないと習得するのが非常に困難になる可能性がありますので、多くの忍耐を必要とするツールの1つとも言えます。

 

 


10. Lightworks

 

オススメ度:★★★☆☆ プロ向け

価格: $99

対応OS:Linux; Microsoft Windows

日本語:対応しない


Lightworksは、最も古く、そしてまた最高の動画編集ソフトの1つです。重度の映画愛好家であれば、おそらくLightworksを用いて編集された映画をすでに見たことがあるかもしれません。なぜなら、この動画編集ソフトはハリウッドのプロによってよく使用されています。当然のことながら、このソフトを習得するのが容易ではなく、安価でもありませんが、余裕があるなら時間とお金をかければ、きっと相応の結果を引き寄せるでしょう。

 

 


11. HitFilm Pro

 

オススメ度:★★☆☆☆ プロ向け

価格:$349

対応OS:Windows 8/ 10 (64-bit), macOS 10.15 Catalina, macOS 10.14 Mojave, or 10.13 High Sierra 

日本語:対応しない

 

大事なことをひとつ言い残しましたが、私たちのリストには、HitFilm Proという特殊効果の作成に優れた動画編集 有料ソフトもあります。このツールは基本的な動画編集ソフトとしてもうまく機能しますが、値段が高いため、大型プロジェクトを行おうとさえしなければ、おそらく手に入れる価値が薄いと考えられます。一方、プロジェクトに多くの特殊効果が必要とされる場合は、HitFilm Proよりも優れたツールを見つけるのも難しいでしょう。

 

 

 

12. Quik

 

オススメ度:★★★★☆ 初心者向け

価格:無料

対応OS:Windows 7, 8、Mac OS 10.8以降 ,IOS10.0以上、Android 5.0 以上

日本語:対応


Quikは、iOS搭載のアイフォンなどで動画を編集する方法を学ぶのに最適なアプリの1つと言えます。あらゆる動画形式に対応されますが、GoProカメラで撮影したビデオに特に便利です。Quik 動画編集アプリでは、ギャラリー、アルバム、Google フォト、Dropbox、GoPro Plus、またはGoPro Quik Keyから最大75件の写真と動画クリップを追加できます。ほんの数秒で動画の最高のモーメントを見つけ出し、テキスト、音楽、グラフィック、美しいトランジションや効果を追加して、ストーリーをカスタマイズできます。


1.「+」をタップして変換したい動画をインポートします。プレビュー直下のアイコンで、ビデオスタイルを選択してください。
2. 「鉛筆」アイコンをクリックして編集ビューに切り替えます。ここで、必要に応じて、トリム、回転、重複などのオプションを使ってみましょう。
3. プレビューの下にある4番目のアイコンをタップして、ビデオフォーマットを変更するか、またはフィルタを追加することができます。
4. すべてが完了したら、「保存」をタップします。

 

 


まとめ
うまくいけば、この記事を読んだ後、特定のニーズを持っている方が最適な動画編集ソフトを見つけるかもしません。スキルの差や予算を問わず、すべてのユーザーに少しでもお役に立てることを目論んで作成した多様化のリストですが、どちらの方法を選択するかを未だに迷っている場合、または動画編集と動画変換、両方のニーズに対応できる多目的ソフトウェアが必要な場合は、ぜひDVDFab 動画変換を試しに使ってみることをお勧めします。Android/iPhoneで、動画編集アプリを探している方は、こちらに掲載された無料動画編集アプリをご覧になってください。

動画や音声のファイル形式を変換

動画をあらゆる流行っている動画・音声フォーマットの間で好きに変換できます。出力したファイルを自由にカスタマイズでき、様々なモバイル・携帯デバイス及び先進なコンソール、メディアプレイヤーで再生できます。

他のツールが必要であるかもしれない
DVDFab DVD Ripper

市販のDVDムービーから目的のデバイスで再生可能な動画に変換する為のDVDリッピング・DVD変換ソフトです。

DVDFab Blu-ray Copy

市販のBlu-rayムービー(3Dムービー含む)から目的のデバイスで再生可能な動画に変換する為のブルーレイリッピングソフトです。

DVDFab UHD Ripper

4K UHD Blu-rayから無劣化でムービを抜き出し、4K HEVC 10-bit / SDRビデオとしてMKV / M2TS / MP4にリッピング&動画変換が可能です。