1. ブルースタックスのダウンロードバージョン

ブルースタックス(BlueStacks)を使用してパソコンでスマートフォンのアプリを利用するためには、まずブルースタックスをパソコンにインストールする必要があります。ブルースタックスをインストールできるのは、このアプリプレイヤーの公式サイトです。

公式サイトでは、複数の種類のブルースタックスをダウンロードできます。最新版のバージョンは、ブルースタックス5です。それより一つ前の世代のブルースタックス4というバージョンもダウンロードできます。ブルースタックス5はWindows11にも完全対応しているので、Windows11をOSに使用しているパソコンにインストールする場合には、ブルースタックス5をダウンロードした方がおすすめです。

Windows版のブルースタックス5は3つのバージョンに分かれていて、Android(android) 32 bit・Android 64 bit・Pie 64-Bit(ベータ版)という製品がそれぞれあります。この中でHyper-VをサポートしているのはAndroid 64 bitです。なお、2022年の3月末時点において、ブルースタックス5はWindows版しかダウンロードできません。

mac OS版は近日追加予定になっています。そのためにmacをOSとして使用しているパソコンでこのアプリプレイヤーを使用したい場合には、ブルースタックス4のmac OS版をダウンロードしてインストールする必要があります。

自分の使用しているパソコンに合ったブルースタックスを選んでダウンロードしたら、インストーラーをダブルクリックして、パソコンにブルースタックスをインストールします。ブルースタックスを使用するためにはGoogleアカウントが必要になるので、持っていない人はGoogleの公式サイトであらかじめ入手しておいてください。

パソコンにインストールされたブルースタックスを起動するとAndroidのホーム画面が表示されるので、画面に並んでいるアイコンの中から「Google Playストア」のアイコンを選んでクリックします。ログイン画面が表示されるので、Googleアカウントとパスワードを入力してログインします。ログインが完了すればGoogle Playを使用できるようになります。

2. ブルースタックスの機能

ブルースタックスの機能の中でも特に有名なのは、パソコン上でスマートフォンのゲームを遊べる機能です。

ブルースタックスで遊ぶことができるのは、Android用に開発されたゲームアプリです。ブルースタックスをインストールすれば、パソコン上にAndroidを利用するための環境が作られるため、パソコンでもAndroid用のゲームアプリを遊ぶことが可能になります。

3. ブルースタックスの使い方

ブルースタックスの使い方は非常に簡単で、Google Playストアにログインすれば、好きなゲームアプリをパソコンにダウンロードして遊ぶことができます。遊びたいゲームがある場合には、Google Playストアの検索機能を利用して探すことも可能です。

アクションゲームやパズルゲームなど、さまざまなジャンルのゲームが揃っています。ゲームだけでなく、動画の再生などメディアプレイヤーとして利用することもできます。

ブルースタックスでAndroidのゲームを遊ぶ時には、詳しい操作方法も覚えておいた方がおすすめです。キーボードのF11キーを押せば全画面表示になるので、ゲームが遊びやすくなります。もう一度F11を押せば、全画面表示を解除できます。

アプリの画面内からマウスのカーソルが出ないように固定することも可能で、CtrlとShiftとF8キーを一緒に押せば、カーソルのロックができます。画面の右側に表示されているサイドバーのアイコンを使用すれば、音量の調整も可能です。

4. ブルースタックスの評価とデメリット

ブルースタックスは世界中に多くの人に使用されているアプリプレーヤーであるため、ネット上でもさまざまな評価がされています。このアプリプレイヤーを肯定的に評価している人の意見として多いのは、パソコンで簡単にAndroidのゲームアプリを楽しめることへの評価です。

スマートフォンを持っていない人でもAndroidのゲームを遊ぶことができるために、ゲームをすることだけが目的でスマートフォンを購入しなくても良いところが、高く評価されています。無料でダウンロードできるところもこのアプリプレイヤーが評価されているポイントで、Androidのゲームをパソコンで楽しみたい人が、お金を支払わなくてもゲームを遊べるのが魅力になっています。

その一方で、ブルースタックスを利用しているユーザーの中には、このアプリプレイヤーに対して否定的な評価をしている人もいます。ブルースタックスのデメリットとしてあげられることがあるのが、利用するアプリによっては規約を違反してしまう可能があることです。

Android用に開発された一般のアプリやゲームアプリには、それぞれ利用者が守らなければいけない規約があり、これらの規約を守ることでアプリを安全に利用できます。

Android用のアプリの中には、規約の中でスマートフォンでしか使用できないことが決められているものもあり、こうしたアプリをパソコンにインストールして利用すると規約違反になってしまいます。インストールするために必要なパソコンのスペックが高いことも、ブルースタックスのデメリットです。

5. ブルースタックスの一部機能を代わりに利用できる「PlayerFab オールインワン」

ブルースタックスの代わりに利用できるアプリとしておすすめできるのが、「PlayerFab オールインワン」です。PlayerFabを使用すれば、パソコンで幅広い種類の映像を再生することが可能になります。ローカルビデオやDVD・Blu-rayだけでなく、UHDディスクからストリーミングビデオまで再生できるメディアプレイヤーです。

ブルースタックス PlayerFab オールインワンは、ストリーミング再生のコンバージェンスプラットフォームとして利用することもできます。AmazonやNetflix、Peacockなどの人気の高いストリーミングプラットフォームの映像を簡単に見ることができる機能が搭載されています。

    無料ダウンロード 

  無期限版を購入  

それぞれのプラットフォームで検索をしなくても、好きな映像を見ることができます。

ブルースタックス

PlayerFabを使用すれば、品質の高い動画をクオリティを落とさずに再生することも可能です。FHD1080Pビデオ品質やEAC3オーディオ品質の映像を、インターネット上で再生することもできます。映画館のような環境で映像を楽しむことができるソフトです。

PlayerFabには、高品質な映像だけでなく、さまざまな種類の動画ファイルやオーディオ品質を選べる機能も搭載されています。ユーザーの目的に合わせて最適な機能を使用できます。自動的にイントロのスキップができる機能も搭載されているので、不要な部分を見て時間を無駄にすることを避けられます。

ブルースタックス

PlayerFabには、ビデオの再生速度を調整できる機能も搭載されています。つまらない部分を短時間で見たい時に利用できる機能です。注意して内容を聞きたい重要なコンテンツの場合には、再生速度を遅くして見ることも可能です。観賞する目的に合わせて自由に再生速度を変更できるところが、使用しやすいポイントです。

次のエピソードを自動再生できる機能も利用できるため、緊張感を途中で途切れさせることなく、映像を見続けることもできます。映像を見やすくするためのカスタマイズオプションが充実していることもこのソフトの特徴になっていて、音声と字幕をそれぞれ好きなものに選択できます。

ブルースタックス

6. まとめ

アプリプレイヤーとして人気があるブルースタックスは、無料で使用できるアプリプレイヤーとして、多くの人に利用されています。パソコン上にAndroidの環境を作ることができるので、スマートフォン用のゲームも楽しむことができます。

メディアプレイヤーとして使用することもできますが、ブルースタックスの代わりとなるメディアプレイヤーとしておすすめできるのが「PlayerFab オールインワン」です。品質の高い映像も、オンライン上でクオリティを保ったまま再生できます。