はじめに

インタビュー対象者の匿名要望に応えたり、著作権問題を回避したり、ロゴや個人情報を隠したりする場合は、動画の一部にモザイクをかけてぼかす必要があります。この記事では、ラップトップまたはiPhoneのiMovieで動画をぼかす方法について紹介します。

MacBookでiMovieを使って動画をぼかす方法は?

皆さんがよく知っているのように、iMovieがiPhoneとMacBook用の無料で強力なビデオエディタです。MacBookのiMovieでビデオをぼかす方法の答えを探しているなら、あなたは正しい場所にいます。このパートでは、MacBookのiMovieで動画をぼかす方法について簡単に説明します。では、一緒に見てみましょう。

iMovieで動画をぼかす方法の手順

1.プロジェクトを立ち上げる

iMovieでビデオをぼかす方法の最初のステップは、iMovieでプロジェクトを作成することです。その後、メインメニューから「設定(Preferences)」を選択して「一般(General)」を見つけ、「高度なツールを表示(Show Advanced Tools)」をクリックします。

Launch a project in imovie

2.ぼかしたい動画クリップを選択する

ビデオiMovieで顔をぼかす方法の第2ステップは、ぼかす必要のあるターゲットのビデオクリップを見つけて選択することです。これにより、拡大されたウィンドウを表示して、より鮮明なビデオ効果を得ることができます。

3.ビデオのスクリーンショットを作成する

MacBookのiMovieでビデオをぼかす方法の第3ステップは、ピクチャーインピクチャー効果を使用することです。現在、iMovieには動く顔やオブジェクトをぼかすための優れたソリューションがないため、次のような比較的動かないオブジェクト(例えば、インタビュー対象者、ビデオのロゴ、個人情報など)をぼかすことができます。Shift-Command-4を押してから、ぼかしたいオブジェクトの周囲に領域を指定して、スクリーンショットをデスクトップに保存するだけです。

4.指定した領域の画像をぼかす

次に、Photoshopまたはその他の画像編集ソフトウェアを使用して、画像を認識できないようにして、ぼやけた効果を実現できます。次に、画像を保存してiMovieプロジェクトにドラッグし、垂直方向のビデオブラー背景iMovie効果を実現しようとしているビデオクリップの上に置きます。

5.ピクチャーインピクチャー効果を適用する

iMovie iPhoneで動画をぼかす方法の最後のステップは、「Picture in Picture」エフェクトを適用することです。メニューの[ピクチャーインピクチャー]を選択し、ぼかしたいビデオクリップの領域にぼかした画像を置きます。このようにして、かすんでいる動画効果を実現することができます。

Apply Picture-in-Picture Effect

iPhoneとiPadのiMovieで動画をぼかす方法

MacBookでiMovieを使ってビデオの一部をぼかして、iMovieのぼかし動画効果を実現する方法を知った以上、iPhoneでiMovieを使って動画をぼかす方法について説明しましょう。手順は似ているかもしれません。それでは、具体的な手順を一緒に見てみましょう。

1)ぼやけた画像またはモザイク画像を見つける

iPhoneまたはiPadのiMovieでビデオをぼかす方法の最初のステップは、ぼかされた画像またはモザイク画像を見つけて、後で使用できるようにカメラロールに保存することです。

2)新しいプロジェクトを立ち上げる

iPhoneまたはiPadのiMovieでビデオをぼかす方法の2番目のステップは、iMovieで新しいプロジェクトを起動し、ぼかす効果を作成するビデオクリップをインポートすると、ビデオがタイムラインに表示され、右上隅にある小さな音楽とビデオのアイコンを選択します。

Launch a New Project in imovie on ipad

3)ぼやけた画像またはモザイク画像をインポートする

その後、3ドットボタンをクリックしてぼやけた画像またはモザイク画像をこのプロジェクトにインポートすると、画像がビデオクリップに表示されます。

Import a Blurred or Mosaic Image

4)ぼやけた領域を調整します

iPhoneまたはiPadでiMovieを使って動画に出る顔をぼかす方法の最後のステップは、ぼかされた領域を調整することです。下部の画像クリップを押してから、矢印アイコンを押して、ぼやけた画像またはモザイク画像をビデオクリップのターゲット領域に移動する必要があります。その間、必要に応じてピンチして画像サイズを調整できます。終了したら、「完了(Done)」をクリックして保存します。

以上、iPhoneまたはiPadでiMovieを使ってビデオをぼかす方法です。ご参照になっていただければ幸いです。

3.動画をぼかすもう一つの簡単な方法—DVDFabツールキット

iMovieはAppleユーザー向けに特別に設計された無料のソフトウェアであるため、Mac OSの代わりにWindowsを使用している場合、使用できなくなります。では、WindowsでiMovie代替ソフトウェアで動画画面の一部をぼかす方法はありますか?答えは非常に簡単です。DVDFab Toolkitを利用するだけです。

Alternative Way to Blur Video DVDFab Toolkit

DVDFab Toolkitは、ビデオ、オーディオ、画像フィールドをカバーするあらゆる種類のツールで構成される強力なツールボックスであり、メディア管理および編集ソフトウェアとして最適です。iPhoneまたはMacBookでiMovie を使ってビデオをぼかす方法を知った以上、iMovieの代替ソフトとしてDVDFab Toolkitでビデオをぼかす方法を見ましょう。詳細は以下で確認してください。

iMovieの代わりになるソフト・DVDFab Toolkitで動画をぼかす方法の手順

1)このiMovieの代替品のDVDFabツールキット をダウンロード&インストール
下のボタンをクリックして、このiMovieブラービデオの代わりになるソフトウェアをインストールします。

 i  無料ダウンロード  

2)シャープ/シャープ解除ツールを使用する

ダブルクリックしてこのソフトウェアを起動すると、ビデオ、オーディオ、および画像ツールで構成されるツールボックスが表示されます。「ビデオツール」> 「シャープ/シャープ解除」を選択します。

3)ぼかしたいビデオをインポートする

ぼかしたいビデオを見つけてこのソフトウェアにインポートすると、ソースビデオとターゲットビデオの比較を区別するための2つの表示ウィンドウがあることに気付くでしょう。

4)関連する動画パラメータを調整します

この動画のぼやけた効果を調整したい場合は、「エフェクト」ドロップダウンボックスで「アンシャープ」を選択できます。これにより、ぼやけた効果のある動画を作成することができます。

Use unsharpe as the tool to blur video

次に、ぼやけた効果を実現するための最良の効果を得るためにデフォルトで設定さレルパラメータが表示されます。

注:ぼやけた動画を鮮明なビデオに変換したい場合は、「効果」ドロップダウンボックスで「シャープ」を選択する必要があります。または、ビデオエフェクトをカスタマイズする場合は、「カスタマイズ」を選択してパラメーターを自分で設定することもできます。

カスタマイズできるパラメーターは6つあり、その中でルミナンスとクロマ強度がビデオのかすみを担当し、輝度マトリックス水平値、輝度マトリックス垂直値、速度マトリックス垂直値、速度マトリックス水平値などの他のパラメーターがは、ビデオの明るさ、色に影響します。

5)動画をローカルに保存する

期待のぼやけたビデオ効果を達成したら、ビデオを保存するディレクトリを選択し、「開始」をクリックして変換プロセスを開始します。そうすると、元の動画からぼやけたビデオを作成することができます。

DVDFab Toolkitは、iMovieでビデオをぼかす方法の最良の代替手段として機能するだけでなく、次のような他の多くのことも実行できます。
1)ビデオを簡単にGIFに変換する。
2)異なるフォーマット間でオーディオファイルをバッチ変換する。
3)ビデオの連続スクリーンショットを作成する。
4)最大16倍のビデオの高速モーション

結論

この記事では、iPhone、iPad、MacBookでそれぞれiMovieを使ってビデオをぼかす方法を紹介しました。また、iMovieのぼけビデオ効果の最良の代替手段であるDVDFab Toolkitに関する詳細情報を提供しました。ビデオをぼかす方法に加えて、ビデオ品質を480pから1080pに向上させる方法も提供します。