目次

クロマキー合成とは
クロマキー合成技術の注意事項
クロマキー合成技術でグリーンバックは必ずグリーンですか?
クロマキー合成ソフト~VideoCruise

現在、クロマキー合成はテレビや映画でよく利用された技術です。ハリウッド映画や時代劇でもよく出てきます。クロマキー合成により、夏でも冬の風景が見え、キーイングされたものは各種の風景と重ね、様々な素晴らしいエフェクトが得られます。

     

クロマキー合成とは
クロマキー合成とは、キーイングの一種で、特定の色の成分から映像の一部を透明にし、そこに別の映像を合成する技術を言います。クロマキー合成は通常ブルーバックやグリーンバックで撮影します。 背景色には人物の肌色と補色の関係 にあるブルーやグリーンが多く使用されます。クロマキー合成撮影するとき、人物又は目標物以外の背景はすべてグリーンです。このグリーンの部分がほかの映像と合成できる部分です。もっとも身近な例はニュースの天気予報の映像です。

クロマキー合成技術の注意事項
1、緑色の合成布を平たいにします。
グリーンスクリーンに高低や凹凸がない、必ず均一さを確保し、平たくないと緑色の画面の背景をきれいにカットできません。
2、光源照明の均一性を確保します。
光がグリーンバックを均一に照らしない場合、ポストキーイングの効果にも影響します。 天気の良い日は屋外での撮影のほうがいいです。ただし風に注意してください。
3、人物とグリーンバックの距離を注意します。
撮影の時、被写体はあまりにグリーンバックに近づかないほうがいいです。距離があまりに近いだと、服の端が緑色の光を反射しやすいため、ポストキーイングで人物のエッジをに差し引きやすいです。
4、服装はグリーンバックの色と一致または近くしてはいけません。
服装や小道具はグリーンバックと近い又は一致すると、クロマキー合成を行うと、一部は透明になる可能性があります。

クロマキー合成技術でグリーンバックは必ずグリーンですか?
人間の肌の色はオレンジに近く、その補色となるブルーやグリーンが合成時に使用されます。実は、最初利用されたのは、ブルーバックです。ブルーバックを選ぶには、グリーンバックの二倍の光が必要です。また、ブルーバックの場合は、f-stop(絞り)を最高に調節し、無損形式で撮影する(RAW)ほうがいいです。そうすると、撮影した素材にはノイズが減ります。
しかし、現代のデジカメにとっては、グリーンは常に最も明るい色として処理されます。グリーンバックで撮影すれば、複雑の光も必要せずはっきりに撮影でき、ノイズ処理も簡単にできます。だが、緑色が被写体に反射してポストキーイングで処理しがたいです。そのため、被写体がグリーン合成布から少し離れる必要があります。

クロマキー合成ソフト~VideoCruise
VideoCruiseは豊富な機能を備え、業界最強の動画編集ソフトと言えます。Windows OSに対応し、初心者でもプロ並みの動画を作れます。Windowsムービーメーカーも簡単な動画処理もできますが、機能豊富さの面から見れば、VideoCruiseがよっぽど素晴らしいです。画像加工、音声編集、動画分割やトリミング、回転、クロップ、など一般的な機能のほかに、音声文字変換やクロマキー合成などようなプロな動画編集機能も備えます。特に音声文字変換機能は、素晴らしいです。しかし、この記事でそのクロマキー合成機能を紹介します。
まず、VideoCruiseソフトのインターフェースを見ましょう。
VideoCruiseソフトを起動すると、左上のファイル≫新しいプロジェクトでアスペクト比が異なるいくつかのオプションが提供されます。メイン画面にファイル管理領域と、プレビュー表示領域と、操作領域と三つの部分に分けます。
ファイル管理領域で、素材、オーディオ、テキスト、フィルター、オーバーレイ、画面切り替え効果、オンライン素材などについていろいろプリセットされたものがあります。ここで花火エフェクトやバックグラウンドミュージック、粒子効果など動画をドラマみたいにするものが用意されております。
プレビュー表示領域で、エフェクト効果が即時に見えます。
編集領域において、上部のツールバーで元に戻す、編集、分割、削除、クロップ、ズーム、モザイクかけ、フリーズフレーム、持続時間設定、アフレコ、音声文字変換、クロマキー合成などの操作が行え、下部では、ビデオトラック、PIP、テキストトラックなど様々なトラックです。
これだけ機能が豊かな動画編集ソフトである以上、きっとクロマキー合成のやり方も複雑だ、と考えている人がいるかもしれません。そうではありません。VideoCruiseを使ってクロマキー合成をやる方法も簡単です。では、クロマキー合成のやり方を見ましょう。


クロマキー合成のやり方
1、 VideoCruiseをダウンロードして起動し、右上の縦に並べる三点アイコンを開き、言語≫日本語の順でクリックしてソフトを日本語化します。
2、インポートをクリックしてクロマキー合成するファイル(動画/画像/音楽)を読み込みします。複数のファイル読み込みが可能です。

3.素材右下の「+」をクリックする又はそれを直接トラックにドラッグします。

4、マウスポインタがタイムラインにおいて、押したままタイムラインを拡大・縮小でき、一部のビデオを選択すると、ツールバーのボタンが明るくになります。

5、最も右のクロマキー合成アイコンをクリックし、クロマキー合成する画像をPIPトラックにドラッグして、マウスポインタを押したまま適用するビデオタイムラインを調整できます。

6、ツールバーの編集アイコン(ペイン)をクリックして、クロマキー合成ファイルのモーションとマスクを選択でき、合成する画像の大きさも位置も調整できます。編集が終わったらOKをクリックします。

7、「出力」をクリックして、表示される画面で「ビデオ」を選択し、ファイル名、出力先、ビデオフォーマット、品質を決めてから「出力」を押します。

以上、クロマキー合成をめぐって、動画編集方法などをいろいろ紹介しました。興味があれば、この業界最強の動画編集ソフト~VideoCruiseを試してください。なお、クロマキー合成フリーソフトを探している人もいると思います。VideoCruiseは一部の制限がありますが、すべての機能が利用できます。つまり、クロマキー合成フリーソフトとして利用できます。

関連記事:
初心者でもすぐ分かるプロの動画編集ソフト
Windows10でISOファイルをMP4に変換できるフリーソフトおすすめ