パワーポイント(PPT)は現在最も人気が集めている他人に自分のアイデアまたはデザインを見せるプレゼンテーション・ツールです。しかし、パワーポイントをソーシャルウェブサイト、ブログ、動画サイト、またはパワーポイントがない同僚と共有する為に、パワーポイント スライドショーを動画に変換必要があります。本文ではウィンドウズ(Windows)とマック(Mac)でパワーポイントを動画に変換する方法、第三者ツールやソフトでパワーポイント 動画作成する方法、そしてオンラインでパワーポイントを変換する方法について紹介していきます。

目次

Part 1:WindowsとMacでパワーポイントから動画を作成する(パワーポイント 動画作成)

Windows用のパワーポイント 動画 変換 フリーソフト

1.Windowsでパワーポイント動画変換フリーソフトでパワーポイントから動画を作成します。

パワーポイント2016、2013 または2010でパワーポイントから動画を作成します。 パワーポイント2016と2013の使う方法はほぼ同じなので、ここではパワーポイント2016と2010で詳細な変換方法を紹介します。

★パワーポイント2016でパワーポイントを動画に変換します(PowerPoint動画変換)

(1)パワーポイント スライドショーを開いて、左上隅にある「ファイル」タブをクリックして、Excelを選択して、動画を作成します。

(2)動画を設定します。希望の動画のサイズと品質を選択して、レコーディングタイミングとナレーションの利用か必要どうか選択します。もしレコーディングタイミングとナレーションを利用したくない場合、各スライドでかかりました時間を設定する必要があります。

(3)「動画作成」をクリックします。

(4)保存場所を選択し、ファイル名を定義して、動画の種類を選択します。(MP4またはWMV)

(5)「保存」をクリックしてパワーポイントから動画を作成するプロセスを開始します。

★パワーポイント2010でパワーポイントを動画に変換します(ppt動画変換)

(1)パワーポイント2010でパワーポイントファイルを開きます。左上隅の「ファイル」メニューを選択し、「Save & Send」をクリックして動画を作成します。

(2)「コンピュータ& HDディスプレイ」オプションをクリックして、希望の動画のサイズと品質を選択します。

(3)「 レコーディングタイミングとナレーション使うかどうか」オプションをクリックして、レコーディングタイミングとナレーションの利用か必要かどうか選択します。

(4)動画を作成をクリックします。

(5)出力動画ファイルを保存して、ファイル名を入力して、そして、「保存」をクリックし、パワーポイントは動画として保存されます。

MAC用のパワーポイント 動画 変換 フリーソフト

2.MACでパワーポイントから動画を作成します(パワーポイント動画変換)

MACでパワーポイントを動画に変換するプロセスとウィンドウズでの方法はほぼ似ていますが、でもささやかな違うところがあるので、詳細な手順を一緒に見ましょう。

(1)「ファイル」をクリックして「映画へ保存」を選択します。

(2)「映画オプション」をクリックしてバックグラウンドサウンドトラックを追加またクレジットします。(音楽またはナレーション)

(3)「映画の設定」をクリックして、セッティングをカスタマイズします。出力サイズと品質の調整、サイドの持続時間の選択などができます。

(4)「了解」ボタンをクリックして、そして「保存」ボタンを押します。パワーポイントから動画を作成するプロセスを始めます。

Part 2:第三者のソフトでパワーポイントを動画に変換する(パワーポイント 動画作成)

パワーポイントを動画に作る(パワポ動画 変換)ために、第三者の変換プログラムを使うのも可能です。 第三者パワーポイント 動画作成はいくつかの強力な機能と先進なツールが付属しています。例えば、パワーポイントをMP4(パワーポイント mp4 変換)、WMV、MOVへ変換ができるではなくて、AVI、MKV、3GPまたはほかのフォーマットへ変換する(パワーポイント動画変換)のも可能です。現在、マーケットにはたくさん優れたパワーポイント動画変換ソフトがあります。例えば、DVDFabの人気製品 DVDFab 動画変換がオススメです。

動画を各動画/オーディオ・フォーマットへ変換したい場合、DVDFab 動画変換を使って動画をご希望などんなフォーマットにも変換できます。例えば、MP4、AVI、MKVなど、今人気の3D、4K、H265など、あるいはMP3、AAC、FLACなどのオーディオ形式、また、iPhone、iPad、サムスン、LG等の携帯機器で再生できる動画など。設定をカスタムズ及び動画を編集の為に、DVDFab動画変換は先進的なカスタム化ツールが含まれています。
右のボタンをクリックし、無料体験や購入ができます。早速ご自分でダウンロードし動画作成・変換を試しましょう!👉

すぐ購入 

また、DVDFab 動画変換の使い方をもっと詳しく見ましょう。DVDFab 動画変換の使い方は非常に簡便です。簡単に言うと:
①    DVDFab動画変換、或いはDVDFab12をダウンロードし、インストールします。既にダウンロードした場合、使いのDVDFab 12を最新版にアップグレードしてください。
②    プログラムを起動し、上の欄のオプションバーから「変換」のモードを選択します。
③    変換したいパワーポイントファイルをインターフェイスの真ん中にドラッグ&ドロップし、或いは「+」ボタンをクリックしてインポートしてください。
④    インターフェイスのほぼ真ん中にあるアイコンを利用してカスタマイズし 出力ファイルのフォーマットを選択します。一般的に動画の場合は1つ目の「モバイル機器(MP4Mobile)を選択すれば他の機器で再生できる動画に変更できます。
⑤  真下の左側にある「出力先」をクリックして、保存先を設定できます。 そして開始ボタンをクリックして 変換完了を待ちます。

他にもパワーポイント 動画作成において役に立つソフトもあります。例えば、iSpring River、Leawo パワーポイント変換、Movaviパワーポイント動画変換などです。本文では、MavaViパワーポイント 動画変換を例として、パワーポイント 動画作成の手順を紹介します。

① コンピュータでMavaVi パワーポイント 動画作成をダウンロード及びインストールします。

② 「閲覧」をクリックして変換したいパワーポイントファイルと移動先フォルダを選択します。

③ 「表示設定」タブをクリックして、スライド遷移の解像度、モードとスピードを選択します。

④ 「オーディオ設定」をクリックして使用したいオーディオソースを選択します。コンピュータのスピーカーを使って、パソコンの音源をキャプチャすることができます、あるいは、自身の声を録音することもできます。もちろん、それは単なるオプションです。もしプレゼンテーションの動画でサウンドトラックを使いたくない場合、このステップをスキップすることもできます。

⑤ 「変換設定」タブをクリックして。ご希望の動画フォーマットを選択します。

⑥ 「変換」ボタンをクリックして、開始しましょう。

Part 3:オンライン変換でパワーポイントから動画を作成する(パワーポイント 動画作成)

コンピュータにプログラムをインストールせずに、パワーポイントをMP4(パワーポイントMP4変換)、AVI、MKVなどへ変換できるオンラインパワーポイント 動画作成(パワーポイント動画変換)サイトもあります。 ここでは、Online-convert.comでパワーポイントを動画に変換する(ppt動画変換)の詳細を紹介します。

① Online-convert.comで「動画変換」モジュール下のオプションを選択して、「ファイル選択」をクリックし、変換したいパワーポイントファイルをアップロードします。

② 設定オプションのところで設定を調整します。

③ 「ファイル変換」ボタンをクリックして、変換を開始します。

本文ではパワーポイントを動画に変換する方法を紹介しました。手持ちのものを選んでご自分で試してみてください!

関連記事
MP4結合の方法
WMVをMP4に変換する方法
簡単!omaファイルをMP3に気軽に変換!
iTunesでFLACを再生してほしい?取り込むと再生対処法!