DVDFab 11をダウンロードし、30日間ですべての機能を無料体験しよう!

無料ダウンロード

WMVとMP4の違い、無料でWMV MP4 変換をする方法

2020-06-18 02:16:49

   投稿者 chenjinjin

164

要約: WMVとMP4はよく知られている2つの一般的な形式ですが、WMVとMP4の違いは何ですか?この記事では、WMVとMP4を比較し、WMVをMP4に変換する方法を示します。

最も完全なマルチメディアバックアップソリューション

DVDFab 11は、世界で最も完全なマルチメディアバックアップソリューションパッケージとして、4つの主要なモジュール(コピー/リッピング/動画変換/作成)、及びその他の素晴らしい機能を持つ便利なユーティリティツールを提供します。

WMVとMP4は、最も一般的に使用されている形式の2つであるため、これらの拡張機能の種類に既に慣れている可能性があります。 しかし、非常に人気があるにもかかわらず、ほとんどの人はこれらの2つの形式が互いにどのように異なるのかを本当に知りません。特定の状況で、1つが他よりも有用ですか、それとも両方が同じですか? 私たちは同じ質問を自問しており、調査結果をあなたと共有できるように問題をより詳しく調査しました。WMVとMP4の問題は長年にわたって人々を困惑させてきましたが、私たちはあなたに洞察を与えるためにここにいるので心配する必要はありません。

 

Part 1: WMVと MP4の違い

まず最初に–これらの頭字語は何を表していますか? WMVはWindows Media Videoの略で、マイクロソフトの製品と一緒に使用できるビデオ圧縮形式としてMicrosoftによって作成されました。WMVファイルを実行する場合は、おそらくMicrosoft独自のWindows Media Playerを使用することをお勧めしますが、この形式をサポートする他のプレーヤーもいくつかあります。


MP4に関しては、頭字語はMPEG-4を表し、Moving Pictures Experts Groupによって作成されたマルチメディアコンテナです。 MP4ファイルは、ほとんどのマルチメディアプレーヤーでサポートされており、WMVファイルと比較すると、より多くのオペレーティングシステムで実行できます。WMV対MP4のディベートが厳密に人気のコンテストだった場合、MP4が確実に勝利します。ただし、それだけではありません。


多くの人はMP4ファイルの使用を好みますが、実際にはWMVファイルを使用することにはいくつかの利点があります。WMVの最大の利点はサイズです。これらのタイプのファイルは通常、類似のMP4ファイルよりも小さく、マシン上で消費するリソースが少ないためです。ファイルサイズが小さいため、WMVファイルは、ネットワーク上で共有する場合や、大きなファイルを別の用途に送信できない電子メールまたはソーシャルメディアプラットフォームを介して共有する場合にも最適です。また、モバイルデバイス(主にAndroid)に適したフォーマットでもあります。これは、コンピューターよりもストレージ容量が制限される傾向があるため、ファイルが小さいほど大きなメリットがあるためです。

 

しかし、MP4の利点は何ですか?さて、ファイルサイズは少し大きくなりますが、品質も少し良くなります。そのため、多くの映画として、表示されるビデオの多くはMP4ファイルのみです。さらに、MP4はWindowsとAndroidだけでなく、すべてのAppleデバイスでもサポートされています。また、MP4ファイルを実行できるメディアプレーヤーは他にもたくさんあるので、この形式との互換性について心配する必要はありません。唯一の本当の問題は、サイズが大きいことですが、今日では、ストレージ容量の問題が少なくなっているため、このフォーマットはMP4対WMVの議論に勝つ傾向があります。

 

Part 2: MP4をWMVおよびその逆に変換する方法


正しい形式の選択は状況によって異なります。そのため、特定のジョブに対して一方が他方よりも優れている場合があります。そのため、いつでもフォーマットを切り替えられるように、常にビデオコンバーターを用意しておくことをお勧めします。DVDFab 動画変換を使用すると、それ以上のことが可能になります。このソフトウェアは、オリジナルの品質を維持しながら、すべての一般的なファイル形式間の簡単な変換を可能にします。


さらに、DVDFab動画変換は、すべての動画を正確な仕様にパーソナライズするために使用できる多くの優れた編集ツールも提供します。このようなツールを武器に使えば、1つの形式を別の形式にすぐに変換できるため、WMVとMP4の議論を心配する必要がなくなります。 仕組みは次のとおりです。


1.    DVDFab 11を開き、トップメニューから「変換」モジュールを選択します。

 


2.「+」ボタンを使用して、変換するファイルをロードするか、単に中央領域にドラッグアンドドロップします。プロファイルスイッチャーに移動し、[ビデオ]を選択してから、出力に使用する形式を選択します。たとえば、MP4からWMVに変換する場合は、MP4ビデオをロードし、プロファイルスイッチャーでWMVを選択します。

 


3. [詳細設定]ボタンを使用して、解像度、ビデオ品質、サンプルレートなどを変更します。 同様に、[動画編集]ボタンをクリックして、トリミングツールやトリミングツールを使用したり、字幕や透かしを追加したりして、出力をさらにカスタマイズできます。

 

 

 

 


4. すべてがうまくいったら、左下のフォルダアイコンをクリックして宛先フォルダを選択し、[開始]ボタンを押して変換を開始します。

 

 

まとめ
WMVとMP4の問題は、すべて状況に依存するため、簡単な答えはありません。MP4はほとんどの状況でより便利ですが、ストレージ容量が限られている場合はWMVの方が適しています。何らかの状況に備えたい場合は、DVDFab動画変換などのツールを入手して、2つ以上のフォーマットをシームレスに切り替えることができるようにすることをお勧めします。

動画や音声のファイル形式を変換

動画をあらゆる流行っている動画・音声フォーマットの間で好きに変換できます。出力したファイルを自由にカスタマイズでき、様々なモバイル・携帯デバイス及び先進なコンソール、メディアプレイヤーで再生できます。

他のツールが必要であるかもしれない
DVDFab Video Downloader

1000+の動画共有サイトから動画をダウンロードして、保存するソフト

DVDFab DVD Creator

あらゆる動画からDVDを作成する強力なDVDオーサリングツール

DVDFab Player 6 Ultra

DVD、ブルーレイ、4K UHDを再生するための高機能のプレイヤー