近年、ディープラーニング(深度学習)の精度が著しく上がってきました。そして高速画像処理向けのグラフィックボードの価格もだいぶ下がりました。その結果、情報技術に精通していない一般利用者でも人工知能に基づいたソフトウェアを使えば画像処理を手軽に行うことができるようになりました。また、汎用性の高い画像処理ツールの普及でDVDに焼かれたデータの抽出も簡単になりました。今回は画像処理技術に関連するDVDコピーと動画アップスケール(画質を上げること)についてご解説したいと思います。

人工知能技術に基づいた動画変換

ひと昔前までは、動画変換をしたかった時に画像処理などに関する知識を身につけて高額な機材を購入して自作プログラムで動画を弄るという流れが一般的だったと思いますが、ここ2、3年は、動画変換用ソフトも普及したし、高速情報処理に対応するCPUとグラボもリーズナブルな価格で購入可能になってきました。動画変換といっても色んなツールが存在しています。ただ、英語版のソフトの操作が厄介ですし、日本語で利用できるシンプルな管理画面を提供するソフトがたくさんあるわけではありません。ここでDVDのコピーをどうすればいいのかと悩み、どうにかして動画を変換したい時に人工知能技術に基づいたDVDFab Enlarger AIを大いに助けてくれます。

DVDFabで手軽に動画サイズ拡大とDVDコピー

発行部数が1億5000万部を突破した鬼滅の刃のレンタルDVDを丸ごとにコピーしたいなら、まずはコピーガードを解除する必要があります。このを工夫を施すには圧倒的な人気を集めたDVDFab DVD コピーをおすすめします。このソフトで元の画質を損なうことなくDVDに保存された情報を自分のパソコンにコピーすることができます。DVDからデータを取り出そうとする前にコピーガードを解除する行為で著作権を侵害するか否か必ず確認しましょう。

 i  無料ダウンロード  

DVDFabインストール中

DVDFabを立ち上がるとこのような管理画面が表示されます:

DVDFabの管理画面

管理画面の中心に動画ファイルを移動させると動画変換が開始できます。動画ファイルをDVDに焼くDVDFabの様子は以下の様になっています:

CPUで動画処理を行うDVDFab

次にパソコンに保存した動画の品質強化について述べたいと思います。

動画サイズ拡大をどうやって?

スマホやビデオカメラを使って撮影した動画の解像度が端末の設定と機種によって異なることに気づいたことがありますでしょうか?

例えば、スマホで動画を撮りましたけど、それを画面の大きいテレビを使って再生しようとすると画質が劣化してしまって、動画を楽に鑑賞できません。こんなことを経験してお手上げ状態で大型テレビでの動画再生をやめてしまう人も多いのではないでしょうか?

テレビや画面の大きいパソコンでも高品質な動画を鑑賞したいなら、まずはその解像度を上げなければなりません。ただし、情報技術の観点から考えると動画の品質を簡単に上げることが出来ません。ただ単に画素密度を弄って動画変換を行うと品質が劣化してしまいますのでより賢明な方法が必要です。DVDFab 動画加工 AIが最近圧倒的な人気を誇る人工知能技術の基盤で全ての画素を余すことなく分析・補正し高品質な出力動画ファイルを作成してくれます。この魔法のような技術で少し古めの携帯で撮った480P(SD)動画をほとんど手数をかけることなく大型テレビでも鑑賞できる1080(HP)画質の動画に変換できます。

 i  無料ダウンロード  

今回はDVDFab 動画加工 AIを使って見ました。使用言語を日本語にしてDVDFabをスムーズに操作することが出来ました。具体的に何をしたかというと、まずはDVDFabのWindows対応の無料体験版を公式サイトからダウンロードしました。そしていつもの流れでDVDFabインストールし、管理画面を起動しました。このようになりました:

DVDFabによる動画加工AIの管理画面

操作はめちゃめちゃ簡単で拡大したい動画ファイルを管理画面の中心にドラッグアンドドロップ(移す)ことだけで済みます。

すると、以下のような選択項目が表示されますが解像度以外の設定を変える必要が特にありません。

動画加工AIで動画変換を行う

「開始」ボタンを押しましょう。そして次に「はい」を押すと動画変換開始です。

「はい」を押しましょう

CPUで処理するか、グラボで処理するか選択可能です。私のノートパソコンのGPUがCUDAに対応しておらずCPUのみの処理を選択しました。GPUなしで動画変換を行おうとすると完了するまでは長い時間がかかると思いましたが実際やってみてあという間に出力ファイルが現れました。

今回はCPUのみ動画変換

もちろん大量の画像や複数の動画をいっぺんに変換したいなら強力なグラボを使った方が速いです。

動画変換開始状態

以下はDVDFabが動画変換を行う様子です:

動画解像度を200%に拡大

小さいファイルをCPUで変換すると数秒で完了するはずです。

動画変換完了

DVDFabで動画品質強化を

DVDFabの非常に役立つ動画加工機能が最先端のニューラルネットワークエンジンを駆使し、鮮やかさに欠けた動画の彩度を再調整することも出来ます。動画配信サイトからダウンロードした動画の品質向上にも使えますので、いつもユーチューブで見ている番組やアニメ(鬼滅の刃など)の高解像度版をスマホで鑑賞したいなら是非是非DVDFab動画品質強化AIを活用しましょう。

AIを駆使して写真加工を

そして最後に写真撮影について解説したいと思います。ここで重要なポイントは、スマホでプロ並みに写真を撮るのが簡単ではないというところですね。何気なく撮影したり、光を気にせずに下手くそな写真を撮ったりすることがよくありますよね。この時にぼやけた写真や、低解像度の画像をどのように修正したらいのかというと、前述の写真加工向けのAI技術を使ってぼやけやノイズを減らすことで鮮やかさに欠けた写真に命を吹き込めましょう。

 i  無料ダウンロード  

DVDFab写真加工AIをインストールした後、管理画面で希望する機能を選択しましょう:

DVDFab写真加工AIの管理画面

私がよく使った機能が「漫画化」でした。「漫画化」ボタンを押し加工したい画像ファイルを管理画面の中心にドラッグアンドドロップすることで漫画化機能を起動します。画像処理中の様子はこのようになっています:

DVDFab写真加工AIで漫画化を使う様子

CPUエンジンを使ってもそんなに時間がかからないはずですね。そしてパソコンに保存された出力ファイルをチェックしてみるとこんな感じですね:

正直思ったよりいい結果になりました。東京の風景を処理したあとに数枚の写真もさっさと加工してみました。漫画化機能の品質について文句を言えないですね。実際の使用経験から言ってそこそこ良いツールではないかと思いました。

まとめ

用途の広い人工知能と深度学習技術を採用したDVDFabが動画と画像変換の為にいくつかのツールを提供するソフトウェアパッケージです。一般利用者でもDVDFabの非常にシンプルな管理画面を使って動画編集を行うことが出来ます。最先端情報技術を駆使したこの動画変換ソフトが実現する480pの動画から真の1080pの動画にアップスケールする機能が稀ですし、DVDFabが間違いなく最高の使用経験を提供します。これほど便利なツールを使うと動画の変換について悩む必要はなくなってきます。そしてお勉強が好きな方はDVDFabブログでDVD解像度についての記事も読んでみてくださいね。

上記の内容がお役に立てれば幸いです。