「絶対零度3」のミハンシステムのように未来のことを予測して検知する力があればかっこいいじゃありません?AI はそのような能力があります。AI 映画動画なんて所詮ドラマにすぎないと言いたい人がいるかもしれませんが、現実でも無理ではありません。そう考えるなら大間違いです。アメリカ銃乱射事件動画で、犠牲者の両親がAI で息子を蘇って最近のアメリカ大統領選挙で投票した件もあります。また、この間、撮影中の「キリンが来る」ドラマは、ヒロイン役者である尻沢エリカのスキャンダルでやむを得ず別の女優に変更して再撮影しました。実は、AIテクノロジーを利用すれば、撮影することなく視聴者が気付かず顔だけ変更できます。AIは人口知能とも呼ばれるスマートエンジンで、様々な分野で利用できます。ここでAIの機械学習能力で動画を高画質化する能力を示します。

目次

なぜ動画を高画質化する必要があるのか?

動画の高画質化というのは、古くて画質が荒い動画、撮影機械、環境の原因でノイズがひどい動画、または手振れがひどい動画を補正、復元することです。古い映画、ドラマなど、Blu-rayが発売されたことがないので、DVDディスク、またはDVDから変換されたビデオしかありません。もちろん、テレビでしか放送されたことのないニュース、バラエティー番組、インタビューなどの動画もたくさんあります。今や高画質な映像が当たり前なことですが、かつてのアナログ時代の映像と、今の地デジ時代の映像とでは、画質の細かさが月とスッポン並みに違います。ネットで以前のテレビ番組の動画も結構アップされていますが、見たいものを見つけられたとしても、画質が悪くて存分に楽しめないこともよくあるでしょう。

ユーザーがアップロードしたビデオは、通常、特定のコードで圧縮されますので、ブロックノイズやリンギング効果などのアーティファクトが発生しやすくなります。動画の画質は撮影機械、技術、経験など一連の客観要素に左右されます。

インターネットで見た動画を保存して、高画質化したら、ほかの高画質動画と一緒に編集しても違和感がありません。解像度の低いDVDビデオの輝度とコントラストを改善して、映像のノイズを除去することで、画質を良くして、高解像度のHD動画に変換することもできます。

どんなツールを使って動画を高画質化できるのか?

従来の映像復元なら、一本の映像を修復するには、数十人がともに数日間、数十日間作業しつづけなければなりませんでした。今は違います。新しい動画高画質化ツールが登場して、そのキーワードが「AI」です。

「AI」は「人工知能」です。もともと「人工知能」というのは、人間と同じように振る舞うことですが、動画や写真を高画質化する特化型人工知能もあります。特化型人工知能とは、一つのことに特化した人工知能を指します。AI動画高画質化技術の処理により、元のぼやけた暗いフィルムが鮮明になり、動画の中の人物・キャラクターのアーティファクトが除去され、テキストの端のバリがより繊細になります。同時に、一部の古い映画ビデオでは、当時の技術的なボトルネックや時間が流れたことで、人間の目に区別できないぼやけた部分がしばしばあります。

動画高画質化は、ディープラーニングによって動画を修復して、映像をより繊細にし、古い映画に新しい命を吹き込むことができます。このような技術はすでに大手動画サイトを運営する会社やテレビ局などに使われていますが、個人用なものは今までなかったです。ただ、最近個人ユーザーが利用できるAI動画高画質化ツールが登場しました。それがDVDFab Enlarger AIと動画加工AIというソフトウェアです。

まず、パソコンの動画環境とサポートのグラフィックカードを確認します。動画高画質化のAIアルゴリズムはハードウェアの強力な計算力を必要としています。最高な画像の拡大効果と、より速い処理スピードを実現するために、最も強力なAIハードウェアデバイスを使用することをすすめます。Enlarger AIは互換性のあるNVIDIAグラフィックカードの最新のCUDAおよびcuDNN GPUアクセラレーションテクノロジーを利用して、変換プロセスを劇的にスピードアップできます。より短時間の動画アップスケーリングを実現します。Enlarger AIと動画加工AIはパワフルなハードウェアでパワフルな動画高画質化機能を発揮できます。

Enlarger AIと動画加工 AIで動画高画質化するには必要な動作環境

運行環境: Windows 10 (64 bitのみに対応)
必要なRAM:最小限8㎇
CPUモードで画像を処理するには:2015年以降のIntel CPU(第4世代)、2016年以降のAMD CPU
GPUモードで画像を処理するには:Nvidia 750Ti(GPU Compute 3.5)以上2GB以上のVRAM、AMDならGCN 1.0例えば HD 7750
サポートグラフィックカードとCPU

ヒント:AIの技術制限性とパソコンのスペックによってAI動画高画質化処理でかかる時間は遥かに違います。また、AIテクノロジーを使わない通常の動画拡大処理と比べて、結構時間がかかることを覚悟してください。その代わりに、AIで高画質化動画の品質も素晴らしいです。

DVDFab Enlarger AIを使って、DVD動画ファイルをBlu-ray動画に変換して高画質化方法

DVDFab Enlarger AIはDVDFab社が新しく開発した世界初の深層学習によるビデオアップスケーリングソリューションです。超解像度復元技術を採用し、ビデオ画像を300%まで拡大して、細部までが見えるように修正し、ビデオの画質を高めます。Enlarger AIに実装されている超解像度復元技術は、ビデオをSD(480p)からFull HD(1080p Blu-ray標準)に拡大します。解像度だけでなく、動画画像の鮮明度も大幅に向上します。集めてきた古いDVDムービーやその他の低解像度動画を完璧に復元します。

Enlarger AIで動画高画質化する際、サポートの動画フォーマット:DVD & Blu-ray ディスク/ISO ファイル/フォルダー、各形式の動画ファイル
以下は、動画高画質化の具体的なガイドです。
動画 高画質化ステップ1.DVDFabソフトをダウンロードします。Enlarger AIはDVDFabのDVDブルーレイ変換と、リッピングと、変換ツールと一緒に動作しますので、Enlarger AIを利用するには、「DVDFab 12」をダウンロードする必要があります。ここでDVDブルーレイ変換ツールと一緒に動作する場合を例にして説明します。

ヒント:Enlarger AIはWindowsOSしか対応しないが、DVDFabはWindowsとMacOS両方に対応しています。
下記のボタンをクリックして、DVDFabをダウンロードしてください。

 i  無料ダウンロード    i  無料ダウンロード  

動画 高画質化ステップ2.指示に従ってソフトをインストールします。インストールができたら、ソフトを起動します。

動画 高画質化ステップ3.上のメインメニューで「コピー」をクリックします。そして、小さい矢印アイコンをクリックして、「DVDブルーレイ変換」を選択します。


動画 高画質化ステップ4.「追加」または真ん中の「+」ボタンをクリックしてDVD ISOファイル、DVDファイルフォルダを読み込みます。


動画 高画質化ステップ5.読み込みが終われば、「Enlarger AI」のところにチェックを入れて選択します。そして、チャプター、字幕、音声トラックなどを指定します。更に、詳細設定をクリックしていろいろ設定できます。


動画 高画質化ステップ6.下の保存先でフォルダアイコンをクリックして出力ファイルの保存先を指定することができます。そして、「開始」を押します。

動画加工 AIで動画画質 鮮明化の方法

DVDFab 動画加工 AIは古い動画の品質を高め、低解像度の動画を4Kまでアップスケーリングします。ニューラルネットワークと超解像技術によってトレーニングされたAIモデルを使用して、全自動処理で低解像度の動画を画質 高画質化します。
入力・出力対応フォーマット:MP4 H.264, MP4 H.265, MKV H.264, MKV H.265
以下は、動画加工 AIで動画を鮮明化する方法です。

動画画質 鮮明化ステップ1:下記のボタンをクリックして動画加工 AIを無料ダウンロードしてください。

 i  無料ダウンロード  

そして、インストールして起動して鮮明化したい動画を読み込みます。

動画画質 鮮明化ステップ2:言語設定と認定を行います。
右上の三角形アイコンをクリックして「設定」で言語を日本語化します。
無料で5ファイルを体験できますので、体験ユーザーは認定を行わなくてもOKです。アカウントがあれば、次の方法で操作してください。右上の三角形アイコンをクリックして「認証」をクリックして認証画面に移動します。認証画面でメールアドレスとパスワードを入力すれば認証できます。

動画画質 鮮明化ステップ3:右側でAIモデル(映画、ホームビデオ、webビデオ)、出力フォーマット(MP4 H.264, MP4 H.265, MKV H.264, MKV H.265)、解像度、ビットレートを決めたら「開始」をクリックします。

動画画質 鮮明化ステップ4:必要な動作環境が確定され問題なければ動画高画質化処理を始めます。

以上で、AI技術を搭載した動画高画質化ソフトDVDFab Enlarger AIと動画加工 AIを使って、DVD動画を高画質化して、ブルーレイに変換する方法を紹介しました。

Enlarger AIと動画加工 AIの違い

①サポートフォーマット
前者はDVDをBDに変換したり、DVD・BDを一般動画に変換したり、一般動画形式をそのままで出力したりすることができます。それに対して、後者は入力形式でも出力形式でもMP4/MKV H264/H265のみに対応します。
②単独性
前者はDVDFab DVDブルーレイ変換、DVD/BDリッピング、動画変換の中からの一つと連携して動作しなければなりません。後者は動画加工 AIソフトをダウンロードするだけで使えます。

豆知識

動画の鮮明度に影響する画質を決める重要なポイント

解像度は単にビデオ画面のアスペクト比を表します。1080pは1920 * 1080の解像度ですが、1080pまたは4kが最高の画質であることを意味するわけではありません。ビデオ素材の品質が良くなければ、解像度が高くても役に立ちません。逆も同じです。ソフトウェアを使用して低品質のビデオを高解像度に作成することもできますが、品質は向上しません。
フレームレートは、実際には1秒あたりに表示されるビデオのフレーム数です。ビデオアニメーションは実際には連続したフレームで構成されていることがわかります。60フレームは、ビデオが1秒あたり60フレームを表示し、30フレームが1秒あたりのビデオであることを意味します30フレームが表示されるため、60フレーム画像は30フレーム画像よりも滑らかに見えます。
コードレートは、ビットレート(秒単位で送信されるビット数)とも呼ばれます。単位はbpsです。ビットレートが高いほど、1秒間に送信されるデータが多くなり、画質が明確になりますが、これも絶対ではありません。ビデオのビットレートが良い画質を表示するのに十分な場合、これ以上ビットレートを向上するのは無駄です。

ビデオの品質を決定する要因

動画ソースの画質
それを影響するのは主にビデオ録画用の機器と、照明、高速ダイナミック映像か静止画像かなどを含めたビデオ撮影の環境です。
ビットレート
簡単に言えば、ビットレートが大きいほど、動画ファイルに含まれるコンテンツが豊富になり、画像の詳細が豊かになり、全体的な画質が元の素材に近くなります。ビットレートが画像が必要となるディーテルをサポートできない場合は表示される画像はぼやけます。

色具合や明るさ、コントラストなど、他にも重要な要素があります。
たとえば暗い画面を明るくしたり、明暗を変えてメリハリをつけたり、色調を少し変えてみたりすると、それだけで非常に見やすい画面になります。
さいわいスマホの画面は小さいので、解像度はそのままでも、画面にメリハリをつけることだけでも動画の画質、見やすさを上げることができます。

明るさ(明度)の補正
明るくしすぎれば画面は真っ白になってしまいますし、暗くしすぎれば真っ暗になってしまいます。
コントラストの補正
コントラストは明るさの対比のことで、高いほど明暗がくっきりするので明瞭な映像になるのが一���的ですが、高すぎると画面がどぎつくなります。
彩度(色の鮮やかさ)の補正
彩度は「色の濃淡」に直接かかわるので、主観が作用しますが濃すぎるとやはり画面はどぎつくなります。
シャープネスの補正
シャープネスは動画の画質の「精細感」に最も影響を与える補正です。
強くすると輪郭がくっきりしますが、強くしすぎると粗くギザギザになってしまいます。
特に元動画の解像度が低い場合にその影響が強く、くっきり感は出ても輪郭は粗いものになってしまいます。「シャープネスがかかっているかな?」という程度にしておくのがコツです。
色温度の補正
色温度というのは、K(ケルビン)という単位で表しますが、色温度が高いほど寒色系(青系)、低いほど暖色系(赤系)の色になります。

AIの実用例

AIは人口知能とも呼ばれるスマートエンジンで、その識別・予測・実行能力で農業、製造業、交通、教育、金融など様々面で実用できます。例えば、多くの動画からわいせつ動画を検出したり、特にデザインや広告で、AIが自動的に素材をマッチングしたり、自動運転や、自動通訳、ゲーム実況プレイ、動画サイトの動画検索、不良品の振り分け、倒れている人を検出、自動マーチング、保険・リスクう予測、自動対話、スーパーでの万引き検知したりなど、様々な用途があります。
ここでは、AIが我々の生活に最も緊密な交通/教育に関する活用例のみを例にして説明します。

交通

  • 交通信号の制御を最適化して時間を節約しながら交通事故を減少させます。
  • 自動運転の路線や利用率などを分析します。
  • タクシーの需要最適化、フライト遅延の予測をします。
  • 需要によってタクシー量を最適化します。
  • 空港や駅でチャットボットやロボットアシスタントを配置して効率的に作業します。

教育

  • 各生徒の知識や学習能力に適するパーソナライズ教材を作成します。
  • 学校や付近に不審者や以上があるかどうかを自動的に検知します。
  • 先生がいなくて��生徒の出席や行動をトラッキングできます。
  • 宿題チェック、作文の自動評点などをします。
  • 先生の口頭説明をリアルタイムで文字化したり、盲人に文字を音声に変換したりなどします。

まとめ
AIテクノロジーは革命を起こす力があります。とりあえず、Enlarger AIと動画加工 AIで動画を高画質化してビデオの世界で革命を起こしましょう。

関連記事:
動画の解像度について
AIで画像/動画の解像度を上げる方法【AI用語付き】
DVDFab AI製品レビュー
簡単に動画を高画質化させる方法
無料でYouTube動画をスマホにダウンロードする方法