1.FLACファイルとiTunesについて

1.1 FLACファイルとはなんですか?

FLAC (Free Lossless Audio Codecの略)はデジタル音声ファイルの無損失圧縮形式の一つで、ハイレジの音源のために広く使われています。その拡張子は「.flac.」或いは「.fla」となっています。音質劣化なしにデータ容量をある程度に圧縮できるロスレスコーデックとして、FLACファイルはCD音源並の高音質を持ちながらも、同じく音質劣化無しのWAVなどのオーディオフォーマットよりサイズが小さくて利用上では便利です。

そして、FLACファイルは可逆音声圧縮コーデックをしているため、圧縮や変換されたとしても、いつでもお好きな時に元の形式に戻れます。高音質しかもデータサイズが小さくて、可逆音声圧縮のできるという2つのメリットで、FLACファイルはハイレジ音源オーディオの愛好者の間で非常に人気です。

1.2 iTunesにFLACファイルを再生できない原因とは?

iTunesの定義についても簡単に説明します。iTunesはアップル社によって開発されたメディアプレーヤーで、多くのアップル社製品の使用者や音楽愛好者に愛用されています。iTunesはMP3、AAC、AIFF、WAV、Apple Lossless形式の音楽ファイルに対応していますが、FLACファイルには対応していません。具体的には、iTunesが対応できるオーディオ・フォーマットは以下ご覧のようです。

iTunesが対応できるオーディオ・フォーマット

MP3

AAC

AIFF

ALAC

WAV

Apple Lossless

HE-AAC

 

音質に拘り、アップ社の製品も利用している数少なくない音楽愛好者にとっては、自分のアップルのデバイスに高音質のFLAC 音声ファイルを再生できないのは悩ましいです。ですので、「FLACファイルをiTunesに取り込む方法」とかの問題はヤフーの知恵袋などでよく発見されます。

さて、FLACファイルをどのようにしてiTunesに取り込みますか?FLACファイルをアップル社のiTunesという音楽プレーヤーに追加し再生しようとすると、いつも失敗になるので、iTunesではFLAC対応不可能であることは事実として認められています。しかし、特別な対処法をすればFLACファイルをiTunesに取り込めます。

その中に、FLACファイルをiTunesに対応できるフォーマットに変換してから再生するのは一般方法となります。基本的に、FLACファイルを上記の表に列挙された任意の音声ファイルに変換すると、iTunesで再生できるようになると言えます。本文ではFLACファイルをiTunesに取り込む代表的な方法を列挙し紹介いたします。

2.FLACを変換し取り込む最強のソフト――DVDFab動画交換

FLACファイルをiTunesやIOSなどのアップル社が自社開発した端末装置で再生したいのなら、特別な方法を使わなければいけないと思います。まず頭の中に浮かんでくるのはやはりFLACファイルのフォーマットをiTunesがサポートするフォーマットに変換することでしょう。

そして、上記に触れた七種類のフォーマットの中で、一番汎用しているMP3の音声フォーマット以外に、音質劣化なしのWAVのフォーマットと、Apple Losslessというアップル社が自社開発した無損失な音声フォーマットもいい選択です。では、WAVという音質劣化無しのフォーマットを例として、具体的な変換方法についてご紹介しましょう。

まず一番強くおすすめしたいのはDVDFab社によって新しくリリーズされた強力なDVD・動画の変換・作成・コピーソフトーーDVDFab動画変換です。DVDFab当社は近頃、心と誠意を込めて当社の定番製品DVDFabバージョン12のDVDFab12シリーズを新しくリリーズしました。ダウンロードして試してみてはいかがでしょうか!

2.1 DVDFab12動画変換の特徴・メリット

DVDFab動画変換は以下の顕著的な特徴とメリットがあります:

A. サポートや出力するフォーマットが多くて、動画/音声ファイルは様々なビデオ / オーディオ・フォーマットに変換できます。

B. ノンリニア編集機能を搭載し、オーディオ・ビデオ・パラメータを自由に編集できます。

C. インターフェイスが簡潔で、シンプルで直感的に操作できて、時間を大幅に短縮してくれます。

D. 動画を変換する際、Enlarger AI*と連携させ、超解像度復元技術を使用し、ビデオ画像を300%まで拡大しながらも画質落とさずに、480pから1080p、または1080pから4Kにアップスケールできます。

E. オーディオを変換する際、無損失或いはロスレスで音源ファイルのDVD並びのハイレジ高音質を維持できます。

F. WindowsとMac OSにも対応できて、30日間の全機能体験版が利用され、広告などの有害情報や障害無しに30日間無料で全機能を体験できます。

2.2 DVDFab12動画変換でFLACファイルを変換する手順

本節では、DVDFab12シリーズのDVDFab動画変換を使って、どのようにFLACファイルをiTunesのサポートする音声ファイルの形式に変換する具体的な手順をご紹介します。一括に以下ご覧のように簡単な極みです。

  • ① DVDFab動画変換に普通の対応しやすい形式に変換したいFLACファイルを追加します。
  • ② どの音源ファイル形式に変えたいかを決めます。
  • ③ 出力先を設定します。
  • ④ 「開始」ボタンをクリックして変換完了のを待ちます。

具体的には:

STEP 1

DVDFab動画変換、或いはDVDFab12をダウンロードし、パソコンにインストールします。既にダウンロードした場合、お使いのDVDFab動画変換を最新版にアップグレードしてください。

 Windows版無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 
STEP 2

DVDFab動画変換を起動し、上のツールバーのオプションバーから「変換」のモードを選択します。そして変換したいFLACファイルをインターフェイスの真ん中にドラッグ&ドロップし、或いは「+」ボタンをクリックしてファイルをインポートします。

STEP 3

FLACファイルが自動的に解析された後、インターフェイスの真ん中の「カスタム」ボタン<「他のプロファイルを選択」のボタンをクリックします。

STEP 4

選ばれるフォーマットのフェースが現れたら、左のツールバーでの「オーディオ」をクリックし、お好きなiTunes対応フォーマットを選択します。

容量に気にせずに音質のほうに拘りのある方はWAVを選べばいいです。音質を気になり、しかもiTunesだけに再生するといいと思う方は、アップル社専用の形式Apple Losslessを選択するのをおすすめです。それに、一番汎用しているフォーマットのMP3を選択するのもご自由です。

STEP 5

左下の「出力先」を設定した後、「開始」ボタンをクリックして変換完了を待てばいいです。

WAVの形式ほぼすべての音楽プレーヤーで再生できるし、音質のほうもこの上のないですが、データサイズが大きいという原因で、特に愛用されているとは言えません。そして、アップル社の製品を愛用する方にとっては、アップル社自社の可逆圧縮形式のApple Losslessに変換するのは一番便利ですね。DVDFab動画変換はこのApple Lossless可逆圧縮形式に変換するのもサポートします。さらに、アップル社の製品に向かう専門的なソフトもあります。以下ではご紹介し続けます。

3. FLACを変換し取り込み他のソフト

機能性の強いDVDFab12とDVDFab動画変換の他、FLACファイルをiTunesの対応形式に変換する専門的なソフトは他にも存在します。ここで他の厳選ソフトにもご紹介しましょう。

   FLAC2iTunes 

FLAC2iTunesはFLACファイルをiTunesのサポートする音楽形式に変換できるもう一つの有名な定番の音楽ファイル変換フリーソフトです。Macユーザーに愛用されています。その名の通り、FLAC2iTunes はiTunesで再生できるオーディオ形式Apple Losslessファイルに変換するためにデザインされたかもしれません。それに、その使用方法も見ればわかるように、初心者でも手軽に使用できます。

ダウンロード:https://github.com/cbguder/FLAC2iTunes/downloads

4.    まとめ

本文では、FLACファイルのiTunesでの再生不可能の背景と原因を述べながら、iTunesに対応できる音声フォーマットに変換してから取り込みという便利で役に立つ方法を提示し、iTunesにてFLACのハイレジの音源形式の音楽を再生するように紹介します。今回はアップル社の製品をご自由に購入して、「好きな形式で再生できない」などの心配を捨てて、ご自由に気軽に高質量な音楽を鑑賞しましょう。