一.音声ファイルの主な種類

よく使われる音楽ファイルは様々な形式があり、それぞれに違った特徴があります。

①WAVE:Microsoftが開発したWiindows用の音声ファイル形式で、非圧縮ファイルのため、データサイズは重い大きい。
②AIFF:Appleが開発したMac用の非可逆圧縮のファイル音声ファイル形式で、一度圧縮(変換)すると、元に戻せない。
③MP3:データサイズは、原音の約10分の1で、CDとほぼ同じ音質を持っている。
④AAC:MP3の後継にあたるファイル形式で、MP3より若干データサイズが大きいが、音質は良い。また、AIFFと同じように、一度圧縮(変換)すると、元に戻せない非可逆圧縮のファイル形式です。
⑤FLAC:データサイズは原音の約半分で、変換後も元に戻せる可逆圧縮のファイル形式です。

この中でM4Aがないことを見つけることは難しくありません。実はM4Aとは、ACCにつく拡張子からです。
M4Aファイルとは、音声データを記録するファイル形式の一つで、MPEG-4規格で定められたMP4ファイル形式を音声用に米アップル(Apple)社が独自に拡張したものです。AAC形式またはApple Lossless(ALAC)形式で圧縮した音声データを収録できます。

二.おすすめのM4A編集ツール

常にM4Aファイルなどの音声ファイルを専門な編集を行いたい場合は、専用のツールを利用する方がいいです。ここでお薦めしたいのはDVDFab Toolkitです。

DVDFab ToolkitはM4Aのような音声ファイルを編集するには最良のソリューションです。内蔵のオーディオツールはオーディオ形式の変換、音量の調整などの基本的な音声編集はもちろん、タイムラインから不要なオーディオクリップの削除のような機能も兼備しています。
また、DVDFab ToolkitはすべてのフォームのオーディオファイルをAAC / AC3 / FLAC / M4A / MP3 形式に変換し、お持ちのデバイスで楽しんだり、テーマソングや音楽を抽出したりします。つまり、DVDFab Toolkitを利用するとM4Aファイルを好みに応じて編集することができます。

三.M4Aを無劣化に編集する方法

・Step 1:DVDFab Toolkit ダウンロードしてインストールします。
公式サイトにアクセスして、DVDFab ToolkitをPCにインストールしてから、起動します。右上隅の三角形をクリックして「settings」によりToolkitを日本語化します。
 

・Step 2:「オーディオツール」から実行したいM4Aの編集を選択して(*ここではM4Aの音量調整を例として使い手順を説明します。他の機能の利用方法はほぼ同じです。ご参考に。)、次の画面で「+」をクリックしてM4Aファイルを読み込みます。


・音量調整


 

・Step 3:音量のつまみを利用して、M4Aファイルの音量を0から500% まで調整できます。

・Step 4:下部のフォルダをクリックして出力ファイルの保存場所を決めてから「スタート」を押します。そうすると、M4Aファイルの音声調整プロセスは開始します。この後、M4Aファイルについてまた他の編集をしたいなら、「STEP2.」のように繰り返して操作すればいいです。

この後、M4Aファイルについてまた他の編集をしたいなら、「STEP2.」のように繰り返して操作すればいいです。

まとめる

※DVDFab ToolkitはM4Aのようなオーディオファイルの編集だけでなく、ビデオファイルについても強力な編集機能を備えています。もし、動画の再生速度を変えるたいと、DVDFab Toolkitもあなたの最良の選択だと思います。