動画は最高のエンターテイメントです。YouTubeの人気は、人々が動画に興味がある証拠です。動画の再生、編集、変換に使用できるツールは多数あります。この記事では、このようなツールについて説明します。

「iMovie」という名前は、おそらくそれがApple製品であるということをユーザーに印象付けるでしょう。はい。iMovieは、Apple Inc.によって設計及び販売され、MacおよびiOSベースのデバイス向けの動画編集ソフトウェアプログラムです。様々な動画編集機能とともに、プロジェクトのオーディオを強化できます。この記事では、iMovieで動画を編集する方法(つまり、iMovieの使い方)について説明します。

iMovieは簡単に動画編集ができるアプリです。操作はそれほど難しくなく、初心者でもクオリティの高い動画を作成できます。

iMovieはもともと有料でしたが、2017年4月より無料で利用できるようになり、利用者も増えてきました。

ここでは、iMovieの基本的な操作方法と動画作成の手順について解説します。

Part 1:iMovieを使って、動画を編集する方法

iMovieの使い方 ー Mac

では、工程順に具体的な操作方法を説明していきます。動画を編集するのは、以下のような工程になります。

1. iMovieのアプリ内に動画を追加する
2. 動画の不要な部分をカットする
3. テロップの挿入をする
4. 動画の切り替え部分にエフェクトをつける
5. BGMをつける
6. 動画を保存する

iMovieのアプリ内に動画を追加する

iMovieを起動します。
最初の画面で「↓」マークの「メディアを読み込む」をクリックし、デバイス内の動画を参照しアップロードします。

iPhone、iPadの場合は、iMovieを立ち上げて「+」マークをクリックします。

上段に追加した動画が一覧で表示されるので、それをクリック→ドラッグして、下の段に移動させると、その動画の編集ができるようになります。

動画の不要な部分をカットする

動画の不要な部分はカットしていきます。

動画のカットしたい部分の頭をクリックして黄色い枠線を移動させます。そこで、右クリック→「クリップを分割」を選択します。

すると、その作業をした前と後で動画が2つに分かれます。

次に、カットしたい部分の末尾も同じように、黄色い枠線を合わせ、右クリック→「クリップを分割」を選択し分割します。

すると、元々1つだった動画は使用する動画(前)、トリミングする部分の動画、使用する動画(後)の3つに分けられたことになります。

この真ん中のトリミングする部分の動画について、この動画部分の上で、右クリック→「削除」を選択すると、トリミングが完了します。

テロップとタイトルの挿入をする

iMovieの上部にある「タイトル」をクリックします。すると、素材一覧が表示されます。使いたい素材をクリックして選択します。

すると、下段の動画上に、紫色のバーが出現します。これは、動画のどの部分からどの部分まで、どんなエフェクトがついているかを示すものです。この場合、動画の中盤に「タイトルテキスト」が追加されたことを表します。

ドラックして、好きな動画の部分にテキストが表示されるように調整します。

そして、そのままの状態であれば「タイトルテキスト」と表示されているだけなので、文字部分をクリックして、任意のテロップになるよう文字を入力します。エンターキーを押して保存します。

同じ要領で、動画の冒頭にもタイトルテキストを挿入しておくと、動画をわかりやすく管理するのに役立ちます。

BGMをつける

iMovie上部の「オーディオ」を選択します。すると、プリセットのサウンドエフェクトが一覧表示されるので、使いたい音源を選択し、ドラッグで下段に移動させ、使いたい動画の位置になるよう、左右に移動して調整します。

そのほか、iMovieには予めサウンドエフェクトが内蔵されており、それらの曲や効果音は自分で音源を調達しなくても動画に挿入することができますが、自分で選んだBGMを使うことも可能です。

その際、使用したい音源をデバイスにインストールした状態で「マイミュージック」をクリックし、デバイスにダウンロードされている曲の中から入れたい音楽を選択して「+」ボタンをタップすると挿入可能です。

iTunes Store以外にも、インターネット上で音楽をシェアしているサイトはたくさんあり、ダウンロードして動画に利用することが可能ですが、著作権の関係もありますので、なるべく二次使用フリーの音楽をダウンロードできるサイトから探すようにしましょう。

たとえば、PIXTA音楽素材、オーディオストックなどの商用利用可能な音源サイトから探す方法があります。

その他の音源についても、商用利用の有無によって扱いが違うことなどがありますので、その点に注意して使用しましょう。場合によってはレコード会社に許可をとって用いる必要もあります。


動画の切り替え部分にエフェクトをつける

動画の切り替え部分に、エフェクトをつけることもできます。

iMovie上部にある「トランジョン」をクリックします。すると、利用できるトランジョン効果が一覧になって表示されます。動画を分割しておくと、そこが動画の切り替わりとして、選択したエフェクトが適用されます。クロスディゾルブ、スピンイン、スピンアウトなど、さまざまなエフェクトを選択することができます。

動画を保存する

編集が完了したら、動画を保存します。

iMovieの右上にある矢印マークをクリックしてください。
すると、SNSへのシェアや保存など複数のアイコンが表示されるので、任意のものを選択します。

デバイス内に保存したい場合は、「ファイル」を選択します。ウィンドウのフォーマット、解像度、品質、圧縮などを設定して、青い「次へ」のボタンをクリックします。

すると別窓が表示されます。ファイル名の設定をし、保存場所を選択します。その後青いボタンの「保存」を選択します。

作成した動画をSNSに投稿したい場合、iMovieで編集した動画は、そのままSNSへシェアすることも可能ですので、「ファイル」ではなく任意のアイコンを選びましょう。

iMovieからは、たとえば以下のようなSNSに 直接投稿可能です。
● YouTube
● Facebook
● Vimeo
● iTunes
● Theater
● メール

 iMovieの機能 応用編 エンドロール動画を挿入

出演者や制作者の名前が下から上に流れていくエンドロールを作ることができます。結婚披露宴ムービーなどで役立つでしょう。やり方としては、次のとおりです。

「エンドロール」を配置する

動画編集画面から「タイトル」タブを選択します。「タイトル」タブから「エンドロール」を選択して、タイムラインの最後の動画の後ろにドラッグして配置します。

エンドロールにテキストを入力する

プレビュー画面をダブルクリックします。そして、タイトルや出演者名など、エンドロールで表示させたい内容を入力します。

長さを調節する

クリップの右端をドラッグして、エンドロールを好みの長さに調節します。

エンドロールの背景を選択する

エンドロールを動画の上に重なるように配置することで、動画を背景にエンドロールを流すことができるようになります。

以下は、Mac 動画編集ソフトーiMovieの使い方です。

1. MacでiMovieを起動し、「ファイル」-> 「新規プロジェクト」に移動して開始します。プロジェクトの名前を決めて、「作成」ボタンをクリックします。

2.編集したい動画をインポートできるようになりました。これは、「インポート」ボタンをクリックして実行できます。インポートしたすべての動画はiMovieライブラリで利用できるようになるので、Macで動画の編集を試してみる準備ができたら、そこに移動してそれらをストーリーボードに追加してください。

3.編集する動画を追加したら、プレビューウィンドウの上を見ると、それぞれが異なる編集ツールまたはメニューを表す一連のアイコンが表示されます。それぞれの上にカーソルを合わせて、その機能を確認し、必要なものを使用してください。カスタマイズ可能な編集に使用できるすべてのツールを学習するのに時間がかかる場合があります。

4.最後に、「ファイル」をクリックし、「プロジェクトを保存」オプションを選択してプロセスを終了します。


                                                    出典: https://douga-tec.com/?p=6740 

iMovieの使い方 ー iPhoneやiPad

iPhoneやiPadで動画を編集する場合は、以下のiMovieの使い方を確認してください。ここでiPhoneを例として説明します。

以上のように、簡単に動画編集が可能なiMovieですが、まとめると次のような作業、エフェクト、そのほか多くの機能が利用可能です。

● 動画のトリミング
● 字幕やタイトルなど文字の挿入
● BGMなど音楽の挿入
● トランジョン効果など演出の追加
● 動画素材の追加
● ビデオクリップの追加
● 書き出し(保存)
● SNSへのシェア
● フィルタ加工
● トリミング
● スライドショーの作成
● 動画との結合

「あなたのビデオを超大作映画に。」のキャッチコピーの通り、さまざまな機能があることがわかります。

動画をiMovieに追加する

1. AppleデバイスでiMovieを起動して、トップメニューの「プロジェクト」>「新規プロジェクト」をタップします。

ここで、2つのオプション、ムービーまたは予告編からムービーを選択します。画面に表示されているテーマから一つを選択します。ここで、画面一番下の「ムービーを作成」をタップします。

2.下のスクリーンショットに示すように、動画を選択するように求められます。プラスボタンをタップすると、iPhoneに保存される素材が表示されます。「ビデオ」をタップして、動画クリップが画面に表示されます。次に、使用したい動画をタップして、表示された黄色い線で囲まれて「」マークをタップして動画がタイムラインに追加されます。同じ操作を繰り返して、いくつかの動画クリップを追加できます。

iMovieを使って動画を編集する

1.タイムラインに、白い線が表示されます。動画の再生時に進行状況を表示することを意味する再生ヘッドを示します。再生ヘッドがまだ1つの場所にあるため、プロジェクトを左右にドラッグできます。そのため、調整または変更を行うには、プロジェクトを移動する必要があります。さらに、黄色のハンドルを使用して、プロジェクトに追加する動画クリップの部分を選択します。

2.これで、動画クリップの一部をタイムラインに追加したので、次はそれらを希望する順序に配置することです。そのためには、1つのクリップをタップしてホールドし、別の位置にドラッグします。

3.ここで、クリップを分割する必要がある場合は、既存のクリップの中央に新しいクリップを挿入できます。このためには、クリップの上に再生ヘッドを置いて、それを選択する必要があります。ここで、再生ヘッドを下にスワイプして、クリップを2つの部分にカットします。クリップは2つの部分に分かれているため、これらの2つの部分の中央に別のクリップを挿入することができます。

4.すべてのクリップについて、動画を綺麗に見るためにトランジションを設定できます。

これは、iMovieを使用して動画を編集する方法です。このガイドは基本的なガイドですが、実際にiMovieで動画を編集する場合、動画を好きなように編集するために使用できる多くの機能があります。iOSユーザーは、iMovieを使用して動画を編集し続けます。

iMovieの代わりになるおすすめの動画編集サイト『Video Cruise』

iMovieは、Mac、iPadなど、Apple製品対応のアプリであるため、WindowsのPCを使っていると利用することができません。そこで、WindowsのPCをお持ちの方に向けて、動画編集ソフトをご紹介します。

おすすめなのは、『Video Cruise』という動画編集ソフトです。

『Video Cruise』は使いやすく、編集の知識がない初心者の方でも簡単に動画を編集できるソフトです。さらに、動画編集経験者にとっても十分満足できる機能が満載です。動画、音声、画像は全て編集に対応している上、ほとんどの機能が無料版で利用することができるため、ハイクオリティな動画変換フリーソフトと言えます。

このソフトでは、次のような作業をすることができます。

● 動画制作
● 字幕制作
● GIFから動画への変換
● 動画からGIFへの変換
● 動画から音楽に変換
● ビデオから静止画を抽出

また、動画を編集する際に便利な、基本的なエフェクト機能もついています。

● 分割
● クロップ
● フリップとミラー
● 回転
● 動画の長さを設定
● 速度調整

このほか、高度な編集機能として、グリーンバック背景の加工やモザイク加工などもあります。

Video  Cruiseについて

アプリ『Video  Cruise』の基本情報についてまとめます。

●Video  Cruise
●無料ダウンロード可能(Windows11、10、8.1、8、7)
●有料版あり
●30日間返金保証制度あり
●ウイルスチェック済み

iMovieは優れていますが、すべての人が利用できるわけではありません。あなたの考え通り、Appleユーザーしか利用できません。ただし、WindowsユーザーとAppleユーザーの両方が利用できるツールについて説明します。また、このツールはDVDFab 動画変換ソフトであり、動画をある形式から別の形式に変換するために使用できます。さらに、出力動画も編集できます。


DVDFab 動画変換とは何ですか?
DVDFab 動画変換はDVDFabのモジュールの一つで、動画をある形式から別の形式に変換できます。すべての一般的な動画形式をサポートしています。変換中に動画の品質が低下することはありません。変換以外、この動画変換ソフトが提供する様々な機能を使用して動画を編集およびカスタマイズすることもできます。このツールは非常に使いやすいため、使用するのに技術的な知識は必要ありません。

DVDFab 動画変換を使用して、動画を変換する方法

DVDFab 動画変換ソフトを使用して、ある形式から別の形式に動画を変換する手順を確認しましょう。

1.まず、DVDFab 動画変換ソフトをダウンロードして、PC にインストールします。DVDFab ソフトウェアを起動して、トップメニューから「変換」を選択します。
2.次に、中央の大きな「+」アイコンをクリックして、別の形式に変換するソース動画を選択します。ここでは、MP4形式に変換するMKV動画ファイルを選択しています。

3.動画がツールにインポートされたら、「映画/テレビ番組を検索」の右にあるプロファイルをクリックして、出力フォーマットを選択して、画面下のフォルダのアイコンをクリックして、出力動画の保存先を選択します。「開始」をクリックして変換プロセスを開始します。
4.処理が開始され、しばらくすると「プロセスが正常に完了しました」というポップが表示されます。


DVDFab動画変換ソフトを使用して動画をある形式から別の形式に変換するために必要な作業はこれだけです。

DVDFab 動画変換を使用して、動画を編集する方法

ツールに動画を追加すると、2つのオプションがあり、クリックして動画を開いて編集することができます。
1つ目は「詳細設定」で、2つ目は「動画編集」です。

詳細設定

「詳細設定」をクリックすると、この画面が目の前に表示されます。動画とオーディオのオプションにより様々な変更を加えることができます。

動画編集

「動画編集」をクリックすると、この画面がポップアップ表示され、クロップイング、トリミング、明るさ、コントラストなどの多くのオプションが表示されます。オプションを使用して、動画を好きなように編集できます。


これが、このツールを使用して動画を編集する方法です。また、変更を加えると、上のスクリーンショットに見られるように、右側に出力動画の変更が表示されます。DVDFab 動画変換ソフトはおそらく、動画を簡単に編集し、すぐに変換するための最高のソフトウェアツールです。変換または編集後に品質が低下することはありません。

まとめ

iMovieはMacおよびiOSデバイスで動画を編集するのに最適なツールであり、DVDFab 動画変換ソフトはMacとWindowsの両方で動画を編集および変換するのに最適なツールです。この記事では、必要に応じて要件に従って使用できるように、両方のツールの動作について説明しました。iMovieのほかに、Mac、iPhone、Windows、Androidで利用できる無料の編集ツールも多数あります。動画編集ソフト 無料 をチェックして、詳細を確認できます。

この記事をまとめると、以下の内容となります。

1.iMovieは無料で利用できるMac、iPhone、iPad対応の動画編集アプリ
2.動画を作成するには、iMovieのアプリ内に動画を追加する→動画の不要な部分をカットする→テロップの挿入をする→動画の切り替え部分にエフェクトをつける→BGMをつける→動画を保存する の工程を踏むだけで簡単にできる
3.エンドロールをつける、スライドショーを作るなど高度な編集機能もある
4.作った動画はSNSへシェアすることもできる
5.WindowsユーザーはiMovie非対応のため、別の動画編集ソフトを使用する必要がある
6.Windowsユーザーにおすすめの動画変種ソフトは『Video  Cruise』で、多くの機能が無料版でも使用可能


いずれのアプリを使用する場合にも、SNSの投稿やBGMの著作権の関係など、注意すべきポイントはあります。公序良俗に反する使い方は避け、自己責任のうえでしっかりしたリテラシーを持って使うようにしましょう。