DVDFab 11をダウンロードし、30日間ですべての機能を無料体験しよう!

無料ダウンロード

どうやってiPhoneで動画を編集しますか?

2019-05-15 22:49:42

   投稿者 guyu

501

要約: iPhoneで動画を編集する方法が知りたい?iPhoneの写真アプリでは動画をトリミングできますが、他の更なるオプションは提供されていません。ですからここで私たちは動画を編集するための他の動画エディタと編集方法をお勧めします。

最も完全なマルチメディアバックアップソリューション

DVDFab 11は、世界で最も完全なマルチメディアバックアップソリューションパッケージとして、4つの主要なモジュール(コピー/リッピング/動画変換/作成)、及びその他の素晴らしい機能を持つ便利なユーティリティツールを提供します。

iPhoneカメラを使えば、動画をすばやく編集できる便利なデバイスになります。iPhoneで動画を編集する方法は、iPhoneの写真アプリから探せます。このアプリはiPhoneで動画を編集する方法の問題に対する完全な解決策ではありませんが、既存の動画から小さなクリップをトリミングして他のアプリで共有できるようにすることができます。

パート1 どうやってiPhoneで動画を編集しますか?(iPhone7/8/X)

1.ビデオの編集を始める前に、ビデオ自体が必要です。iPhoneギャラリーにビデオがまだない場合は、カメラアプリからビデオを作成します。

2.写真アプリを開き、編集したいビデオを選択します。iPhone Xでビデオが見つからない場合は、画面下部のアルバムオプションをクリックし、下にスクロールしてメディアタイプを探してから、ビデオを選択します。

3.ビデオを選択したら、iPhoneで動画編集する方法を見てみましょう。画面の右上隅にある[編集]ボタンをクリックしてください。

4.ビデオのタイムラインが下部に表示され、ビデオのフレームが示されます。タイムバーの両端にある白いバーを使ってドラッグし、必要な部分をトリミングします。バーの外側の部分(黄色になります)は削除され、バーの内側の部分はキープされます。



5.選択に問題がなければ、[完了]をクリックします。また訂正したいとこがあれは、[キャンセル]をクリックして再開します。

6. iOS 12(iPhone 7/8)より前のiOSバージョンを使用している場合は、元の動画自体を変更する[新規クリップとして保存]に加えて、[オリジナルをトリム]のオプションが表示されます。iPhone Xの場合は、「新規クリップとして保存」ボタンをクリックするだけで、元のビデオに影響を与えずにクリップを個別に保存できます。

7.保存したビデオが写真アプリに表示されます。

写真アプリには、ビデオトリミングという非常に基本的な機能が設計されており、それは簡単に共有できるクリップを作成するのに役立ちます。フレームレート、解像度などのビデオ属性を変更したり、テキストオーバーレイを追加したり、明るさやコントラストを変更したり、トランジションを追加したり、ビデオにエフェクトを追加したりするなどの編集はできません。あなたがそのような編集をしたいのであれば、以下探検しようとしているiTunesで利用可能な他のアプリを利用する必要があります。

パート2 第三方のソフトを使ってiphoneで動画編集をします

iMovie

 



iMovieを使ってiPhoneビデオ編集する方法がしりたい?Apple独自の製品スイートの一部であるiMovieには、ビデオを再生するデフォルト機能に加えて、ビデオ編集機能もあります。あなたのMac上でビデオを編集するために使うことができる多くのより良いアプリがありますが、iPhoneで、iMovieは一般的なビデオ編集タスクを達成するために十分な数のツールを提供します。

ビデオをiMovieインターフェースに読み込みます。その後、クリップにテキストオーバーレイを追加したり、ビデオをスライスしたり、画面を分割したり、基本的なトランジションを追加したり、フィルタを使用したり、タイトルやテーマを追加してビデオを美しくします。iPhoneの画面をつまんでズームするだけで、美しい魅力的なビデオを作成できます。

Filmmaker Pro

このツールは無料で試すことができ、その後は定期購読サービスが提供されます。ただし、iMovieが望んでいるものよりも多くのツールが必要な場合は、プロ品質のツールを購入するために少しお金を使う価値があります。



あなたがどのようにプロのタッチでiTunesでビデオを編集することができるかという疑問が持っているならば、このアプリは答えです。フッテージのグラデーションを修正して、ビデオにそのような余分なブラストを加えたり、白黒にしてヴィンテージにすることができます。

Filmmaker Proを使用すると、iPhone自体のビデオの明るさ、コントラスト、彩度を調整できます。動画にトランジション、タイトル、グラフィックを追加する機能もあります。

iTunesの他のビデオ編集アプリではめったに見られないユニークな機能は、緑色の背景を別の背景に置き換えることができることです。この機能は、偽の背景を作るために映画で広く使用されています。あなたの指先でこれを実行する機能を持つことを想像してみてください。

Clips

このアプリは、ソーシャルメディア用のクイックビデオを作成するためだけに設計されたものです。ビデオをキャプチャし、いくつかのエフェクトを投入し、いくつかの面白いステッカーを追加し、いくつかのグラフィックやテキストを追加すれば、ビデオの準備は完了です。



それを編集するためのビデオをインポートするだけでなく、新しいビデオを記録するためにこのアプリを使用することができます。それは同様に非常に最小限のタイムラグで来るビデオのキャプションを口述することを可能にします。同じシリーズのiPhone XまたはiPhoneを所有している場合は、自分撮りカメラも使用でき、優れたフィルタを使用すれば、ディズニーのキャラクターやダースベイダーのように振舞うことができます。

Videoshop

iPhoneでビデオを編集する方法を知りたい場合は、このアプリはもう1つの優れた選択肢です。スローモーションビデオを作成したり、フレームを傾けたりして人物や物をハイライトしたり、ビデオを逆に再生したりするのに役立ちます。



また、ご想像のとおり、フィルタ、タイトル、オーバーレイ、ビデオのトリミング、明るさの変更などの一般的な機能もあります。オーディオの面では、サウンドエフェクトや音楽を追加したり、あるいはボイスオーバーをすることもできます。

LumaFusion

iMovieとClipsは楽しい用途が多いのですが、LumaFusionはiPhoneでビデオをプロとして編集する方法の呼びかけに答えます。はい、このアプリはあなたがフォトジャーナリストやアマチュア映画製作者の新型のカメラと同様にiPhoneを使用することができます。



プレビューを提供している間それはあなたが一度に複数のトラックを編集することを可能にします。プロのビデオで頻繁に必要とされるように、アプリはあなたのビデオのインパクト値を改善するための強力なタイトルを持っています。そしていつもどおり、フィルタ、エフェクト、トランジションの追加など、他の変更もできます。

パート3 どうやって動画をiPhone対応するフォーマットに編集しますか

スマホには限界があり、ハンドヘルドデバイスでは実行できない編集がいくつかあります。 iPhoneのカメラで録画されていないビデオを編集したい場合でも、iPhoneでビデオ編集できるアプリが他のソースから取得したビデオ形式をサポートしていない可能性があります。この問題を解決するには、DVDFab 動画変換のようなデスクトップベースのソフトウェアを使ってビデオをiPhone対応するフォーマットに変換します。

DVDFab 動画変換は、完全なオーディオビデオ処理ワークステーションです。DVDFabビデオエディタアプリから直接変換するだけでなく、直接ビデオを編集することもできます。 その方法を見てみましょう。

ステップ1。WindowsまたはMacコンピュータにDVDFab 動画変換をダウンロードしてインストールします。



ステップ2。ドラッグ&ドロップ機能を使用して、+ボタンをクリックしてファイルを見つけることによってDVDFabアプリのメイン画面に変換したいビデオファイルをロードします。

ステップ3.トップメニューの変換アイコンが選択されていない場合はクリックします。 その後、+ Addボタンの横にある左上のボタンをクリックして、利用可能なフォーマットとデバイスタイプを選択します。デバイスをクリックし、左側のサイドバーからアップルを選択します。メイン画面に表示されるAppleデバイスのリストから、使用しているiPhoneのバージョンを選択してください。



何も編集したくない場合は、ステップ6にスキップしてください。

ステップ4. iPhoneではなくここでビデオ編集を行いたい場合は、内蔵のビデオエディタを使用できます。テキストや画像のオーバーレイ、字幕、ビデオのトリムまたはクロップを追加したり、明るさ、コントラスト、彩度を調整したりできます。ペンの形をしたビデオの前にある最後のアイコンを使用してビデオエディタを開きます。



ステップ5.このツールを使用してビデオとオーディオのプロパティを変更することもできます。動画エディタアイコンの左側に表示されているスパナアイコンを使って詳細設定ウィンドウを開くだけです。ここでは、解像度、ビデオ品質、コーデック、エンコーディング方法などを変更できます。

ステップ6.すべての変更を完了したら、アプリの下部にある保存先オプションを使用して、出力ファイルのディレクトリを変更できます。iPhone互換フォーマットへのビデオの変換を開始するためにスタートボタンをクリックしてください。



注意:ディレクトリとしてモバイルデバイスを選択した場合は、変換が完了した後に変換されたファイルをiPhoneに転送するように促すウィンドウが表示されます。

AppleがiPhoneを出荷している高品質のカメラで、iPhone用の高品質のビデオエディタアプリが必要になる理由は明らかです。ビデオ編集に関連した多くの作業が現在この分野で行われており、上記のアプリは非常に高度に役立ちます。

動画や音声のファイル形式を変換

動画をあらゆる流行っている動画・音声フォーマットの間で好きに変換できます。出力したファイルを自由にカスタマイズでき、様々なモバイル・携帯デバイス及び先進なコンソール、メディアプレイヤーで再生できます。

他のツールが必要であるかもしれない
DVDFab DVD Ripper

DVDを様々な動画/音声フォーマットにリッピングします。

DVDFab DVD Copy

DVDをDVDディスク/フォルダ/ ISOファイルにコピーします。

DVDFab DVD Creator

任意のビデオを標準的なDVDに書き込みます。