Microsoftが同社のオペレーティングシステムで無料のWindows Movie Makerを中止することにしたとき、がっかりしたユーザーがかなりたくさんいました。その市場空白を埋めるためにたくさんのサードパーティソフトウェアが現れています。しかし、Windows 10用のFall Creatorsのアップデートにより、MicrosoftはPhotosアプリの中に隠されたビデオ編集機能を再び持つようになりました。Windows 7/8システムを使っている人がいますが、Windows 10にアップグレードすることをおすすめします。

誰でもwindows 動画編集機能をPhotosアプリの内部に配置することに不思議に思うようです。それでは、Windows 7/8/10でビデオを編集する方法の詳細を見てみましょう。

Windows 10ビデオ編集ソフト~フォト

以下のいくつかの手順により、フォトアプリ でのWindows 10 動画編集/windows 8 動画編集方法を身につけます。フォトはWindows 10上の無料のユーティリティですが、個人用とビジネス用の両方で互換性のある動画を編集するための高級な機能を提供します。

ステップ1. WindowsボタンをクリックしてPhotosとタイピングし、その後表示されたPhotosアプリオプションをクリックすることによりPhotosアプリを開きます。

ステップ2.初めてPhotos appを使用している場合は、このアプリで何をできるかを詳しく説明したいくつかの紹介画面が表示されます。[Video Projects]タブに移動すると、以下のような画面が表示されます。デフォルトでこのアプリはPhotosフォルダのみをスキャンしますが、トップメニューバーに表示される[Import]オプションを使用してフォルダを追加することもできます。

ステップ3.フォルダをインポートしたら、[Create a video project]をクリックすると、編集可能な動画が表示されます。動画のチェックボックスをオンにしてWindows 10 Photosアプリで動画の編集を開始し、メニューバーに表示される[Create]ボタンをクリックします。

ステップ4.ビデオプロジェクトに名前を付けると、以下のように様々な編集オプションが表示されるはずです。下の動画をストーリーボードにドラッグして動画の編集を開始します。

それでは、Photos appにおける様々なオプションを使用して、Windows 10で動画を編集する方法を見てみましょう。

1.トリム- このオプションを使用して、動画の開始部分や結束部分などの動画の一部を削除することができます。カバーアートが表示されたくない場合は、動画から2秒間を削除しても良いです。

同じウィンドウには、モーション機能のトリミング部分全体にフィルタを追加して動画を編集するオプションもあります。この機能を使用すると、動画の特定のセクションをズームインできます。ソーシャルメディアチャンネルにこれらの動画をアップロードする気はあるなら、これらの動画編集機能は非常に役に立ちます。

2.動画をさらに編集したい場合は、[Resize(サイズ変更)]オプションを使用して動画のサイズを変更したり、「text 」オプションを使用して動画に透かしのようなテキストを追加したり、3D効果を追加したりできます。Photosアプリでユーザーの動画を楽しく編集する方法はたくさんあります。

3.動画の縦横比も変更できますが、事前定義されたサイズでのみ可能です。メニューバーの「Change aspect ratio(縦横比の変更)」アイコンをクリックしてそれを行うことができます。

4.動画のスローモーションコピーを作成する機能もあります。これを行うには、動画をダブルクリックすることによって、通常の動画をフィルムとテレビアプリで起動し、[Edit in Photos(写真で編集)]をクリックして[Create slow motion video(スローモーション動画の作成)]オプションを選択します。

5.次のウィンドウで、より遅いスピードで実行する動画の部分を選ぶことができます。そして上から、ユーザーはスピードをスローかスーパースローにするかを選ぶことができます。

Windows 10 Photosアプリは驚くほど使いやすく、且つWindows上で動画を編集する時によく必要とされる多くの動画編集機能を備えています。

なお、変換する前に動画をダウンロードするには、ダウンローダーまとめを参照してください。

Windowsで動画変換/編集ソフト~DVDFab 動画変換

下記のWindowsPhotos appまたはWindowsMovie makerは、すべての動画形式をサポートしているわけではありません。それを使ってUHDまたは4K品質のビデオを編集することは無理です。Photosアプリの効果を使用したい場合、または動画にトランジションやアニメーションを追加したい場合は、サポートされていないビデオ/オーディオ形式をWindowsがサポートしている形式に変換できるソフトウェアを使用するほうがいい。

そのようなソフトといえば、DVDFab 動画変換ソフトウェアがおすすめです。DVDFab 動画変換ソフトはすべての主要なビデオ/オーディオタイプをサポートし、ハイエンド動画エディタも装備しています。それはユーザーにWindowsPhotos appやMovie Makerに存在しないいくつかの処理用の高級なツールを与えます。無料版も提供されますので、windows ビデオ編集 フリーソフトとしても利用されます。DVDFab動画変換ソフトが、Windows Movie MakerおよびPhotos appと共に、Windows 動画編集体験をどのように補完するかを見てみましょう。

ステップ1:まだソフトウェアをお持ちでない場合は、DVDFab 動画変換ソフトをダウンロードしてインストールします。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

ステップ2:「追加」ボタンを使用してローカルストレージからアプリケーションに動画をロードするか、「モバイルから追加」を使用してスマートフォンから動画をリモートでコピーします。動画をDVDFabのホーム画面にドラッグアンドドロップすることもできます。必要なだけの動画を追加してもいい。

ステップ3:トップメニューバーから「変換」オプションを選択し、メイン画面に「モバイル機器」のドロップダウンリストを開き、「他のプロファイルを選択」をクリックします。そして提供される様々な動画・音声形式から一つを選択します。.m4v、.mp4、.mov、.asf、.avi、.wmv、.m2ts、.3g2、.3gp2および.3gppのような他のWindowsサポートフォーマットを検索します。

ステップ4:追加した動画の前にあるペンのアイコンをクリックして動画編集を開きます。テキスト、画像、またはキャプションを動画に追加するオプションがあります。透かしとして機能するテキストまたは画像を追加できます。.srtのような字幕ファイルがある場合は、キャプションにそれを追加できます。

同様に、動画のクロップやトリミング、明るさ、コントラスト、サイズ変更、彩度の調整を行うことができます。動画をクロップしている間、動画を同じアスペクト比でトリミングするか、必要に応じて変更することができます。

注意:動画画質の向上は、AI搭載のソフトをお勧めします。

ステップ5:動画編集でビデオの外観を変更することはできますが、フレームレートや解像度を下げてWebを最適化したり動画のコーデックを変更したりするなど、動画のビデオ/オーディオ属性を変更することもできます。これを行うには、ビデオの前にある動画編集アイコンのすぐ横にあるレンチアイコンを使用します。

ステップ6:変更が決まったら、「はい」ボタンを押します。これで、選択した動画編集オプションと一緒に変換を開始する準備が整いました。出力ファイルは、アプリケーション下部の「保存先」フィールドに記載されているディレクトリパスに保存されます。必要に応じて変更してもよく、「開始」ボタンをクリックすると出力動画ファイルの生成を開始します。

バッチ変換も可能ですから、前のタスクの実行中に他の動画を追加して処理することができます。

編集したら、動画再生やDVD再生可能なWindows動画再生フリーソフトをおすすめします。

Windowsで動画変換/編集ソフト~VideoCruise

VideoCruiseは私が今まで使った最も優れたWindows対応の動画編集ソフトです。高度機能がたくさんあり、操作方法も簡単です。何より、ほぼ全ての機能が無料で利用できます。最も強調すべきなのは、そのフィルターとオーディオデタッチとグリーンスクリーンカットアウト、音声&テキスト変換などの機能です。

  • 分割、クロップ、フリップとミラー、回転、期間を設定、速度調整
  • オーディオデタッチ、動画効果をカスタマイズ、ピクチャーインピクチャー、ズーム、背景を設定
  • モザイクかけ、フリーズフレーム、グリーンスクリーンカットアウト、音声&テキスト変換
  • 音量調整、音声フェードイン&フェードアウト、録音してナレーション追加、特別の音声を強調、トラックをミュート・ロック
  • 多彩な素材が用意(提供する素材を利用するには有料になる)

下記のボタンをクリックして、VideoCruiseを無料ダウンロードしてください。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

動画編集の方法については、VideoCruiseの超詳しい手順ガイド!を参照してください。

windows 動画編集ソフト~Windows Movie Maker

以下では、Windows 8オペレーティングシステム上においてWindowsMovie Makerで編集する方法を説明します。Windows Movie Makerは、より低いバージョンのWindowsオペレーティングシステムでもほぼ同じように機能します。

ステップ1:順番にFile> New Projectをクリックして、Windows Movie Makerでは新しいプロジェクトを開始します。このプロジェクトに名前を付けて適切なディレクトリに保存し、編集中は定期的に変更を保存します。

ステップ2:Windows 7または8で動画を編集する前に、編集したい動画をインポートする必要があります。その目的を達成するには、File> Import Videoをクリックする必要があります。動画が存在するディレクトリパスを選択し、その動画を選択してそれをアプリケーションに追加します。その動画はそれぞれ10秒のセグメントに分割されますので、動画を編集するセグメントを選択します。

ステップ3:WindowsMovie Makerでの編集メニューオプションにおけるツールはすべて動画を編集するために利用可能です。それをクリックすると、動画のフェードイン/アウト、分割、トリム、動画再生速度の変更、オーディオプロパティの変更などのオプションが表示されます。

ステップ4:これらの基本的な変更が完了したら、WindowsMovie Makerで動画を編集して動画に効果を追加する方法を見てみましょう。トランジションを追加するクリップを選択し、[Animation]メニュー項目を選択して、様々な選択肢からトランジション効果を選択します。

ステップ5:[Animations]メニュー項目のすぐ横に「Visual Effects」があります。それをクリックすると、利用可能な様々な効果を見られ、いずれの上にマウスポインタを置くと、WindowsMovie Makerは出力動画ファイルのプレビューを見せます。ユーザーは最も適切な効果を選択します。

ステップ6:動画にすべての変更を加えたら、今度は動画にタイトルを追加します。そのため、ホームメニューに行き、タイトルオプションをクリックします。これにより、クリップの前に表示されるキャプションを追加する空白の黒いページが追加されます。ページに表示されるテキストを編集し、テキストボックスからクリックしてタイトルページを動画に追加するだけです。

同じページにスタッフとキャプションを追加するオプションがあります。どちらかを使用するか、或いは両方を使用するか、必要に応じて特定のクリップにキャプションを追加できます。チームで共同作業している場合は、最後のクリップの終わりのところにスタッフを追加することができます。

すべての変更が完了したら、[Home]タブを開いて[Save Movie]オプションを使用して編集した動画コピーをローカルに保存するか、ソーシャルネットワーク共有オプションを使用してオンラインで共有することができます。

Windows Photo appまたはMovie MakerとDVDFab 動画変換ソフトを組み合わせることにより、オンラインで共有したり個人的な使用に適した動画を作成するのに必要なすべてのツールが用意されています。DVDFabは、基本的な編集とメディア属性の変更を行うとともに、動画をWindowsプレーヤーとエディタに対応させる技術的な作業を簡素化しますが、Photos appまたはMovie Makerは、動画を美しくする作業を行います。