xls 開けない

1. xls 開けない対処法1:エクセルソフトにある原因を探す

エクセルのデータが突然開けなくなるのは、エクセルのソフト側かファイル側のどちらかに問題があることが要因となっています。よく知られていることですが、Windows10になってからExcelが突然開けなくなるようなトラブルがよく起きているようです。

まず、パソコンやタブレットを新しく買い替えた人は、ファイル側ではなくソフト側のトラブルの可能性が高いです。まず、Microsoft Office Excelのソフトをインストールしていなかったり、アプリをダウンロードしていなかったりしていないか確認してみてください。また、エクセルファイルのアイコンが真っ白のアイコンになっていないかどうかを確認してみるのもいいでしょう。もし、エクセルがきちんと表示されていれば、ソフト側に問題はないでしょう。

xls 開けない

2. xls 開けない対処法2:起動や開くモードから直してみる

2.1  xls 開けない時再起動またはエクセルを更新する

それでは、あらゆる電子機器のトラブル時の対処法として、まずExcelを再起動をしてみてください。Excel画面の右上の「×」をクリックして、いったんすべてを終了してから、再度起動することでもと通りになり、エクセルデータが開くことがあります。

また、Microsoft Officeのアップデートの確認もしてみましょう。もし、アップデートの通知があるのならば更新することで、エクセルが開けない状態、バグへの対処がされ通常通りにもどることもあります。パソコンでは、プログラム更新のその都度自動でインストールされます。

ただ、何らかの理由で正常に更新されていないこともあるので、手動でインストールしてみましょう。手順は、Excelの画面左上にある[ファイル]→Backstageビューの[アカウント]→[更新オプション]→[今すぐ更新]になります。[最新の状態です]が表示されていれば更新完了です。更新が済んだら、エクセルが開けるか確認してみましょう。

xls 開けない

2.2 xls 開けない時セーフモードでファイルを開く

セーフモードとは、必要最低限の機能で起動することですが、Excelが通常どおり起動できないときに利用することで、エクセルデータが開くこともあります。手順としては、ExcelのアイコンをCtrlキーをクリック後そのまま押し続ける→[Ctrlキーが押されたままになっています。

Excelをセーフモードで起動しますか?]→[はい]でセーフモードが起動します。いったん終了してから、改ためてセーフモードで起動しているかどうか動作を確認してみましょう。エクセルが開けないときの対処法として試してみてください。

3. xls 開けない対処法3:形式や設定から直してみる

3.1  xls 開けない時拡張子を適切にする

つぎに、ファイルの拡張子に問題がないかどうか確認してみましょう。OfficeExcel1997~2003年の標準のファイル拡張子「.xls」はエクセルのバージョンが古いものです。OfficeExcel2007より新しいバージョンの拡張子の標準は「. xlsx」のため、「.xls」では開けない場所があります。ファイルの保存や名前の変更をするときに、この拡張子を間違えてしまうと正常にファイルが開かなくなるので、拡張子の間違いがないか気を付けてみてみましょう。

xls 開けない

ファイルの拡張子変更は、ファイルを作成した人、つまり自分でもできる作業です。手順としては、画面下にある[タスクバー]の[エクスプローラー]→[表示]→[ファイル名拡張子]に「✓」チェックとなります。

エクセルファイルの拡張子は基本的には「.xls」「.xlsx」です。何らかの操作で拡張子が変わってしまうこともあるので、正しいファイル名と拡張子を入力してみてください。

3.2 xls 開けない時保護ビューを外す

エクセルのデータが開けない場合、オフィスの保護ビューにチェックが入っていないかどうかも確認しましょう。オフィスソフトの保護ビューでは過剰にセキュリティ設定が行われていて、そのためファイルが開けないこともあります。オフィスの保護ビューを外してみてエクセルが開くかどうかチェックしてみてください。

手順としては、メニューバーから[ファイル]→[オプション]→[セキュリティセンター]→[セキュリティセンターの設定]→セキュリティセンターの[保護されたビュー]の項目すべてにチェックが入っているかどうかを確認し、チェック項目があれば全て外します。再度、Excelに戻って開くかどうか確認してみてください。

3.3 xls 開けない時DDE設定を確認する

また、エクセルを開く時、「エラー発生」と注意事項の表示が出るとき、DDE設定について疑ってみるといいでしょう。Dynamic Data Exchange (DDE)とは、WindowsやOS/2環境下において、複数のアプリケーション間で通信を行う技術のことです。

いくつかの対処法を試してみてもエクセルが開けないケースでは、規定のプログラムやアプリなどの関連づけがきちんとできていないことがあります。もし、Excelのオプションにある[DDEを使用する他のアプリケーションを無視する]に「✓」チェックが入ってることで、Excelが起動しなくなってしまうこともあります。

対処手順としては、Excelの画面左上の[ファイル]→[オプション]→[詳細設定]→[全般]→[Dynamic Data Exchange (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視する] に「✓」チェックが入っていたら外す→[OK]です。あまり触れない設定箇所ですが、エクセルデータが開けない場合確認してみましょう。

4. xls 開けない対処法4:修復してみる

4.1  xls 開けない時エクセルデータを修復する

エクセルデータが破損していることで、エクセルが開けないこともあります。その場合、破損してしまったエクセルデータを修復することで、元通りになります。手順としては、[スタートメニュー]→[コントロールパネル]→「プログラムと機能]→[Microsoft Officeを検索]→メニューから[変更]→ダイアログが表示されるされる→[修復]になります。修復が終わったら、パソコンやタブレットなどの端末を再起動してみましょう。

xls 開けない

4.2 xls 開けない時ファイル制限を解く

ファイル制限機能の設定がされていて、ドキュメントやテンプレートに制限がかかっていると、ファイルの保存だけではなく、ファイルを開くこともできなくなってしまうことがあります。ファイル制限機能の設定がされているか確認してみましょう。

手順としては、Excelメニューバー[ファイル]→[オプション]→[セキュリティセンター]→[ファイル制限機能の設定]→[選択した形式のファイルを開く処理]で利用したい部分だけチェックをし、開きたいファイルの「開く/保存」のチェックを外す。もし、開きたいエクセルのファイル「開く/保存」にチェックがある場合開けないので注意してみてください。

4.3 xls 開けない時ファイル名を正しく入力したかをチェック

エクセルは起動したのに、開きたいエクセルファイルが開かない場合、ファイル名を確認しましょう。エクセルのファイル名には、使えない文字がいくつかあります。「¥/:*? "<> |」 以上の半角文字9つを使用することはできないのでエラー表示がでますが、気づかずに誤ったファイル名が入力されてエクセルが開かない場合もあります。間違ったファイル名ではないかの確認もしましょう。

4.4 xls 開けない時ファイルとアプリケーションの関連をつけ直す

エクセルファイルとアプリケーションとの関連付けがおかしくなってしまい、ファイルが開かない場合があります。その場合、エクセルファイルとプログラムとの関連付けをし直すといいでしょう。

[ファイル]→[プログラムから開く]→[別のプログラムを選択]→Excelファイルを開くプログラムを選択して[常にこのアプリを使って.xls/.xlsxファイルを開く]の前にチェックを入れる→[OK]で、設定がされます。ファイルとアプリケーションの関連をつけ直すことで、エクセルファイルが開けることもあります。

補足:実はxls ファイルを形式変換してから開くのも方法の一つです。xls 開けない時に悩んでいる方、いかがですか。この記事を読んだ後、対策を大体覚えましたか。実際に操作してみてください。

また、パソコンを使って各ファイルや資料を処理する時、xls だけでなく、テキスト形式、ビデオ形式、音声形式など、色々な形式のファイルをそのまま開けないときもう時にはあるようです。xls 開けない時の解決策をまとめるが、ビデオ形式のファイルが開けないときはどうすればいいのですか。

ビデオを開けない時に、動画形式を変換してみてはいかがでしょうか。

DVDFab 動画変換Proは、カスタマイズされた出力パラメータを使用して、オーディオファイルとビデオファイルをさまざまな形式に変換し、しかも動画のトリミング、クロップ、BGMや字幕の追加などの基本的な動画編集機能も追加される機能性と実用性に充実しているソフトです。

 i  無料ダウンロー

DVDFab DVD動画変換Proを利用すれば、サイズの大きい動画ファイルや、あるデバイスでは読み取れにくい形式の動画を、圧縮率の高い動画形式または汎用性が高いほぼ全てのデバイスでも再生できるような動画形式に変換できます。操作方法は簡単で、初心者でも使えます。

DVDFab 動画変換 Proは、DVDFab 動画変換、VideoCruiseおよびToolkitという三つの製品を含み、あらゆる動画形式を変換、動画のプロ級の編集および初心者向けの簡単な動画・音声編集ツールを同梱されるコストパフォーマンスが最高の動画処理ツールバンドルです。

!

朗報!!この動画変換・編集バンドルは、いまではせっかくで期間限定の35%OFFの割引が楽しめます!中にどれ一つの単製品にも勝ちな価格で、三つの製品をバンドルで無期限に購入しましょう➧   今すぐバンドルを35%OFF無期限購入  

5. 第三者の修復ソフトを使ってエクセルファイルを修復

5.1 wondershare recoverit

サイト:https://recoverit.wondershare.co.jp/ad/data-recovery/

recoverit

PCのHDD、sdカード、ゴミ箱、USBドライブなどから削除されてしまった写真、音楽、動画、ドキュメント、電子メールなどのデータを高品質で復元。550以上のデータ種類に復元可能です。写真、ビデオ、ミュージック、doc、電子メール、.zipなどさまざまなファイルを復元可能。officeドキュメントに対してはとくによく機能できます。

5.2 EaseUS Data Recovery Wizard Pro

サイト:https://jp.easeus.com/ad/data-recovery-software.html

EaseUS Data Recovery Wizard Pro

紛失した原因を問わず、3ステップだけで消失してしまったデータを復元することが可能です。もちろん、オフィスドキュメントの修復もぜんぜん可能です。オンラインショップで本製品をご購入になると、復元できるデータ量の制限がなくなり、復元したいデータをいくらでも復元可能に。

5.3 ApowerRecover

サイト:https://www.apowersoft.jp/data-recovery

ApowerRecover

誤削除、フォーマット化、ウィルス感染など、様々の原因で、データが無くなることがあります。このソフトでは、無くなったデータを復元できます。WindowsとMacパソコンのハードドライバ、外付けハードディスク、メモリーカード、デジタルカメラ、ビデオカメラ、及びフラッシュドライバから削除したデータを安全に復活できます。

復元できるデータは写真、オーディオ、動画、ドキュメント、アーカイブなどを含みます。主に誤削除によるデータの紛失を修復するツールのようなので、すべてのExcelの開けない問題の対策としては機能できるかはまだ検証する必要があります。

6. まとめ:初歩的な手違いをみつけて焦らずに対応して

エクセルは、データ入力や情報管理に欠かせなくなっています。急にxls 開けない場合、パソコン自体に問題がなければ、今回ご紹介した対処法で改善されることが多いので、焦らずに対応してみてください。また、自分一人では手に負えない場合、パソコンやソフトに精通したプロによるサポートサービスもあるので、活用するのもいいでしょう。