目次

 

h.265/hevcとは?

hevcは、High Efficiency Video Codingの略で、また、h.265とMPEG-Hの第2パートと呼び、ビデオ圧縮規格の一つ、ITU-T H.264/MPEG-4 AVC基準の後続フォーマットと見做されます。
hevcの最も著しい特徴が、h.264の半分に近いのファイルサイズ・ビットレートで同じな画質を提供することです。最大8192×4320(8K)の解像度をサポートします。

動画コーデックとは、動画データを圧縮/変換/復元する方法です。Hevcは動画コーデックの基準の一つであり、Hevcが再生できない理由は、常にコーデックエラーが原因です。

H.265コーデックは、H.264より、エンコード効率とビデオ品質が高いため、全ての主流のデバイスにサポートするわけではありません。交換性のないデバイスでHEVC / H 265ビデオを再生する場合は、プロのh265プレーヤーが必要となります。ここでは、2つの方法でHEVC / H.265を再生する方法を紹介します。また、H.265についてもっと知りたい場合は、H.264とH.265の違いや変換用ソフトを参照してください。

HEVC / H.265を再生する方法

1. HEVC Video Extensions(HEVCビデオ拡張機能)メディア拡張パッケージでHEVC を再生

Windows環境の場合、「VLC media player」などでHEVC動画を再生できますが、Windows 10標準の「映画 & TV」アプリなどでHEVC動画の再生に常にPCがブラックスクリーンになってしまう問題があります。
この問題を解決するために、Microsoftが無償でHEVC Video Extensions(HEVCビデオ拡張機能)というメディア拡張パッケージを提供します。“Microsoft ストア”からインストールするだけでOSによるHEVCサポートが有効となり、アプリなどでHEVC動画を正常に再生できます。


ただし、交換性のあるハードウェア、例えば、Intelの第7世代Coreプロセッサーなどが対応しないと、このメディア拡張パッケージをインストールしてもHEVC動画を再生できません。対応OSはWindows 10です。

なお、正当なブランド品のPCを購入すれば、Win10システムに既にHEVC Video Extensionsがインストールされているはずです。インストールされない場合は、Microsoft ストアからインストールしてください。

2. DVDFab プレーヤー 6でHEVC / H.265を再生

HEVC Video ExtensionsはWindows10でしか利用できないため、Windowsとmac両方でh265/HEVC動画を再生するには、プロのh265 再生ソフトがおすすめです。
DVDFab プレーヤー 6は、4K UHD / HEVC / 各種メディアフォーマットを幅広くサポートしています。
また、以下の機能を備えます。

  • DVD / Blu-ray / 4K Ultra HD Blu-rayの物理ディスク / ISOファイル / フォルダを問わずナビゲーションに完全対応
  • HDR10、Dolby Atmos / Dolby TrueHD / DTS-HDマスター / DTS:Xなど、3Dコンテンツをサポート
  • ローカルの映画、番組などをポスターウォール展示(今のところWindows版のみ対応)
  • DVD&Blu-rayディスクを数秒でISOファイルとしてプレーヤーに導入(今のところWindows版のみ対応)
  • 異なる再生環境に適するためのPC / TV 再生モードを提供
  • 動画進度を提示する調整可能なサムネイル
  • 好みに応じてプレイリストを作成

対応OS:Windows 10/8.1/8/7 (32bit/64bit)、MacOS 10.10 - 10.15

                                             i  無料ダウンロード    i  無料ダウンロード 

注意:Mac版はまだDVDFab プレーヤー5 for Macと呼ばれ、Windows版のプレーヤー6より細やかな機能がまだ対応していないが、まもなくアップグレードする予定です。

以下は、DVDFab プレーヤー 6でh265動画を再生する方法です。

ステップ1:DVDFab プレーヤー6の言語を設定して、ディレクトリを作成します。
DVDFab プレーヤー6をダウンロードしてインストールしてから起動し、ようこそ画面から「PCモード」または「TVモード」を選択します。ここで「パソコンモード」を選択します。右上隅の三角形をクリックすることにより、「設定」>「一般」へ移動して、UI欄でDVDFab プレーヤー6を日本語化できます。この画面で、再生、ライブラリー、オーディオ、字幕、ブルーレイ及びスナップショット、ホットキーに関しての設定もできます。

  • パソコンの映画ファイルをポスターウォールの形でDVDFab プレーヤー6にインポートして、ライブラリーを作成したい場合は、「設定」→「ライブラリー」→「ビデオ」→映画ファイルが保存されているディレクトリを選択して、「OK」を押します。そうすると、映画が自動的にインポートされて、ムービー、シリーズ作品、テレビ番組、ビデオ、アダルトに分類されます。

また、ポスターの情報が間違っている場合は、そのポスターの右下隅にある「…」をクリックして、「フィクスマッチ」を選択して正確な名称を入力して、「検索」をクリックください。

ステップ2:再生したいh265動画を追加して、再生します。
3つの方法でムービーを追加可能:
① ムービーディスク → 光学ドライブにディスクを挿入
② ファイル / ISOイメージファイル  → 作成したメディアライブラリーからファイルを追加
③ ファイル / ISOイメージファイル  → 「私のコンピューター」からファイルを追加

ステップ3:再生をカスタマイズします。
再生中の画面を右クリックして、アスペクト比調節、ビデオ画面の回転、再生スピードなどを調節、全画面表示、常にトップに置く、及びトップメニューとポップメニューなど様々な機能を体験することができます


また、再生中の画面からメイン画面に戻る場合は下部の「停止」ボタンをクリックします。右下隅の四つのボタンはそれぞれ「3Dに関する設定」、「サムネイル画像表示」、「フルスクリーン表示」、「再生リスト」です。

以上、hevc/h265 再生の方法を紹介しました。通常のメディアプレイヤーでHevcコーデックの動画を再生できない場合は、HEVC Video Extensions又はDVDFab プレーヤー 6を試してください。また、hevc/h265の動画が再生できない時の解決策としてh265動画を他の一般的な動画形式に変換する場合は、DVDFab 動画変換を利用してください。

関連記事:
AIで動画の画質を上げる方法
kindle drm解除ソフトまとめ
ビデオダウンロードの方法