1. MPGといった動画形式とは

mpg 再生

「MPG」とはムービング・ピクチャー・エクスパーツ・グループが作った動画形式で、MPGの名前はこのグループ会社の頭文字をとって名付けられています。まずMPGのことを知るためには、動画を再生するために利用される動画形式について知る必要があります。

制作された音源入りの映像データは、DVDや動画データとして配信するために一度別々の英数字のデータに変換されます。この英数字に変換されたデータを、再生したい機器が解読をすることで再生できるようにするのが動画形式です。

このMPGがなかった時代は、それぞれの国が独自に作り上げた動画ファイルを使って記録していたわけです。しかし動画形式は再生機器で再生ができるようにするものなので、丹精込めて制作した映像を配信して楽しんでもらいたいと思っても相手国の再生機器が対応していないと視聴することができないです。そこでこれまで別々だった動画ファイルを統一するために、様々な動画配信企業が名乗りを上げて新しい動画形式の作成をすることを決めます。

mpg 再生

その中でムービング・ピクチャー・エクスパーツ・グループが作ったMPEG-1の動画形式の出来栄えがよかったことから、すべての動画に対して利用できる形式としてMPGファイルが広まります。現在では統一された動画形式として根付いたことで技術が進化し、アナログ形式に対応していたMPEG-1からハイビジョン形式に対応しているMPEG-4という形で利用されています。

2. Windows10でMPGファイルを再生する方法

mpg 再生

現状におけるパソコンのOSはWindows10ですが、利用しているパソコンによっては再生できない場合があります。その理由としてMPGにはMPEG-1からハイビジョン形式に対応しているMPEG-4まで制作されていますが、このMPEG-1からMPEG-4はそれぞれ独立した再生方式です。

最新のパソコンだと、MPEG-4の解読情報をインストールしていてもそのほかのMPEGについてはインストールされていない場合があります。そのほかにWindowsのOSは、有料でダウンロードすることも可能なので古いパソコンで旧式のMPEGしかインストールされていない場合もあります。

もしWindows10のパソコンで1から2の旧式のMPGファイルを再生することができなかった場合で、WindowsのOSを配信しているマイクロソフトから再生する方法が紹介されています。一番簡単な方法は、やはり対応しているMPEG形式をインストールすることです。まず視聴できない動画の詳細から、その動画に利用されているMPGファイルを調べます。

そしてパソコンをネット接続したら、ブラウザーを開いた後にマイクロソフトの専用ストアにアクセスしてその中にあるビデオ拡張機能を選択します。そのビデオ拡張機能の中には、MPEG形式のデータが記載されているので事前に調べておいた形式を選択してインストールをします。インストールが完了したら、ウィンドウズメディアプレイヤーを起動して再生できなかった動画が視聴できれば無事に作業の完了です。

逆に最新の3から4のMPEG形式を再生したい場合には、コーデックパックをインストールするという方法があります。コーデックパックをインストールすることで、旧式と最新型の双方の動画形式を再生できるようになります。現状におけるコーデックパックは、Media Player Codec PackとK-Lite Codec Packなどがあります。

3. インストールしたデータで動作が重くなったら専用ソフトで変更するとよい

MPG形式が再生できなかった場合には、マイクロソフト専用ストアもしくはデータを配信しているサイトから対応している拡張パックをインストールする方法です。ただ対応している拡張パックをダウンロードする際の注意点として、本来インストールされていないデータを入れ込むことになるのでパソコンのハードディスクの容量によっては動作が重くなる場合があります。そしてあくまで稀にですが、インストールしたことで不具合を起こす場合もあります。

もし拡張パックをインストールしたらそのような状態になったら、アンインストールをした後に別の手段を講じる必要があります。その手段というのが、MPG動画形式で視聴するのではなくパソコンが対応している動画形式に変更してしまうことです。

現在はパソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでも視聴することが主流となっているので、MPG形式を別の再生形式に変更できる専用ソフトがたくさん存在します。その中から、今回は10個ほどおすすめソフトを紹介します。

mpg 再生

◉ Handbrake

Handbrakeは、GNU General Public Licenseから配信されている変換ソフトです。無料で使えるだけでなく、MPEG-4を含めて様々な動画形式に対応しています。

◉ 4Videosoft ブルーレイプレーヤー

4Videosoft ブルーレイプレーヤーは、Vectorから配信されている変換ソフトです。数多くの動画形式に対応しているだけでなく、ワンクリックだけで希望の画面を切り取ってパソコンに保存できるスナップショット機能があります。

◉ Format Factory

Format Factoryは、VirusTotalから配信されている変換ソフトです。パソコンだけでなく、映像データをスマートフォンで再生できるようにフォーマットに変換することが簡単にできます。

◉ Freemake

Freemakeは動画のダウンロード機能があるだけでなく、ダウンロードした動画をすぐに希望の動画形式に変更することができます。

◉ Free Video Converter

Free Video Converterは、変換だけでなく切り取りやトリミングなどの編集機能を備えています。

◉ FFMPEG

FFMPEGは、動画ファイルから音楽を抽出することができる機能があります。

◉ Filmora

Filmoraは、ワンダーシェアから配信されている変換ソフトです。初心者向けのソフトで、ドラッグアンドドロップで簡単に動画を編集と変換をすることができます。

◉ XMedia Recode

XMedia Recodeは、Sebastian Dorflerから配信されている変換ソフトです。このソフトは変換の質に優れており、MP4に変換してもほぼ劣化をしない音質や映像で楽しむことができます。

◉ Koyote Free Video Converter

Koyote Free Video Converterは、取り込んだデータの一括編集をすることがができます。

◉ MediaCoder

MediaCoderは、画像の大きさを変更できるだけでなく変換速度がフリーソフトの中でも早い速度で完了します。

4. 操作がわからなかった場合はDVDFab 動画変換 Proを利用しよう

今回紹介したソフトを使うことでMPG形式の動画を見やすい形式に変えることができますが、ただしいくつか注意点があるので知っておく必要があります。これらの編集ソフトの多くは外国のプログラマーが作ったソフトが多いので、日本語表記ではなく英語表記がされていることが多いです。そのため英語表記がわからない人は、使い方を説明しているサイトもしくは動画を見ながら操作をする必要があります。そのほかにも専門的技術を必要とするソフトも多く、初心者で使うには難しいソフトもあります。

そこで日本語表記がされているそして操作も簡単で初心者に優しいという条件を踏まえたうえで、今回お勧めしたいのがDVDFabから販売されている「DVDFab 動画変換 Pro」です。

DVDFab 動画変換 Proは、しっかりと日本語表記機能が備わって、そして一本のソフトの中に複数の機能を搭載しているため、ソフトシリーズを使うだけですべての編集や動画・音声形式との変換をすることができるのがメリットです。

DVDFab 動画変換 Proで動画形式の変換のやり方は、アプリを起動したら上部の項目の中にある変換を選択します。変換を選択するとページ中央に大きい+マークがあるので選択すると、パソコンの中にある映像データにアクセスできます。

その中からMPG方式のデータにチェックを入れて出力をクリックするか、マウスの右クリックで出力したいデータを範囲選択をしたら左クリックでドラッグアンドドロップでDVDFab 動画変換 Proの中に出力をします。

mpg 再生

出力に成功をするとDVDFab 動画変換 Proの変換の中に、チェックを入れた動画がアップロードされています。アップロードされた動画の中にある「他のプロファイルを選択」を選択すると、その中にフォーマットがあります。フォーマットを選択すると項目の中にビデオ一般があるのでクリックすると、MPGのほかにMP4など多くの動画形式が表記されています。

mpg 再生

その中から再生したい危機に対応している動画形式にチェックを入れたら変換ボタンを押すだけです。最後に変換が出来ているかを確認するために、データをパソコンに保存したらアプリを閉じて動画データを再生してみて視聴ができれば変換作業の完了です。

DVDFab 動画変換 Proの良さの一つに、動画送信機能もあるのでとても便利です。変換した動画をそのままユーチューブなどの配信サイトに直接アップロードできます。アップロードをするためには、動画配信サイトのアカウントの作成に成功したらDVDFab 動画変換 Proの送信機能に登録したアカウント情報を記録するだけです。編集が終わったデータを送信機能にインポートしたら、登録した動画配信サイトにチェックを入れて送信をするだけで簡単にアップロードすることができます。

5. まとめ

この記事ではMPGファイルという動画形式について簡単に紹介し、Windows10 で独特な再生方法をご紹介してから、普段MPG動画を簡単に再生することや多くの端末での再生に対応していないため、利便性を考える中、MPG動画形式をMP4などの汎用性高い動画形式に変換するという方法を解決策としてオススメてきました。機能性多くて安定しているDVDFab 動画変換でご自分でやってみてくださいね。