動画アプリで人気なUp主になる、あるいは幸せな瞬間を記念しビデオを撮るために、やはり動画編集アプリが大切でしょう。動画を編集できるアプリを使って、ほしい動画を出来上げます。そのうち、フリーアプリとしてのCapCutは手軽におしゃれな動画をスマホで加工できます。次は『capcut』について徹底的に紹介したいと思います。

『capcut』(キャップカット)知らない?

公式サイトとダウンロードのリンクはこちら:

CapCutとはTikTokを運営する企業が開発した動画編集アプリで、無料で使うことができます。

シンプルなデザインで、多機能も備えられて、気軽に利用できます。国際的なので、日本語が含まれる多言語にも対応できます。AndroidでもOSでもダウンロードできます。また、透かし(アプリロゴ)が付きません。

『capcut』の使い方?

準備

アプリを起動してから、まずは動画や写真などの素材をアプリに取り込むことです。初回はデータへのアクセス権が求められると注意してください。

  1. 画面では左上の「新しいプロジェクト」を選択します。

『capcut』の使い方

1. 編集したい素材(複数でもいい)をインポートして、右下の「追加」ボタンをクリックします。

『capcut』の使い方

2. 以下の画面に飛ばされます。その後、いちいち編集しましょう。

『capcut』の使い方

その前に、画面にあるいくつかのボタンを紹介します。

上の方には、「720P」のタブに解像度(高画質)、スムーズな再生を意味するフレームレートをリセットできます。

真ん中には、1は再生ボタンで、2は前の操作に戻るボタンで、3はやり直し進めるボタンで、4は全画面表示ボタンがあります。

「クリップの音声をミュート」とは消音の意味合いで、「カバー」は動画の見た目を設置する意味合いです。

縦の白い線はタイムラインです。

主な機能

動画編集には分割、速度、音量、アニメション、削除、背景、スタイル、オーディオの抽出、フィルター、加工、クロマキー(色度)などが含んでいます。

『capcut』の使い方

分割

タイムラインが位置するところに「分割」ボタンをタップして、繰り返して境目を分割します。分割した境目に音楽などを入れましょう。

『capcut』の使い方

消除

以上のように、二つの境目を設定して、不要な部分を消除します。

オーディオ(音楽を入れる)

画面の下にある「オーディオ」をタップします。この機能には「楽曲」「エフェクト」「抽出済み」「アフレコ」といった四つの選択肢があって、音楽を入れることができます。

楽曲はBGM(TikTok、CapCutなどでおすすめまたは様々なジャンルの音楽が使える)で、エフェクトは効果音で、抽出済みは別の動画から抽出してきた音楽で、アフレコは自分の録音で音楽を入れます。

『capcut』の使い方

テキスト(字幕などを載せる)

ツールバーから「テキスト」をクリックします。この分野には「テキストを追加(自由に内容を追加する)」「テキストテンプレート(泡、時間、ニュース、シンボルなど)」「自動キャプション(説明するための字幕)」「スタンプ」が分けられます。

『capcut』の使い方

オーバーレイ(はめ込み合成)

「オーバーレイ」は動画内に動画や写真をはめ込むことを意味します。下の選択肢をタップすると、スマホ内に保存してきたデータが表示されて、それらを勝手に選んで、「追加」でもう一つのデータを載せることになります。

『capcut』の使い方

エフェクト・アニメション(出場効果)

「動画エフェクト」と「ボディエフェクト」があります。ほしいエフェクトにある右上の小さな「↓」をタップして、ダウンロードします。それから、「チェック」をクリックし調整します。アニメションには「フェードイン」「フェードアウト」「コンボ」があります。それで動画が出場している効果を設定できて、視覚効果を強めます。

『capcut』の使い方

フィルター(色合い、雰囲気などを変える)

その画面になると、「フィルター」と「調整」という二つの選択肢が持っています。フィルターには秋、松の色などに雰囲気を変えることができて、「調整」だと明るさ、コントラ、飽和色、露出、鮮明化、ハイライ、シャドウ、色温度、色合いなど物理的なことをリセットできます。

『capcut』の使い方

フォーマット

それは画面が表示されている大きさや比率を調整できます。2本指でピンチして動画を拡大縮小できます。具体的に言うと、タイムラインを選択状態にして、プレビュー画面で2本指を使って、拡大(ピンチアウト)・縮小(ピンチイン)します。

『capcut』の使い方

キャンバス(背景を調整する)

その選択肢には「色」「背景画像」「ぼかし」を含んでいます。それから特定の背景を選ぶか輪郭や色の濃淡の境目を際立たないで、ぼんやりさせることが可能です。

『capcut』の使い方

マスクを付ける

表示される画面にマスクをつけると、つけないところが黒くなります。それで、特定の部分を目立っています。

『capcut』の使い方

パソコン用DVDFab VideoCruiseをおすすめ

確かにcapcutが使いやすいですが、スマホで利用する場合が多くあります。パソコン用お願いと聞かれたら、VideoCruiseが一番です。では、早速に見てみましょう。

VideoCruiseとは?

VideoCruiseの製品ページ:https://ja.dvdfab.cn/download.htm

VideoCruise

VideoCruiseは直感的なビデオエディターとして、ビデオ、画像などを見事な作品に仕上げます。日本語対応なので、便利です。機能も充実しています。しかし、有料ソフトです。30日間で無料体験ですけど、後は有料になります。

対応OS: Windows11/10/8.1/8/7

ダウンロード

以上のリンクでVideoCruiseのアイコンをクリックすると自動的にダウンロードします。ホームページからダウンロードもいいですよ。その後、解析するとインストールします。

無料体験はこちら↓

 i  無料ダウンロード  

 
 
 
 
 
 
 

使い方

  1. まずはアプリを起動して、編集したい動画などをアプリにインポートすることです。
  2. VideoCruiseには備えられている素材、機能で動画を想像どおりに編集しましょう。以下に機能について詳しく説明します。
  3. 動画を最終的に保存しておけばいいです。

機能

  • 編集

ツールバーまたか左上にあるショートカットマニューバーから「編集」に移動できます。編集にはだいたいスピード(再生速度)、回転、逆再生(反転)、色補正、オーディオなどがあります。

「ビデオ」でスピード、回転、逆再生が設定できて、改めてリセットでも可能です。

「色補正」にはコントラスト、彩度、輝度、色調、ハイライトを希望の値と効果に調整できます。

「オーディオ」を使用すると、音量を上げたり下げたりすることができます。そして、フェードインとフェードアウトエフェクトを視覚的に設定できます。

  • モザイク

「モザイク」をクリックすると、動画にモザイクを追加して、プライバシーなど機密部分と不要なところを隠します。

  • フレームのフリーズ

そこには主にフレームをフリーズして、期間を延長する目的です。

  • ズーム(拡大またか縮小)

特定のビデオクリップをズームインおよびズームアウトして、独特な視覚効果を作成したり、特定の詳細を強調表示したりします。

  • ナレーション

「ナレーションを録音」ボタンをクリックしてから、動画に自分の声を入れることができて、吹き替え機能と同様です。フッテージがウィンドウからプレビューされているうちに、記録はクリップに追加されます。

  • 音声文字変換

ここには、テキストを選択して、自然な音声に変換します。もちろん、コンバーターボタンを押して音声を文字に変換できます。

  • エクスポート

「エクスポート」は終わる意味合いを持っているので、編集または作成した動画を保存します。

今日は『capcut』と『VideoCruise』という二つの動画編集アプリをご紹介しました。スマホでもパソコンでも好きにしてご利用ください。今咲き誇っている桜のビデオとか、もうすぐ来る卒業シーズンに記念とか、動画を撮いた後、動画編集サイトが欠かせないものではないでしょうか。ぜひ参考にしてくださいね。