目次

動画ファイルのサイズは画質の劣化とかかりますか。また、動画の画質をオリジナルにそのサイズを小さければ小さいほど圧縮したいなら、どうすればいいのか。そういった悩みはよく耳にするので、本稿では動画の画質とサイズに関わる圧縮方式について紹介します。

動画コーデックとは一体何?

いわゆるコーデックとは、データ圧縮機能を使ってデータを圧縮・伸張することを指しながら、音声や動画などのデータを別の形式に変換することも指します。そもそも動画ファイルには「映像」と「音声」がそれぞれ圧縮された映像データと音声データが含まれるので、動画コーデックと音声コーデックに分かれます。つまり、音声・映像は別々のデータに分けて動画ファイルに格納されるということです。

動画コーデックとは、文字通りに動画データを圧縮・変換・復元する方式のことを指します。では、日常生活で利用頻度高い映像コーデックをいくつか紹介します。

MPEG-2

1994年、MPEG-2はMPEG1の後継として一般に公開されました。今はデジタルテレビやDVDを中心に利用されてきたコーデックです。MPEG-2は簡単にビデオを圧縮すること以外、他の形式のビデオとは比較できない優れたビデオ品質やビデオストリームを処理する機能も載せています。

MPEG-4

MPEG-2と同じようなMPEGのシリーズに所属しているMPEG-4は、AVデータの圧縮に応用されるだけでなく、CDやWeb配信、テレビ放送、電話などにもよく使われています。MPEG-4はMPEG-2と比べて、高画質にして圧縮サイズが小さいなどのメリットがあります。

H.264

H.264とは、2003年に標準化された動画コーデックです。「H.264/MPEG-4 AVC」の略です。H.264は圧縮率がMPEG-2の2倍を向上させます。主流な高画質動画コーデックの一つとされています。

音声コーデックとは何?

ここから、動画コーデックと同じように、常用な音声コーデックをめぐって紹介します。

MP3

特に取り上げる必要はないが、今でも最もよく使用されている非可逆圧縮音声コーデックの1つです。今では音質・ファイルサイズの面で、非可逆圧縮コーデックには負けています。しかし、互換性などの問題がまだあるので、現在でも応用面に広がっている音声コーデックです。

AAC

AACは動画コーデックのH.264と並んで、いま一番流行っているの音声コーデックです。中低ビットレート帯の音声をAACによる圧縮された音質は、単にMp3と比べると、1.4倍くらい良くなります。最近、Mp4動画をエンコードする際に、H.264ビデオコーデックとセットで使用されることも多いです。その他、地上デジタル放送などにも応用されます。

AC-3

AC-3とはDVD・Blu-rayの音声コーデックとして使われています。それには、5.1chなどの2ch以上の出力に対応できるというユニークな機能があります。また、圧縮率が高い場合にも、他のコーデックに負けない音質が保証できます。ちなみに、動画と合わせて使用しかできないコーデックなので、音声ファイルとして単独で使用されることはできません。

「H.265」次世代動画コーデック

H.265の色々

H.265とは、「H.264/MPEG-4 AVC」の後継者として2013年に標準化された動画コーデックです。高画質な映像が少ないデータ容量に格納されるため、録画可能な次世代動画圧縮方式とされます。H.264と比べて、ブロックサイズの適正化などの圧縮効率が優れます。詳しく比べると、MPEG 2の約4倍、H.264/AVCの約2倍の圧縮性能を有することは分かってきます。

H.265の長所と短所

H.265を使用する一番のメリットは映像録画日数を伸ばせることです。同じ容量のDVDで、映像録画日数がH.264に比べ1.5倍と伸ばせます。また、H.265は解像度高い映像にも対応可能なので、従来より高画質な映像を録画することも可能となります。

もちろん、H.265にはデメリットもあります。例えば、H.265で録画した映像をPCで再生できるプレイヤーが限られています。WindowsPCにはじめから入っているWindows Media PlayerはH.265には対応していないので、H.265コーデックの動画を再生するには、アプリ「HEVCビデオ拡張機能」などのH.265対応可能なプレイヤーをパソコンへインストールする必要があります。

H264との比べ

H.265はH.264の後継としても、両者の違いが多かれ少なかれあります。さて、下記の三つの面から、それらの違いをそれぞれ紹介します。

1. 圧縮率の違い

圧縮率から見ると、H.264はMPEG-2の2倍を実現することに対し、H.265はMPEG-2の4倍を実現します。つまり、H.265はH.264より半分のファイルサイズ・ビットレートだけで、同等画質を実現することはできます。要するに、圧縮性能を向上させたため、H.265は圧縮率が優れでおり、画質も繊細になり、少ないデータ量に圧縮することができます。

2. サポートの動画画質の違い

H.264までのコーデックはフレームレート60fps、画質は4Kまでしか対応していませんでした。しかし、H.265の発売以来、「300fps」と「8K」の動画までサポートできるようになりました。

3.圧縮に費やす時間の違い

同じ動画データを圧縮する場合に、H.264とH.265を使ったら、圧縮率高いH.265のほうは圧縮時間が長くて、H.264のは圧縮時間がすこし短いことは分かってきます。

「H.265」次世代動画コーデック

DVDFab Video Converter Pro(H.265変換ツール)の使い方

前に紹介したH.264とH.265の違いを理解した上で、H.265の詳しいことも分かりやすくなります。ではその変換する方法について、詳細の説明をします。

「H.265」次世代動画コーデック

  Free Download
  100% Safe & Clean
Learn More
  Completely Free

Step1.DVDFab Video Converter Proをインストールして起動

まず、公式サイトから、DVDFabVideo Converter Proをダウンロードします。そして、パソコンにインストール完了なら、起動します。英語に苦手な方は右上のアイコンをクリックすると、設定のパージに入ります。「common settings/一般」で言語を日本語に変更できます。それから、変換する前に用意した動画の読み込みが必要です。画面の上部にある「変換」から、「+」をクリックすると、変換したい動画を読み込めます。

「H.265」次世代動画コーデック

Step2.フォーマットを選択し、出力動画を設定

「H.265」次世代動画コーデック

「変換」ページの左側のプロファイルスイッチャーからフォーマットのページに入ります。左側にある一番上の「ビデオ」をクリックすると、変換したいフォーマットを決またいなら、その前のチェックを入れて済みます。例えば、H.265に変換したいなら、H.265の前のチェックを入れます。それから、レンチアイコンの「詳細設定」から、ペンアイコンの「動画編集」まで、解像度変更や字幕などに関する設定も、及びテキストや画像などの追加もできます。それらを設定したあと、下部にあるフォルダーアイコンをクリックして、出力先を選択することができます。

「H.265」次世代動画コーデック

Step3.「開始」ボタンをクリックし、変換プロセスを開始

変換の準備がすべてできたら、「開始」ボタンをクリックしたあと、完成まで待つしかありません。数秒後、動画変換が完了します。

まとめ

以上で、次世代動画圧縮方式としてのH.265について色々と紹介しました。整体から見れば、H.264に続く最新の動画コーデックとして、H.265は高画質で動画サイズを大幅に減らせたり、動画トラフィックの緩和につながったり、スマホなどの動画配信もより手軽に行ったりできます。上記のオススメの動画変換ツールにより、動画視聴をより一層楽しめましょう!