みなさん、好きな曲ができた時、iPhoneや携帯の着信音にしようと思うでしょう。着信音の他に、メッセージ、新着メール、アラーム音などもあります。今、朝起きられるために、きっと目覚まし時計を設定するのでしょう。携帯、iPhoneのアラーム機能で簡単に設定することができます。設定された時間で、携帯電話のアラーム音が鳴ります。

また、毎日、毎週、毎週何曜日のように、目覚まし時計の頻率も手軽に設定できます。いかにも便利なものです。しかし、毎日同じ音を聞いて起きるのは、時間が経つほど飽きますね。好きな曲をiPhoneアラーム音にしたい時、どうすればいいですか?それでは、本文でご紹介いたします〜

1. iPhoneアラーム音を変更する方法

 それでは、iPhoneでアラーム音を変更する方法をご紹介しましょう。iPhoneには、システム付きのアラーム音があります。まず、時計アプリを起動します。そして、アラーム音を変えたいアラームを選択して、タップしてください。

 次の画面で、「編集」をタップします。下の「サウンド」をタップすると、iPhoneのアラーム音が選択できます。音をタップすれば、試聴ができるので、聞いてから好きなのを選んで設定することも可能です。音を選定したら、「戻る」をタップして、アラーム画面に戻ります。そして「保存」をタップします。これで、アラーム音がすでに変更できました!

 それでも、標準のアラーム音だけ満足できない方もいらっしゃるのでしょう。好きなアイドルの音楽などをアラーム音にしたいですね。

iphone アラーム設定

2. Music libraryでiPhoneアラーム音を変える

2.1 Apple Music

Apple Music 1

まず、apple musicを利用します。Apple MusicはApple公式の定額制音楽配信サービスだ。iPhoneに標準搭載されている「ミュージック」アプリから視聴でき、新たに専用のアプリをインストールする必要はない。初めての三ヶ月は無料だが、無料体験が終ってキャンセルしないなら、月額料金が発生します。

Apple Musicの料金プランは、個人プランの月額980円と年額9,800円、ファミリープランの月額1,480円、学割プランの月額480円、Voiceの月額480円、Apple Oneの個人プラン月額1,100円とファミリープラン月額1,850円の6つプランがあります。

Apple Musicの個人プラン、ファミリープラン、学割プランでアプリの機能を利用できます。例えば、ダウンロード、シャッフル再生、フル再生、空間オーディオ、歌詞やオンデマンド再生などの機能があります。プランに加入すると、以上の機能を広告なしに利用できます。

 「ライブラリ」にまだ何の曲も保存していない場合、アプリで好きな曲を選んでライブラリに追加することができます。好きな曲の曲名の右にある三つの点アイコンをタップして、表示されるメニューの「ライブラリに追加」の項目で「+」をタップすれば、ライブラリに追加できます。

アルバムやプレイリストごとライブラリに追加したい時は、同じように右上の三つの点をタップして、追加すればいいです。次に、「時計」アプリを起動して、アラーム音を変えたいアラームを選択して、タップしてください。次の画面で、「編集」をタップします。

下の「サウンド」をタップしてください。「ライブラリ」項目の下に、「ライブラリから選択」をタップしてください。そうすると、「ライブラリ」にすでに保存されている音楽から、アラーム音にしたい音楽を選択できます。そして、「戻る」をタップして、前の画面に戻ったら、「保存」をタップすると設定できました!

Apple Music 2

2.2 iTunes

itunes

Apple Musicのサブスクリプションに登録していない場合や、購入したい曲やアルバムがある場合は、iTunes Store から音楽を購入できます。音楽の購入方法をご紹介します。

まず、iTunes storeアプリを起動します。画面の下の「ミュージック」をタップしてください。そして、購入したい音楽を検索してください。結果画面が出てきたら、曲またはアルバムの横にある価格のボタンをタップします。次に、Apple IDを登録して、支払いをします。購入した音楽は、Apple Music アプリを開いて、「ライブラリ」タブをタップすれば見つかります。このように、iTunesで購入した音楽を「ライブラリ」に追加することができました。次に、アラーム音に設定したい時は、上記のApple Music ライブラリでアラーム音の設定方法に参照してください。

3. PCから音楽を「ライブラリ」に読み込む

コンピュータ上に曲やミュージック・ビデオ・ファイルがある場合は、それらを「ミュージック」に読み込んでミュージックライブラリに表示できます。

Macの場合、簡単に完成できます。まず、Macの「ミュージック」アプリで、「ファイル」メニュー→「ライブラリに追加」または「ファイル」メニュー→「読み込む」と選択します。「ファイル」→「読み込む」は、「ファイル」環境設定で「ライブラリへの追加時にファイルをミュージックのメディアフォルダにコピー」を選択した場合に表示されます。ファイルまたはフォルダを見つけて、「開く」をクリックします。フォルダを追加すると、そこに含まれるすべてのファイルがライブラリに追加されます。

Windowsの場合、iTunesアプリを利用すると音楽を「ライブラリ」に読み込むことができます。PCのiTunesアプリケーション で、「ファイル」メニュー>「ファイルをライブラリに追加」または「ファイル」メニューをタップして、「フォルダをライブラリに追加」と選択します。ファイルまたはフォルダを見つけて、「開く」をクリックします。フォルダを追加すると、そこに含まれるすべてのファイルがライブラリに追加されます。

4. 他のアプリでアラーム音を自由に変更する裏技

4.1 Garage Bandと後述の着信音メーカーでアラーム音を自由に変更

Garage BandはiPhoneのユーザーにとっては馴染みのあるアプリでしょう。次の着信音メーカーというアプリと合わせて使ってアラーム音を自由に変更することができます。使い方をご紹介します。まず、「コントロールセンター」の「画面収録」を使い、YouTubeから設定したい音を保存します。その後、「着信音メーカー」「GarageBand」を使用し、着信音に変更します。「画面収録」で音を保存してから、「着新音メーカー」を開き、「ビデオから着メロ制作」を選択しましょう。先ほど保存した「動画」を選択しましょう。右下「作成」を選択しましょう。赤い2本の線を移動させ、「設定したい音」のみにトリミングしましょう。「共有マーク」を選択しましょう。「GarageBand」のアイコンを選択しましょう。「ファイル」を長押し、「共有」を選択しましょう。「着信音」を選択しましょう。「続ける」を選択しましょう。「書き出し」を選択すれば、着信音の完成です。

最後に設定アプリ→「サウンドと触覚」→「着信音」、或いはアラームの設定の画面→「アラーム作成画面」→「サウンド」の順で着信音やアラーム音に設定することができます。

4.2 着信音メーカー

「着信音作成」

 iPhoneの着信音を作成するアプリをご紹介します。「着信音 - 着信音メーカー · 着信音作成」は、IOS対応のアプリです。これを使って、自分だけの着信音を作ることができます。自分のお気に入りの曲を利用します。また、着信音を作るときに、音源の開始と終了を自分で指定することができるので、お気に入りの部分だけ着信音にすることができます。さらに、作成できる数は無制限です。このアプリを使えば簡単に作成できるので、作ったことがない方でも安心です。

4.3「アラーム&タイマー」

 まずは「アラーム&タイマー」アプリです。これは、シンプルな目覚まし時計とストップウォッチ機能のアプリで、iPad対応もできます。使い方も「時計」と似ています。同じく「アラーム設定」の画面が表示されたら、ラベル時間を設定し、アラーム音や繰り返しなどが設定できます。また、イヤホンを使えば、アラームはイヤホンからのも聞こえます。この点について、「時計」より細かくて便利です。アラーム音変更の操作も上記の通りなので、省略します。

アラーム&タイマー」

4.4 私の目覚まし時計

「私の目覚まし時計」

 「私の目覚まし時計」というアプリで、アラームを設定することもできます。特に、お気に入りの音楽で起床することが人気です。また、自分だけの高級感ある時計デザインを集めたり、自分のいる場所の天気を知ったり、大切なイベントに向けてカウントダウン、 多機能タイマーで料理や運動をしたりすることができるので、便利です。

 アプリを起動すると、画面で表示される「+」をタップすると、アラーム設定画面に移行します。アラームの設定方法は大体同じなので、このアプリで異なった機能を紹介します。まずは、アラームを止める方法が選べることです。なかなか起きられない人には、二度寝しがちな人におすすめの機能があります。「振る」はデバイスを振って止めます。振る回数も設定できます。また、数式を解かないとアラームが止まらない設定もあります。アラームを止めるために、頭を動かせて目覚めましょう。

5. StreamFabで音楽をダウンロードしてアラーム音に

 StreamFabは、多くの動画配信サイトから動画、ビデオ、映画、アニメ、音楽などをダウンロードできるソフトです。これを利用するためには、まず公式サイトでStreamFabをだルンロードし、インストールします。

StreamFab

その後、「StreamFab オールインワン」の操作画面左側にある「VIPサービス」をクリックしましょう。そして、該当サイトをログインして、お気にいりの音源を検索してください。すると自動的にダウンロードする音楽コンテンツを選択できる画面が表示されるので、ダウンロードしたいコンテンツを選択してください。

メイン画面の左側には、「ダウンロード中」項目があります。それをクリックして、今ダウンロードしているものが確認できます。しばらく待つと、ダウンロードが自動的に完成します。

 ダウンロードできた音楽は、再び「iTunes」や「apple music」を利用して、「ライブラリ」に追加すると、iPhoneの着信音やアラーム音にすることができます。

StreamFab アマプラ ダウンロード

 以上が、iPhoneアラーム音を自分の好きな曲に変更する方法となります。それでは、みなさん、好きな曲ができたら、迷わずに本文を利用して、お気に入りの曲を使って、飽きたアラーム音を変えてみましょう。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)