iTunesはiPhoneとパソコンをつなげるソフトです。iPhoneをケーブルでパソコンに差し込むと、iTunesは自動的にiPhoneを認識することができます。iPhoneにあるデータ、音楽、動画などのファイルをパソコンにバックアップ、同期することができます。とても便利なソフトです。

iTunes iPhoneのお代わりになれるソフト

しかし、iTunesでiPhoneが接続できない、不明なエラーまたは「0xE」エラーが表示されることがあります。本記事では、iTunes iPhone認識しない原因と対処法、またお代わりになれるソフトをご紹介します。

iTunes iPhone認識しない原因

①iTunesのバージョンが古い

パソコンに入れたiTunesが最新バージョンではないと、認識されない可能性があります。

この場合の対処方法をしては、最新のバージョンにアップデートします。

iTunes iPhoneのお代わりになれるソフト

・Macで最新バージョンの iTunes にアップデートする方法

Mac を macOS Catalina 以降にアップデートすると、iTunes メディアライブラリに Apple Music App、Apple Podcast App 、Apple TV App、ブック Appからアクセスできます。

IPhone、iPod touch、iPad を手動でバックアップ、復元、同期するには、Finder を使います。

Finder参照リンクhttps://support.apple.com/ja-jp/HT210611

iTunes iPhoneのお代わりになれるソフト

・Windows パソコンで最新バージョンの iTunes にアップデートする方法

まず、iTunes を開きます。

iTunes ウインドウの上部にある「ヘルプ」をクリックします。

iTunes iPhoneのお代わりになれるソフト

次は「更新プログラムを確認」をクリックします。(此处可以不放图片么,因为没有找到合适的图片)

画面の指示に従って、最新バージョンをインストールすることができます。

②USBケーブルが断線している

純正のケーブルは値段が高いし、色も限られています。市販でケーブルがいろいろあります。安くて、好きなカラーを手に入れることができます。しかし、純正ではないケーブルや断線したケーブルを使うと、iTunes iPhone認識されない可能性があります。

iTunes iPhoneのお代わりになれるソフト

この場合の対処方法をしては、純正のケーブルを使用します。純正でないケーブルは充電に使ってもかまいませんが、パソコンに接続するときできるだけ、純正のケーブルを使用しましょう。純正のケーブルを使用しても、接続されていないなら、ケーブルが断線しているかを確認します。断線しているならば、変更しましょう。

③一時的な不具合

一時的な不具合が生じたことにより、iTunesに接続できない可能性があります。

この場合の対処方法をしては再起動します。ここにご注意して欲しいのはiPhoneはケーブルから外して再起動をします。パソコンはiPhoneを外してから再起動をします。

iPhoneを再起動方法がわからない方がおられるかもしれませんので、ここで簡単にご説明します。

iPhoneの機種により、操作が異なります。

iTunes iPhoneのお代わりになれるソフト

iPhone 8以前の場合はサイドボタンを長押しします。「スライドで電源オフ」というスライダーが表示されます。スワイプすると再起動することができます。iPhone Xの場合はサイドボタンと音量ボタンを同時に長押しします。「スライドで電源オフ」というスライダーが表示されます。スワイプすると、再起動することができます。

どうしても解決できない場合はiTunesを使わず、お代わりになれるソフトを使用するのはよいかもしれません。ここではいくつをご紹介します。

お代わりになれるソフト

①FonePaw Dotrans

リンクhttps://www.fonepaw.com/ja/dotrans/

FonePaw DoTransは専門的なデータ転送ソフトです。iPhone製品だけではなく、Androidスマホのデータ転送することができます。主に転送機能、デバイスにファイルをインポート機能、パソコンにファイルをエクスポート機能3つの機能があります。

iTunes iPhoneのお代わりになれるソフト

転送機能はiOSからiOS、iOSからAndroid、AndroidからiOS、AndroidからAndroidなどOSのデバイス間でファイルを転送、バックアップすることができます。デバイスにファイルをインポート機能きははパソコンからiPhoneやAndroid端末に、ファイルやフォルダ全体を追加することができます。パソコンにファイルをエクスポート機能ではサポートされているすべてのファイルをiPhone、Androidスマホからパソコンまたは外付けドライブに移動して、素早くバックアップを取ることができます。ファイルの選択から転送の完了まで、数秒で完了できます。

②MacX MediaTrans

リンクhttps://www.macxdvd.com/mediatrans/index-jp.htm

MacX MediaTransはデータ転送ソフトです。動画や画像、音楽などマルチメディアコンテンツ全てをデバイスに転送できます。アプリをインストールし、iPhoneやiPadを接続すると自動的にMediaTransがすぐにPCに転送できるコンテンツを表示します。

iTunes iPhoneのお代わりになれるソフト

iPhone、iPadとMacの間で、写真、動画など様々なデータを転送、バックアップ、同期することができます。そして、Apple製品以外でも使えます。

また、AVI、FLV、MKVなどiPhoneに対応できるフォーマットに変換することもできます。自動回転機能もあります。縦向きの動画をPCからiPhoneに転送するとき、自動的に横向きへ変換され、iPhoneのスクリーンに合うようビデオの向きを調整することができます。

③iCareFone - iPhoneファイルマネージャー

リンクhttps://www.tenorshare.net/jp/products/icarefone.html

iCareFone - iPhoneファイルマネージャーは音楽、動画、写真などデータを、iOSデバイスとMac、パソコンの間で制限なく自由に転送、管理できるソフトです。

iTunes iPhoneのお代わりになれるソフト

音楽、写真、動画などの追加、編集、バックアップ、削除することもできます。編集・削除・復元などを実行する前にデータをプレビュー表示できます。操作が簡単です。パソコンに苦手な方でも簡単に使用できます。データをファイルタイプごとに一覧表示しますので、シンプルに見やすく管理可能で、手間は大幅に省くことができます。データ転送中に重複したファイルを自動的に検出して削除するやiPhoneにある重複した同一人物の連絡先一つに統合するできる重複統合機能もあります。

④DVDFab 動画変換 Pro

リンクhttps://www.dvdfab.cn/video-converter.htm

DVDFab 動画変換 Proは動画を任意の形式に変換し、クリエイティブな動画を作成し、自由に動画を編集することができる動画編集ツールですが、「モバイル機器から追加」という機能があります。DVDFab 動画変換 Proを使ってパソコンにある動画ファイルをiPhoneにバックアップすることができます。

無料体験はこちら↓

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

使い方:

ステップ1 

DVDFab 動画変換 Proを起動し、必要なツールを探します。

iTunes iPhoneのお代わりになれるソフト

ステップ2

別の動画形式に変換したり、解像度などを選択したりすることができます。

iTunes iPhoneのお代わりになれるソフト

「モバイル機器から追加 」ボタンがあります。ここをクリックすると、iPhoneの名が表示されます。iPhoneの動画ファイルが選択可能になる。転送するファイルを選択して「インポート」で iPhoneからパソコンに転送することができます。

iTunes iPhoneのお代わりになれるソフト

ステップ3

出力動画の保存先を設定します。最後[開始]ボタンをクリックします。

iTunes iPhoneのお代わりになれるソフト

まとめ

iTunes iPhone認識しない原因と対処法、またiTunes のお代わりになれるソフトをご紹介しました。iOS端末の容量不足や大切なファイルの紛失などのことが防ぐため、大事なデータをいくつのモバイル機器にバックアップすることをおすすめします。バックアップする時、以上ご紹介したソフトをぜひご利用ください。