今回の記事では、Apple Watchを使って音楽を再生する方法と、再生する際に注意すべきこと、再生できない場合の対処法について解説していきます。また、後半では「DVDFab 動画変換Pro」を使った方法などもご紹介します。

applewatch

これまではiPhoneを使っての音楽再生が一般的でしたが、Apple Watchの登場と進化によって、その役割が入れ替わろうとしています。現在ではApple Watchの性能や容量が改善され、直接データを送信して再生することはもちろん、ネットワークからのストリーミング再生にも十分に対応できるようになってきています。

そこで、今回の記事では、Apple Watchで音楽を再生する方法と、再生できない場合の対処法や注意点について解説していきたいと思います。

1. Apple Watchで音楽を聴く方法

現在、Apple Watchで音楽を聴く方法として、以下の3つの方法があります。

1.Apple Watchに音楽データをダウンロードしてオフライン再生

2.ネットワークに繋いで、オンラインストリーミング再生

3.iPhoneで再生している音楽をApple Watchでコントロールする

これらの方法について、再生方法なども含めて詳しく解説していきたいと思います。

1.1 Apple Watchにデータをダウンロードしてオフライン再生する方法

Apple Watch本体に音楽ファイルをダウンロードして再生する方法をご紹介します。Apple Watchに音楽をダウンロードする方法として、iPhoneからデータを転送する方法と、Apple Watchから直接音楽をダウンロード(Apple Musicなどのストリーミングサービスのダウンロード機能)する方法があります。

1.2 iPhoneからデータを転送して音楽を聴く方法

1.Apple Watchを充電器に接続します。(充電中しか同期されないため)

2.iPhoneの「Apple Watch」アプリを起動して、「ミュージック」から「同期済みプレイリスト」をタップします。

Apple Watchを使って音楽を再生する

3.Apple Watchに転送したい曲、アーティストやプレイリストなどを一覧から選択して、転送を開始します。

※プレイリストをここから作ることもできますが、作業が大変になってしまうので、あらかじめプレイリストを作成しておくと良いでしょう。

Apple Watchを使って音楽を再生する

4.Apple Watchが充電されていれば、自動的に同期作業が始まりますが、充電されていないと「同期を保留中」という表示が出てしまい、音楽が同期されないので注意してください。

5.iPhoneの画面で「同期済み」と表示されれば、同期完了です。

Apple Watchを使って音楽を再生する

6.同期されたら、Apple Watchで「ミュージック」アプリを起動し、追加した音楽が再生できれば、同期成功です。

●ポイント

Apple Musicとは別のストリーミングサービスであるSpotifyでは、iPhoneからApple Watchに直接転送する項目があるので、より簡単にApple Watchで音楽の再生が可能になります。

Apple Watchを使って音楽を再生する

3.Apple Watchから直接音楽を追加する方法

ここでは、Apple Watchから直接Apple Musicの音楽をダウンロードする方法をご紹介します。

1.Apple Watchから「ミュージック」アプリを開きます。

2.「ライブラリ」「今すぐ聴く」「検索」のうち、1つを選んでタップし、追加したい音楽の画面に移動します。

3.プレイリストかアルバムをタップして、「・・・」をタップし、「ライブラリに追加」をタップします。

4.音楽が追加されたら、追加した音楽の画面から「・・・」をタップし、「ダウンロード」をタップしてダウンロードを行います。

5.ダウンロードが完了したら、オフライン状態で再生できるか確認して完了です。

●ポイント

音楽を追加しただけの状態だと「オンラインストリーミング」の状態なので、オフラインで再生する場合には必ず「ダウンロード」しておくようにしましょう。また、Apple Watch単体で音楽を追加する際には、4GまたはWi-Fiが必要になるので注意しましょう。

4 .iPhoneの音楽をApple Watchでコントロールする方法

iPhoneの音楽をApple Watchでコントロールする方法です。この方法では、Apple Watch単体で音楽を再生することはできず、iPhoneのコントローラーの役割としてApple Watchを利用することができます。

1.Apple Watchを身につけている状態で、iPhoneから音楽を再生させます。

2.すると、自動的にApple Watchの画面が音楽のコントロール画面に変わるので、停止、早送り、巻き戻し、曲の変更などのコントロールを行います。

Apple Watchを使って音楽を再生する

●ポイント

Apple Watchをコントローラーとして利用するためには、BluetoothかWi-Fiに接続している必要があるので、あらかじめ設定しておきましょう。また、この方法を利用することで、iPhone以外にも、iPadやHomePod

mini、Apple TVなどでもコントローラーとして利用することが可能になります。

2. Apple Watchを使って音楽を聴く際に注意すべきこと

Apple Watchには、スピーカーが内蔵されておらず、イヤホンジャックなども装備されていないため、Bluetoothイヤホン(ヘッドホン)などを別途準備する必要があります。

アップル純正のBluetoothイヤホンであるAirPodsシリーズは、ペアリングから接続、起動までが非常にスムーズなため、初心者の方や接続問題に悩みたくない方には非常にお勧めできます。

すでにiPhoneやiPadなどでペアリングしている場合は、Apple Watchに自動共有されます。

Apple Watchを使って音楽を再生する

3. アップル製品以外のBluetoothイヤホンを使う場合は接続に注意

アップル製以外のBluetoothイヤホンも問題なく利用することができますが、使用環境によっては接続が切れてしまうなどのトラブルがあるかもしれません。

音楽が再生されないなどのトラブルになった場合には、イヤホンが接続されているか確認しましょう。

ペアリングしたイヤホン(ヘッドホン)は、再生画面下のアイコンからチェックすることができます。再生できない場合は、ここで再生するイヤホンが指定されているかチェックしましょう。

Apple Watchを使って音楽を再生する

3.1 オフラインで使用する際は本体容量に注意

Apple Watchは最大でも32GBの容量しかないため、音楽や写真などを大量に入れる場合は容量不足となってしまう可能性があります。オフラインで音楽を再生する際は、本体容量に注意して利用するようにしましょう。

3.2 DVDFab 動画変換 Proを使って動画・音声ファイルを変換する方法

「動画や音楽をApple Watchで再生したい」という人のために、DVDFab 動画変換 Proを使って動画・音声を変換する方法をご紹介します。

DVDFab 動画変換 Proとは

dvdfab

DVDFab 動画変換 Proは、4K〜10K動画を含む1,000以上の動画/音声フォーマットに対応した動画編集・音声変換ソフトです。Apple Watchは容量が限られており、画面も小さいため、動画ファイルや音楽ファイルはできる限り小さいものの方が有利です。そこで、このDVDFab 動画変換 Proを使って、動画の変換をするという方法です。

●DVDFab 動画変換 Proの概要

公式サイト:https://ja.dvdfab.cn/video-converter-pro.htm

  • 対応言語:日本語
  • 対応OS:Windows・Mac
  • 対応ファイル:3GP、ASF、AVI、FLV、M2TS、MOV、MP4、M4V、MPEG、DAT、MKV、RMVB、RM、TS、VOB、WMVなど、1,000種類以上
  • 価格:7,669円(30日間返金保証)
  • ※30日間の無料体験期間あり

 

  Download Now  

 DVDFab 動画変換 Proで動画を変換する方法

1.公式サイトからDVDFab 動画変換 Proダウンロード、インストールしたら、トップ画面を開き、画面上部の「変換」タブをクリックし、変換したい動画(音楽)をドラッグ&ドロップします。

dvdfab

2.データ情報が表示されたら左上の枠内をクリックして、「デバイス」「フォーマット」から任意の動画形式を選択します。

※デバイスからApple Watchの項目がなければフォーマットから選択しましょう。

dvdfab

3.動画を編集したい場合は、動画情報の右側にあるアイコンをクリックして、動画編集画面を開きます。

①プレビュー画面

②オープニング・エンドのテンプレート選択

③動画編集バー

④動画編集を行うと自動的にエンドクレジットが追加されます。

⑤テキスト・フォントの調整画面

dvdfab

4.動画編集が完了したら、「確認」→「開始」をクリックして、動画の変換を行います。

※画面下より保存先を指定するのを忘れないようにしてください。

 

4.Apple Watchで音楽を再生する方法のまとめ

今回の記事では、Apple Watchで音楽を再生する方法と、再生できない場合の対処法や注意点について解説させて頂きました。今回の記事をまとめると、以下のようになります。

  • Apple Watchで音楽を再生する方法は3つあり、iPhoneのコントローラーとしても使える
  • Apple Watchで音楽を再生するには、必ずBluetoothイヤホン(ヘッドホン)が必要
  • Apple Watchで動画や音楽をオフラインで楽しむなら、「DVDFab 動画変換 Pro」を使うのがお勧め

Apple Watchは便利なスマートウォッチであるとともに、非常に有能な音楽再生ツールです。使い方をしっかり熟知して、活用してみてください。

DVDFab DVDコピーは数多くのDVDコピーガードに対応できる、DVDFabの大人気のDVDコピーソフトです。

機能:

1. DVDをISO/フォルダ/空のディスクにコピーできます。
2. フルディスク、メインムービー、カスタマイズ、結合、分割、クローン/書き込みの6つのコピーモードを選択できます。
3. 映画全体または一部分のみをコピーできます。
4. 出力動画のチャプター、字幕、音声、サイズ、ボリュームラベルを設定できます。
5. iso、フォルダ、ディスクの3種類の出力フォーマットを選択できます。

対応OS:

Windows 10/8.1/8/7 (32/64 bit) macOS 10.7 - 10.15

価格:

無期限版 4543円(割引後) 詳しく:https://ja.dvdfab.cn/dvd-copy.htm