パート1:ネタバレ横町漫画について

ネタバレ横町の更新予定表
月曜日 週刊少年マガジン・週刊少年サンデー
水曜日 週刊少年チャンピオン・週刊ヤングジャンプ
土曜日 週刊少年ジャンプ・週刊ヤングマガジン

ネタバレ横町漫画サイトには、ワンピースのような名作がたくさんあり、且つ発売前に無料で読めます。便利は便利だが、人に便利をもたらすとともに、問題も無視されるべきではありません。漫画村やフリーブックスと同じ、ネタバレ横町も著作権侵害で2018年2月に閉鎖されています。

ネタバレ横町サイトへの評価:

 

 

あくまでも不当な手段で求める便利は長く続かないでしょう。よって、ここで、ネタバレ横町の存在で便利をもたらしてくれることに感謝していますが、今後の市場をうまく運営するために、やはりちゃんと知的財産権法を守りましょう。

ネタバレ横浜や、漫画村やフリーブックスの代わりとなるサイトを知りたい方は、フリーブックスとその代わりとなるサイト│最全の漫画サイトおすすめ(パート2部分)を参照してください。

DVDFab 動画ダウンローダーにより、1000以上の人気サイトから動画を簡単にダウンロードできます。アニメや映画、ドラマなどが好きなら、是非試してみてください。

パート2:マンガ誌読み放題サービス紹介
そもそもネタバレ横町はジャンプの早バレを載せていることで有名です。ここで漫画誌読み放題サービス会社を紹介しましょう。日本の漫画雑誌はたくさんありますが、ここで雑誌読み放題サービス、特にマンガ読み放題サービスのみを説明します。

●Auブックパス
●Kindle Unlimited
●ブック放題
●マガジンウォーカー
●Tマガジン
●コミックdays

マンガ誌読み放題サービス1―Auブックパス
サイトURL:https://bookpass.auone.jp/
運営会社:KDDI株式会社
取り扱い書籍数:601,672冊(2019年5月31日時点で)
料金:月562円(税抜)、300誌だけ読みたいなら380円(税抜)
メリット:300誌以上(30,162冊)、コミックと書籍合わせて5万冊を超え、初回は30日間無料読み試し可能、料金は安い。
デメリット:古いマンガ作品が多く、一部しか読めない本もある。

      カテゴリ分けが悪く、検索しにくい。

      アプリもありますが、使い勝手があまりよくない

 

 

マンガ誌読み放題サービス2―Kindle Unlimited
サイトURL:https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/hz/subscribe/ku?
運営会社:アマゾンジャパン合同会社
取り扱い書籍数:マンガ・雑誌・書籍冊数約120,000冊
料金:月額980円(税込)
メリット:品揃えがいい
     様々な端末で利用可能
     「ダウンロードしながら読書」機能が快適
           30日の無料読み試し期間
     閲覧履歴からおすすめの本を表示する

デメリット:特にマンガを中心にしていない
      料金がやや高い
      最大同時に10冊まで端末にダウンロードできる
      支払い方法は、クレジットカード又はデビットカードのみ

      アダルト、bl作品が多いです。

DVDFab 動画ダウンローダーはスマホでも利用可能です。

右側のQRコードをスキャンして、ダウンローダー for Mobileをダウンロードしましょう。

マンガ誌読み放題サービス3―ブック放題
サイトURL:https://bookhodai.jp/
運営会社:株式会社ビューン
料金:月額550円(税込)
読み放題数:200誌以上、マンガ20,000冊以上
メリット:マンガジャンルが幅広い
     1か月の無料期間
     他の人と本棚を共有できる
     1つのアカウントで端末5台で利用可能
デメリット:古いマンガが多い。
      雑誌、漫画以外の書籍は読めません。
      紙の雑誌と比べて、削除又は修正されている部分がある。
      アプリは使いにくい。

マンガ誌読み放題サービス4―マガジンウォーカー
サイトURL:https://magazinewalker.jp/
運営会社:株式会社ブックウォーカー
料金:500円(税抜)
メリット:初回は月末まで無料トライアル
     人気の漫画誌が40誌以上、声優・ゲーム・アニメ誌もある
     1つのアカウントで5台の端末で利用できる。
     アプリをインストールしなくてもマガジン☆WALKERを利用できる。
     一括で先払いすると割引される。
デメリット:アプリにて、一時的なダウンロードができるが、雑誌の保存・印刷は不可能。
      日本でしか利用できない。
      配信数は他のより少ない
      解約すると、ダウンロード済みの雑誌が読めなくなる。

マンガ誌読み放題サービス5―Tマガジン
サイトURL:https://magazinewalker.jp/
運営会社:株式会社Tマガジン
料金:月額400円(税抜)
メリット:週刊誌・女性誌・ビジネス誌・エンタメ情報誌・タウン情報誌など多彩なジャンルが揃えている
     1つのアカウントで5台(+1ブラウザ)で利用可能
     Tポイントが貯まる&使える
     縦読みもできる
デメリット:マンガ誌が月刊コミックゼノンや月刊コミックバンチ、グランドジャンプにしかない
      アプリの操作が分かりにくい
      クレジットカードでしか支払い出来ない

マンガ誌読み放題サービス6―コミックdays
サイトURL:https://comic-days.com/
運営会社:ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの6編集部の編集者からなる「チーム」で運営している。
料金:960円と720円2種類
メリット:オリジナル&復刻作品が昼12時に更新
     初回は一か月読み試し
     紙の本の発売日の0時に更新され、最速で新作を読める
     バックナンバーも読める
     ポイントのボーナスがもらえる
     漫画のクオリティが高い!特に「ホームルーム」が面白い
デメリット:公開期間が終了するとダウンロード済みでも読めなくなる
      WiFi で事前ダウンロード出来ず、ページ表示遅いし、操作性も悪い。
      アプリが使いにくい

6社の漫画誌の総合比較表

サイト名 

サイト

特徴  

月額料金 

 雑誌数

無料読み試し期間

Auブックパス

https://bookpass.auone.jp/

料金は安い、漫画が多い

562円(税抜)と380円(税抜)2種類

300誌以上

30日間

Kindle Unlimited

https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/hz/subscribe/ku?

品揃えがいい

アプリが使いやすい

980円(税込)

不明

30日間

ブック放題

https://bookhodai.jp/

マンガジャンルが幅広い

550円(税込)

300誌以上

1か月

マガジンウォーカー

https://magazinewalker.jp/

人気の漫画誌が40誌以上、声優・ゲーム・アニメ誌もある

500円(税抜)

900誌

当月末

Tマガジン

https://magazinewalker.jp/

多彩なジャンルが揃えている

400円(税抜)

400誌以上

1か月

コミックdays

https://comic-days.com/

オリジナル&復刻作品が昼12時に更新

960円と720円2種類

13誌

当月末


この記事では、最初主にネタバレ横町漫画を巡って説明しました。ネタバレ横丁漫画の閉鎖理由、おすすめの代わりとなるサイトまとめリンクを紹介しました。別の記事でネタバレ横丁漫画の代わりとなるサイトをまとめた以上、ここでこの部分を省略することにしました。代わりに、雑誌読み放題サービス12社から漫画誌がある6社を選択して、一々説明しました。

そもそもマンガが好きな人は、大体アニメや映画も好きだろう。漫画を読むなら、上記のマンガ誌読み放題サービスはほぼ全てアプリがありますので、携帯で自由に漫画を読めます。しかし、アニメを見る場合はどうでしょう?ストリーミング動画サイトを利用したり、動画をスマホにダウンロードしたりするでしょう。ストリーミング動画サイトはよく知られていますから、ここでいい動画ダウンローダーを紹介しましょう。是非DVDFab 動画ダウンローダーを試してみてください。

これさえ使えば、1000以上の動画サイトから動画をダウンロードできます。オフライン動画鑑賞や再生に役に立ちます。特に動画を編集する場合は、DVDFab 動画ダウンローダーを使ってお気に入りの動画をダウンロードしましょう。DVDFab 動画ダウンローダーの具体的な使い方については、DVDFab動画ダウンローダーの詳しい使い方及びアドバイスを参照してください。