日々パソコンを使っていると様々な形式のファイルと遭遇しますよね。特に動画や写真は見た目は同じでもファイル形式がたくさんあるので、再生できずに困ることも。
今回は再生できなくて困りがちなaviファイルの再生方法と、より扱いやすいMP4への変換についてご紹介します。

aviとは?

aviとはWindows専用の動画ファイル形式で、Audio Video Interleaveの略。かなり昔から使われている動画形式で、汎用性が高いのが特徴です。
古い分機能的には限定されており、ストリーミング再生には対応していないなど最近の動画形式には劣りますが、やはり汎用性・知名度の高さから今でも良く使われます。
参考までに他の動画形式を挙げてみると、最近良く見るMP4や、Appleにおけるaviに当たるMOV、高画質カメラで使われるAVCHDなど様々なファイル形式がその用途に合わせて使われています。

aviファイルが再生できない原因

よく使われているavi、意外と再生できずに困ることが結構あるファイルでもあります。
再生できない理由としては
・Windows Media Playerのバージョンが古い
・必要なコーデックがインストールされていない
・Appleのパソコンを使っている(コーデックがない)
などが挙げられます。古くから使われている分コーデックのバージョンも多いため、互換性の問題が発生しやすいと言えます。
動画を含めたメディアファイルは自分の環境だけで見られれば良いというものではなく、家族や友達に渡すことも考えると再生できないケースがあるのは好ましくありませんよね。

aviを再生する方法「DVDFab プレーヤー 6」を使おう

まずは自分の環境で再生できなくては始まりません。使っているソフトのバージョンを上げたり、コーデックをインストールするのも良いのですが、専門の再生ソフトを使ってしまうのが一番手っ取り早い方法です。
今回は無料版でもかなりの機能を使うことができる「DVDFab プレーヤー 6」をご紹介します。
下記のボタンをクリックして、プレーヤー6の無料ダウンロードが可能です。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

DVDFab プレーヤー 6をインストールして起動するとこういった画面が表示されます。

avi 再生

ここに今回用意した「test.avi」というファイルをドラッグ・アンド・ドロップするだけで再生が始まります。

avi 再生

とても簡単なので普段パソコンをお使いの方なら特にマニュアルを見ずとも使うことができるでしょう。DVDFab プレーヤー 6は様々な動画形式に対応しているので、DVDやブルーレイの再生はもちろん、.ISOという拡張子の仮想ディスクファイルも直接再生することが可能です。
仕事や趣味で動画を多く扱う方は特に、こういったソフトで網羅しておくと作業が格段に楽になります。

aviをMP4に変換する方法

さて、前の章まででaviの再生はできるようになりましたが、このままだと「友達に送ったときに再生できないかもしれない」という問題が解決していません。
現在最も再生しやすい形式であるMP4とGIFへの変換方法について見てみましょう。
こちらも無料体験版が用意されている「DVDFab 動画変換 Pro」をご紹介します。動画変換 Proには、「動画変換」ソフトと、「videocruise」と「Toolkit」三つのツールがあります。AVIをMP4に変換するなら動画変換、AVIをGIFに変換するならvideocruise又はtoolkitを使ってください。

下記のボタンをクリックして、「DVDFab 動画変換 Pro」を無料ダウンロードしてください。今Windows版しかありません。WindowsとMAC両方で利用できるのは、「動画変換」だけです。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)


インストールして起動するとこういった画面が表示されます。

avi 変換

先ほどと同じくtest.aviファイルをドラッグ・アンド・ドロップします。

avi 変換

様々な形式に変換が可能ですが、赤丸に囲まれた部分をクリック→「他のプロファイルを選択」から、ここではMP4を選びます。

avi 変換

戻った画面で、「開始」ボタンをクリックすると動画の長さにもよりますが数秒~で完了します。

avi 変換

完了したファイルを再生してみると、無事MP4ファイルになっていることがわかります。(左上赤丸部分で拡張が確認できます。)

avi 変換

また、意外と多い「動画ファイルの音声だけを抜き出してスマホで聞きたい」というケースの場合も、先程のプロファイルを選択の画面で、「オーディオ」→「MP3」を選ぶことで音声ファイルにも変換することが出来ます。講演会やセミナーの動画ファイルなどをこうして音声にしておけば移動中に耳だけで情報収集ができるのでとても便利な機能ですよね。

avi 変換

avi動画をGIFに変換する方法

また、動画編集をされる方の場合は、無料体験でもその大部分の機能を使えるVideo Cruiseを使う方法も良いかもしれません。
起動した画面左上の「素材」欄に今回のファイルをドラッグ・アンド・ドロップします。

avi 変換

素材欄に取り込まれたファイルを下(赤丸部分)のメイントラックにドラッグ・アンド・ドロップして、編集が可能な状態にします。

avi 変換

この状態で「出力」ボタンをクリックすると、出力される形式を選択することが可能です。

avi 変換

MP4ならMP4を選択して「出力」をクリックするとMP4になった状態で出力されます。
動画編集ソフトを使うと高速で動画の中身を確認出来ますし、不要な部分を切ると言った事もできるので、より見やすい動画を渡す場合にはこちらの方法のほうがオススメです。
また、出力形式にGIFがあることも見逃せません。GIFも古くから使われている動画形式ですが、どんな環境でも再生可能なこと、また再生ボタンを押さずとも勝手に再生されることなどからバナー画像に使えるなど、「GIFでしか出来ないこと」が多数ある形式です。

Video CruiseではこのGIF形式で出力することも可能ですので、動画の活用方法の幅がとても広がります。
さらにDVDFab 動画変換 Proと同じく、出力形式の選択画面で「オーディオ」を選ぶことでMP3、AACといった音声ファイルでの出力も可能です。

avi 変換

やはりこういった動画の変換や編集ソフトが手元にあると、非常にフットワーク良く動画を扱えるようになるものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。最近は一般の方でも趣味や仕事で動画を扱うことがとても多くなってきました。
WindowsやMacに最初から入っているソフトでもある程度の再生までは出来ますが、実際に様々なシチュエーションに対応したり、自分以外の人に動画を見せたり配ったりすることになるとやはり様々な問題が出てくるもの。
今回ご紹介した3本のソフトはすべて無料体験版が用意されていますので、気になったらものから使ってみることで、より良い動画ライフを送れるようになりますので、是非お試しください。