最近では、テレビやスマホ、雑誌などの至るところで「YouTube」という言葉を目にします。

知らない人はいないと思えるほど、利用する人が増えているのも事実です。

YouTubeは、世界中の人が様々なジャンルの動画を投稿し、共有できるサービスです。

また、YouTuberという職業が出てくるほど、身近な存在になってきています。

そんなYouTubeですが、利用している時にエラーが出て動画が視聴できないこともあります。

この不具合が起きた時、どのような対処を行えば良いのでしょうか?

今回の記事では、YouTubeのエラーの原因や動画が見られない時の対処法についてご紹介していきます。

「YouTubeがたまに見られなくなるから困っている」、「エラーが出た時の対処法を知っておきたい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

スマホでYouTubeが見られない時はどうしたらいい?

YouTubeアプリの普及により、YouTubeを視聴する時の端末としてスマホを利用している方は多いでしょう。

そこで、iPhoneやAndroidなどのスマホでYouTubeが見られない時の原因や対処法についてご紹介していきます。

スマホでYouTubeが見られない原因とは

スマホでYouTubeを見ている時、動画が突然止まったり、動作が重くなったりすることがあります。

そのような場合にはいくつかの原因が考えられます。

YouTubeに問題アリ

まずはYouTube側に問題が起きていて動画が視聴できないというケースです。

スマホからYouTubeを利用するには、アプリやブラウザなどを使って視聴します。

そのため、アプリやブラウザに問題が起きていればもちろんYouTubeは視聴できません。

また、YouTubeには世界中の人が動画を投稿できるため、日本での視聴を制限しているものも存在します。

その他にも、「制限付きモード」という項目を有効にしている場合、成人向けの動画は視聴できない仕組みになっています。

スマホ自体に問題アリ

次に、スマホ自体に問題が起きていてYouTubeが見られないケースです。

原因は色々と考えられますが、例えばスマホ内部の故障やメモリ不足などが挙げられます。

メモリ不足が起きると、スマホの処理能力が落ち、YouTubeの動画を読み込みづらくなります。

こういったことから動画を再生できなかったり、止まったりしてしまうのです。

通信状況に問題アリ

通信状況に問題があってYouTubeが見られないというケースもあります。

これは、YouTubeが見られない場合の原因として最も多いものです。

YouTubeで動画を視聴する時は、Wi-Fiを利用している人が多いでしょう。

そのため、Wi-Fiに問題が起きていないか1度確認する必要があります。

知らず知らずにWi-Fiの接続を切っていてモバイルデータ通信でYouTubeを見ていたという場合、通信速度制限にかかってしまっていることもあります。

YouTubeを再生するにはデータ量が多く、Wi-Fiと接続せずに視聴していた場合だと通信速度制限になるのは時間の問題です。

通信速度制限にかかったスマホでは、YouTubeの動画を高画質で再生するのはほぼ不可能と言われています。

スマホでYouTubeが見られない時の対処法

ここまで、スマホでYouTubeが見られない時に考えられる原因についてご紹介しました。

次に、対処法についてご紹介していきます。

スマホを再起動

スマホ自体のエラーが起きていてYouTubeが視聴できなくなっている時は、スマホの再起動を行いましょう。

再起動すればスマホ自体のエラーが解消され、動画が視聴できるようになる可能性もあります。

アプリのキャッシュが溜まっていないか確認

キャッシュとは、アクセスしたサイトやアプリなどのデータを一時的に保存しているものです。

iPhoneの場合はYouTubeにはキャッシュはありませんが、キャッシュが溜まっているとスマホの動作が遅くなる時もあります。

そういった場合は、キャッシュを削除する必要があります。

Androidの削除方法は、まず、設定アプリを起動します。

その後、「アプリと通知」→「アプリ情報」→「YouTube」→「ストレージ」→「キャッシュを削除」でキャッシュの削除は完了です。

他の動画は見られるか確認する

スマホに問題がない場合は、見ている動画自体に問題がある場合もあります。

そういった場合は、他の動画も同じように再生できないのか確認してみましょう。

他の動画は通常通り再生できていて、視聴していた動画のみ再生できない場合はYouTube側の問題が考えられます。

アプリのアップデート

YouTubeのバージョンをアップデートしていないと視聴できない場合もあります。

バックグラウンド更新を有効にしている場合は自動的にアップデートされますが、していない場合は以下の手順でアップデートしてください。

また、アップデートを行っても解決しない場合はアプリの再インストールも有効です。

iPhoneの場合

まず、「App Store」を開いてください。

次に、画面の右下にある「アップデート」の項目を確認してください。

そこで「アップデート」と出ている場合はクリックしてアップデートを行ってください。

Androidの場合

まず、「Play Store」を開きます。

次に、「マイアプリ&ゲーム」を押してください。

その中のYouTubeの項目を確認し、「更新」と出ている場合は更新をクリックしてください。

ストレージ容量を確保

ストレージ容量がいっぱいになっていると視聴ができない場合があります。

ストレージ容量を確保するためにも、データの移行や消去を試してみましょう。

移行では、使わないデータをiCloudやSDカードに移していきます。

速度制限を解消

データ容量を超えてしまっている時は通信速度制限がかかります。

速度制限になっている場合は、Wi-Fiを使うようにしたり、データ容量をチャージしたりしてください。

パソコンでYouTubeが見られない時の対処法

スマホの他にも、パソコンを使ってYouTubeを視聴する方も多いでしょう。

実はYouTubeはGoogleが提供しています。

そのため、パソコンでYouTubeを利用する時は「Google Chrome」をブラウザとして使うことが推奨されています。

Google Chromeを使っている場合の対処法について解説していきましょう。

ブラウザの更新

ブラウザの更新ボタンをクリックすると、ブラウザの更新ができます。

もしくは、ブラウザを閉じて再起動を行ってみてください。

パソコンを再起動する

上記の項目の方法でブラウザを再起動しても状況が改善されない時は、パソコン自体を再起動させましょう。

他の動画が見られるかどうか確認

スマホの場合でも説明した通り、他の動画は普通に再生できるか確認してください。

視聴している動画だけが見られない場合はYouTube側の不具合が考えられます。

キャッシュの削除

パソコンの場合の削除方法は、「…(3点リーダー)」→「履歴」→「閲覧履歴データを削除する」の順番で進み、「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れて削除してください。

テレビでYouTubeが見られない時の対処法

YouTubeをスマホなどの小さい画面ではなく、テレビの大画面を使って楽しんでいる方も多いでしょう。

その場合は、Amazon Fire TV StickやChromecastを使います。

テレビでYouTubeが見られないという時も、上記の項目で説明したスマホやパソコンの方法と同じように再起動を行ってみてください。

また、テレビでYouTubeを視聴する際にアプリを使っている場合はアプリの再起動やアップデートを確認しましょう。

これでも解決しない場合は、テレビ自体の不具合などが考えられます。

原因として考えられる項目は以下の通りです。

YouTubeのサポートを行っていない

そもそもテレビでYouTubeのサポートが終わっているということも考えられます。

2012年より前の特定の端末モデルに入っているYouTubeアプリと古いバージョンのYouTubeアプリは動作しません。

2012年より前のSony製のテレビ、ブルーレイ ディスク、Panasonic製のテレビ、ブルーレイ ディスクやSony PlayStation Vita(ビータ)、旧型の Apple TV(第1世代、第2世代、旧型のセットトップボックスはサポートされていない可能性があります。

これらの中の一部の機種は、ストリーミング用のスティック型端末やボックス型端末(ChromecastやAndroid TVなど)をテレビの HDMI入力に接続すると使えるようになります。

使っている機種でYouTubeが見られるかどうかは、メーカーに問い合わせてみてください。

YouTube studioのエラー対処法

「YouTube studio」とは、Googleが提供している無料アプリです。このアプリでもエラーが発生して開けないという時があります。そういった場合も、上記で説明したスマホやパソコンの対処方法を試してみてください。それでも解決しない場合は、YouTubeヘルプにフィードバックを送信するなどして解決方法を確認すると良いでしょう。

YouTubeヘルプに送信しても解決出来ない場合は、You TubeダウンローダーでYou Tube動画をダウンロードしましょう。

ここでオススメのソフトはStreamFabです。

StreamFabはAmazonやNetflixのようなdrmがかけられ動画配信サービスからでも手軽に動画ダウンロードしてくれる有料ソフトですが、YouTubeには無料対応しています。YouTube動画にエラーが起きる場合はまずダウンロードしたほうが良いでしょう。

StreamFab YouTube ダウンローダーStreamFabオールインワンの一つの機能、YouTube以外の動画サイトから動画を録画すると有料になります。言い換えると、YouTubeから無料で動画をダウンロードします。ですが、You Tube以外の動画サイト、例えば,Twitterやfacebookなどの動画をダウンロードする、もしくはmp3に変換する場合は、StreamFab YouTube ダウンローダーの製品版が必要となることをご注意ください。

次にYouTube動画をダウンロードする手順を紹介します。

1.StreamFabをダウンロードしてインストールします。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

2.左側における「You Tube」タグをクリックして、右側に表示される「You Tube」ボタンを押します。

3.ダウンロードしたいYou Tube動画を探して再生しながら、「ダウンロード」ボタンが表示され、それをクリックしてダウンロード設定画面に進みます。

4.ダウンロード動画のフォーマットと品質を決めたら「ダウンロード」ボタンを押します。

5.左側の「ダウンロード中」タグでダウンロード進歩を確認します。

6.終わったら左側における「ダウンロード」タグでダウンロードした動画を確認します。

ダウンロードしたYou Tube動画について編集を行う場合はVideo Cruiseがオススメです。

Video Cruiseは動画編集者のニーズをほとんど満たす素敵なエディータです。英語勉強に非常に役に立つ音声分離機能、You Tuberに愛用される字幕制作やトランジション、フィルター、エフェクトなど魔法なツールだと思います。更に、クロマキー合成や音声テキスト変換など数多くの高度機能も備えます。ぜひ試してください。

今回は、YouTubeのエラーの原因やYouTubeが視聴できない時の対処方法について端末ごとにご紹介してきました。

原因は色々考えられるので、なかなか解決しない場合もあるかもしれません。

まずは、この記事を参考にしながら自分でできることを試してみてください。

通信障害やYouTube側に原因がある時は、対処のしようがありません。

そういった時に原因を突き止めるためにも、自分で対処できるのか・できないのかを見極めることが大切です。