1. 歌 検索 鼻歌アプリとは

一部のメロディーや歌詞は分かるけど、曲名や歌手名、詳しい歌詞が思い出せずモヤモヤすることはありませんか?その悩みをすっきり解消してくれるものが、鼻歌検索アプリです。

イントロやサビなど少しメロディーを覚えていれば、鼻歌を歌うだけで気になっている曲や歌詞を簡単に探せます。音楽・歌詞探しに便利な鼻歌アプリを利用することで、たまたま休憩した店で、道中で、偶然でも聞いたメロディーだけで、記憶に残ったままの素敵な曲の曲名を探せる可能性があります。

歌 検索のできる鼻歌アプリがたくさん存在しますが、そこで、数ある鼻歌アプリの中から人気のあるアプリを4つピックアップしてみました。主な機能やメリット・デメリット、使い方などをご紹介します。

歌 検索 鼻歌

2. 歌 検索 鼻歌アプリオススメ4選を精度、使い方に解説

2.1 歌 検索 鼻歌アプリ1:SoundHound

歌 検索 鼻歌

SoundHoundはiOS・Androidの両方に対応している鼻歌検索アプリです。ダウンロード数は3億を超えており、世界中のユーザーが利用している人気アプリになります。

  • 鼻歌検索のやり方

画面上に表示されるボタンを押し、数秒間メロディーを歌うか、BGMを再生するだけで自動的にリサーチしてくれます。検索後は曲名や歌手名だけではなく、歌詞まで確認できます。曲によっては音楽を聴きながら、カラオケのように歌詞をテロップ表示されます。一度検索すれば履歴が登録されるので、再検索の手間を省くことが可能です。

  • メリット

ワンフレーズでも正確に楽曲情報を表示してくれることが多いので、検索システムの精度は高めです。鼻歌検索後は楽曲情報の確認だけではなく、アプリを経由してアルバムの購入が可能です。

他にもYouTubeやSpotifyなどを起動して、音楽・MVを再生することもできます。他にもアプリでは人気曲のチャートも確認できるので、検索以外の方法でも新しい音楽に出会えます。

  • デメリット

検索した曲をYouTubeで再生できる点はメリットですが、バッググラウンドでの再生には対応していません。

また、SoundHound単体ではプレイリストの作成はできません。プレイリストを作成するには、外部の有料サービスと提携する必要があります。

2.2 歌 検索 鼻歌アプリ2:Google Hum to Search(鼻歌検索)

歌 検索 鼻歌

Hum to Searchは、モバイル版GoogleアプリとGoogleアシスタントで提供されている音楽検索サービスです。Androidなら日本語を含む20以上の言語に対応しているので、様々な国の楽曲を探せます。

  • 鼻歌検索のやり方

Googleアプリ・Googleアシスタントの音声検索で、「この曲何?」と話しかけます。「楽曲を演奏するか、歌うか、ハミングしてください」と表示されるので、10~12秒程鼻歌を歌うと候補曲は表示されます。Hum to Searchは鼻歌や口笛でも検索は可能ですが、声があった方が検索の精度は上がりやすいようです。

  • メリット

GoogleアプリとGoogleアシスタントで使える機能であるため、すでに搭載されているスマートフォンであればアプリのダウンロードなしですぐに使えます。容量の関係であまりアプリを増やしたくない人にもおすすめです。鼻歌検索後は曲名・アーティスト名、歌詞、関連ミュージック、配信サービスなど様々な情報を一括で取得できて便利です。

  • デメリット

ラップやクラシック楽曲の検索も可能ですが、複雑なメロディーとなると検索精度が下がるので注意しましょう。また、現時点でAndroidは20ヵ国語に対応していますが、iOSは英語しか対応していない点もデメリットでしょう。

2.3 歌 検索 鼻歌アプリ3:歌っちゃお検索

歌 検索 鼻歌

歌っちゃお検索はYAMAHAが提供している鼻歌検索アプリです。完全無料で利用でき、鼻歌以外に歌唱・キーボード演奏で楽曲を検索できます。

  • 鼻歌検索のやり方

アプリ画面に表示されるマイクマークをタップし、メロディーを歌うだけで検索が始まります。また、タッチスクリーンの鍵盤でメロディーを弾くことでも検索可能です。キーボード検索では最低4つの単音を弾くだけ検索でき、5音目以降は1音ごとに結果を絞り込んでくれます。

  • メリット

歌い始めた時点で楽曲の検索が始まりますが、メロディーが長いほど検索の精度は高まり、探している楽曲がヒットしやすくなります。途中でメロディーを忘れてハミングが止まってしまっても、続きから歌い直すことでその前のメロディーにも考慮して結果を表示してくれます。音調やリズムに関係なく、どの部分から歌っても検索できる精度の高さが魅力です。

キーボード演奏でも探せるので、歌唱には自信がないけど耳コピに自信がある人にも使いやすいアプリです。検索後はiTunesで曲やYAMAHAの「ぷりんと楽譜」で楽譜を購入できます。

  • デメリット

検索後はアプリからiTunesやぷりんと楽譜にアクセスできますが、YouTubeなど関連動画へのアクセスはできません。動画共有サイトで関連動画を見たい場合は、自分で検索する必要があります。また、アプリはiOS版しか配信されていないので、Androidでは使用できません。

2.4 歌 検索 鼻歌アプリ4:KKBOX

歌 検索 鼻歌

KKBOXは中国台湾発の音楽アプリです。7000万曲以上が登録されており、鼻歌検索で曲探しかストリーミング再生までできます。

  • 鼻歌検索のやり方

検索タブの右横にあるマイクマークをタップすると音声検索ができます。ハミングのボタンをタップして、探したい曲を鼻歌で歌うと検索結果が表示されます。楽曲ボタンをタップすれば、周囲で流れている音楽を認識させて検索することも可能です。検索後はそのまま音楽を再生できるほか、お気に入りの曲はコレクションに追加できます。

  • メリット

検索後はそのまま音楽を再生できます。KKBOXでは最高320Kbpsのストリーミング再生に対応しているので、高音質で音楽を聞けます。また、設定画面で「キャッシュしながら再生」をONにしておけば、自動的にキャッシュ保存されるので、オフラインでも再生できます。

アルバムやプレイリストから手動でキャッシュ保存することも可能です。デバイス内には最大4000曲まで保存できます。他にもバッググラウンドでの再生や他のアプリを使いながら歌詞を確認できる機能、プレイリスト、スリープタイマーなど音楽を聴くのに便利な機能は多数搭載されています。

  • デメリット

KKBOXは無料会員とプレミアム会員があります。高音質での再生やキャッシュ保存、フルサイズ再生など全ての機能を使うには、プレミアム会員への登録が必要です。

鼻歌検索アプリとして使う分であれば無料会員でも十分ですが、音楽アプリとしても使いたい場合はプレミアム会員への入会を検討しましょう。KKBOXでは1ヶ月間の無料体験期間を設けており、その間はお試し会員としてすべての機能を利用できます。

2.5 OTO-Mii

アプリストアのアドレス

歌詞検索に特化した楽曲認識アプリです。一般的なキーワード検索に加え、音源・鼻歌を聞かせることで曲名を割り出す機能を搭載。曲名やアーティストがわからないときに重宝します。カラオケの練習時に役立つでしょう。鼻歌から曲情報を割り出してくれるだけでもすごいですが、さらに特徴的なのは「プチリリ」と呼ばれている機能。歌を聞かせてアプリが認識した際、その箇所から歌詞を表示してくれるのです。サビを聞かせれば、歌詞もサビから出てくるという寸法。

2.6 Shazam - 音楽認識

アプリストアのアドレス

テレビのCMやカフェのBGMで流れてきた、どこかで聴いたことあるメロディー。「この曲名なんだっけ……」そんなとき頼れるのがこのアプリ。曲をアプリに聞かせるだけで、曲名や該当する動画などをまとめて表示してくれます。自分の知りたい曲を検索できることはもちろんですが、時には「他人が」どんな曲を聴いているか探ってみるのも面白いのではないでしょうか。本アプリでは国や地域ごとに、どんな曲が多く聴かれているのか検索できます。

2.7 - MusicID 

アプリストアのアドレス

曲を聞かせただけで曲名を判別してくれる優秀なアプリですが、どれだけの曲に対応しているのかは気になるところでしょう。軽く調べてみたところ、洋楽、邦楽、クラシック、ロック、アニソン、J-POP……などなど古今東西の幅広いジャンルの音楽に対応していた事が判明しました。

精度もまずまずで、多少雑音が混じっていてもOK。気になる曲が流れたら、すぐ本アプリで調べてみましょう。

3. 鼻歌検索の後は好きな音楽をダウンロードしてみよう

歌 検索 鼻歌

鼻歌検索アプリで探していた音楽・歌詞が見つかったら、じっくり曲を聞きたいと思う方が多いでしょう。YouTubeなどの動画共有サイトでは、色々な音楽が配信されています。オンライン状態であれば何度でも再生できますが、Wi-Fiがない環境だと不便と感じる人は多いはずです。それならお気に入りの音楽はダウンロードして、オフライン環境でも聞ける状態にしましょう。

StreamFab YouTube ダウンローダーを使えば、誰でも簡単に動画・音楽のダウンロードができます。

3.1 機能:1,000件以上の人気サイトから動画・音声のダウンロード可能

歌 検索 鼻歌

StreamFab YouTube ダウンローダーは、YouTubeやFacebookなど1,000件を超える人気サイトに対応しています。動画だけではなく、音声だけを抽出してダウンロードをすることも可能です。

   無期限版購入  

 i  無料ダウンロード

一つ一つ動画をダウンロードできるだけではなく、再生リストも丸々ダウンロードできます。互換性の高いMP4・MP3で保存されるので、ダウンロード後すぐにパソコンやスマートフォン、デジタル音楽プレーヤーなど様々なデバイスで再生できます。

有料ソフトですが、Youtubeに対してのダウンロードは永久無料で対応できます。超高速で動画をダウンロードしてくれるので、あまり時間を掛けずに曲を落としたい人にもおすすめです。

3.2 特徴:希望の画質・音質を選択できる

ソースにもよりますが動画の解像度は360p~2160pの間で自由に選択できるので、画質を落とさずにダウンロードできます。また、音声も96 kbps~320 kbpsまで指定可能です。320 kbpsで指定すれば、音楽も高音質を保ちながらダウンロード可能です。

3.3 使い方:ダウンロードのやり方も簡単

動画・音声のダウンロードが簡単なところもStreamFab YouTube ダウンローダーのおすすめポイントです。内蔵ブラウザからダウンロードしたい動画のページにアクセスし、再生すると自動的に動画を抽出してくれます。

画面に表示された「↓」をクリックし、保存形式や画質・音質を指定し、「ダウンロード」を押すだけでダウンロードが開始します。

歌 検索 鼻歌

難しい動作を必要としないので、ダウンローダーの利用が初めての人も安心です。

歌 検索 鼻歌

ダウンローダーとMP3変換機能がセットになったYouTube ダウンローダー Proでは、モバイルアプリも用意しています。スマートフォンに直接ダウンロードしたい時に便利です。またブラウザ拡張機能も提供され、全てのニーズに対応できます。

歌 検索 鼻歌

4. まとめ

今回はおすすめの鼻歌検索アプリをご紹介しました。「一部のメロディーや歌詞は分かるのに楽曲の名前が思い出せない」という時に、鼻歌アプリはとても便利です。ご紹介したアプリは音声の認識や検索精度が高く、多くのユーザーに愛用されています。それぞれ特徴やメリット・デメリットが異なるので、自分に合ったアプリを使ってみてください。

また、検索した曲をオフラインでいつでも聞けるようにしたい時は、YouTubeなどから音声を簡単にダウンロードできるStreamFab YouTube ダウンローダーが便利です。公式サイトでは無料版を配信しているので、まずは気軽に試してみてください。