写真をスライドショーに作成したいですが、スライドショーの作り方が分かりません。誰かがスライドショーソフトを教えますか?
…といった悩みがありますか?
実は、現在、ほとんどのスマホのカメラに写真をスライドショーに作成する機能があります。もちろん、スマホでスライド写真を作る時、文字入れや、アクションを追加、フィルターなどの画像編集ツールはパソコンのソフトのように豊富ではありません。この記事でパソコンで写真スライドショーの作り方をまとめます。

1.スライドショーとは

スライドショー(slideshow)は、選択した一連の画像を順次表示するもので、芸術的目的や実用的目的に利用される。スライドとショーを結合した造語であり、スライドを使ったことからこのように呼ばれた。
              
                                                     ー出典: フリー百科事典『ウィキペディ(Wikipedia)』

言い換えれば、スライドショーは、パソコンでのプレゼンテーションソフトや画像再生ソフト、デジタルフォトフレームをはじめとした各種電子機器などで、画面上に複数の資料や画像を連続的に表示させていく機能です。常に、プレゼンテーションをする時使うことが多いです。通常プレゼンテーションのポイントはスライド上に全て記され、発表者の話す内容に同期して進行していきます。

これにより、プレゼンテーション時には話者が画像切り替えの度にパソコンを操作する手間が不要になったり、パーティー会場などで雰囲気づくりの一環として再生するといった利用法としてもよく使用されます。これもスライドショーのメリットだと思われます。 

2.スライドショー作成ソフト

一般的に、画像や写真を一定の順にし、そして適切なテンプレートを選び、切替効果とバックミュージックを追加したことでスライドショーを作成します。複雑な操作ではないですが、簡単だとは言えません。しかし、使いやすいスライド作成ソフトを利用すると、気楽に一連の操作を完成できます。このため、これから各種のデバイスに適用するスライド作成ソフトを紹介いたします。

2.1 Windows10 スライドショー作成:VideoCruise

VideoCruiseは豊かな編集機能を備えた高度な動画編集ソフトです。スライド作成の方法より、導入された画像を必要な順番に変更して、切り替え効果も選択でき、そして画像の持続時間やテキストの追加も行えます優れたスライド作成ソフトです。また、VideoCruiseは動画編集ソフトとして、ユーザーに最良の動画編集サービスを提供するのを目指したなので、そまざまな素材が配置されています。Windows 10でスライドを作成する場合は、このソフトを一番おすすめします。

 

以下はVideoCruiseでスライド作成の手順を紹介いたします。

スライドショーの作り方ステップ1. VideoCruiseをインストールします。

まず、以下のボタンをクリックして、VideoCruiseをダウンロードして自分のパソコンにインストールします。スライドショーの作成機能のようなVideoCruiseのほとんどの機能が無料で利用できます。音声テキスト変換など一部の機能だけが有料です。

「VideoCruise」のアイコンをダブルクリックして、プログラムを起動し、画面の比率を選択してください。

スライドショー作成

スライドショーの作り方ステップ2. 画像をインストールします。

「インポート」をクリックしてスライドショーに作成したい画像をインポートします。

スライドショー作成

複数の画像を導入するには二つの方法があります:
① 目標の画像は全部一つのフォルダにある場合は、直接に「インポート」>「フォルダをインポート」の手順でフォルダ全体を追加できます。

② フォルダの特定のいくつかの画像を追加したいなら
「インポート」>「ファイルをインポート」の手順で目標のフォルダを開き、「shift」を押しながら、マウスの右クリックで特定の画像を選択できます。そして「+」ボタンをクリックして好きな手順で画像をタイムラインに追加してください。

スライドショー作成

スライドショーの作り方ステップ3. 持続時間を設定します。

右上隅にある縦の3点アイコン>「設定」の順にクリックして、画像の持続時間を手動で入力します。

スライドショー作成

スライドショー作成

スライドショーの作り方ステップ4. スライドショーを編集します。

①「オーディオ」からBGMをトラックに載せます。

スライドショー作成

②「画面切り替え効果」に切り替えて、タイムラインにお好きなトランジションを選んでトラックにドラッグ&ドロップして適用します。

スライドショー作成

③「テキスト」スライドショーの始めと終わりにタイトルなどをいれて、動画を更にかっこよく仕上げます。

スライドショーの作り方ステップ5.  作成したスライドショーを出力します。

最後に、作成したスライドショーに名前を付けて出力するといいです。

スライドショー作成

2.2 Ⅿacスライドショー作成:iMovie

IMovieはmacユーザー向けの最良の動画編集ツールだと広く使われています。iMovieでは動画素材以外に写真素材も取り込んでスライドショーを作成することができます。iMovie内で写真を使ったスライドショーを作成していく方法についてご紹介しています。

写真スライドショーの作成方法ステップ1.写真素材を取り込みます。

すでに写真アプリやマック内の写真データから、iMovieのライブラリにイベントとして写真が読み込まれている状態から編集をスタートしていきます。そして写真素材をタイムラインに追加します

スライドショー作成

スライドショー 作成 方法ステップ2.持続時間を変更します。

「iMovie>環境設定」から環境設定メニューを表示して「写真の継続時間」の項目に時間を入力すると、新規で取り込む写真素材のデフォルトの時間を変更する事が出来ます。

スライドショー作成

スライドショー 作成 方法ステップ3.個性的な編集をします。

ズーム調整/開始時点の位置とサイズを調整/終了時点の位置とサイズを調整/トランジションを適用などの個性的な編集でスライドショーをカスタマイズできます。

写真スライドショーの作成方法ステップ4.作成したスライドショーを出力します。

スライドショー作成

2.3 スマホスライドショー作成:Inshot

Inshotは常に名前があがる動画編集アプリとして、トリミングやカット、動画分割、ズームイン・アウトなどの基本的な加工機能が中心ですが、スライドショーの機能も当然として使えます。Iphoneとandroid両方に対応していますアプリなので、スマホでスライドショーを作成する場合はおすすめします。

*テキスト追加
*BGMの音楽追加
*フィルター変更
*トランジションの選択

スライドショー作成

以上の機能を利用して、スマホでも簡単なスライドショー作成ができます。さらに当アプリでは画質にもこだわっており、編集終了後にも品質を損なうことなく動画を圧縮するようにしています。

3. おすすめの簡単に写真をスライドショーに作成するスマホアプリ

スマホアプリを使って、写真・画像をスライドショーに作成するなら簡単です。そして、ここでスライドショーを作るアプリの名前だけを提示します。ご参照ください。

スライドショームービーメーカーおすすめ

  • MoShow 
  • SLIDE MOVIES 
  • Slideshow Creator
  • MixClip
  • Film Story 
  • Inshot 
  • Slideshow Maker
  • Splice 
  • PicCollage Grid & Photo Editor
  • SlideStory  

4.まとめ

このページでは、オススメの三つのスライドショーソフト及び使い方を説明しました。写真と音楽を選択するだけで簡単にスライドショーを作成できますが、多種多様なアニメーション効果を付けますと、更により綺麗なスライドショーが作成されます。紹介されたソフトの中で、自分のデバイスに相応しいのスライドショー作成フリーソフトを選びましょう。

関連記事:関連記事:
PCにAmazonプライムビデオから動画ダウンロード方法をご紹介!
録画不要・直接にPCでU-NEXTの動画をダウンロードして保存する方法!